CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

道具をそろえる前にファミリーで“手ぶらキャンプ”を

P1010075_h.jpg


今年の夏は、ファミリーキャンプに挑戦、と思っている方も多いと思います。

先日、新宿のアウトドアショップに立ち寄った際に、会社帰りと思われる五十代前半のスーツ姿の紳士がショップスタッフのアドバイスに従って、次から次へとキャンプ用品を買い込んでいました。

スタッフは「やっぱりダブルバーナーはあったほうがいいですよ」とか、「テントは大きめが使いやすくておすすめですね」などアドバイス。そんなやり取りが、聞く気もないのに自然と耳に入ってきてしまう。

しかし・・・夫婦二人と、大学生の娘と夏にキャンプする・・・それも初めてという状況・・・

想像をめぐらせれば、大学生の娘さんがいっしょにキャンプに行くのは、今回一度きりかもしれないし、もしもそうなれば、以後はご夫婦二人のデュオキャンプにならざる得ないわけだし。封筒型シュラフにしても、夏場であれば、もしかしたら下はゴザで、上にタオルケット。予備に毛布というほうがよっぽど快適かもしれない。

そうなればシュラフは買う必要ないだろうし、これからもキャンプしたい、というときに改めて考えるという道もあるかもしれません。

それにダブルバーナーだって・・・テント&タープ設営に手一杯なのはなんとなく目に見えるし、そんな状態でポンピングしつつ見事に使いこなすのは、骨が折れるかもしれない。当然、奥さんや娘さんもキャンプなどしたことないだろうし。となると、この紳士がヒイコラ汗かいて、ご婦人方の視線を浴びながらの作業になることだって・・・

彼は、テント、タープ、ダブルバーナー、燃料、白ガスのランタン、コッヘル、封筒型シュラフ、テントマット、水コンテナ、まな板セット、チェア&テーブル(ワンセットになったタイプ)・・・などなどを買い込み、宅配手続きをしていました。

僕は、ボーナス払いのクレジット手続きを続ける彼の細い背中を眺めつつ、「最初は手ぶらで体験キャンプしたほうがいいですよ」と、思わず言ってあげたいところ、グッとこらえました。

まあ、彼に言わせれば余計なお世話かもしれないけれど、何度かキャンプすると、他のサイトを眺めつつ“ああすればよかったなぁ”と、大抵は思うもの。だったら、最初は、シュラフや食器など最小限のものを揃えほかは何も持たずにキャンプ場に出かけて、まずは体験して方向性を探るのが、理想のスタイルに到達する近道のような気もします。

僕も、キャンプ場に行って、いろいろなサイトを見るたびに、あれはいいなぁ、これも素敵だぞ、というのが茶飯事です(笑)

彼の感性やスタイルにマッチするのは、実はコールマンのテントではなくて、スノーピークだったのかもしれないし、小川キャンパルなのかもしれない。もしかすると、もっとコンパクトでシンプルなスタイルがいい、と思わないとも限りません。

それに・・・ダブルバーナーを購入していましたが・・・スタンドはそこになかったように思えたんです。そうだとすれば、地面に置くか、テーブルの上にダブルバーナーを乗せて調理することに。帰りの電車の中で、どうするんだろう・・・とそればかりが気になってしまいました。

P1010075.jpg


さて、道具を買う前にキャンプ体験ができるパッケージが、ここのところかなり充実してきています。中にはダッチオーブンやスモーカー、ハンモックまで揃うキャンプ場もあるし、テント設営はもちろんのこと、サイトデザインまでしっかりとアドバイザーが丁寧に教えてくれる。

こうしてスタートすれば、いろいろと“ああしたい、こうしたい”など、自分の望むスタイルがより具体化できるし、その方向性でキャンプ道具を少しずつ揃えてゆく、っていう方法もある。これだけキャンプ用品をブログに張り込んではいますが・・・インターネットだからなおさら、ここで買う前に“手ぶらキャンプ”がいいと思います。

そうすれば、キャンプ体験しながら、多くのキャンパーの素敵なサイトを実際に見られますし、自分のスタイルを具体的に思い描くことができると思います。

各地のキャンプ場では「手ぶらでキャンプ」というサービスを提供していて、これは検索エンジンで“手ぶらでキャンプ”と打ち込めば、たくさん引っかかる。その中で、「手ぶらでキャンプ」を実施している、僕の好きなキャンプ場を幾つかリストアップ。

