CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

峠ハイキングへの誘い

2011_10_23_1.jpg
信州峠(クリックで拡大)


山に親しんでいると数えきれないほどの“峠”との出会いがある。数えたことはないけれど、山の名よりも峠のほうが多いようにも思えてくる。

峠に興味を抱いたのは小学4年の頃。登山を趣味としていた母が山仲間とハイキングででかけた十文字峠に連れて行ってもらった時のこと。母の山仲間のひとりが十文字峠についていろいろと話してくれたその中に、十文字峠は昔は中山道の裏道として多くの旅人がた~くさんこの峠を越えて歩いていた、メインストリートだったんだよ、という話がとても衝撃的だった。

目の前には舗装もされていない、歩きにくい山道が山の中に伸びているばかり。これが昔のメインストリートで、たくさんの人が往来していたと想像したとき、ものすごくワクワクした。それ以後、登山と言うより峠歩きがしたくて山の地図を筆頭に「Backpacking」などバックパッキング系の雑誌を読み漁るようになった。つまり当初憧れていたのはクライミングとか登山ではなく、峠を経巡るバックパッキングだった。

しかし高校で山岳部に入部し、大学山岳部、社会人山岳会と流れるうちに峠のことなどいつしか忘れ、どこぞの主稜だの、なんとかフランケとか北西稜だのとクライミングを続けていた。そんなある時、残雪の奥又白のテントの中で会の先輩が「昔の登山家がしたように徳本峠を越えて上高地に入ろうかな」とぼそりとつぶやいた。他のメンバーは今さら峠越えかよ、と笑って終わってしまったが、しかし、この時ボクの中では少年時代の峠を思うときのワクワク感が蘇った・・・

2011_10_23_2.jpg
旧大石峠


なんというのか、このワクワク感というは、自然の素晴らしさへのワクワク感とは少々異質なもので、緑に埋もれた峠に秘められたかつての姿や、大げさに言えば登山とは全く違う、現世とは異なる過去という別世界への精神的ワープを体験したいという、極めてノスタルジックな気分を求めてのことなのかもしれない。

たとえば大菩薩峠。かつての大菩薩峠は丹波大菩薩峠という場所にあり、現在のフルコンバ付近。ここには荷渡し場という名が付けられており、甲州側と丹波側の民の間で無言貿易が行われていたという。この無言貿易は体制に与しない、例えば遠野物語などで山人と表現されている民らとの交易実態が隠されているように思えてならない。戦前まであちこちの山野にしっかりと暮らしていた彼らを、三角寛(みすみひろし)が「サンカ」などと蔑むような蔑称で表記しつつ世間受けを狙って面白おかしく著した「サンカ物語」などがあるけれど、”無言貿易”という呼び方には言葉が通じない者らの交易の姿が見えてくるようだ。こうした山に生きる体制の外に生きる者にとって、峠は重要な場所だったに違いない。

2011_10_23_3.jpg
麦草峠への分岐(クリックで拡大)


また、道路などというものが存在しなかった時代、主要道路は尾根筋だったと想像している。これは山歩きしていての直感で、尾根上に出れば展望により位置の同定も容易だし、特徴のある山頂を目標に移動できる。よく標高の高い場所に古い山村が残っていたりするが、それは、かつては尾根というメインストリートにアクセスが容易だったゆえにそこに作られたのではあるまいか。そうだとしたら、現在ひどく不便に思えるその山村も、かつては至極便利な一等地だったと言える。

そういうメインストリートへの到達点が峠だったのだと、なんとなく想像していたりする。この峠を語源辞典で調べてみると

“峠とは山道を登りつめたところ。山の上りと下りの境目。『万葉集』に「多武気」の例があるとおり、古くは「たむけ」といい、室町時代以降、「たむけ」が「たうげ」に転じ、さらに「とうげ」に変化した。「たむけ」とは「手向け」のことで、神仏に物を供える意味の言葉である。これは、峠に道の神がいると信じられており、通行者が旅路の安全を祈って手向けをしたことからと考えられている。漢字の「峠」は日本で作られた国字で、「山」「上」「下」からなる会意文字である。”

