CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

測量野帳

070705_1.jpg

【逸品CLUB】


巷ではモールスキンの手帳が人気ですが、アウトドアでもどこでも重宝するのは、なんたって野帳。これは“やちょう”と読みますが、アウトドア趣味の皆さんであれば、おそらくはご存知の方も多いはず。

もともとは測量の際に、もっぱら屋外で使われるノートのことで、フィールドノート同様にアウトドア仕様というわけです。ということは、キャンプなど野外活動ではなかなかに重宝する。

この野帳の歴史は非常に古く、記録に見た限りでは“野帳”の名は江戸時代にもあった。江戸時代の測量は精度は劣るもの、と思いがちだけれど、実はものすごく高精度。測量の方法は当時と今とでほとんど同じだ。とうぜん、現代は光学機器の発達で彼方の目標点を捉えることができるけれど、江戸時代も負けず劣らず。

二点間の距離を計測する間竿。仮標を立てて、その方向を正確に測る小方儀。仮標間の勾配を測る大方儀。これらによって方向と高度が正確に測れるわけだ。つまり三角測量。これは、現代で言うところのレベル測量。

そして・・・ここからが本題。これらの測量結果を屋外で書き記すフィールドノートの役割を果たしたのが“野帳”というもの。

江戸時代は和紙の裏に木板を添えたようになっていて、立ったまま、さらりと筆描きするに適した形態だった。いっぽう現代の野帳は、木の代わりに硬紙の表紙で装丁された手の平サイズ。ページも適量で、ささっと開いて、さくさくっと絵でも文章でも、立ったまま快適に書くことができる。

野帳は、ビーパルでもたびたび取り上げられているうえ、ビーパルオリジナル野帳なるものも発売されている。ビーパルの実物は見たことないけれど、写真で見る限りでは、カラフルでとてもきれいだ。が、中身はこの緑の装丁の測量野帳とほとんど同じ。

では、どちらがいいのか。

実利をとるのであれば迷わず、一般の測量野帳がおすすめ。なぜか・・・それはフィールドノートとして、気軽にガシガシ惜しげもなく使用できる価格設定にある。測量野帳は一冊120円。これは非常にコストパフォーマンスに優れているし、実用品はこうでなくちゃ的な設定だ。

硬質な表装で、開けばどこであっても非常に楽に筆記が可能。そして飾り気がなくてシンプル、単純、手の平サイズ。つまりどこでも使用できる硬派なノート。

070705_2_20100409105851.jpg

僕は上の写真にあるように、この野帳を昔からいつも数十冊単位でまとめ買いして、仕事とフィールドの両方で愛用している。電車の中だろうが、山歩きの最中だろうが、好きなときに取り出して、時には歩きながらアイデアや発見を記入している。

もちろん、以前の記事に出てきた“秘密のキャンプサイト”を探す際には、シルバコンパス片手に、ルート図記入に活躍。一冊120円のこの野帳。十冊買っても1200円。この野帳がどんどんたまった分だけ、アイデアやフィールドの思い出、新発見もぎっしりというわけだ。

逸品CLUBのカテゴリーはコチラ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示