FC2ブログ
CALENDAR
10月 « 2018年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、4年後に山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京脳神経センターで自律神経 治療中 ~経過報告~

IMG_20180524_110441.jpg


2016年末の富士登山の最中に“ぎっくり首”らしきものになってしまった(以下の記事で報告)。

その時から頭痛にはじまり、めまい、肩こり、動悸、手足の冷え、ドライアイ・・・と自覚症状が月を追うごとに増えて行き、ついにというべきか、うつらしき状態になってしまった。

積雪時の富士登山とスマホ首病

そして今年2018年3月。東京脳神経センター理事長の松井博士の著書を書店で見かけ、思わず買って読んでみるとその研究内容がボクの症状とまったく同じだったのだ。

さっそくネットで東京脳神経センターを調べてみると、これまでに存在しなかった自律神経分野の治療のためか、良い口コミと悪い口コミの玉石混合状態だった。

特に匿名性の高いGoogleの口コミはめちゃくちゃ感情的にけなすような書き込みが中心だったが、ボクのような原因不明の諸症状の元凶である自律神経の治療ができるところが存在しないので、迷わず東京脳神経センターに行くことにした。

この小さな決断が正解だった・・・

【東京脳神経センターに行くまでの治療】
■頭痛:頭痛外来を掲げている病院(脳神経内科)を複数受診。
 ⇒何時間もかけてMRIをとるなど検査
 ⇒異常なしで、頭痛の薬を処方される

■めまい:耳鼻科(神経耳科外来?)を受診
 ⇒何時間もかけていろいろな検査
 ⇒異常なし、メニエール症候群とかの薬を処方される

■動悸(どうき):循環器科を受診
 ⇒やはり何時間もかけて心電図、エコーなどの検査
 ⇒異常なし、自律神経を調整する薬を処方される

・・・などなど、2017年はほかにもいろいろと病院をまわり、半日近く検査し、結果を聞きに後日ふたたび受診に行くということを繰り返し、そのたびに薬ばかり処方され、飲んでも症状は改善されないということで、もうへとへとになっていた。

【Googleの口コミ】
Googleでの口コミを大別したところ、何時間も待たされる、治らない(治らないだろう)、高い、の3つに分類されそうです。

実際に診察してみて感じたところを正直に書くと、受付して名前を呼ばれるまでの時間はだいたい15分ほど。初診時は予約料を3000円払いますが再診時は1000円。

大病院など予約料設定のところはありましたし、厚労省?に認められている制度なので、これはこれで納得です。予約料があることで、ほんとうに必要としている患者さんができるだけ待ち時間かけずに受診できるということですし、先生がひとりひとりの患者さんに時間をかけて問診や診断の説明をできる、ってことになりますからね。

名前を呼ばれて診察して、その後、症状にあわせて先生から検査指示がでるわけですが、その検査時間がだいたい40分ほど。

IMG_20180524_110224.jpg
なんだか高級な待合室に通されました

これまでの病院だと、検査結果は後日~ってことで、この日はこれで終わりだったのですが、東京脳神経センターでは、その日のうちに結果まで知らせる方針とのことで、検査結果が出るまでだいたい30分ほど待つことに。

待合室に座っているのも暇なので、そのことを看護士さんに伝えると「お電話でお呼びしましょうか」ということだったので、下のタリーズコーヒーでコーヒー飲んでまったり。

ウトウトしかかったところスマホが鳴り、診察室へGO! 待ち時間は40分でした。でも検査結果と診断のために後日また来ることを考えたら、ものすごくスピーディーで患者さん思いのシステムだと思うんですけど、どーでしょうね。

IMG_20180524_110532.jpg


一刻も早く何とかしたい自分にとって、ほんと一日で結果までわかるのはめちゃくちゃありがたい。

問題の診断ですが、でた~~ストレートネック!
またでたー瞳孔異常!(瞳孔の反応は自律神経が司っている)たしかにたびたび光が眩しいなぁって思うことあったなぁ。またまたでた~~平衡異常!体の平衡感覚が悪いとのこと。

画像や検査結果を前にほんとうにやさしく説明してくれたのはマクマスター大学・客員教授で東大医学部出身の遠藤先生。神経だけだなく癌などもお得意分野らしい。
※他の先生も見たけれど、東大准教授の整形外科・川口先生元広尾病院院長の設楽先生元女子医教授の岩田先生女子医学長・元東大教授の高倉公朋(きんとも)先生 、エール大学フェロー・女子医助教授の天野先生、 早稲田大学教授の婦人科・福岡先生独協医科大学・教授の金先生 などなど、脳神経や不定愁訴・整形外科のエキスパートばかり。よく考えると普通だったら大学病院でも診察などしてもらえないような女子医と東大の有名教授ばかりですね・・・


先生はボクの話もひとことも聞き漏らすまいという態度で、真剣に聞いてくれるし、疑問点には子どもでも理解できるだろう言葉で、納得できるまで説明してくれる。説明しすぎ?

長い間積み重なった首こりが、冬富士登山の時のぎっくり首をきっかけに悪化し、首こり病(頚性神経筋症候群:松井博士と脳神経外科の父・東大医学部佐野教授が命名)になり自律神経失調状態になっているとのこと。

その後、日常生活でどうすれば首の自律神経をケアできるかを、先生が作成した資料を渡されてこちらもわかりやすくていねいな説明。症状を抑えるだけの薬はできるだけ処方しないという方針の説明があり、我慢できなければ処方しますとのこと。薬を出さない病院ってはじめてかも。

薬を出すと利益もでるし、診察時間も短縮できるんですよね?1時間待って診察時間は5分なんていうところも多いですしね。

さて、診断が終わってスマホを見ると・・・診断説明にかかった時間は?!・・・なんと50分!?

