CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

キャンプの恐怖体験

記憶のかけら


070701_h.jpg


アウトドアを続けていると、必ず一度や二度は恐ろしい体験というものに出くわすことになります。それをひとつひとつ、ここで書き上げていたらきりがなくなってしまうので、そのうちのひとつを・・・

これは、一般的に言われる“キャンプ場”ではなく、山のテント設営指定地での出来事。水場は沢水、トイレは山小屋まで歩きそこのを使用。オートキャンプを知ってしまった今考えれば、これはめちゃくちゃ不便。ここに設営したテントをベースにして、翌朝3時に出発。山を登り、午後2時にテントに帰着。

あー疲れた・・・と、ザックやらガチャと呼ばれるギア類をテントの横に。すかさずタオルを持って山の熊笹茂る斜面を10分以上も下った先にある沢で身体を洗いテントに戻る。「?」・・・見れば、テントから一筋の黒い線。凝視すると微妙に生きているように動いている。

なんと、それは蟻の行列だった。僕は不審に思い、適当に閉めていたテントの入り口を開けた。床に数匹の蟻がうろちょろしていた。すると・・・ポト、と蟻が上から落ちたではないか。ふと床から視線をあげたら

ぎょへ~~っ!

なんとテントの側面はもちろん、天井は蟻で真っ黒ではないか!!ごそごそと、天井が黒く覆われて動いている。ぞくぞくと鳥肌が立った。なぜか息を止めて必死にシュラフとマットをテントから出した。そしてすかさずペグを外すとテントを抱え離れた場所でワサワサと揺すり、中の山蟻を全てゴッソリと捨てさった。

すごいすごい・・・もう砂のようにテントから蟻がこぼれ落ちる。いったいこれはどうしたわけだったのか。まさか、テントを蟻の巣の上に立てたのか???よくわからぬまま、場所を移動。しかし、テントに籠もった蟻の酸っぱいような臭いが鼻について離れなかった。

蟻といえば、こんな話が・・・ 天武天皇の時代。唐の高宗が日本人の知恵を試すため七曲りの玉に糸を通せと難題を仕掛けてきた。これに対して、ひとりの翁が山蟻の腰に糸を結んで玉の入口に入れ、出口に蜂蜜を塗った。蟻は密の香りを慕って七曲りの玉を通り抜け、見事糸を通せた。翁は名も名乗らず、ただ『七曲りにまがれる玉の緒を貫きて蟻通しとは誰が知らずや』と歌を詠んで消えたため、神だろうということになり、この年、神号を蟻通とし志富田(渋田)荘の氏神として崇め祀った。

これは、高野山近くの蟻通神社の縁起。テントには入り口がひとつしかなかったので、通り抜けられなかった、のかもしれない。というよりも、入り口はしっかりと閉めとけ、っていうことですね(^^;; しかし、今もってもなぜ蟻がテント内に侵入を企てたのか・・・謎のまま。

そういえば、よろしからぬ訪問客の筆頭はカラス、タヌキ、ハサミムシ。僕は夕食の和牛の肉を全てかカラスに持っていかれたこともある。それに、朝起きてみるとビニールに穴が開いていたり。こちらはハサミムシのしわざ。

ヨセミテなど熊が頻繁に出没するエリアでは、ビバーク時などにベアートラップとして食料は木の枝に吊るしたりするけれど、国内では何度か遭遇しただけで、熊の被害はいまのところなし。皆さんもテントに戻ったとき、思わぬ来客が訪問しているかもしれないので、くれぐれもご用心ご用心(^^;;

恐怖は恐怖でも、怪談記事はコチラ ひひひひ
※まだ引越し途中のため過去記事整理できていない場合があります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:恐るべし! - ジャンル:

                                               
Comment


ユウさん、色んな体験し過ぎ!(・・;)
古い映画ですが「黒い絨毯」というのを
思い出しました。
どんな虫でも大量にいると気持ち悪いし、恐ろしくなりますよね。
本当に鳥肌ものです。(>_<)
  • 2007/07/02(月) 14:44:03 |
  • jun-boh|URL
  • [編集]


こんにちはー
jun-bohさんと一緒のコメントで
本当にいろいろな体験を、されてますね(゜o゜)
でも、今度は、どんな恐怖体験(^・^)っと
楽しみにしているのです(私)(*^^)v
  • 2007/07/02(月) 15:20:42 |
  • ぷっきー|URL
  • [編集]


怖い…鳥肌が立ちました( iдi )
何故にアリがそんなに入っていたんでしょうねぇ~
まったくもって謎。
テントの中だけは、何も居ないで欲しい。
きっと何かが出たら、ウチの妻や子供は
「もう行かない!!!」と言い出しかねませんから…【><。】
カラスに牛肉を持っていかれる~
ちょっと想像して噴出してしまいました…
ヤツラは大喜びでしたでしょうなぁ☆(≧∇≦)/
  • 2007/07/02(月) 17:45:56 |
  • lilt|URL
  • [編集]


