CALENDAR
07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

バックパック・スクーター

101112_1.jpeg


めちゃくちゃ面白そうだ、と思った。

昨年ネットで目にし、あまりにも気になったためにTwitterでつぶやいた乗り物がこれ。普通に眺めれば、単なる折りたたみ自転車だが、よくよく見ればバックパックと一体化しており、サドルも駆動チェーンも存在しない。そんな奇妙な乗り物がドイツのメーカで開発されたBergmoench。

101112_2.jpg

101112_5.jpg

ヘルメットネットまで装着された耐水性のバックパックは12リットル。下り専用の設定のため、重心は車体後部に配置され、採用されているブレーキも油圧ディスクブレーキ。アルミフレームにフルサスペンション、3倍の硬さを持ったチューブ、そして最高のパックフレームとパッドを装備し、スクーター本体とあわせた総重量は9kg(20lb)。バックパックからスクーターに展開する所要時間はおよそ5分。

12リッターのザック容量があれば、ランチやコーヒーに水、火器を楽々パッキングできるに違いない。ひとけの少ない山をのんびりとハイキングし、見晴らしのいい場所でランチやコーヒーを楽しんだら、下りはBergmoenchですいすい。

101112_3.jpeg

このスクーターにはサドルが装備されていないので、立ち乗り、あるいは上のようにサドル部分のパッドに膝を乗せてダウンヒルを楽しむこともできる。

ただし漕ぐことはできないためMTBのダウンヒルマシンとは一味違って、地形を生かしたコース取りが要求されるだろうし、またトライアルゲームのように小さな岩場の凹凸のクリアをゲーム感覚で楽しみながら下るのもきっと楽しいに違いない。もちろん登山山以外にも、Bergmoenchとともに無積雪時期のリフトで登って、見晴らしのいい斜面を下るなんてこともできそうだ。いずれにしろ、動力は重力のみ、といういたってシンプルなマシンだ。

101112_6.jpg

車載して旅行のお供にもよさそうだし、アイデア次第でいろいろ遊べそうな、いま気になっている乗り物です。そうそう、山ではないけれど、坂の多い長崎や横浜・山手、神戸なんかぴったりじゃないかな。帰りは楽々背負ってバスにも乗れちゃうし。下り専用ではあるけれど、平坦路では12リッターの積載パック付きキックスクーターとして乗れるので、それはそれで楽しいし便利に違いない。
The Bergmönch (HP)
◆動画はこちら(Youtube)

◆アウトドアGOODsカテゴリー記事リンク

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


こりゃ面白いですね!
帰路に林道や峠道を積極的に選ぶことができますし、徒歩で4時間下りなんていうところも1時間程度でクリアできるとなると活動の幅が広がりそうです。

Youtubeでさらに購買欲をそそるPVがありました。
http://www.youtube.com/watch?v=LTax-fiO1Dw&feature=related

お値段が約1500ユーロってことは、17万円!?
贅沢な遊びですw・・・
  • 2010/11/13(土) 08:44:55 |
  • けんけん|URL
  • [編集]

こりゃまた!


こりゃまたけったいな、いや面白いものを...
毎度アンテナの高さには脱帽させられます。
ペダルがないのがユニークであります。
おもしろい道具を考え出すものであります。
ふっと思ったのが、富士山の下りに使う人が出てきたり?
僕は長い長い林道の下りでこれを思い出すことでしょう。

★けんけん さん★


この動画、まさにそそられます!
いやいや、どーもありがとうございます。

記事本文にこの動画へのリンク掲載させてくださいませ。

価格的に即決できないので、昨年から悩んでいますw
  • 2010/11/14(日) 19:46:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★いまるぷ さん★


これって、山用のキックボードですよね。
サスペンションも最高の性能っぽいですし、
バックパックと一体化しているのも、めちゃくちゃ面白い。

けんけんさんのコメントの動画、
かな~り、物欲そそられますw
  • 2010/11/14(日) 19:50:34 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


チョットそそられますね~。路面の荒れていない富士山あたりなら良いかも?
  • 2010/11/15(月) 10:36:54 |
  • IK|URL
  • [編集]

★IKさん★


あるいは箱根の塔ノ沢とか富士屋ホテルの尾根付近から湯本までの下りとか?
これを眺めていたら、折りたたみ自転車が欲しくなってしまい、
現在リサーチ中でしたww
  • 2010/11/15(月) 12:11:52 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


はじめまして。
アウトドア・ブログ初心者ですが、訪問者履歴からユウさんのブログを発見し、お邪魔しました。
素晴らしいブログでビックリです!
同じ千葉県民でなんだか嬉しくなってしまいました。
またちょくちょく拝見させていただきます♪
  • 2011/02/01(火) 14:30:47 |
  • ゆか|URL
  • [編集]

★ゆか さん★


こんにちは!
移住してすでに3年経過していますが、
地元房総の山にはほとんど入っておらず・・・
おもしろそうな山ないかなぁと探していておじゃまいたしました♪
これからもぜひよろしくです ^^
  • 2011/02/03(木) 16:41:11 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

お久しぶりです。


鋸山の車力道から入ったアドベンチャーコースなんか中々おもしろいです。ルートがあるような無いようなところなんですけどね。

このバイク使うとしたら、スキー場のゲレンデを夏下るとか入笠山のマウンテンバイクのコースかな?
  • 2011/02/06(日) 06:53:27 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

★恵那爺 さん★


近々、アドベンチャーコースを楽しんでくるつもりです。
南房総って、近いようでけっこう時間がかかるので、
いつも京葉道から中央道方面に向かってしまいます。

小春日和に、のんびり海岸線に沿って、
ドライブがてら楽しんできます♪
  • 2011/02/07(月) 08:51:40 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

おもしろそー


お久しぶりです。

面白そうなバイクですねー。
そそられます。(笑)
  • 2011/03/03(木) 10:36:07 |
  • たそがれライダー|URL
  • [編集]

★たそがれライダー さん★


3.11の震災、大丈夫でしたか?!
こちらは、かなり揺れましたが無傷です。

このバックパック・バイク、いいですよね~!
もう欲しくてたまらないのですが、
まずは登山靴ww

たそがれライダー さんなら
ものすごくアクティブに乗りこなしそうですね。
  • 2011/04/01(金) 23:28:00 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示