こんなに時間をかけた対応してたら、時間がかかるってのも仕方ないのかなぁ。時間が無い人は検査結果は後日ってこともしてくれるらしい。そうすれば初診時2時間(予想)、後日1.5時間(これも予想)ちょいで普通の病院と同じ・・・いや2回目の診断説明がていねいすぎるので、ちょい長めってことで許容範囲に落ち着くんじゃないかな?

でもこれまでの病院でやってきたけど、結果聞くまでの10日間とか心配でドキドキだし、また行かなくちゃってのも面倒。

遠くから診察してもらう人には、3時間ほどかかってもその日のうちに診察から診断結果まで出してくれるのはメチャクチャありがたいはず。

まあ首コリでここに来る人は少なからず心も落ち込んでいるし、待たされたり自分の意のままにならなくてイライラするのもわかりますけど・・・

自分が見た限りでは応対も悪くないし、何よりもこちらに寄り添おうとしてくれる先生には感謝・感謝です。なんとなく、ここに来てよかったなぁなんて思っちゃいました。

で会計です。初診時は初診料の3000円を入れても1万5千円でおつりがきました。これだけ綿密に検査して、50分近くも先生を独占できるんだから、そんなに高くはないんじゃないかな?。(再診は予約料1000円と経過観察の診察で合計3000円ほどで、ごく普通。)

脳ドックだと数万かかるしね。入社の健康診断した時は、たしか1万6千円くらいかかった記憶があります。比較にはなりませんけどw。

で、費用が「高い」っていうけれど、保険診療なので金額は勝手に決めてるわけじゃない。厚労省のガイドラインに則って検査費用は決められているので、同じ検査をしたらほかでも同じ。けっこうガセネタの書き込みが多いので、ここらへんはGoogleの口コミでは注意したいところ。

で、最後の「治らない」ですが・・・・これは薬処方ですぐに効果がでるのとはわけが違う、低周波による治療方法。だから即効性に慣らされた人からはそう見られるのでしょう。

先生に説明された言葉の受け売りですが、時間をかけて頚筋症になったわけだから、治るにもそれなりの時間が必要です。治療は東京脳神経センターの松井博士のもとで研修を終えた鍼灸師さんのいるすっきりセンターに通うことになります。

低周波と電気鍼と赤外線のホットパック(だったかな?)が主な治療方法です。診断した先生が指示した細密な治療箇所や強弱にしたがって鍼灸師さんが施術するわけです。

ボクは仕事がプランナーで常にパソコンに向かって企画書づくりしてるので肩が凝る。

めちゃくちゃ硬くて頭痛もひどい。だからこれまで鍼灸院にもかなり通いました。ですがそれなりに費用も高くて仕事帰りに毎日ってわけにはいきませんでした。

しかし嬉しいことに、首こり病の治療は保険適用です!

自費治療も組み合わせることができるようですが、ボクは保険治療オンリー。気になる費用は施術一回当たり480円ほど。

実は療養制度というものらしく、治療の際には100%の1500円ほどを支払って、月末にすっきりセンターから発行された用紙を保険事務所に提出して7割分を戻してもらうという、ちょっとめんどくさい制度。

でもまあワンコイン未満しょちゅう通えるので良しとします。そのおかげなのか、2か月治療した結果、まず「うつ」っぽさが消え、いつの間にか「めまい」が激減。「肩こり」もほぼ感じなくなり、「動悸」も消えた。

残すところ頭痛ですが、これが消えたらひとまず様子見しようかと思っています。目標は梅雨明けまでに完治させること。十数年かけて悪くした首と自律神経を5か月で完治できるのか?!残すところあと一ヶ月!

いまのところ結果は良好です。なんだか青空が見えてきました。
次回記事は、首こりが完治しているだろうから、キャンプとか山とか廃道ハイクとかかな・・・

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment

さっそく予約してみました


ほんとーにご無沙汰してます
ここのところめっきり記事がなくなったのでどうしているのか心配してましたww
長年の頭痛持ちで薬でだましだまししてきたので、ちょっと興味をもって予約してみました。別の病院でMRIやって異常はなかったので脳の病気じゃないのにーと思い、死ぬまで頭痛と一緒か?とっていたので
ダメもとで行ってみます
梅雨明けたら沢、またよろしくお願いしますー!!
赤木沢は遠いので、どこか近場で気持ちいいところ打ち合わせしませう

良い医者


良い医者に見てもらえて良かったですね。
私もこんな医者、医学水準に期待した自分が馬鹿でした!と思う事しばしば。
患者に寄り添う医者、丁寧良いですね。
早く楽になりますように。
  • 2018/05/27(日) 09:33:51 |
  • ピータン|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。


Lixada バーベキューコンロ・焚火台 焚き火台 折りたたみ式 軽量
どこにでも持ち運べる、超お手軽な焚き火台がこれ。調理もできるしBBQにも使える。折りたためばサブザックにポンと放り込めます。もちろんキャンプの際のサブ焚き火台に最適です。


折りたたみ式ファイアースタンド 焚火台 簡単組立 交換用メッシュシート+1枚付
ボクも愛用しています!めちゃちゃ安いうえに、驚くほど軽くコンパクトに収納できるのでオートキャンプはもちろん、ザックのサイドにくくってトレッキングキャンプにも重宝します。メッシュなので燃焼効率も抜群でよく燃えます。キャンプでのメイン焚き火台としても十分です!おすすめです。


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。冬の登山で濡れによる冷えを防止できるほか、夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。