CALENDAR
01月 « 2017年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

台風キャンプ スタカ湖キャンプ場

1_20100816120025.jpg


いつも仲間と山やカヌーにばかり興じているので、久しぶりに奥さんと“ふたりキャンプ”を楽しみに新潟方面へと向かった。

夏は新潟の小出島でちょっとした用事があるため、毎年必ず新潟入りして、苗場山や荒沢岳などに登っている。昨年は苗場山で映像撮影があったためマイペースで楽しめず今年こそはとの思いがあったのだが、なんとまあ台風がやってきてしまった。しかし用事があるため中止するわけにも行かず、台風仕様の装備をチョイスした。


テントは3年前の台風直撃時に、わざわざ誰一人いない道志のキャンプ場で管理人さんに怪訝に思われながらテストして確かめたHEX3。タープは台風への耐性は未知数だけれど、毎度の海風にも耐えているMSRのビスタウィングを選んだ。最悪の場合は山同様に、山岳テントではないけれどHEX3の中で調理すればいい。

新潟・小出での用事を済ませて向かった先は、江戸の文人・鈴木牧之が“北越雪譜”で紹介した秋山郷の“のよさの里”にあるキャンプ場。ここは24時間入れる露天風呂があるばかりか、苗場山の三合目までわずかの距離のため、登山基地としては最高の環境だ。

2_20100816120159.jpg
「のよさの里」の露天風呂からは鳥甲山が真正面に望める

苗場山に登った11日は雨風が断続的に続き、時折強い風が吹くやや荒れた天気だった。そして翌日の12日はカヤノ平へ向かうか迷ったが、野沢温泉経由で毛無山山頂近くの日本離れした美しさを持つスタカ湖キャンプ場へ。野沢温泉には無料で入浴できる13もの共同浴場があって、それぞれ泉質が異なっている。全てを制覇したかったが、結局二日間で5つ。

5_20100816120325.jpg
毛無山の中腹には自生のヤナギランが満開

さて、スタカ湖でチェックイン手続きしようとすると「今日キャンプですか」と。聞くところによれば、今夜台風が通過するということで、今朝ほとんどのキャンパーが撤収したのだとか。そんな世間話をしている間にも、だんだんと雨脚が強まってきたので、不安顔の奥さんを尻目にサイトへ。景観よりも風雨を遮断してくれる地形の中から、いちばん快適だろうと思われる場所にテントを設営した。

3_20100816120454.jpg
巣鷹湖の対面よりキャンプ場を望む

4_20100816120627.jpgこの日は早めに夕食を済ませると、真横から叩きつけるような雨にたまらず、テントに批難。夜半からさらに風雨は激しくなり、HEX3のとんがり部分の換気窓から雨のしぶきがテント内を容赦なく襲う。大粒の雨がほぼ真横から叩きつけるので、その飛沫がテント内を濡らした。さらにシリコンコーティングしたUL系のナイロン素材「シルナイロン」を使用したHEX3は、その素材の特性上、暴風雨では縫い目から水しぶきが入るらしく、いずれシルネットなどでシーム処理しようと決意。

さて、恐竜の咆哮のような風音が、右から左へ、左から右へと見事に移動するので、何秒後にどこから叩きつけるのかが手に取るようにわかる。バカン、というけたたましい音がした。外を見るとバイヤーのチェアとローテーブルが飛ばされていたため、チェアを車に撤収。

ちっぽけなテントで暴風雨を体験すると、日常ではとうに忘れてしまった自然界の猛威という、いわゆる非日常を味わうことになる。この断続的な音がまた狂気をかきたてる。マタギが山中で野宿する際には、できるだけ沢音が聞こえない場所を選ぶ、という話を聞いたことがあった。これは水害の危険性を避けるだけでなく、断続的な音が人にもたらす狂気からの保身ではないかと思う。