となっている。まあこれも解釈のひとつではあるだろう。しかし、これは体制側の解釈で、古い地名として「トッケ」あるいは「ドッケ」などの音が山に残っている。このトッケあるいはドッケを書物にあたってみると“武蔵通志”に「方言峰の尖りたるをトッケ(ドッケ)という」とあるようだ。これによると岳はまた峠でもあったということだろう。そしてまたこのトッケはトゲにも通じると想像を巡らせる楽しさ。ともあれ日本武尊が東征でエビス(夷)というような蔑称で呼ばれた原・住民を次々と制圧する中でトッケ・ドッケは峠・岳として残ったのはなによりだったと思う。
(一説には古代朝鮮語とのつながりを指摘する説もあります。古代朝鮮半島を経由しての渡来民も多いですから、有り得る話ですね)

2011_10_23_4.jpg
この道の先にはどんな峠が待っているのだろうか


まあ、こういうような想像も含めて、小学校4年の十文字峠以来、峠の不思議な魅力に惹きつけられてしまっているのでした。そのため八王子の日本閣横の御殿峠なども隈なく散策し尽くすなど、山でなくとも足を伸ばしていたりします。クライミングや沢登り、雪山も楽しみますが、季節のいい時期に地図上で峠の文字を探し出し、そこへ足を運ぶ”峠ハイキング”をキャンプとセットで味わうという密かな楽しみを続けていきたいものです。

さて、大好きな一文。

東北の峠には一揆と飢饉の歴史が刻まれ、馬の鈴が耳に聞こえる。関東の峠には民権の雄叫びが聞こえるかと思うと甲信越の峠には工女たちの嘆息がもれる。関西の峠には遣隋使の足跡があり、日本海側の峠からは、塩や魚を背にしたボッカたちの足音も聞こえてくる。中国山地にはタタラと木地師の汗が流れ、九州の峠には唐物、洋物の運ばれた南蛮の香りが残っていた・・・峠の先達・井出孫六は峠をこう表現しています。

峠は山に上・下を組み合わせた、日本生まれの漢字。本義からすれば元来は「嶺」であるところ、「トウゲ(トッケ/ドッケ)」という音に「峠」という字を創作し当てた先人の偉業に感服します。そういえば裃(かみしも)も創作でしたね。

◆山・記憶の扉関連記事◆
・山、夫婦、好きもの同士
・聖なる山の清き場所
・オールドクライマー
・SIMONDのピッケル
・マナスル 懐かしのブラスケロシンストーブ
・にごり湯の少女 万座温泉・豊国館

http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment

トウゲ


お久しぶりです。
物の見方とか価値観は、時代によって違って当たり前ですね。
確か江戸時代大八車は、江戸以外幕府御用以外使えなかったという話を聞いた覚えが有ります。
本当かどうか自信が無いですが、基本的に人間が背負って運んでいた様ですから当然道が細くて当たり前なんでしょう。
無言貿易 大昔はきっとどこでもあったんでしょうね。
楽しいお話ありがとうございました。
  • 2011/10/24(月) 05:59:11 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

>恵那爺さん


お久しぶりです!
大八車、そんな規制があったんですね。
たとえば平安時代やそれ以前の時代ですと、平野はすぐに丈高い草が生い茂ったうえに葛などが絡まり、とても道整備なんてものじゃなかったんでしょうね。忍びは尾根道を走り、山々を迂回する街道よりもずいぶんと早く移動できたという話もありますし。

藪に覆われない沢筋がもっとも歩き易いかもしれないですね。
そういえば沢筋を登る古い登山道も奥秩父・甲武信などには残ってますし^^
  • 2011/10/24(月) 08:56:06 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんにちは。

ドッケと言えば、「芋木ノドッケ」ってのがあったなー。
そう思ってググったら、東京都の2番目に高いピークでした(w


  • 2011/10/24(月) 13:10:52 |
  • ラード|URL
  • [編集]

>ラードさん


芋木ノドッケ・・・聞いたことあります!
雲取横のピーク。
何度も歩きましたが、芋木ノドッケには行ったことないです^^;;
こんな記事を書いているのにお恥ずかしい・・・次回、立ち寄ります!ww
  • 2011/10/24(月) 18:17:02 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示