CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ネイチャーストーブはメインバーナーになり得るのだろうか。

【逸品CLUB(ネイチャーストーブ)】


070806_1.jpg僕が愛用するもののひとつにネイチャーストーブというものがあります。見た目は、たんなるステンレスのちっちゃな四角柱なのですが、いやこれが実にあなどれない実力を秘めています。

しかし、このネイチャーストーブほど好き嫌いの分かれる道具もありません。何度か使用したあげく“こんなの使えない”と人にあげてしまった知人もいます。これほど便利な道具はない反面、「まつぼっくりや枯れ葉などを燃料にし、新燃焼理論による風力利用で100%自然を活用したニューコンセプトバーナー」・・・・などといううたい文句を想像力たくましく過信しすぎて、いざ使うと・・・“ダメだこりゃ”となるのでしょう。

収納時のサイズは130×130×15。トランプ二枚を長辺をくっつけて並べたサイズです。重さも320グラム。ジーンズのポケットにも入ってしまいます。燃料は原野の小枝やマツボックリなのですから無尽蔵です。

こりゃいい!と思って普通のキャンプでこれをメインバーナーにしてしまうと、落胆します。

まずガスとかガソリンバーナーに較べると火力が劣るうえ燃料の小枝などが結構な速さで消費されてしまうため、ちょこちょこと追加しなくてはならないからです。おまけに鍋の底は黒くなります。特に、火付きがいいからとマツボックリを多用すると、ヤニの茶色い色がなべ底に残ってしまいます。まあ、これなどは気にしなければいいだけの話ですけれど・・・

なんだ、ぜんぜん使えないな・・・きっとそう思った人も多いと思います。が、ネイチャーストーブの良さは、なんといっても無音。アルコールストーブを愛用している方であればピンとくるかもしれませんが、静かに燃えるストーブは、風の涼やかな音や鳥のさえずりを邪魔することがありません。

静かに、それでいて上昇気流による強めの炎で、鍋を熱します。時間は多少必要ですが、これこそ自然時間に浸ることのできる貴重なひとときなのだと僕は思います。時間に追われる日常を切り離せるキャンプだからこそ、こうした自然時間に身を委ねるのも悪くないな、とそんな気がします。

ファミリーキャンプであれば、ネイチャーストーブはサブストーブでしょう。これで家族分の調理をしていたら、時間はたっぷりと必要ですが、苦痛かもしれません。朝の、コーヒー用の湯を沸かしたり、ちょっとしたしものをサブ的に作るという用途に向いています。

また、バーベキュー用の炭の火起しでしょう。

これにはネイチャーストーブのLが最適です。ティッシュ二枚にマツボックリ、小枝を数本入れて火を付けたら、火力が強まった頃に上からどんどん炭を山積みします。火が消える・・・と心配になりますが、そんな心配をよそに、気づけば炭に火が回り、いつの間にやら真っ赤っか。時間にすればわずか7~8分といったところでしょう。もちろんLサイズではない普通のネイチャーストーブでも炭の火起しは大の得意技です。

さて、ファミリーキャンプではメインストーブとして使うには無理がありますが、一転してソロキャンプになれば、充分にメインストーブとして重宝します。一応、サンプルとして2リットルの水を沸騰させてみました。

まずティッシュ二枚にマツボックリ二個。そこに小枝を四本ばかりピラミッド状にレイアウトして、下の小さい孔から火を付けます。火はあっという間に燃え上がり、そこに小枝を五本追加してスタンドの下に配置。上に水が入った鍋を置きます。途中で二度ほど小枝を三本づつ補充して、およそ15分で沸騰しました。もしもくすぶってしまったら、取っ手を持って持ち上げて、上下に動かせば火力は勢いを増します。また、取っ手を持ったまま下の穴に息を吹き入れると瞬時に火力が回復します。

070806_2.jpg 070806_3.jpg


これが小さなヤカンの湯であれば、問題なく短時間で湯にできるし、炊飯でも最初は火力強めで5分経過後から炭を一つ加えて中火に調整し、蒸らしを充分行えば美味しいご飯が炊き上がります。しかし、難点は、雨に弱いということです。