蟻の大群、想像しただけで・・・
あまり恐い話は止めてください!
ソロキャンプの時、
夜、寝れなくなっちゃいますよ・・・


蟻私も苦手だな~
campをやり始めた当時
に荷物をケースにまとめて
もって行っていたのですが、
朝起きると、透明のケースが真っ黒
ということがありました~
これだけ大群になると
蟻の巣ころりも秒殺でしょうね~


僕も一度、蟻にやられました。
キャンプ場で段ボールの箱に食品を入れたまま3日間ほど過ごし、撤収して帰る際、段ボールごと車の荷台へ放り込んで後で唖然!
段ボールの中の食品に大量の蟻の群れがたかっており、車の室内が蟻だらけになってしまいゾォーっとしました。
必死で蟻を取り除いたのですが、3ヶ月くらいは室内を蟻がチョロチョロして困りました。
  • 2007/07/02(月) 20:02:46 |
  • ゆっちゃん|URL
  • [編集]


★jun-boh さん★
黒い絨毯って、それは蟻?ですか?!もしそうだったら・・・そんな絨毯の上は歩きたくないです(^^;; 石をひっくり返すと、その湿った下に、いっぱい虫がいることがありますが・・・群れていると怖いですね。
  • 2007/07/02(月) 20:45:58 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ぷっきー さん★
はは・・・ぜひ、ご期待に応えられるよう、がんばります(笑)
  • 2007/07/02(月) 20:47:01 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★lilt さん★
カラスに盗られた霜降り和牛は、一枚2500円×3枚でした。家でもこんなの食べたことないのに・・・奥さんが怒り狂ってて、それも怖かった(笑)
  • 2007/07/02(月) 20:48:57 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★チャイ さん★
山奥で一人ソロキャンプしているときに怖いのは、夜中にテントそばを動く何かの気配とか、熊らしきものの鼻息です。これは怖い(^^;;
  • 2007/07/02(月) 20:50:18 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★Takapon さん★
たぶん、そんな感じで、テントの中にびっしりと張り付いて動いてました(^^;; 蟻の目的が今もってよくわかりません。
  • 2007/07/02(月) 20:53:21 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ゆっちゃん さん★
車のほうが嫌かもしれないです(^^;; テントは逆さまにしてフリフリすれば、全部出せますから、まだましかも(笑)
  • 2007/07/02(月) 20:55:32 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさん
私がもっとわからないのは
蝿の目的です・・・


いや~想像すると気持ち悪いですね~(笑)
蟻も少しなら気になりませんが、大量に群れてると気持ち悪いな~(笑)
  • 2007/07/03(火) 00:34:56 |
  • mb190spl|URL
  • [編集]


うちの記事にコメントを頂きまして、ありがとうございました。
あの記事もアリの襲撃記事でしたから、アリつながりですね(^▽^;
また遊びに来てください。
  • 2007/07/03(火) 02:44:03 |
  • Taka|URL
  • [編集]


★Takaponさん★
このテント、エスパースだったんですが、山行前にシームシーリングしただけで、特に変ったことはしてないんですが。
シーム剤のシリコンがアリの好物だという話は聞いたことないし・・・謎・・・
  • 2007/07/03(火) 13:35:42 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★mb190spl さん★
これは、やはり密度の問題ですかね??数は多くても密度が稀薄だと問題なくて・・・ミッチリと群れていると気味悪い・・・(^^;; 
渋谷のスクランブル交差点の人間も同じように見えてしまいます。
  • 2007/07/03(火) 13:38:02 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★Takaさん★
どうもこんにちは!
いつものカレー記事、密かに楽しんでます♪
  • 2007/07/03(火) 13:43:03 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


>いつものカレー記事
あははは・・・(;´Д`)
カレー記事ではなく昼食なのですが、カレー多いですよね確かに・・・少なくとも50%は超えてますもんねぇ・・・。
  • 2007/07/03(火) 20:06:36 |
  • Taka|URL
  • [編集]


★Takaさん★
僕もカレーはよく食べるんですよ♪ 最近はスープカレーが、わりと多めです(^^;;
  • 2007/07/03(火) 21:27:02 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんばんは
キャンプ恐怖体験という、そそるタイトルでしたので娘と読ませていただきました。
娘にもうキャンプ行かないっとか言われるかなと思ったんですが、蟻って怖いねと普通のコメントでした。キャンプした場所が書いてないのでよかったです。。。。
  • 2007/07/04(水) 21:26:48 |
  • なむたーん|URL
  • [編集]


★なむたーんさん★
よかったです。これが原因で、キャンプに行かない、なんてことになったら(^^;;
蟻って美味いんですよ、ってメールしてきた人もいました(笑)
これは、谷川岳のキャンプ指定地です。
  • 2007/07/04(水) 23:06:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示