CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

山の怪談 | 徳本峠に坐す、見えない修験者

tougegoya_h.jpg


= 怪談CLUB 其の五=


今から15年ほど前の話です。

当時ザイルパートナーであったMと二人で西穂高の岩場を登攀。そこから奥穂、前穂、バリエーションルートと云われる北尾根から慶応尾根を下降し奥又白谷のルートを経由。そして梓川を越え、上高地に通じるハイキングに最適な平坦な登山道に出た。

空は青々とした秋晴れ。梓川のこぼれるような沢音が森に響く中、僕らはヘルメットやザイル、登攀道具類をザックにしまうと多くのハイカーが行きかう道をのんびりと歩いた。

やがて小川にかけられた短い木橋を足元の水場を見ながら渡ると、日差しに眩しく輝く広大な芝地が眼前に開け、カラフルなテントが点々と見えた。徳沢園という山小屋が経営するテント場だ。予定ではここをやり過ごし、上高地の小梨平キャンプ場で一泊し、上高地温泉ホテルでゆっくりと温泉に浸かった後は誰もいない夕暮れの河童橋でビールを飲む、という贅沢な計画だった・・・

しかし、徳沢のキャンプ場でマットに昼寝している登山者の姿を見た瞬間、緑の絨毯の上でゆっくり眠りたい、という欲望が目覚めてしまった。それをMに提案すると、あっさりと「OK」の返事。

僕らは芝のほぼ真ん中あたりの大きな木の近くに陣取ると、ツェルト2張を設営。水場で身体を拭き、昼寝をしてからドライフーズのピラフを作り始めた。ふと気が付けば、いつ設営したのか、木の裏側の黄色いドームテントの横で初老の男性が煙草をくゆらせながらビールを飲んでいる。

旨そうだなぁ・・・その光景に堪らず、山小屋で冷えたビールを買おうと思った矢先、その男性と目が合ってしまった。慌てて目をそらしたが、男性は腰を上げるとゆっくりと近付いてきた。

「岩ですか」と、朗らかな声が傍らで響いた。その初老の男性は島々谷から徳本(とくごう)峠を越えて上高地に入ったとのことで、明日は涸沢(からさわ)のテント場で二泊した後、再びここ徳沢を経て上高地に出るのだという。

涸沢といえば北穂のすぐ真下。

「もったいないですね」と言うと、岩場は怖いから山を眺めながら酒を飲みにきた、と日焼けした顔を皺くちゃにして笑った。その笑顔を見ながら賢明かもしれないな、と思った。毎年何人もの登山者が北穂へ続く岩稜ルートで滑落する事故が起きている。僕もそのうちトレッキング中心で、この老人のように山をゆっくりと楽しめるようになりたいと思った。

こうして意気投合し雑談するうちに、太陽は稜線の向こうに沈み、あたりは薄暗くなった。老人は僕らの分だ、と水場から二本の缶ビールを持ってきた。これには思わず喉が鳴ってしまった(笑) この後、ウイスキーに切り替えたところを見れば、僕らにくれたビールが最後の二本だったのだろう。

老人は酒が入るにつれて饒舌になった。思い出に浸るように、今までに登った山々の話をとめどなく話し、そうこうするうちに、最初に話した山の話を再び繰り返す。僕は、まいったなと思いつつも、キャンドルを前に頬を緩めて山ほどもある思い出を嬉しそうに繰り返す老人の話に相槌を打った。

「で、あんたたち、どこに帰るんだね」と老人。それはもう二度も聞かれ、その度に「上高地からバスで新島々に・・・」と伝えていた。で、その度に「おお、新島々か。昔は歩いたもんだよ。島々谷の岩魚留小屋はいつ営業しとるのかぜんぜんわからない。いつ行っても誰もおらん・・・」というようなことを繰り返す。

これに対してMが、ウェストン祭に参加するため一度だけ峠越えで上高地に入ったことがある、というようなことを言ったときのこと。老人は、じっと黙り込んで首を捻り始めた。そうしてしばらく何やら考え込んだ末に「あのね・・・・」と老人はささやくような声で話し始めた。