※もちろん、僕は今でも時々”手ぶらでキャンプ”を利用します。旅行でホテルに泊まっているとき、ふいにキャンプしたい!って思うことがあります。そういうときに利用したり、はじめから家族旅行に一泊だけ組み込んだり・・・これをすると、旅行に深みが出るような気がします♪

全国
休暇村
全国の休暇村のキャンプ場でも手ぶらでキャンプが楽しめます。こちらは常設テント中心ですが、ロッジ型のテントなのでなかなか快適です。僕は、ホテル宿泊の際に、どうしても一日だけキャンプがしたくなり休暇村鹿沢高原キャンプ場を利用した経験があります。

福島
羽鳥湖高原 レジーナの森
福島県岩瀬郡天栄村大字羽鳥字高戸屋39


リステル猪苗代キャンプ場
福島県耶麻郡猪苗代町大字川桁リステルパーク
常設テントをベースに、全てのグッズがワンパッケージに。朝食はホテルバイキングっていうのもうれしいです。

宮城
吹上高原キャンプ場
宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字本宮原23-8
僕も大好きな宮城の鬼首温泉郷の広大なキャンプ場。以前の記事でも紹介しています。テント・タープ・テーブル・椅子・寝袋・ランタン・食器類などのキャンプ用品すべて準備してくれて、1泊2食付き(夕食は家族でバーベキュー)*1週間前に予約が必要。 温泉もブルワリーもありますよ。

長野
オートキャンプ場どんぐり村
長野県飯山市斑尾高原のぞみが丘

白馬八方温泉 ホテル五龍舘
長野県北安曇郡白馬村八方
アウトドアが苦手なママや、小さな赤ちゃん連れでも安心プラン。ホテルの部屋も好きなときに利用できるので、赤ちゃん連れのママはホテルで、パパと子供はキャンプを、というように楽しめます。

いいづな東高原キャンプ場
長野県上水内郡飯綱町大字川上2755-345
鬼女紅葉(もみじ)伝説もある、自然たっぷりのキャンプ場。忍者屋敷とか、子供も大喜びのアクティビティもいっぱい。

群馬
星の降る森
群馬県沼田市上発知町2543
その名のとおり、星が非常に美しく見えるキャンプ場。このエリア、天文台もあるほど夜空がきれいなんですよね。クティビティも非常に豊富で、なんと四輪バギーもあります。僕は四輪バギー、ぜひやってみたい!

北軽井沢キャンピングパーク「スウィートグラス」
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990
なんとハンモックやダッチオーブン、スモーカーまで、まるまるレンタル。初キャンプで、ダッチや燻製もデビューできるなんて、ちょっと嬉しすぎ・・・しかし、ここは行きたい、って気持ちは大きいのですが、まだ利用したことありません。しかし、気持ちよさには定評ありです。

山梨
PICA富士吉田:山梨県富士吉田市上吉田4959-4

PICA富士西湖:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068-1
手ぶらセットとしてパッケージにはされていませんが、ひととおりレンタルできます。

そうしても北日本中心になっちゃいますが、他にも検索すればいろいろ出てきますので好みと予算に合わせて選べます。最初は、手ぶらでキャンプ、ぜひともおすすめします。

・・・それにしても、新宿の紳士・・・今週末あたりキャンプに行くのかなぁ・・・未だにダブルバーナーが気になります(^^;;

にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:キャンプスタイル - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ユウさんこんばんわ
その店員さんに責はないのでしょうが・・・
確かに最初からガス式ダブルバーナーはいらないですね~オーバースペックですよ。操作に手一杯で料理どこじゃぁないですね(^-^;
・・・といいつつ、simojiも413持ってはいるけど実際キャンプ場で使ったのは一度きりで、真冬にキャンプしたことがないのでほぼガス式ですませてしまいます。
自分のスタイルがわからないと無駄になるものが多くなってしまいますね
またまた・・・・といいつつスタイルが固まっていないsimojiは好奇心だけで買ってしまうもの、「限定」がついてれば買いたくなるもの。
まぁそれが楽しいのか・・・
  • 2007/07/05(木) 00:15:11 |
  • simoji|URL
  • [編集]


体験キャンプ、なるほどですね~
たしかに最初は何が必要で、何が不必要か分からないですもんね~
何度かやると、求めるスタイルも分かってきますからね~
それから道具を揃えるのは無駄が無くていいですね~
  • 2007/07/05(木) 00:21:11 |
  • mb190spl|URL
  • [編集]