ずいぶん前のこと。ビバークで沢音を聴き続けていた時、沢の音が突然女の歌声や大勢の笑い声、赤ん坊の泣き声になったことがあった(もちろん増水時に備えエスケープルートを設定し、避難用のロープをあらかじめフィックス済)。これは、ものすごくゾッとする体験だ。そういえばドイツのローレライの歌声も船乗りを狂わせるとされているが、同じことなのではないのだろうか。他にも、風が吹き付ける砂漠を行くキャラバン隊が鈴を付けるのは悪魔の声から身を守るためだと、これも何かの本に書かれていた。

狂気と言えば、かなり前に「台風クラブ」という奇妙な映画もあった。三浦友和、工藤夕貴の狂気をまとったような演技が光る、若さ故の純粋さと狂気が渦巻く映画だった。夜のプールに泳ぎに行った5人の女の子が、先に来ていた明に気付き、からかう内に溺死寸前まで追い込んでしまったり、二人きりの校舎内で女子に襲いかかったりと、刻々と近づく台風という非日常性の中、同じような危険性と狂気を漂わせつつ話は進行する。

たしか・・・宮沢賢治の「風の又三郎」も同様に、暴力と死という要素を濃密に漂わせていた。もしかしたら、こうした狂気や死へとつながる危険性は、少年が大人になるために通過する、狂気と危険性をはらんだイニシエーション(通過儀礼)なのか。

などと、テントの中で台風の音に翻弄されつつ、そんなことを考えているうちに、いつしかウトウトしていたようで、静寂に目が覚めハッとした。時刻は午前3時半。たまにパラパラと雨音と、ババババ・・・と風に鳴るタープの音。やっと峠は超えたのかな、と再び明るくなるまで眠った。

翌13日は、晴天ではないものの、次々とキャンパーがチェックインし、誰も居なかったキャンプ場とは打って変わってとても賑やになった。ボクらは毛無山をハイキングし、午後は野沢温泉。なんだか、いつものキャンプとは別世界を味わい、魂のわだかまりまでスッキリと吹っ飛んでしまったような清々しさ。もしかしたら非日常の台風キャンプで、再生させてもらったのかもしれない。

■スタカ湖キャンプ場
・長野県下高井郡野沢温泉村上ノ平高原
・ 連絡先(7/1~8/31):0269-85-3949
・営業期間(2010年):7月3日(土)~8月29日(日)58日間
・営業時間:9:00~19:00
・公式HP

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

◆関連記事リンク◆
・スタカ湖キャンプ場
・キャンプに役立つ気象情報サイトあれこれ
・HEX3 道志観光農園キャンプ場の台風キャンプ、後ホタル乱舞
・台風オフ
・早朝の苗場山に遊ぶ
・のよさの里で露天風呂
・秘境 のよさの里・秋山郷キャンプ場
関連記事

テーマ:キャンプスタイル - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


はじめまして.いつも楽しみに拝見させて頂いております.

最近,晴天より雨の日のキャンプが好きになってきました.もっとも台風の時にはできませんが...
キャンプ場には耳栓を持って行ってます.川や雨の音やもちろん人の騒音がうるさくなった時は愛用してます.でも,危険を察知するという意味で五感が鈍るのは良くないんでしょうけど...
ところで,奥様はキャンプをされたのですか.(笑い)
  • 2010/08/16(月) 13:50:47 |
  • とど2号|URL
  • [編集]

さすがですね~


台風だと分かっててもキャンプしちゃうなんてさすがユウさんです~
家の息子もちょうど同じ頃に電車とバスを乗り継ぎ友達4人で西丹沢のキャンプ場へ行ってきたんですけど、やっぱり雨風凄くてタープは飛ぶは、テントは潰れるはで凄かったって言ってます。

でも・・そんな状態でも熟睡して起きない奴は朝まで寝てたそうです(笑)2泊3日だったんですけど2日目の晩に食べ物がなくなり、かなりひもじい思いをしたようです(笑)

