CALENDAR
03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

スノーペグを作る楽しみ

091228_1.jpg


木枯らし吹いて、初冠雪が穂高や富士の頂きをうっすら染める頃になると、決まってすることがあります。それがスノーペグ作りです。材料の竹は、以前はホームセンターから数百円ほどで調達していましたが、現在はすぐ横の竹やぶからもらってきます。

この竹をナタで4つ割りの竹板にして、それを15センチから20センチ程度の短冊に切って真ん中に穴を穿ち麻ひもを通して完成。天気の良い休日など新聞紙を広げた上でこの竹板の周囲を小刀でカリカリと削っていると、あぁ冬だなぁ・・・と思うわけです。これは、もう高校時代から変わらぬ、冬を迎える儀式のようなものです。


もちろん短冊の周囲を丁寧に削る必要などありませんが、なんとなくカリカリと削るのが心地よくて、そうしていると冬がだんだんと近づいてくるような、なんとも言えない幸せな気分になります。

091228_2.jpg 091228_3.jpg

これは普通の竹ペグですが、さらに強力な十字ペグも4つほど追加します。それは割り箸よりもやや太い細い竹を15センチ弱の長さに切断し、麻ひもで十字に縛ったもの。これをテントの四隅に使います。まあ、そんなことをする必要はないのですが、これはおまじないのようなものです。

古代より「十」の字は呪力があるとされており、これはキリスト教だけでなく古代の日本においても同様。たとえば徳の字にあるように、目の上に十を加えたものなど、意味は忘れましたが、一種の呪符とのことです。白川静先生の「文字逍遥」などにかなり詳しくとても興味深い研究が紹介されているので、おすすめします。

さて、この冬用の「十字ペグ」はアルミ製のものが各メーカーより発売されていますが、登る山域の雪質などにあわせて自作するほうが楽しみも倍増します。パウダー状の雪だと保持力も不足するのでその際には水で凍らせて保持力をアップさせますが、撤収の際にペグの回収が手間取ります。

こんな時に便利なのが小枝のスノーペグです。登山途中で調達した小枝を適当な長さに切断し、それに麻ひもを結束したものをスノーペグとして雪中に埋没設置させます。これだと凍結して回収不能の場合でもそのまま破棄することができます。

スノーペグをテントに結束する場合は、まずテントのガイロープのループを従来の逆に取り付けます。つまり、自在のあるほうをテント側にして、ヒモ末端をペグの麻ひも側になるようにします。ロープと麻ひもを結び、竹ペグを深く埋めてしまい、自在調整をテントの本体側で行う、というわけです。

しかし、凍結しているうえに突風がものすごい富士山の場合は、竹ペグよりもスノーアンカーアイススクリューなどでがっちり固定です。しかしあの青く凍てついた氷の斜面・・・アイゼンの歯すらなかなか効かないので、怖いです。ですが、この冬は富士での雪上訓練の予定なし。もう若くないので無理せず、です。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment

さらに


それを自分のハーネスに…、ですね。

いつも楽しく読ませてもらっています。
  • 2009/12/29(火) 22:53:05 |
  • ΩΩ|URL
  • [編集]

上高地


たいへんにご無沙汰しとります ひとあし早い休暇をいただいとりまして、西穂から入り奥穂経由で上高地に下山し先ほど帰宅いたしました。 上高地はかなりの入山者で大勢の登山者とすれ違いました。 小生は既製のアルミのスノーペグを使っとります。自作の竹ペグよいですな~! 次回、トライしてみることにします。トラ年だけにw
  • 2009/12/30(水) 00:25:28 |
  • 風|URL
  • [編集]


今頃は何処におられるのでしょうか?
初日の出を拝む為にどこぞの山でしょうか?
今年も楽しませて頂きました。
来年も更なるご活躍楽しみにしております。
来年も宜しくお願い致します。ね^^/

追伸
ノブのキャンプ場、どうやら本気で手放す事に成りそうです。
ユウさん良かったら使ってみます?
  • 2009/12/31(木) 20:15:38 |
  • 野宿屋ノブ|URL
  • [編集]

あけましておめでとうございます


★ΩΩさん★

★風さん★

★野宿屋ノブさん★


あけましておめでとうございます!
一昨日まで奥日光の雪山で戯れておりました!
予定では昨日まで雪山に・・・でしたが気圧配置を見て、一日はやく下山しました。
外房は良い天気。雲ひとつない快晴です。

今年もよろしくお願いします。
皆様にとって良い年でありますように!
  • 2010/01/01(金) 08:45:07 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

おかしなコメントが


平日が休日なもので小生先程帰宅りですわ

にしても、わけわからん事を書く輩がおるもんですな。いったい何様って感じですが、やれやれですな

ところで竹ですが、孟宗竹をそのまま棒状で使用しても問題ないものでしょうか?小生の山仲間は大方が金属の十字およびアンカーを使っておる様子。

再来週の月曜から三日間で中ア方面に行って参りますぞ。半日はゾンデ他の研修なのですがね。天幕はエスパスの内張り仕様でやんす
  • 2010/01/10(日) 00:07:52 |
  • 風|URL
  • [編集]

★風さん★


こんばんわ。

>孟宗竹をそのまま棒状で使用しても問題ないものでしょうか?

たぶん大丈夫なのでは??強度さえでれば、問題ないと思います。割り箸派の方も多いですしw
ボクはこれより仮眠して、東北方面の山にスキーツアーでかけてきます。お互い気をつけて楽しみましょう♪アルパインジャケットではなく、モンベルのストームクルーザーにミッドレイヤーの調整でテストしてみようと思ってます。これで十分であれば、シビアな積雪期アルパインクライミング以外ストームクルーザーでOKであれば、年間を通じて雨雪これのみで対応できるってことですもんね!また明後日!
  • 2010/01/10(日) 00:49:44 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示