CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

笛吹川・東沢本流ホラの貝ゴルジュ

TOP_20140731231219229.jpg


まるで胎内のようだ。

巨大なホールのように、幾重にもドレープした、滑らかな岩肌が周囲を囲む。その女体を思わせる、エロチックな曲線を霊性を帯びたような青い水が流れる。滝壺は白く泡立ち、轟々と流れゆく。その真っ只中に立ち尽くしていると、気が遠くなり、当初感じた威圧感など消えてしまい、たゆたうような心地よさに包まれる。

ここは、まさに胎内そのものだ、とそのとき感じた

梅雨が明け、二週間ほどは天候が安定することを、山用語で「梅雨明け十日」と言う。まさに週半ばに梅雨明けした週末のこと。思いっきり水と戯れたくて、奥秩父は西沢渓谷の東沢にでかけた。

東沢は下からしっかりと沢筋をたどれば、足も着かない深さ数メートルの釜を持つ滝がいくつもかかる。そのフィナーレにあるのが、碧き清流が流れ渦を巻く、まるで石でできたカテドラル、大聖堂のようなホラの貝ゴルジュだった・・・

ホラの貝とは、また言い得て妙な名称だと思う。ホラの貝、つまりほら貝とは、その昔、呪術的には神聖なる女陰を意味する。

戦国時代にほら貝を吹くけれど、これの本意は、神威を発動し邪気を祓うことを目的としていた。「法螺を吹く」というのは、邪気払いの威力を持つほら貝の呪力発動を指していたのが当初のこと。まあ、貝全般が神聖なものとして見られてはいたのだけれど。当然、女性は聖なる存在でもあった。だから神とコンタクトを取れるのは女性。蛇足だけれど山の神も女性。だから落語などでもおなじみのセリフ「うちの山の神は・・・」なんて奥さんを揶揄したりもする。

ともあれ山全体が、こうした胎内のような場所だとされていたのも、こうした胎内的な場所がいたるところにあったからなのはもちろん、奥深くに揺りかごのように鉱物という深遠なる存在を秘めていたからだろう。女陰が宿すのが子だとすれば、大地の女陰すなわち山が宿すのが金となる。その金を目指すのが胎蔵界マンダラなどで知られる、元々は原始キリスト教でありペルシャの拝火教をルーツとする錬金系宗教、弘法大師の密教。

1_20140731231518089.jpg

さて、西沢渓谷の駐車場で8時にハリー氏と待ち合わせた。そこで身支度をすると、じりじりと真夏の朝の陽ざしに焼かれながら西沢渓谷に向けて歩き始めた。30分も歩けば吊り橋に出る。ここを渡ったすぐ先から、遊歩道を離れて下の東沢におりる。

2_20140731231641a86.jpg

夏の日差しを受けながら、熱い河原を上流に向かって歩く。数メートルの深さの釜を持つ滝が次々に現れ、それを泳いで滝に取り付いて登らねばならないため、保水しない化繊の厚手の長そでシャツに、タイツ+パンツというスタイルだから、たちまち汗が噴き出す。暑い。

3_201407312317442cd.jpg

もうたまらず、水流中を歩く。深場を探して体を冷やす。水温は10度前後。サウナの水温が17度ほどだから、それよりもかなり冷たい。泳ぎっぱなしだから、低体温症になりやすい。以前、別の泳ぎ主体の沢に仲間と入った時のこと、短パンにTシャツという軽装で遡行していたメンバーが震えが止まらず行動不能になってしまった。低体温症の初期症状らしく、かなりつらそうで、見ていられなかった。このことがあったので、沢に入るときは体温を保持できるスタイルに注意を払うようになった。

4_20140731231851b8e.jpg

河原を歩くとやがてゴルジュに入る。その最初の滝が、深い釜を持つ6mの滝。ゴウゴウと流れる青い水に飛び込み、水圧に逆らって目の前の岩を回り込むと、斜上するクラックがある。