貸してやったテントとザックがボロボロのドロドロなっちゃいまして後始末が大変でした。
  • 2010/08/16(月) 14:22:03 |
  • チャイ|URL
  • [編集]

★とど2号さん★


> ところで,奥様はキャンプをされたのですか.(笑い)

台風なのになんでテントなの・・・と
文句を言いつつ、しっかりとキャンプしましたw

耳栓作戦、いいかもしれませんね!
学生グループの深夜にまでおよぶ飲み会キャンプなどの際に
大活躍間違いなし、ですね。

ということで、さっそくレスキューキットに加えることにします♪

それにしても、十和田湖カヤック、最高ですね。
外房からだと気軽に行けないだけに、憧れが肥大化しますw
来年の夏は、八幡平や十和田湖、ぜひ行きたいと思います。
  • 2010/08/16(月) 17:45:21 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★チャイさん★


いやいや、無目的に台風キャンプに突入するような男ではないです(^^;;
新潟の用事がなければ、たぶん家でゴロゴロww

> 家の息子もちょうど同じ頃に電車とバスを乗り継ぎ友達4人で西丹沢の
> キャンプ場へ行ってきたんですけど、やっぱり雨風凄くてタープは飛ぶは
> テントは潰れるはで凄かったって言ってます。

まるで、スタンド・バイ・ミーですね。
台風キャンプでご子息はまたひとつ成長したことでしょう♪
そうして、チャイさんを乗り越えてゆく・・・(^^

> でも・・そんな状態でも熟睡して起きない奴は朝まで寝てたそうです(笑)

そうなですよね。
どんな状況でも熟睡して起きない奴っているもんですw
でも、まつ毛を指でそっとなぞると、あら不思議!
ピクンとして、すぐに目を覚ましちゃうんですよ~(^^v
  • 2010/08/16(月) 17:51:42 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ご無沙汰しております。
台風の中キャンプされていたのですね!
気持ち良さそうな温泉の写真にうっとりしつつ
読み進めて行くと・・・ちょっと怖いお話も^^;

新潟までなかなか行けませんが、いつか行ってみたい
キャンプ場のひとつになりました。
  • 2010/08/16(月) 19:24:48 |
  • param|URL
  • [編集]

★paramさん★


こちらこそご無沙汰してます。

新潟での所用がなければ、おそらくどこにも行かず、
房総の海でのんびりしていたはずで、
温泉や台風一過のすがすがしさも堪能できなかったはず。
とりあえずは、いい夏休みが楽しめました♪

怖い話は大好きで、
まだまだレパートリーはいっぱいありますから
少しずつ小出しにしていきますww

上越は、秋はまた素晴らしいのだと思います。
今年は沢登りで秋の越後方面に足を伸ばそうと思ってます♪

のよさの里、なかなかいいキャンプ場で、ほんとうにおすすめです。
ぜひ!
  • 2010/08/17(火) 08:48:07 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

先日は


やぱり行かれたのですね、台風の中どどーんとv-279

こちらも、先日教えていただいたルートを山スカ女5人で登ってまいりやしたv-293ムホッ

ありがとうございましたv-354
  • 2010/08/17(火) 15:02:55 |
  • mayo|URL
  • [編集]

★mayoさん★


でも、晴天がいちばんですね。
風雨が強いと登山してても風景は楽しめず、残念無念。

あのルートは景色もいいし、穏やかなので楽しんで登れますよね。
また、すぐ南には谷ルートもありますので、チャレンジしてみても楽しいです♪
  • 2010/08/17(火) 19:23:41 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


本栖湖でキャンプ中に台風が直撃してしまったことがあります。
深夜からテントごと吹き飛ばされるほどの風雨に襲われ、朝になっても撤収できずテントにこもっていましたが、絶え間なく続く雨や風の轟音にそれまで感じたことのない恐怖を覚えました。

台風クラブ、懐かしいですね!
中学生の頃に観ましたが、年齢的なこともあってか、あの狂気の渦に見事に巻き込まれました。
30年近くたった今でも鮮烈に記憶に残る映画です。

