CALENDAR
05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

寒冷前線通過時に出会った、お隣のビバークな人

世の中には変わった人もいるものです。これは西穂山荘のテント場で出会った変わり者の話。

西穂高岳の山荘に到着してみれば、テント場はすでに満杯状態。そんな中、テントひと張り可能な隙間を探していると、山荘横に三畳ほどのスペースを発見。僕はそこにザックを置いて場所確保をし、テント場使用手続きのため山荘に。そしてザックの場所に戻ってみると、ザックの横にひとりの男性がニヤニヤして座ってます。

僕がテントを設営すると、横には畳一畳ほどのスペースしか空きません。まさかそんな場所にテントを張れるでなし・・・じっと座っている彼は、テントを設営する僕を、ただニヤニヤ眺めているだけ。

なんだか気味悪いなぁ・・・と思った僕は「ここにテントを張りますか?」と聞いてみた。すると彼は「いえいえ、私はここに寝るだけですよ。気にしないでください」と何やら意味深な余裕の微笑み。

何を考えてるのかわからない謎のスマイル・・・やはり気味悪い・・・


設営したテントに入った僕はさっそく夕食の準備。準備とはいってもフリーズドライの親子丼です。時刻はすでに午後4時。多くのテントではそろそろ就寝する時刻。僕はテントの中から、すぐ隣の気配に注意を向けた。食事をしていると思われる紙袋の音に続いて、ガサゴソという物音がひとしきり。それきりピタリと音はしなくなった。

“あれ?居なくなったのかな?”

そう思った僕はテントから顔をそーっと出して横を見てみた。なんと彼はシュラフにシュラフカバーを装着して、すでに寝ていた。“ただ寝るだけ”とは、こういうことだったのか、とわかった。しかし、実に気持ち悪い。真横40センチほどのところに常にニヤニヤ顔の男が、イモムシのように寝転がっているのだ。

今は曇天でも、確実に寒冷前線が接近してきている。ということは・・・

僕のその予想は当たった。まあ、僕でなくても、誰だって予測できる。寒冷前線通過によって天候は大荒れになる。3000メートル近い稜線の風雨はものすごいし、おまけに気温が急激に低下するから、8月の真夏でも場合によっては霜柱が立つ

夜の7時ころから天候は急激に荒れ出し、やがて暴風雨となった。バケツをぶちまけたようなものすごい雨が強烈な風によって真横からテントにぶつかる。音は暴風雨に掻き消されてはいるが、あちこちから漏れるヘッドライトの明りによって、周囲では張り綱補強やフライの点検にテントを出て作業しているのがわかった。

僕は、隣で寝ている“にやけた”イモムシな彼は張り綱がなくていいな”と皮肉を想像し噴き出してしまった。翌朝3時頃。周囲のバーナーの音に慌てて目を覚ますと、すでに雨は止んでいる様子。そしていちばん気になっていた事を確認するために、そーっとシュラフを抜け出してテントから顔を出し横を見た・・・あれ??

隣でビバークしていたイモムシマンの姿がどこにも見当たらないではないか。

僕は、夜半に獣がテントの外を徘徊する微細な物音でも目を覚ますことが多いのだけれど・・・そんな物音は聞こえなかった。とすると・・・彼がこの場を退避したのは寒冷前線が通過している暴風雨の真っ最中しかありえない。

青暗い砂地は霜で真っ白。それのどこにも、人の寝ていた形跡は見当たらないから、やはり夜中に、小屋にでも泣きべそかきながら逃げ込んだのかもしれない(^^;;

とすれば、今頃は、小屋の廊下の隅にでも身体を丸めてイビキをかいているのだろう。ボクは、夜半の暴風で浮石が落ちてくれていることを願いつつ、西穂山頂経由、ジャンダルム方面に向けて出発した。

今回の台風4号は、直撃コースをそれてしまいましたが、この寒冷前線の通過も台風なみか、それ以上のものすごさ。きっと、このときHEX3を装備していたら、楽しかったかもしれないなぁ。

キャンプに、山に、バックパッキングに・・・本体800グラムほどの超軽量テントがあったら、もしかしたらお隣のニヤニヤな彼を誘い入れていたかもしれないです(笑) ニヤニヤしないことが条件ですけれど....(^^;

◆7月15日の青野原キャンプ場前の道志川
070717_1.jpg

070717_2.jpg
吊橋と水面の距離も接近

070717_3.jpg
サイト横の草地はすでに濁流の中

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


そんな近くにそんな変な人いたら、気味悪くて寝れませ~ん。。。
無茶な人っているもんですね・・・
  • 2007/07/18(水) 01:04:31 |
  • simoji|URL
  • [編集]


★simoji さん★
おおお、はやいですね!昨日の記事にコメントしてたらすでにsimojiさんが・・・(^^;;
テントで寝ているとものすごく気になります。だって隣との境は、布地一枚ですから(笑)
この布のすぐ横に彼がいる、と思うだけで気も悪かったです。
  • 2007/07/18(水) 01:13:51 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんばんは(^o^)
短編小説を読んでるようなドキドキする記事ですね♪
クラブネイチャ 面白い(@_@)
ファンになっちゃいました(笑)
  • 2007/07/18(水) 01:21:18 |
  • piyosuKe-papa|URL
  • [編集]


いや~ニヤニヤ男の行方が気になりますな~(笑)
しかし道志川、凄い事になってますな~
  • 2007/07/18(水) 01:47:10 |
  • mb190spl|URL
  • [編集]