20140731_5.jpg
空身で登るハリー氏

そこを登るのだが、上部がけっこうヌメッている。ボクはそこでスリップして、背面から6m下の滝壺に墜落した。浮上するまでにザックに水が流れ込んでしまい、身動きがとれなくなってしまった。そのせいで鼻で水を吸ってしまい、頭がいたいのなんの。実を言えば、飛び込んだら楽しいかもな、なんてことを頭の片隅で思ってもいたりしたので、願ったり叶ったりかな。

20140731_6.jpg 20140731_7.jpg
1:ヌメッた上部を登るユウ
2:スリップし滝壺に墜落


この先は、深い淵の泳ぎと小滝が連続する。10mの長い淵を泳ぎ、薄青色に輝く清流の中を歩き、また足の着かないほど深い淵を泳ぐ。次から次へと現れる青いプールを泳ぎっぱなしだから、からだが冷える冷える。

20140731_9.jpg 20140731_10.jpg

大岩に塞がれたチョックストンの滝は、水流に負けずに泳いで滝に取り付くのだけれど、この日は水量が多く押し戻されてしまう。しかたなく右側のクラックに体をねじりこんで、ジャミング効かせて登ろうとするも、どうにもザックが邪魔になって上がれない。

20140731_9-2.jpg

しかたなくザックを置いて、バックロープでそこを登り、滝上から二人分のザックを引き上げる・・・・のだが、水が入った上に滝の水流をまともに食らってしまうので、重いのなんの。滝のものすごい水圧がザックにかかり、破損してしまうんじゃないかとハラハラしながら、二人がかりで何度もトライ。ようやく引き上げることができた。これが一番の核心だったかもしれない。

20140731_11.jpg
ホラの貝ゴルジュに向かって泳ぐユウ

いよいよハイライトのホラの貝ゴルジュ入口。もう何メートルあるのか見当もつかないほどの深い半洞窟状の釜から、碧い水がどんどん流れ出てくる。まさに自然が創り出した神聖なる女陰そのもの。カテドラルだ。

20140731_12.jpg
ホラの貝内部に泳いでくるハリー氏

ここがホラの貝の核心。柔らかな岩ひだを青い水が滑るように流れ落ちている。その水音が内部に響き、まるで胎内のような感覚に包まれてしまう。

20140731_13.jpg

右のリッジからホラの貝のフリー突破を試みるも、途中の一か所の一手が見いだせず、断念。仕方なく、アブミを使用してA1で抜ける。

20140731_14.jpg

ホラの貝ゴルジュの上には、いくつもの魅力的な沢がたくさんある。しかし、今回の目的はホラの貝だったため、ここから来た沢を下降。滝壺に飛び込みながら、1時間ほどで入渓した河原に出た。ホラの貝から戻ったボクらは、呪術的に云えば「再生」を果たしたことになる。つまり死と再生の秘術だ。死と再生の儀式は、たとえばフリーメイソンの入団儀式でも同じことで東西を問わない共通の概念になっている。しかし、その王道は女陰を象徴するこうしたホラの貝にこそあると思う。

まるで生まれ変わったかのようなスッキリした気分でまぶしい河原を歩く。ランチしていたハイカーがこちらを見て「どこに行ったんですか」とちょっと不思議そうに声をかけてきた。二言三言言葉を交わした後に、日当たりのいいそこで冷えた体を温めながら、ランチ。コーヒーを飲んで、のんびりと来た遊歩道を歩いて駐車場に向かった。

ホラの貝ゴルジュは、数あるゴルジュのなかでも一級品の、まさに「これぞゴルジュだ」と叫びたくなるほどの価値ある沢。
暑い夏におすすめの一本です。

20140731_15.jpg

・08:00  西沢渓谷駐車場
・08:45  出発         
・09:10  吊り橋(入渓)
・12:00  ホラの貝ゴルジュ
・12:30  終了点(下降)
・13:40  入渓地点の河原

<関連記事>
■丹沢・モミソ沢と、ヤマビル
■ヤマビル 湿地に蠢(うごめ)く恐怖
■(沢登り)奥飛騨 高原川・沢上谷
■巻機山 米子沢の天国に続くナメ滝
■夏は沢登りで僕らはトムソーヤになる
■奥秩父・竜喰谷
■奥多摩 川苔谷 逆川 2010沢初め
■沢登りの夏


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示