台風キャンプから何とか脱出した帰り道、晴れ渡りつつある空に富士山を仰ぎ見た時の清々しさは忘れられないです。
もう一度、とは思いませんが・・(笑)
  • 2010/08/17(火) 20:49:26 |
  • うる|URL
  • [編集]


毎度ながら ユウさんの所で キャンプ場を 決めさせて頂いてるんですが ここと フレンドパークむかわ で 悩みに悩んだ挙句 子供優先で むかわへ 9~11日行ってきました  天気はイマイチでしたが 子供が 大喜びでした!!!
  • 2010/08/18(水) 04:52:04 |
  • ぶん|URL
  • [編集]

★うる さん★


おひさしぶりです♪

本栖湖で台風ですか!?
遮蔽できる地形に乏しいので、かなり強烈だったのではないでしょうか(汗
きっとボクのスタカ湖の台風キャンプより数段すごかったと想像できます・・・

> 台風クラブ、懐かしいですね!

御存知ですか!
自分も映画の登場人物とほぼ同じような世代だったので、
インパクトはすごく、同じく今でもはっきりと思い出せます。

うるさんも、台風キャンプ後の、あの独特の気分、味わわれたんですね!
ボクも、台風キャンプは、たぶんしないと思いますw
  • 2010/08/18(水) 08:48:41 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ぶん さん★


フレンドパークむかわ、行かれたんですね!
外房に移住してから尾白や白州方面から遠ざかってしまっているので、ものすごく懐かしいです。

来月、ハイキングとセットで、行ってみたくなりました。
甲斐駒も眺められるし・・・最高なんですよね。
  • 2010/08/18(水) 08:53:22 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんにちは~。

 う~~ん、雨のキャンプか~、正直あまりやりたくないなぁ、まだ吹雪のテン泊の方が良いかなぁ。

 秋山郷は良い場所ですよね~、特に谷全体が真っ赤になる秋は大好きです。
 ただ「のよさの里」は知りませんでした。24時間入れる温泉があるんですか、魅力ですね~。
 秋山郷また行きたくなりました。
  • 2010/08/18(水) 08:56:16 |
  • IK|URL
  • [編集]

★IKさん★


同じく雨のキャンプよりカラッと晴れたキャンプが好きですw

殺生のテン場で風雨のため2日間テントに閉じ込められた時は、
縮こまっているので節々が痛くて、もう気が狂いそうになりました。
ですので雨でいい思い出は・・・雲平の雨後のどでかい虹くらい。

秋山郷から山を越せば野反湖に行けるんですよね♪
それにしても秋山郷の紅葉シーズンかぁ・・・見てみたいなぁ
その頃、またこっそりと行ってみたいものです。
もしかしたら、行っちゃうかもしれませんw
  • 2010/08/18(水) 15:16:30 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


あらゆる準備ができていないと危険なキャンプですね(^^;)
monkichi88には危なすぎる(笑)

ご無沙汰しておりますm(_ _)m

昨日ジブリのアリエッティーを見に行きましたところ、
奥さん、
アリエッティーの父親を見てユウさんが浮かんだと言ってました。
  • 2010/08/22(日) 00:29:35 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


ご無沙汰しています♪

アリエッティのお父さんですか。
光栄です!

まだ観ていないので、どんな物語なのか知らないのですが、
楽しみに観てみようと思います(^^

それにしても、台風キャンプは・・・
これはあまり楽しくないので、用事がなければやりたくないですw
  • 2010/08/23(月) 11:32:54 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


昔、若いころ、こんな「冒険」てヤツにワクワクしたもんですが、今はちょっと、考えが違ってきますよね。
  • 2010/08/27(金) 18:38:33 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


たしかに学生時代は、こういうの大好きでした。
まさに映画・台風クラブww
台風が上陸する、というニュースにワクワクしたものですw
  • 2010/08/31(火) 18:48:53 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示