「あのね・・・修験って知っとるかな君らは。私がね、徳本(とくごう)峠を越えてここに下ってくる時ね、白沢って沢筋を下るんだがね。山をくねくねと曲がりくねって下ってきて、白沢のガレ場に出る荒れた道だがね、視界が開けて岩がごろごろしとる場所で”ちりーん“と音がしたんだ。てっきり誰かが登ってくるのかなと思ってね・・・熊避けの鈴と思ったんだ・・・わしはね下を見たんだが、誰ぁーれの姿も見えない。※注:内容はうろ覚えのため実際の会話よりも短く省略しています。

おかしいな、と思って岩のほうに歩き出そうとすると、また”ちりーん“と音がする。今度は後ろから誰かが降りてきているんじゃなかろうか・・・そう思って耳を澄ませたんだが、誰ぁーれも来ない。わたしゃ熊鈴なんてもの持ってないからね

山では人が居ないのにそばで話し声がすることがたまにあるが、あれと同じと思ってね。気にせず歩こうとして岩を超え向こう側へ移ろうとしとったときだった。今度は耳元で”ちりーん“・・・

うわ、と思って横を見た。したら、灰色に薄汚れた衣装を着た修験が横の岩に腰かけてじっと動かん。その指先には黒っぽい鉦のようなものがあって、時々”ちりーん“と音がしとる。

気になって声をかけたんだが聞こえぬのか、聞こうとしないのか、顔を向けようともせなんだ。だが怪我してるとも思えんし、時々指を動かして鉦を鳴らしてるだけでな・・・そのままにして来た」

というような、じつに奇妙な話を聞かせてくれた。

翌朝、この老人は四時に徳沢を発った。僕らはウイスキーをしたたかに飲んだため、二日酔いで痛む頭のまま上高地に向かって歩き出した。そうして明神館という伝統のある山小屋の前まで来たとき。Mが徳本峠で帰ろうか、と言い出した。「山伏?」と聞くと、もし具合でも悪くて動けなかったら大変だろう、と悪ガキのように笑った。

その言葉の裏には、昨夜老人の話た奇妙なものを見てみたい、という好奇心があることは明らかだ。実は僕も気になっていた(^^;。 ハイペースで歩けば島々谷は明るいうちに抜けられるな・・・と思った僕は、Mの提案に賛成した。僕ら二人は上高地への道を左に逸れて、峠への登り道に入った。この道は徳本(とくごう)峠へと続いている。

かつて上高地に入るには、この峠を越えて入るよりほかなく、江戸時代は安曇村から峠を越えて木材伐採に入ったという。もちろん信仰の道でもあった。

tougegoya.jpg
これが峠の小屋。横にはキャンプ場(テント場)もあるが、ここはものすごい数の薮蚊が群がってくるので、僕が一度キャンプした以降は、二度とする気にはならない。この峠は穂高など北アの山並みがパノラマに見渡せる最高のヴューポイントだ。

徳本峠にはお世辞にもきれいとは言い難い山小屋“徳本峠小屋”がある。この小屋を伝統ある小屋だとしている記事も見かけるが、実は江戸時代から存在する“徳本小屋”というのは現在の“明神館”のこと。紛らわしいことこのうえない。

江戸時代の元締文書には“常設きこり小屋として12個所、下より田代、湯川、越後川、宮川、徳吾(徳本・現在の明神館)、古池、横尾、わさび野、わさび沢、熊倉沢、一の俣、二の俣、と記されており、杣には、入り4カ村、今の安曇村全域から入った、とある。江戸時代は明神館付近の場所に”徳吾“と書かれている。

さて、こうした歴史ある峠だが、トンネルによって上高地に入れるようになった現在では、峠越えの道は寂れ果ててしまった。しかし、先の老人のように数少ない好事家がこの旧道を辿っている。道はしだいに荒れてきて、ついにはそこらじゅうが崩落し、岩石がごろごろしている。これでは熊鈴でもつけたくなるのもわかるが、僕はつけたことはないし、つけるつもりもない。