♪ユウさんおはようございます
テント過密密集地域は悪天候ならではですね・・
その不敵な笑み・・本人的には慣れない愛想笑いをしたのかも・・
シュラフだけじゃあまりに無謀・・
  • 2007/07/18(水) 07:02:32 |
  • coco☆|URL
  • [編集]


イモムシ男ですか!
ちょっと可愛そうな気もしますが・・・
やっぱり気持ち悪いですね、
でもイモムシ男、何処に消えたのでしょう?
気になります・・・・


めっちゃ怖!!!(゜ロ゜)
彼はユウさんも一人だったから、きっと友達になれると思ったのでしょう。
あわよくば、ユウさんのHEX3が壁になって雨風をしのげるとか思ったのでは?
彼はツチノコだったのかもしれません…
(≧∇≦)/ ハハハ
色んな人が居るもんですね…世の中。
これだから面白い♪
  • 2007/07/18(水) 10:19:10 |
  • lilt|URL
  • [編集]


そのニヤニヤ男さん、嵐の中のビバーク訓練のつもりだったのでしょうか?余裕があるように見せるため、精一杯のつくり笑顔だったとか‥‥
もしかして怪談CLUBのネタかと思ってしまいました。
  • 2007/07/18(水) 20:42:40 |
  • ろんがあ|URL
  • [編集]


こんばんは。
はじめまして。私も15日の夜に青野原に行きました。濁流が凄かったですね。
イモムシな彼、笑ってしまいました。どこに消えたのでしょう。気になります。
  • 2007/07/18(水) 22:21:51 |
  • yn223|URL
  • [編集]


至近距離で真横?ってのはつらいですね~。私だったらなんだかちょっとした気配も気になってぜんぜん寝れないかも(笑)
しかしシュラフだけもってきてテントは忘れたのかな?謎ですねー、、、
サイト横の草地?はどう見ても川にしか見えませんよー(笑)凄い状態ですねー。。
  • 2007/07/18(水) 22:51:18 |
  • noriori|URL
  • [編集]


そのニヤニヤ男さん、嵐の中のビバーク訓練のつもりだったのでしょうか?余裕があるように見せるため、精一杯のつくり笑顔だったとか‥‥
もしかして怪談CLUBのネタかと思ってしまいました。
  • 2007/07/18(水) 22:54:54 |
  • ろんがあ|URL
  • [編集]


★piyosuKe-papaさん★
僕もpiyosuKe-papaさんの写真のファンです♪
  • 2007/07/18(水) 23:07:45 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★mb190spl さん★
口元が笑ってるんです。目は細くてよくわからないんですけど・・・(^^;
  • 2007/07/18(水) 23:08:50 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★coco☆ さん★
他の登山者も不思議そうに見てました。至近距離の僕は、不思議ではすまなかったですけど(笑)
  • 2007/07/18(水) 23:10:37 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★チャイ さん★
たぶん・・・西穂山荘に夜半に避難した、と推測してます。シュラフカバーがゴアテックスだったとしても、あの暴風雨では自虐そのものですもん(笑)
  • 2007/07/18(水) 23:12:18 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★lilt さん★
ツチノコ(笑) 地面にもぐちゃったんですかね。沢登のときツェルトの下にシュラフにシュラフカバーをセットして寝ることありますが、あんなキャンプ地でこれをやる人は初めてです(--;; いろんな人、いますねー!
  • 2007/07/18(水) 23:14:25 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ろんがあさん★
訓練だったらいいんですけど(^^;;
怪談クラブ用のネタは、もっと奇妙で不思議なのがたくさんあります(笑) 上高地の話、週末あたりアップしましょうか。他のブログに掲載したものですが、クラブネイチャー用に単純にリライトしなおします。
  • 2007/07/18(水) 23:17:31 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★yn223 さん★
ニアミスですね~。
夜だと・・・僕は、霧雨の中、観光農園キャンプ場でホタル見ていた時間かもしれませんね♪
  • 2007/07/18(水) 23:19:00 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ norioriさん★
テントの至近距離なので、布一枚。寝返り打ったり、ちょっとした物音がすぐ横で聞こえるのでめちゃくちゃ気になります(^^;;
  • 2007/07/18(水) 23:20:13 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


イモムシさん
どうなったんですかね~?
雨のスケールは全然違うと思いますが
土砂降りの中、ブルーシートの上に
熟睡しているおじさんを、見たことがあります。
しばらくしてむくっと起きだし、身軽に撤収していきました。
世の中には、”感なし人間”がいるんですね~!!(笑)


★Takapon さん★
そのブルーシートおじさんはキャンパーですか?シチュエーションがものすごく気になりますね。
そのブルーシートおじさんとは違いますが(笑)、僕は夏の夕立のなか、傘なしで濡れて歩くのが好きだったりします♪
  • 2007/07/19(木) 00:23:30 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


学生をcampに先導してきた
多分先生・・・超強面でしたけどね!
学生は昔の三角テントにねかせてあげて
自分はブルーシートにといった
シュチエーションでした。
ある意味かっこよかったですよ!!


★Takaponさん★
なるほどーなかなかいい先生ですね!たしかにカッコイイ。
三角テントも懐かしい。ちょっとヤフオク見てみたら、懐かしの黄色い三角テントを4000円で発見・・・入札はしません(笑)
  • 2007/07/20(金) 06:38:33 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


小生、このブログ読ませていただいて、いまだから書けるのですが このお方、もしや先日の記事にあった、ビビイザックでしたか、それに寝ていたのではありますまいか、さて。
  • 2008/06/13(金) 15:29:32 |
  • 風|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示