雨だと燃料の小枝が湿っていて、火付けに苦労します。そんな場合のサブとして、僕はメタエスビットを持参しています。エスビットはミリタリーと普通のものの2タイプあります。ミリタリーは固形燃料一個が大きすぎるため、普通サイズのものを用意しています。

まず、コッヘル一杯の湯を沸かすには、最初にエスビットを2個。そしてさらに2個追加すれば湯が沸きます炊飯は、最初に2個。途中に1個、最後に1個を目安にしています。調理する方法や材料によって投入個数とタイミングを工夫すればぜんぜん問題はありません。もちろん風防はネイチャーストーブを流用です。

ネイチャーストーブは、ファミリーキャンプでは、一人の贅沢なひとときを自然時間で楽しませてくれるし、ソロでは充分にメインストーブとして機能します。それに炭の火起しも得意技。ひとつ常備しておくと、それだけでウキウキします。

僕にとっては、ネイチャーストーブは、なくてはならないかけがえのない道具です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブ
ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブ


これは普通のネイチャーストーブです。ものすごくコンパクトで、軽くて、いつもザックの雨蓋に入っています。焚火もできますが、それにはLサイズのほうが気分いいかもしれません。

ippin.gif


http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


はじめまして。
ネイチャーストーブ愛好家のpopyと申します。(笑)
これ私もお気に入りです~
が、ファミリーメインの我が家では少々脇役になりつつありますが、今度のキャンプではちょっと色々と挑戦してみます。
ちなみに、我が家は松ぼっくりを蓄積しております~(笑)
  • 2007/08/07(火) 00:35:23 |
  • popy|URL
  • [編集]


popyさん同様に同じく松ぼっくりを蓄えてます
松葉に松ぼっくりって、ものすごく燃えるのでいいです
  • 2007/08/07(火) 01:21:47 |
  • fumi|URL
  • [編集]


前から気になっていましてアウトドアショップで見かけたのでどんな感じか見ていたんですが外箱のコンパクトさと軽さに驚きました。
あの位なら気軽に持ち運びできますよね。
「ユニークな炎(フレーム)を創造する」、、、まさしくユニフレームさんらしい良くできた道具ですよね。
  • 2007/08/07(火) 02:58:28 |
  • norinori|URL
  • [編集]


ず~っと、買おうか悩んでます。
ソロキャンの時のメインバーナーと
七輪の代わりに炭入れて焼き物、それと焚き火、一台三役!問題ないですかね? 秋には欲しいな~。


Lを使ってます。
一人BBQに、焚き火台に、珈琲の
湯沸かしに、実用性もあるおもちゃと
して最高に楽しいですよね。
先日帰省した折りに鳥人間コンテスト
の聖地琵琶湖松原水泳場へ湖水浴にい
ったところ、燃料に良さそうな松ぼっ
くりがたくさん落ちてたので、袋一杯
拾ってきました。♪
  • 2007/08/07(火) 09:29:12 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


★popy さん★
おおお・・・popyさん!あの、今さらの白状なのですが、ブログの画像変更の方法、たしかpopyさんのところの記事を参考にしていました(^^;;
マツボックリを蓄えている人、思った以上に多いですね!僕も、備蓄しておくことにします。
  • 2007/08/07(火) 10:26:57 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★fumiさん★
fumiさんも、マツボックリ備蓄派ですか!やはり多いですね~!
  • 2007/08/07(火) 10:28:46 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★norinori さん★
ハガキサイズですしね!僕も山以外は、たいていザックに忍ばせてます。活用する機会はかなり多いですよ(^^
  • 2007/08/07(火) 10:30:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★チャイ さん★
火柱があがるほど、火力が強めの焚火です(笑) 炭もガンガン燃えます。ネイチャーストーブのゴトクの上に網を乗せると、食材がすぐに焦げるので、少し間合いをあけるといいと思います♪
僕は、別メーカーの写真のようなスタンドを組み合わせて、ダッチにも使います。ダッチは熱を蓄え密閉性もあるので、けっこういい感じで使えます。焚火だと通常サイズは欲求不満になるので、Lサイズでしょうね(^^
  • 2007/08/07(火) 10:34:39 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