そうして歩いていると、突然風が吹き抜けた。

それとほぼ同時に“ちりーん”と、音がした。この音に僕はドキッとした。修験の僧が怪我して動けないのかもしれない、と思ったのだ。そして、なんであの老人は小屋の人に話さなかったんだ、と思いながら焦りを覚えつつ駆け上った。

急にペースをあげたため心臓の鼓動が激しくなり、耳の奥でドクドクと脈拍の音が聞こえた。しかし、探せども、それらしき僧の姿はどこにも見えなかい。ここから道は左に湾曲し暗い森に中へ入ってしまう。もし老人が見たとすればこの付近のはずだった。僕とMは隈なく周囲に目を配る。

“ちりり・・・ん”

間近で鉦の音がした。Mは岩石の奥に横倒しになている倒木に近付いた。「おいっ!ここだ、ここだぞ!」その声に僕は駆け寄った。

“・・・ちりーん・・・”

それは、朽ちかけた倒木の折れた枝の残りに掛かった鉦が、風に揺れる枝のために鳴っていた。よく見ると、その倒木は人が岩に腰かけているようにも見える。“奇妙だな・・・”ふっと、腰かけた人が胸の位置に手を置いて鉦を鳴らしている幻影が見えた気がした。

昨夜の老人が見たものは果たしてこれだったのだろうか。それとも、やはり修験僧がここに坐していて、鉦を鳴らしていたものなのか。見れば見るほど、その木が得体の知れぬ何物かに姿を変えそうな気がしてきた。このとき理由はわからないが、全身が総毛立ってしまった。

僕はMを促すと、鉦には指一本触れずそのまま峠を目指してこの場を離れた。その後の事は、何もわからない。
地図はこちら
怪談CLUBカテゴリーはこちら

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

                                               
Comment


なんとも奇妙な話ですね~
  • 2007/07/21(土) 01:02:07 |
  • mb190spl|URL
  • [編集]


山ん中にいると敏感になって、見えちゃうんですかね。
それとも老人は既に酔っ払い状態だった?
  • 2007/07/21(土) 04:52:40 |
  • なむたーん|URL
  • [編集]


あちゃぁ~・・・また鳥肌立てちゃいました。(^^;)
何でそんなとこに鉦があるんだよぉ・・・泣きそうになります。
耳元で聞こえる感じでしょうか・・・怖いっす。
  • 2007/07/21(土) 09:15:11 |
  • jun-boh|URL
  • [編集]


ちりーん
ちりーん
そこに修験僧が居たのか…
はたまた、ずっと鉦が置いてあったのか…
老人自体も本物か?
考えれば考える程謎が多い話です。
でも、老人はビールを奢ってくれたので本物でしょうね~(≧∇≦)/
優しいお方だ!
  • 2007/07/21(土) 13:58:32 |
  • lilt|URL
  • [編集]


恐い話は苦手なのですが、ついつい読んでしまって ゾゾ・・・っと・・
徳本峠からは山が見渡せるのですね。いつか上高地から上がってみたいと思っているのですが、きっと思い出してしまうでしょう。。。
  • 2007/07/21(土) 17:48:49 |
  • piyoママ|URL
  • [編集]


老人が山中で見たものは見間違いか、、?それとも、、?
おぉっ、これは自然のクーラーですね。なんだか涼しくなりましたよー。
  • 2007/07/21(土) 21:42:44 |
  • norinori|URL
  • [編集]


徳本峠と書いて、とくごうとうげって読むので僕も昔から気になっていた峠です。
ちょうど蒸し暑い夜にホント涼しくなりました。
よく山小屋の主人の話で怖い話を雑誌なんかで読みますが、ホントにあるんですね。
僕も怖がりですけど、この手の話が大好きです。
5年程前、京都市内とは言っても滋賀県大津市との境にある左京区のキャンプ場に行った時のこと、霊感の強い人と一緒だったのですが、シャワーを浴びて表で自分のサイトの方を見ながら涼んでいた時、その人が、今、僕の車の横に若い男女が4人で立ち話をしていたけど急に消えていなくなったと言うのです。
僕には当然、この4人は見えるどころか、本当に静かな夏の夜の自分のサイトしか見えていませんでした。
この人、霊感が強く、よくいろんなものを見るそうです。
このキャンプ場は結構お気に入りなのですが、うちのママも行きたがりませんし、近所のキャンプ仲間がお盆に行った時も、横の川でどこかの子供が溺れ大変だったそうです。
それ以降、2回程このキャンプ場を訪れ、夜中にトイレに行きたくなり怖々4人の男女がいた場所を眺めましたが、やっぱり僕には何も見えませんでした。
見える人には見えるんですね。
  • 2007/07/21(土) 23:07:04 |
  • ゆっちゃん|URL
  • [編集]


