CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

秘密のキャンプサイトを探そう!

070617_5.jpg


秘密のキャンプ場」は営業キャンプ場。秘密にしておきたいけれど、秘密ではない。いっぽう「秘密のキャンプサイト」はキャンプができる自分だけのフィールド。口外しない限り、知られる可能性は限りなく低い。誰も知らない、まさに自分だけのプライベート的なキャンプフィールドであり、そこでの滞在を目的に出かけるのが“秘密のキャンプサイト”。

静かで清潔で抜群の景観で・・・これだけでも贅沢なのに、さらにはお盆休みであろうとGWであろうと、そこを利用するのは常に自分だけ・・・秘密のキャンプサイトだからこそ、こんな贅沢が堪能できる。そんな自分だけの秘密のキャンプサイトの紹介ではなく、サイト探しが今回のテーマ。

秘密のキャンプ場である“経営キャンプ場”はキャンプビジネスの一環である限り、いくら秘密にしたところで利用者は存在する。でなければキャンプビジネス自体が成り立たない。僕も、ブログ上で公開していない場所が数箇所あるけれど、それでも観光協会の情報や地元配布の地域紹介チラシなどに丹念に目を通せば大抵は発見できてしまう。

こうしたあらゆる情報に露出しないのが、経営キャンプ場とは無関係な“秘密のキャンプサイト”。では、それはどこにあるのか・・・それがわからないから秘密たる所以(ゆえん)なのだ(^^;; 僕もそんなサイト情報が喉から手が出るほど欲しくてしかたない。

070617_1.jpgしかたないので、こうした場所は、休日にねちねちと探すことになる。必要なのは道路地図と2万5千分の1の地形図。それにメモ帳とコンパス。探す前に大切なのが地方行政の情報。地方によって特定地域がキャンプ禁止地域に指定されていたり、また国定公園内は原則キャンプ禁止になっているからだ。
※湖を望める秘密キャンプサイトのひとつが、画像の森の奥に存在する。

こうした規制エリアと個人所有地を避けつつキャンプできる理想の場所を確保するのは、大変だけれど、非常に楽しいフィールドワークだ。知り合いには、秘密のキャンプサイト探しが趣味という人もいる。もちろん、彼も、自分のサイトを人に教えようとはしない。

道路地図で国道や林道を目で追って、高度を上げたあたりの植生が広葉樹林で、その中に等高線が一部分だけ平坦になっている場所などがあると“これは!?”と思ってその場所を地形図で走査。このような候補地を何箇所かピックアップしつつ、後日その付近のキャンプ場をベースにして、候補地に探りを入れる。

このフィールドワークの際に重要なことは、飲料水の確保と排泄物の処理。

いくらキャンプ適地が発見できても水が確保できないと不便だし、また排泄物を持ち帰るなんていうのは気分がよくない。野グソもそれはそれで気分がいいが、昨今の状況から考えると排泄物を野外放棄するのはどうもよろしくない。それに、その場所を継続的に愛用することを思えば、そんなことをしていたら、すぐに異臭が立ち込め楽しむどころではなくなってしまうだろう。

ではどうするか、といえば、できるだけ近場に公衆のトイレ施設があって、水も確保できる場所を狙うことになる。しかし確保できなければ、山岳キャンプのように、水はポリタンクで持ち込み、汚物は“簡易トイレ”で持ち帰る。簡易トイレはホームセンターなどの防災コーナーで簡単に手に入る。

まあ、こんなようなことをして、ようやく何箇所かの秘密のキャンプサイトがラインアップされた。なかでも一番素晴らしいのがこの場所。

山梨県の湖のほとりにある緑と青い水に染まる素敵なキャンプサイト。営業キャンプ場ではないので場所は秘密(笑)。ここは現在、僕のほかに数人の釣り人やクライマーが時々利用しているだけ。今まで何度もソロキャンプに訪れたが、他人と一緒になったのは二度ほど。

070617_4.jpg有名観光地に程近いこの場所は、すぐ横を県道が走っていて、休日ともなれば、おびただしいほどの車が行きかう。もともとサイトのある一帯は村の所有地で、県道から白樺の林を抜けると湖を見下ろす気持ちの良い芝生に湖までの踏跡がある。この踏跡の先にあるのが、トップの画像にある、湖に突き出した岬のようなキャンプに適した美しい芝生だ。

