CALENDAR
05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ツーバーナーのジェネレーター交換

070406-head2.jpg


最近ではあまり持参しなくなりましたが、以前はダブルバーナー・・・つまりパワーハウスツーバーナーはオートキャンプに出かけるときは必ずといっていいほど持参していました。現在このツーバーナーは倉庫で静かに眠っています。そろそろ出さなきゃな、とは思っているんですが・・・

オートキャンプを始めて二年ほどしたころのこと、このツーバーナーに異変が起こり始めた・・・

真っ赤な燃料タンクから真鍮の細い棒(ジェネレーター:気化ガスをバーナー燃焼部に送る真鍮の細い棒)が伸びていますが、その棒の先が入る燃焼部分の下からチロチロ・・・・っと炎が洩れ始めたのです。当初は不完全燃焼のガスがたまって、それが中から洩れたものに引火しているんだろうな、ぐらいにしか考えていなかったのですが、気をつけて観察すると、チロチロ炎は毎回の現象。

070406-2.jpg僕は当初これがわからずにジェネレータ部分の破損だとかたくなに思い込んでしまい、ショップでジェネレーターを購入し交換。ジェネレーターは金額的にも3千円以上もしますし、決して安いものではありません。

交換してから二年ほどは安穏無事。バーナーはゴーゴーと頼もしく炎を吐き出していました。が・・・なんということか、ある日ふたたび、バーナーの下からかつて悩んだチロチロ炎が見えているではないか。「あれれ??」と思って、今度はジェネレーターをじっくりと調査。先端の六角形のナットのネジ山の境目あるあたりから炎は出てます。

それを見て「もしや・・」と思い適合するスパナを購入しその部分を増し締めしてみました。案の定、炎はぴたりと止まった。どうやら”チロチロ炎”の原因はジェネレーターがバーナーの熱によって膨張と収縮を繰り返したため、先端の六角形のナットが緩んでしまった、ということらしかった。

この増し締め作業で大切なことはジェネレーターの根元をレンチで固定しつつ、先端の六角形の部分を締める、ということ。これをしないと燃料タンクに取り付けられた根元の部分に影響してしまいます。

念のため、コールマンのパワーハウススーバーナー“413H499J”に適合するジェネレーターは“R426-562J(462-5621)”ですが、これは現在メーカー在庫切れ。もしも店頭で見かけ、お小遣いに余裕があれば予備として入手しておいてもいいかもしれません。

しかし、根元の炎などは、こうした増し締めによって解消できます。コールマン製品を愛用している方であれば大抵はキャンプ道具メンテナンスTOOLとして持ってはいると思いますが、あれば便利なものを以下に・・・

Coleman(コールマン) スーパーレンチ
Coleman(コールマン) スーパーレンチ


このレンチはコールマン製品のナットサイズに特化されたもので、これひとつでギアの様々なメンテナンスに活躍します。

パワーハウスツーバーナーはメンテナンスしつつ大切に使用すれば、ほぼ一生使える(かもしれない)ギアです。本体は使用するにつれて錆びたりペインがはげたりしますが、それでも使用後は水拭きや中性洗剤をしみこませたウェスで掃除。そしてバーナー部の汚れやサビは、ワイヤーブラシで磨くなどすれば機能は保たれます。はげた部分は同色の塗料で塗っている友人もいますが、僕は錆止めのみ。汚れや傷も勲章のひとつと考えています(^^;

あ・・・そうでした・・・GWのキャンプであると非常に重宝するものがあります。この時期、冷え込みはしますがヒーターを持っていくのもかさばるし。そこでこんなものがあります。これは僕も昨年末に入手したものです。

Coleman(コールマン) 遠赤ヒーターアタッチメント
Coleman(コールマン) 遠赤ヒーターアタッチメント


使用方法は、コールマンのシングルコンロの上にのせるだけ。いつもどおりに点火すればたちまちまっかっかになって、じんわりぬくぬくです。これは夏場の山間部での冷えるキャンプでも便利。このアタッチメントが一つあれば重宝します。そしてなんと言っても、ヒーター使用中でも上で調理できちゃうっていうのがすごいと思いませんか!小さいし軽いし、これはなかなかの優れものだと思いますよ。

最後に・・・ちょうどツーバーナーの話題が出たのでちょうどいいので。“98年にパワーマックス・ツーバーナーをご購入されたお客様へ”とのリコールのお知らせを知ったため、ここにも掲載します。

■回収・交換のお知らせ
・対象:98年型パワーマックス・ツーバーナー(9910-750J)
・回収理由・ヒートシールド(遮熱板)の容量不足により、バルブ内部が変形しガスが止まらなくなる事があるため。
詳細は以下メーカーHPで。
http://www.coleman.co.jp/after_service/caution/9910_750j.html


下はメーカーHPにあるジェネレーター交換手順です。
stove05.gif
(c)coleman.

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


こんばんわフミヤです。移転先はコチラですか。この一月ほどで二度の移転とは、なかなか大変そうですが(笑)グッズ類のセレクトもも以前より整然としててみやすくなったようにも思えます。今回は書籍はやらないのでしょーか?以前ご紹介されていて購入したコンラートローレンツ、ひじょーに面白かったです。面白いアウトドア写真が撮れましたらメールでアタッチしますよ。ではでは~
  • 2007/04/07(土) 04:27:41 |
  • fumi|URL
  • [編集]


どうも、お久しぶりです!お江戸方面にかまけておりまして、キャンプ方面は手薄にしてました(^^;; 
いろいろと試行錯誤の末に、とりあえずここに落ち着いてちょっとの間、様子見しようか・・・といったところ。
まあ、長い目で見てやっていただけると嬉しいです(^^;


再びーーー426のジェネレーターですが、近所のワイルドワンに10個ほどありました。ですのでひとつ予備に購入しました。もう五年ほど使っていて、そろそろあぶないかなと思っていた矢先のことでしたので。よかったです。
  • 2007/04/12(木) 23:30:20 |
  • fumi|URL
  • [編集]


fumiさん>ランタンなども永く使用しているとジェネレータが傷みますし、ポンプカップ同様に予備はあったほうがなにかと安心ですしね(^^♪
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
私こと、ストローおやじが今最も欲しいと思っているのがこれ。【UNIFLAME(ユニフレーム)ツインバーナーUS-1800】...特徴は、・カセットコンロ用のカセットガスが使えるので、燃料コストが安く、余ったガスを家庭で鍋をやったりする時に家庭用カセットコンロで使うことがで
2007/05/23(水) 00:24:29 | アウトドア キャンプ バーベキュー 良い道具 悪い道具
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示