CALENDAR
03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

トランギアとデュアルヒート用ゴトク(旧型)

100105_1.jpg


やっぱり年明け第一回目の記事は大好きなトランギアネタで。今回はiPhoneの写真アプリであるHipstamaticで撮影した画像を使用してみました。

この年末の天気は荒れましたね。実は山仲間と富士山で雪上訓練を予定していましたが延期にしました。そのかわりボクは年末一泊で奥日光にて個人山行をまったりと堪能してきました。

今回はKIVAあるいはHEX3は持参せず、テントはmossのみ。本来であれば「エアライズ+外張り」ですが、エアライズ本体が長年酷使したため昨年とうとう不具合多数となり、仕方なく重たいmossテントとなりました。

今年、エアライズ本体のみを新調するか、あるいはメスナーテント(ニッピン)、ステラリッジⅠ(モンベル)にするか、あと少し楽しんで決定することにします。基本は冬用の外張りがオプションで存在することです。内張りもあれば言うことはありませんが、そこまで贅沢は言いません(笑


ゴアライトやエスパースは今までの山岳部や山岳会の共同装備で使用しているため、できれば個人としては別なタイプを使ってみたいと思っています。

で、ストーブは本題のトランギアアルコールストーブ「TR-B25」。通常の登山ではガスストーブをメインにトランギアあるいはエスビットをサブとして雨蓋に忍ばせることがありますが、昨年末は奥日光の雪の森をひとりのんびりスノーハイクを楽しむのが目的だったため、トランギアがメイン。そして予備にエスビットストーブ、という雪遊び仕様でした♪

さて、このトランギア。当然のごとく、ゴトクを必要とします。専用の風防兼用ゴトクなども存在しますが、実は最も使い勝手に優れていると思っているのがコレ。アメリカの固形燃料DUAL-HEAT(デュアルヒート)の専用ゴトクなんです。

100105_2.jpg 100105_3.jpg
左の黒い印が切れ込み部分です

ただし、これをそのままトランギアに乗せるとサイズが若干合わずに傾いてしまうため、鉄ヤスリなどでわずかな切り込みを入れると、ぴったりとフィット。重量は約30グラムほど。どんなに手荒に扱っても壊れず、そこそこの重量の鍋でもがっちりと受け止めてくれます。正位置ではなく上下を逆にした逆位置にゴトクをセットすると火力もいい感じに保たれるので、通常は逆位置での使用が理想的かもしれません。というより、上下逆位置での使用がいいです。

100105_4.jpg 100105_5.jpg
写真はいずれも正位置でセット

このゴトクのいいところは、このままで空き缶ストーブにも使用できること。のんびり、まったり。レトロに山旅を楽しむには、トランギアや空き缶ストーブは最高の相棒です。そして・・・レトロなストーブと抜群の相性をみせてくれるのが、トイカメラの味わいある写真が撮れるiPhoneアプリHipstamatic。

なかなか良い味わいですね。

◆トランギア関連記事リンク◆
・トランギア・ミニマム フォーメーション
・携帯マルチストーブ「プチかまど」レポート
・キャンプに行けぬ日は、テラスでココアを
・冬のアウトドアは、雪のフィールドでのティータイム
・水仙の花に囲まれたアウトドア・カフェ
・海辺 de ブランチ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


こんにちは。

トランギアは持ってるし、チマチマと道具を集めるのは好きなんですが、ナゼかアルコール・ストーブには食指が動きません。
ナゼかなあ、と考えて思い当たった。
きっと、ですね。あらゆるヒトが研究・工夫・改良を「うp」しまくってるからです(w
ええ。ただのアマノジャクなワタシです。

本年もよろしくです♪
  • 2010/01/05(火) 11:48:49 |
  • ラード|URL
  • [編集]


はじめまして。
飛び込みでお邪魔させていただきました~

トランギア自分も使っているのですが・・・。

このタイプは・・・欲しい!!

思わず  ポチッちゃいました。

  • 2010/01/05(火) 12:20:47 |
  • toman|URL
  • [編集]

★ラードさん★


あけましておめでとうございます。
たしかにアルコール系ストーブはいろいろマニアックな情報が溢れていますねw

ところで最近は・・・固形燃料の缶タイプを伴に山に行こうかな、なんてことを考えています。幼少期、知り合いのオジサンに登山に連れて行ってもらったとき、固形燃料缶で昼食を作った楽しさが今でも忘れられません。

今年もよろしくお願いします♪
  • 2010/01/05(火) 13:01:55 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★tomanさん★


こんにちは!
あけましておめでとうございます。

このゴトク、上下逆さまに使用すれば、加工なしで使えます♪
十分に安定感はありますが、さらに安定させたい際には、トランギアにあわせて溝を刻めば万全ですが・・・ボクは逆使用の場合、そのままストーブにのせて使ってます♪
  • 2010/01/05(火) 13:05:18 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


まず~...写真がいい雰囲気出てます^^
iPhoneでこんな雰囲気の写真が撮れるアプリが有るんですねえ。
iPodは持っているんですがiPhoneに乗り換えようか迷っている今日この頃です。

で、トランギア。
何も言う事無し。静かで軽量で、いい雰囲気だもん。
缶詰の燃料。ノブも小学生の頃のキャンプは親がソイツだけで調理してくれました。でも、重い。臭い。 ^^;
  • 2010/01/05(火) 17:59:52 |
  • 野宿屋ノブ|URL
  • [編集]

★野宿屋ノブさん★


iPhoneはカメラアプリだけでも数えきれないほどあるので、まだまだ魅力的なものが埋もれているはず(笑

iPhone、いいですよ~!
もう、ほんとうに楽しいです。別世界が広がります。

そして・・・缶詰の固形燃料、やはりノブさんも、でしたか!子供心にあの固形燃料はぐっときちゃいますよね。

プライベートキャンプ場では、固形燃料でやりましょうか!?w
  • 2010/01/05(火) 18:36:58 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


結局iPhoneは当分見送りです^^;
再来月に引越と同居が有り年明けてもノブのキャンプ場へは行っておりませんです。雪溶けた春には行けると思いますので、その頃又連絡をさせて頂きますね。
燃料は...固形でも液体でも。木質なら沢山有ります^^
  • 2010/01/29(金) 20:54:02 |
  • 野宿屋ノブ|URL
  • [編集]

★野宿屋ノブさん★


初夏の多少肌寒さが残る時期に、ノブさんのプライベートキャンプ場、お邪魔させてください。
よろしくです~!
  • 2010/03/25(木) 12:44:17 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示