この施設の人はキャンプする僕を見て、淋しいだろう、なんてうれしい言葉をかけてくれたこともある。芝生の広場の水場を使い、敷地内に接地された簡易トイレを利用させてもらう。建物横には公共の駐車場があるからサイトにテントなどを運ぶのは問題なし。こんな素敵な場所にも関わらず、先日の土日2日間で駐車場を利用したのは釣り人ひとりと、峠を折り返し攻める走り屋1台がUターンに使用したのみ。ほとんどの人は先を急いでこの場所すら知らずに猛スピードで走り抜けてしまう・・・もったいない。

県道からは、湖の手前にこんもり生い茂る明るい白樺林が見えるだけ。その影に隠れる施設や駐車場に誰も目を向けることすらしない。しかし駐車場に車を置いて、いっぽ林に踏み入れば、その中には、素敵な場所が・・・しかし、不思議なことに、たとえ入ってきたとしても、ほぼ99%の人はここで湖をちょっと眺めただけで去ってしまう。

サイトは芝生から建物の裏側を通り、その先の小道のすぐ下。裏庭に入り小道まで行かない限り秘密のサイトはどこからも見えない。サイトに下りると、周囲は白樺が気持ちよく風にそよぎ、岸を洗う湖水の音が聞こえるのみ。県道方面は森で覆われ全く見えないばかりか、正面も、横も、どこもかしこも人工物は一切見えない。とうぜん、車の音も聞こえる事はない。

さらに、ここは、村が自由広場の用途で活用していたため、どんなに大雨が降ろうと、安全このうえなし。もちろん焚火は植生を考え砂利地を選べば直火できるけれど・・・焚火跡を残さぬために焚火台を使用。サイトから直接釣りもできる。つれるのはマス。画像のサイトのずーっと左のほうにも、この芝生のサイトは続いている。たぶん20張りはテントが設営できるだろう広さがある。かつては子供達の野外活動にも利用されていたようだが、今は訪れるひともなく、ひっそりと静まり返っている。とにかく野反湖キャンプ場に匹敵する極上度だ。

帰り際には、必ずキャンプサイトに感謝して付近を清掃。その間も、相変わらずおびただしい車が県道を先を急いで通り過ぎていた。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


初めまして。
本日初めてお邪魔しましたが、秘密のサイト
いいですよね。
私も、独身時代は地図とにらめっこして沢っぺりのテントが張れて水が確保できそうな場所を探しておりました。トイレはその辺でしたが・・・
最近は家族もいていわゆるキャンプ場ばかりです。嗚呼、そんなキャンプを復活したいです。


「秘密のキャンプサイト」良いですね!
私も探して見たくなりました。
でも、なかなか無いんでしょうね!
キャンプ禁止じゃ無くて水とトイレ
誰も知らない場所難しそうですね!
「秘密のキャンプサイト」
何だか、わくわくして来ました。(笑)


さすがユウさん♪
読んでいてどんどん引き込まれていく感じがして・・夢中になっちゃいました。
秘密の・・というくだりがなんともそそります!
自分の足で丹念に探してこの絶景!
自分だけの楽園ですね♪
  • 2007/06/19(火) 07:35:26 |
  • coco☆|URL
  • [編集]


今回のヒミツの場所、行ける距離カモ・・・(笑) どこかなーーー(^ー^)
見渡す限りの景色やその場所の空間が自分だけのものって最高ですよねっつ。
  • 2007/06/19(火) 08:37:58 |
  • nana|URL
  • [編集]


秘密のキャンプサイト探し☆
自分だけの至福の空間を探すって
なんて冒険的なんでしょ~(^ー^* )
どうしても家族だと、色んな便利さを求めてしまい、定番のキャンプ場になってしまいますよね。。
ソロなら可能なんだろうけど…
いいなぁ~こんな絶景の所でキャンプしてみたい☆
  • 2007/06/19(火) 09:05:24 |
  • lilt|URL
  • [編集]


本来キャンプはこう有るべきだ・・・と思います。
ソロなら可能ですね。衛生的で安全でなどと考えていくとキャンプ場に行き着いちゃう。
段々と無精になってお馴染みの所にしか行かなくなるのも哀しい事です。
キャンパーの心に火が着いちゃいますね(^-^)v
  • 2007/06/19(火) 16:23:21 |
  • jun-boh|URL
  • [編集]


