CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

藤七温泉 東日本最高地の源泉かけ流し温泉 

111104_1.jpg


温泉て、何なんだ。

特に硫化水素臭ぷんぷんの湯に入っていると、そんなことを思う。ここで言う“温泉”というのは、つまり硫化水素のゆで卵臭をまき散らしている温泉のことだ。言い方をかえればオナラ臭。当然オナラには水素にメタンに、この硫化水素も含まれているのだから同じ匂いがして当然というわけだ。

しかし、これは時と場合によりけりで、たとえば彼女と二人きりの車内での硫化水素臭はけっしてあってはならない。が、一転して、そこかしこから湯けむりが上がる万座や八幡平を気持よく走る車に硫化水素のにおいが流れこむと「あ~温泉のにおい!」と歓喜する。


つまりだ。彼が発した硫化水素臭は毛嫌いされるけれど、地球が発した硫化水素のにおいは喜ばれる、というわけ。なんたる理不尽・・・いや、地球は偉大だ・・・というようなことを先月、東北の登山の帰りに立ち寄った藤七温泉につかりながら思った。

111104_2.jpg
いい雰囲気の内湯

藤七温泉というのは、八幡平の頂に近い1400メートルの高所に湧く白濁した単純硫黄泉で、『藤七』という名の杣人が発見したと伝わっている。しかし『藤』の字が使われているというのは、なんとも藤原氏が権勢を誇った東北らしくていい。ちなみに、藤の花は下がるが、藤原氏の家紋は登り藤だ。

この藤七温泉には男女別の内湯と別に、広大な砂礫、岩石の露天に6つの混浴露天風呂がある。そこで隣の湯船でいちゃつくカップルを横目で眺めつつ(オナラ臭の中いちゃついているが、もしも都心を走る車だったら険悪なムードになったに違いないんだぞ)なんてことを考えていた時のこと。

ふと、温泉ていうのは、地球の排泄物に違いない、いや絶対にそうだ。うんこをひり出すように、地球もガマンしきれなくなって温泉を吹きあげるんだ。きっとそうだ。そうに違いない・・・と思いつきニヤリと笑ってしまい、慌ててあさってを向いて湯でザブリと顔を洗った。カップルの湯船を横にして、こんなニヤケたところを見られるわけにはいかない。

かつて杣人によって発見されたのかもしれない藤七温泉を、現在管理し提供しているのは彩雲荘という鄙びた一軒宿。北アルプスの高天原温泉、鑓温泉、雷鳥沢ヒュッテに八ヶ岳の本沢温泉はほぼ登山者だったが、藤七温泉の場合、舗装路と接しているため玄関をくぐるのは観光客、それも旅なれた雰囲気のご夫婦が多いようにも思える。意外なことに20代とおぼしき若者の姿も多い。

111104_3.jpg
この中に6つの露天がある。女性の姿も普通に見られる

僕がここを訪れるのは一年に一度がせいぜい。田沢湖あるいは十和田湖でカヤックを楽しんだ帰りとか、秋田駒ヶ岳、烏帽子岳や八幡平など北東北の山々を楽しんだ後に日帰りでやってくる。だけれど、温泉の本性を味わうには、やはりじっくりと宿に腰を据え朝夕夜に湯と戯れねばならないのだろう。いずれここに投宿し、むんむん香り立つような硫化水素臭に包まれることにしよう。その合間に茶臼山や八幡平を堪能するのだ。

ニッコウキスゲが山肌を染める夏が過ぎ、エゾオヤマリンドウが巡り咲く頃になると、ふと風に冷たさが混じり始める。そして秋の気配が来たと思う間もなく、あれよあれよと寒々しい季節が訪れる。

八幡平の冬はびょうびょうたる風雪が全てを飲み込む。藤七温泉に通じる樹海ラインも春まで閉ざされることになる。ひとけの絶えた八幡平は清浄だけが支配する自然の楽園となる。生命のかけらを感じさせない神々しくも白き世界には、それでも地球の猛々しい生命力の証として、白き噴煙がごうごうと立ち昇り続けているだろう。いやはや、なんとも偉大なる地球の屁だ。

◆藤七温泉◆
岩手県八幡平市松尾寄木北の又
TEL:090-1495-0950(衛星電話)
ホームページ 
・泉質:単純硫黄泉
・効能:神経痛・慢性消化器病・糖尿病・高血圧症・皮膚病・動脈硬化症・婦人病・筋肉症・うちみ・冷え症など

◆温泉関連記事リンク◆
・乳頭山に登り、野の湯に入る
・雪山・スノーハイクと鹿澤館
・温泉キャンプ、真木温泉の和製ガーゴイル
・混浴の秘湯・湯岐山荘
・絶景かな馬曲温泉(木島平)
・姫川温泉 白馬キャンプにピッタリの極上温泉
・山男に愛される雪山賛歌の温泉宿 紅葉館

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment

温泉


こんばんは♪
温泉は偉大な自然がくれた最高の贈り物と感じます。
東北は温泉の印象が強いです。(^^)/
  • 2010/11/04(木) 22:09:14 |
  • クロちゃん|URL
  • [編集]

お邪魔します☆


いつも勉強させていただいております。
今回は随所でふきだしながら読ませていただきました。

混浴の方は未経験なのでアレですが、
次回オトコノコとドライブ中
車内で当該臭気に遭遇した場合は、
(あぁきっと温泉が近いんだヮ。。。)
と思うことにします。
  • 2010/11/04(木) 23:20:05 |
  • shioshio|URL
  • [編集]


藤七温泉良いですね~。
 来年の紅葉山行の一番の目標の八幡平~秋田駒への計画の中に藤七温泉入っています。当然立ち寄りだけですが・・。
 東北の山イコール温泉の印象が強いですが、特にこの周辺は入ってみたい温泉満載です。
 
  • 2010/11/05(金) 08:24:51 |
  • IK|URL
  • [編集]

★クロちゃん★


東北って、まさに温泉王国ですよね。
あの豪雪さえなければ、東北に移住したいくらいです。
山に登り、白濁したにごり湯に癒される・・・・
う~ん、最高♪
  • 2010/11/05(金) 09:29:50 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★shioshioさん★


藤七温泉は女性用に湯浴み着を貸し出していたと思います
それを着れば、ぜんぜんへっちゃらで入れます♪

都内の場合、タクシーの排ガスやらなんやら、
あの臭いの元が多いので(笑

基本は外気遮断設定が安全でしょう。タハハ
  • 2010/11/05(金) 09:34:21 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★IKさん★


来年いかれますか!
秋田駒・・・今年は眺めただけでしたが、またまた
登りたくなってきました。

紅葉時期は、きっと最高でしょうね。
避難小屋泊ですか?

紅葉時期ではないけれど、
シルバーウィーク、二泊ほどで計画しようかなぁ・・・
  • 2010/11/05(金) 09:38:09 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示