お~ネイチャー
我家も愛用してますよ~
松ぼっくりも当然備蓄してます(笑)
最近ご無沙汰ですが、ししゃも焼くのに使いました~(笑)
あと、焚き火後の燃え残りを入れて完全燃焼させたりしてますね~
残るは白い灰ばかり(笑)
  • 2007/08/07(火) 10:37:36 |
  • mb190spl@仕事中~|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
kimatsu さんもマツボックリ備蓄!備蓄してないのは僕だけの予感・・・(^^;;
琵琶湖、行ってみたいです。海外よりも、日本の隅々をキャンプしつつゆっくりと廻ってみたいです。
ネイチャーストーブもジムニーも、実用性ある最高に楽しいオモチャですね(^^ 現在、幌仕様の古いジムニーを探しています。もしかしたらジムニー2台体勢突入の予感です。なんだか人生が大きく変化してきました(笑)
  • 2007/08/07(火) 10:40:27 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★mb190splさん★
こうしてみてみると、以外にもネイチャーストーブ愛用されている方って多いですね!それにマツボックリの備蓄・・・これってマスト条件ですね。シシャモ・・・ウマソーです。じゃあ僕はミリン干しでも焼く事にします(^^;;
  • 2007/08/07(火) 10:42:44 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


これ気になってたんですよね、そんなに値段が張るものでもないし・・・
そっかぁ・・・おもちゃで考えれば有りですね^^
  • 2007/08/07(火) 12:28:14 |
  • simoji|URL
  • [編集]


こんにちは(^^)
我が家も松ボックリ備蓄しております(笑)
以前ユウさんも紹介されておりましたファイヤボウルとの組み合わせで、ネイチャの使える場面が増やせそうだと考えております♪
  • 2007/08/07(火) 12:36:23 |
  • piyosuKe-papa|URL
  • [編集]


使ったことがなかったので真剣に読みました。「炭の火起こしも得意技」というのに
惹かれます^^。
  • 2007/08/07(火) 13:38:37 |
  • param|URL
  • [編集]


コレがネイチャーストーブなんですね☆
初めてみました!!(^ー^* )
火力も燃料次第で大きくなるみたいだし、とてもイイモノですね~♪
でも、さすがにお金が無くなってきまして…
しばらくは大人しくしてなければなりません。。。
  • 2007/08/07(火) 15:54:41 |
  • lilt|URL
  • [編集]


私は以前ネイチャーストーブを所有していましたが、処分してしまいました。
今考えるととてももったいない気がします。
最近はアルコールストーブを主lに使用しているので、ユウサンおっしゃるとおり、
無音のストーブの良さが、
身にしみています。


★simoji さん★
ある意味・・・大人のおもちゃですね(^^;; なんだか原点的な要素を秘めたストーブかもしれないですね。
  • 2007/08/07(火) 23:18:45 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★piyosuKe-papaさん★
例のファイヤーボウルですが、まだ未使用なんです(^^;; 今回、使用してみます。
  • 2007/08/07(火) 23:21:13 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★param さん★
さらに最強の合体技があって、それはネイチャーストーブの上にチャコスタを乗せる、というもの。上昇気流が二乗されて、火付きは素晴らしいです。友人の持ってるチャコスタを合体させて実験済みです(^^
  • 2007/08/07(火) 23:22:58 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★lilt さん★
僕もジムニーの一件以来、買い物禁止令が施行しれたまま・・・いつになったら解除されるのでしょう(^^;;
  • 2007/08/07(火) 23:24:30 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★Takaponさん★
アルコールストーブは、自作のものをもっぱら使用してます。ほんとうはトランギアが欲しいのですが・・・以前使用していたトランギアは今は友人の手元・・・譲ったのを少々後悔してます(^^;
  • 2007/08/07(火) 23:26:36 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
(クリックで拡大します)【逸品CLUB №6・続編】コンパクトな焚火台昨年、思わぬ場所で、思わぬ商品名で売られているアイテムを即買いしてしまいました。それは万能蒸し器として売られていた、間違いなくファイヤーボウル。グリリプットのファイヤーボウルを飽きるほど
2008/06/15(日) 18:14:34 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示