ユウサン
見つけちゃったんですね
私も1年前から
秘密のcampsiteを探し続けていますが
未だ・・・なしです。
自分だけのサイト必要ですね~


★NORIさん★
こんにちは!もしかして沢屋さんですか?僕も一時期はファミリーキャンプオンリーだったのですが、ふとソロキャンプに行きたくなり、昔入った笛吹川東沢の滝上の河原でキャンプ。いっきに再燃しちゃいました(^^; 水はおっしゃるとおり、重要ですよね。
  • 2007/06/19(火) 21:03:06 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★チャイ さん★
場所はすぐに見つかるのですが、水の確保できる理想的な環境は少ないですねぇ。本栖湖にも秘密のキャンプサイトがありますが、あそこは原則キャンプ場以外ではキャンプ禁止なため、言及すると後が怖そうです(笑)
  • 2007/06/19(火) 21:05:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★coco☆さん★
そうなんですよ。秘密のキャンプ場は、秘密の花園です(^^;;
  • 2007/06/19(火) 21:05:58 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★nanaさん★
たぶん、行ける距離です(^^; けっこう灯台下暗しで、足元にあったりしますから(笑)
  • 2007/06/19(火) 21:07:42 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★lilt さん★
こんど機会があったら、こことは別の、絶景の秘密のキャンプ場で合流しましょうか(^^v
  • 2007/06/19(火) 21:09:07 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★jun-bohさん★
僕の定番は三景園と白馬アルプスキャンプ場。でも、ホームグラウンドともいいますし、馴染みの場所もいいものですよね(^^
  • 2007/06/19(火) 21:10:44 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★Takapon さん★
見つけちゃったんですよ(笑) ほかにも数箇所あって、中でも一番素敵なサイトは熊が徘徊するので、あまり行かなくなっちゃいました(^^;
  • 2007/06/19(火) 21:39:26 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こちらでははじめましてデスゥ
もしかして、知ってるかもデス。
この近くにトンネルあります?
村のお店とか?
ライダーさんが、時々この水のみ場で
テン張ってたりとか?
  • 2007/06/20(水) 01:33:34 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


おはよう御座います♪
いやー是非ご一緒したい☆
絶景で秘密…
ウォォォォ~なんかテンション上がってきました!!!
  • 2007/06/20(水) 10:22:27 |
  • lilt|URL
  • [編集]


★たるたる さん★
むむむむ・・・・・もしかして、同じ場所かもですね・・・ツーリングの人はこの水場横に時折宿営してますよ(^^
  • 2007/06/20(水) 21:03:54 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★lilt さん★
では、そのうちにソロキャンプ仕様で、途中で合流しましょう!時期は、まだ未定ということで(^^♪
  • 2007/06/20(水) 21:05:44 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんばんは。
す、すんばらしいですね!!
ぜひこの場所を知りたい!探し出したい!
って感じです。
ヒントください!
道志村から近いですか?


★ウエヒロさん★
素晴らしいんですよ(笑)
道志からだと山越えせねば・・・(^^;
ぜひぜひ、秘密のキャンプサイト探し、お互い、楽しみましょう♪
  • 2007/06/21(木) 19:45:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


私はいくつかの無料の設定であるキャンプ場を利用しました。時には管理の主体の方針によって申し込みを手続きをする必要がありました。時間と場所に合うことがとても難しく思えました。
私がいちばん感動を感じたキャンプ場は大菩薩峠キャンプ場でした。山梨県の願いによって、ロッジ長兵衛により維持されていること。最小限の必要条件として、利用するのは、清掃のために300円を支払います。
山のきれいな水、景色、素晴らしい夕日を私達だけのものにできるでしょう。
  • 2007/07/01(日) 02:03:03 |
  • キーズ|URL
  • [編集]


★キーズさん★
キーズさんの日経の記事、毎回楽しく読んでます♪International Adventure Club出席してますか?大菩薩のキャンプ場は、これも秘密のキャンプ場リストに入ってます(^^;; 大菩薩嶺のトレッキングとセットに楽しみたい場所ですよね。ではでは。
  • 2007/07/01(日) 12:33:59 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示