★ mb190splさん★
こんばんわ。今でも、ときどきこの時のことを思い出します。そのたびに、奇妙な気分になります。木に重なるようにして、修験者が居たような気もしますが・・・
  • 2007/07/22(日) 01:00:24 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★なむたーん さん★
酔ってましたねー!ビールにウイスキーにカプ酒(笑) もうふらふらで、彼は、まともに立って歩けませんでした(^^;;
  • 2007/07/22(日) 01:01:51 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★jun-boh さん★
赤茶色に錆びた鉄の鉦でした。風鈴にも見えるし、お坊さんが托鉢のときに手に持てる鉦にも見えました・・・もっとよく観察すればよかったんですが、どことなく普通の気配ではなかったので・・・そんなに怖がりではないのですが、身体が一瞬冷えたような気がしたので、そのまま峠に逃げてしまいました(^^;;
  • 2007/07/22(日) 01:04:33 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★lilt さん★
あの老人が本物でなかったら・・・そっちのほうが怖いです(^^; 幻影にもらったビール・・・バッチイ水だったりして・・・
  • 2007/07/22(日) 01:05:38 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★piyoママ さん★
徳本峠、いいところですよ!峠から先の島々谷は、ここ数年、崩落が激しくて入らないほうがいいと思います。
徳本峠までなら、上高地から気軽にハイキングできます♪
  • 2007/07/22(日) 01:07:24 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★norinori さん★
話の内容から判断すると、衣装のことも行ってましたし、修験はずーっと俯いたままで、指を動かして鉦だか鈴だかを鳴らしていた、というので、見間違いにしてはリアルすぎるな、と思っています。
たくさんこういった話は手持ちがありますが、中でも謎につつまれた話です(^^;
  • 2007/07/22(日) 01:10:17 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ゆっちゃんさん★
その左京区のキャンプ場の四人は、なんだったのでしょうね???
しかし、山などで、登山者とすれ違って「こんにちは」と挨拶したのですが、後ろのメンバーに「どうしたんですか?」と言われて、振り返ると、誰もいない、って時もありました。確かに白い帽子を目深に被った年配の女性とすれ違ったはずなんです。
たぶん、同じようなケースかもしれないですね・・・(^^;
  • 2007/07/22(日) 01:14:44 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


山には 
不思議な話が多いんですね~
天に近くなるほど
感覚が研ぎ澄まされるのかも・・・


★Takapon さん★
確かに山に何日も入っていると、感覚が異様に鋭くなりますね(^^; それと、一ヶ月ほど入っていると、鳥が逃げなくなります。これも不思議です。
  • 2007/07/23(月) 00:49:57 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


バックパックの旅してたので、まとめコメしますです
修験のお坊さんは木の精霊かも
その木が今もあるか知りたいです
  • 2007/07/26(木) 00:27:38 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


★たるたるさん★
ごめんなさーい!たるたるさんのコメント、今発見しました!
この木が今あるかはわかりません。今度上高地に行ったときに、ついでに見に行ってみることにします。
  • 2008/04/01(火) 15:01:07 |
  • Yu_Zetterlund|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
10月14日の「徳本峠に坐す、見えない修験者」で、島々谷から徳本峠を越えて上高地に入る旧登山道の話をしましたが、峠越えに興味をもたれた方よりいくつかの問い合わせメールをいただきました。 これを受けて所属する山岳会で得た情報を再度メールしたのですが、も...
2008/06/13(金) 23:39:19 | お江戸今昔堂
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示