スウィートグラスの手ぶらキャンプの中に、立派な薪ストーブがあるのを発見です。これ使ってみたいな。もちろん冬。使ってよかったら購入考えたいデスネ
  • 2007/07/05(木) 00:27:28 |
  • fumi|URL
  • [編集]


自分のテント泊のキャンプデビューを思い出します・・・
知り合いにテント、ガスランタンを借りて
自分でテーブル、椅子(安物)カセットコンロを購入し出かけました。
テント設営に2時間、焚き火で飯盒炊飯に3時間(夕食はレトルトカレー)でしたが、ほとんどゆとりがありませんでした(笑)
今思えば全部借りて済ませれば良かったと思います・・・


自分のデビューも超シンプルなのだ
安い大きなテントに、シュラフ、ガスツーバーナー、食器のみでした
イスもテーブルもなしだけど 彼女とふたり なんか たのしかったぁ その彼女は今嫁様でしたぁ
  • 2007/07/05(木) 07:56:06 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


勢いで色々購入した紳士も、いざキャンプに行って他のキャンパーの持ち物やクチコミを聞いた時、「こっちのがいいじゃん!」と思う事になりそうですよね・・・・ おそらくは、お店の人も紳士のスタイルに合わせ商品を進めたとはちょっといいがたいところで、売れ筋とか初心者にはこうゆうのが受けてるとか、そんな感じだったと思ってしまいます。キャンプが紳士やその家族の価値観とあうかどうかではもう2度と繰り出さない事だってあるだろうに・・・ どうかこの商品達が今後も紳士のもとで活躍される事をねがわずにはいられません(笑)
  • 2007/07/05(木) 08:25:28 |
  • nana|URL
  • [編集]


★ユウさんこんにちわ
なんか考えさせられる記事でした。
まぁ私は娘的立場も親的立場もわかるのですが・・親御さんのこうしてあげたいああしてあげたいという思いが強すぎちゃうんですかね~これで現地でああでもないこうでもないとなると、娘さんや奥様はつまらない休日になりかねないですからね。
キャンプは設営や準備は家族皆動かないととても大変ですから。
BBQしに行く!というライトな感じで最初ですから良いと思うのですが。
  • 2007/07/05(木) 11:32:44 |
  • coco☆|URL
  • [編集]


どうゆうキャンプがしたいかは
人それぞれなわけで、ショップの人のアドバイスも難しいでしょうね。
”手ぶらキャンプ”いいですね~
私がCampやり始めの頃も
そんなのがあれば、無駄な買い物はせずに済んだのに~(TqT)


私も同じような光景を見ました。
初老のご夫婦が店員さんに色々と相談しながら
ほぼフル装備を購入していました。
せめてテントだけでも現地でレンタルしたら?と言いたくなりましたね。
反対に羨ましくもあり・・・でしたが(^^;)
初めてのキャンプでは私もテントを友人に借りました。
徐々に購入するのが良いキャンプグッズを揃えるコツかもしれませんね。
  • 2007/07/05(木) 13:31:10 |
  • jun-boh|URL
  • [編集]


このショップの店員さんは、何をイメージして紳士に購入品を勧めていたんでしょうね。。
ただ売る事に必死な感じ?もしますね。
夫婦二人に子供一人。
しかも初キャンプ。
今必死で説明書やオートキャンプ入門の本を読んでいるんでしょうねぇ~
大体、それでイメージできて、準備もスムーズに行けばいいけど…
買ってしまったものはしょうがないですからね~使って使って腕を磨くしかない!!!
ガンバレ♪と応援しましょう!
  • 2007/07/05(木) 14:03:00 |
  • lilt|URL
  • [編集]


買う人の気持ちも、売る人の気持ちも、互いの立場に立てばよく判ります。
だけどユウさんの言うように、手ぶらで全てレンタルし体験するのが賢明ですね。
自分は良くても、奥さんや子供さんもキャンプが気に入るかどうかは判りません。
とにかくそこそこ奇麗なキャンプ場で、絶好のアウトドア日和となるのが第一条件。
それで家族がもう一度行きたいって気持ちになればしめたもの。
そうなればキャンプの回数が増え、道具もあれが良かったって事に必ずなりますね。
ウチにも数家族がキャンプできるほどの道具が山ほどあります。
ほんとキャンプって道具を減らしても、また新しいアイテムが増える。それに伴い付属品が増え、また、簡素化を図る。これの繰り返しですわ。笑)
  • 2007/07/05(木) 20:15:30 |
  • ゆっちゃん|URL
  • [編集]


ユウさん
いろんな人がいますよね。
形から入る人、めんどくさがりの人
私はツーバーナー買う気になれません。
そんなに料理に夢中にならないのです。
最近はカセットコンロです。。。
まあツーバーナーの方が見た目が良いし
店員としてはツーバーナー薦めるのは当たり前のような気がします。
買う人が決めることなんで、お金に余裕があればツーバーナーいきなり買う人も多いでしょうし、そのような人はもし使わなくてもそんなに後悔しないのでは、と思います。
娘さんと最初で最後のキャンプならかっこいいツーバーナーの方が後悔しないかもと思ったりします。
  • 2007/07/05(木) 22:55:11 |
  • なむたーん|URL
  • [編集]


★simoji さん★
僕も最初の二~三年は頻繁に使用していましたが・・・今はカセットコンロorジュニアカセットバーナーorエスビットor焚火で調理のどれかになってしまいました(^^;;
  • 2007/07/05(木) 23:52:30 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★mb190spl さん★
僕が初めて豪華なファミリーキャンプを見たのは、クライミングで出かけた廻り目平キャンプ場で。大きなテントにダブルバーナー、タープの下にはテーブルセット・・・これはいったい何なんだ???って、驚きました(^^;;
  • 2007/07/05(木) 23:54:45 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★fumiさん★
ストーブ???そんなのありました?昨年の冬。道志の森にとあるメーカーのアウトドアカメラの撮影にでかけたとき、テントの前室から出た煙突を初めて目の当たりにしました。すっごく楽しそうでした♪ 僕もやってみたい!
  • 2007/07/05(木) 23:57:08 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★チャイ さん★
僕も、廻り目平でファミキャンを見て、真似して始めたんですが、最初は借りてキャンプして、少しずつスタイルを見極めて道具をそろえれば、無駄がなかったのにな、って思ってます。
  • 2007/07/05(木) 23:59:19 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★たるたる さん★
そのテント、まだ健在ですか?キャンプ好きな奥さんで羨ましいです(^^
  • 2007/07/06(金) 00:00:22 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★nana さん★
それは、ありえます!大いにありえます(笑)大学一年とかいう娘さん・・・来年は彼と過ごさぬとも限らないですし・・・なんだか、口調から察するにパパが誘ったような雰囲気でもありました。成功を祈らずにいられません。
  • 2007/07/06(金) 00:04:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★coco☆ さん★
いいたかったのは、まさにcoco☆さんの書いているようなことでした。BBQのようなライト感覚・・・さすがうまいこと言いますね!ライトですね・・・ライト(^^;
  • 2007/07/06(金) 00:06:38 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★Takapon さん★
最近は、ことに増えているので・・・キャンプ経験豊富なTakaponさんも、一度”手ぶら”を体験なさってみては(^^ なんか、新鮮な気分が味わえていいですよ♪
僕は奥さんにダブルバーナーを任せて散歩して帰ってきたら、親切なキャンパーご夫婦さんが、僕らを初めてと思ったようだ、奥さんにキャンプ講習してくれていました(^^;; 僕が怠っていたのをリカバリーしてくれたことに感謝♪
  • 2007/07/06(金) 00:11:27 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★jun-boh さん★
jun-bohさんも目撃してましたか!こういうことって、よくあることなんでしょうかね??
僕も、一式全てを揃えることなんて、とてもとても・・・羨ましい!
  • 2007/07/06(金) 00:13:54 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★liltさん★
そうですね。きっと今頃説明書と格闘しているでしょうね。それも奥さんや娘さんにこっそりと隠れて・・・あ・・・ネットサーフィンしてここを読まれたくないです(^^;;;
  • 2007/07/06(金) 00:15:45 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ゆっちゃんさん★
道具が徐々に増えて・・・棚卸が入って少し減り・・・そしてまた増えて・・・これを進化のループと命名しましょう(笑)
  • 2007/07/06(金) 00:17:33 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★なむたーんさん★
娘さんと最初で最後のキャンプ・・・ううう、なんかドキッとしました(笑) その紳士さん、手人に”娘がね・・・娘がね”と連発していました。最後のキャンプになるなんて、たぶん思ってないのでしょうね(^^;; たぶん高校三年まで可愛がって見守ってきたんでしょうね。でも、大学一年生・・・どうなるんだろう。ああ、思い出のダブルバーナー・・・
  • 2007/07/06(金) 00:21:00 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示