CALENDAR
05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

山、夫婦、好きもの同士

080718_h_20090120162826.jpg

記憶のかけら


彼女はグラフィックデザイナーで、そろそろ40歳になろうとしている。

彼女がTエージェンシーに勤務していた20代頃のファッションは、グラフィックデザイナーらしからぬ、めちゃくちゃタイトなボディコン的なものだった。おまけに強めの香水がぷんぷんと匂うので、打ち合わせのときは窓をあけて匂いを緩和させた。彼女が帰るとボクはすかさずコーヒーをドリップし、派手な残り香の中和にやっきになった。

長身で目鼻立ち整う彼女の容姿は、自分で選んだ香水同様にかなり派手だった。もしも香水がもっと奥ゆかしげに香っていたなら、彼女との打ち合わせはきっと天国のように楽しいものになっていたことだろう。

最近、たまたま彼女と会う機会があった。その際に、そろそろ40歳に手がとどくはずの彼女と青山で待ち合わせして本人を識別できないという不覚を演じてしまった。

脳裏では例の派手な香りとともに派手なタイトファッションでご登場、というシミュレーションが出来上がっていたのだけれど、彼女は人ごみの中から黒でまとめたタイトスカートファッションに黒のレギンス、白黒コンビのヒールに大きな黒いボストンとサングラス。というモデルばりの出で立ちで颯爽と現れたのだった。


モデルかな、と思いながら視線のはじで見て見ぬふりしていると、なんとボクのすぐ横に立った。非言語的行動における距離感覚でいえば、その距離45センチほど。これはつまり、かなり親しい関係の場合にとる親密距離である。

妙な焦りを感じ、ボクは彼女と反対側に視線を向けながら横に移動したが間合いはたちまち詰められてしまい、ついに彼女へと視線を向けたボクに「おひさしぶりです」と彼女は会釈した。

「あ!なんだI野さんだったのか!」と拍子抜けすると「襲われると思ったんでしょ」と相変わらずの小悪魔な笑み。かすかに漂うのは、柔らかな花の香りだった。いいにおいだね、というと「フラゴナール」と彼女。なんだかいい雰囲気になったなぁと見違えてしまった。

そんな魅力的な女性ではあるけれど、残念ながら10年前に結婚している。相手は当時、ボクとは別の広告代理店でアートディレクターとして活躍していた知人のS川氏。ボクは、二人の結婚式の披露宴パーティを仕切らせていただいた。

さて、フロムファーストビルのカフェで打ち合わせを一通り済ませるとケーキを食べながらの近況報告になった。彼女は、あなたが海辺の町に移住するなんて気でも違ったのかと思った、だの、山から離れられない性質(たち)だから数年したら山梨や長野に行くことに1万円賭けちゃった、だの、意地悪っぽく笑いながら饒舌になった。

あまりにも言われっぱなしで悔しいので「山が好きだから、それで、海辺の町に移住したんだよ」と、つい心にもないことを言ってしまった。すると彼女は「へぇ・・・」と右手で頬杖をつきながら、左手でティーポットを弄びながら黙ってしまった。

意図しなかった沈黙に内心あわてたボクは、話題の糸口にしようとポケットをまさぐりiPhoneを取り出そうとした。すると

― いっしょにいると鬱陶(うっとう)しいんだけれど、いなくなるとなんだか恋しくなるのよね

彼女は、そうぽつりと言うと、てへへと舌を出して紅茶を飲んだ。数日前にちょっとしたことで言い争いになり彼が出て行ってしまったらしかった。外見は鼻っ柱が強そうだけれど、けっこう気弱なS氏のこと。たぶん帰るキッカケが見つからなくて困っているのは奴の方だよ、と彼女にS川のケータイに電話することをすすめた。

― いなくなると恋しい・・・

丹沢あるいは高尾の近くに住んでいた数年前。近くにあるのに忙しいだの、疲れただの、何かと理由をつけてあまり足を運ばなかった。出かけるのはもっぱら北アルプスだったり福島だったり。遠くの山々ばかりだった。

そして気まぐれから海辺に移住してしまった今。丹沢とか高尾とか、今まで身近だった山々が北アルプスなどの峰々同様に、なんだか恋しくてたまらなくなってしまった。そう感じながら「山が好きだから、それで、海辺の町に移住したんだよ」という出まかせのフレーズを思い返して、まんざらでもないなと思った。

補足しておくと、彼女がSに電話して今日の夕食は何にする?と言うと、S川はぼそりと「おでん」とつぶやき、俯きながらばつ悪そうに帰宅した、とのこと。きっと離れて、彼女をますます好きになったのだと・・・できれば、そう願いたいものだ。

◆夢と消えてしまったSoulBar George’s(ジョージズ)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

                                               
Comment

★ynmarcさん★


ボクをリアルに知ってるからですかね。

とにかく、遭う人会う人、
みんなが「なんで海なのさ」のような態度。
こうなったらサーフィン始めて「海が好き」宣言しちゃおうかと(笑
  • 2009/12/04(金) 18:49:53 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


サーフィンを動の楽しさとするなら、カヌーは静。
ただカヌーには歩いていけないところ、車ではいけないところに行ける自由がある。
どちらも風の無い鏡のような水面でパドルすると
それだけでハイになります。
夏になったら白子で波に乗って、温泉はいって井戸水で
冷やした西瓜を食べましょう。
  • 2009/12/04(金) 21:02:26 |
  • ynmarc|URL
  • [編集]


こんばんは。
 
>山から離れられない性質(たち)だから数年したら山梨や長野に行くことに1万円賭けちゃった。

 山登るために長野に移住したバカが僕です・・・・。
  • 2009/12/05(土) 00:10:49 |
  • 裏山の探検隊|URL
  • [編集]

★tehontei さん★


男女の仲は不思議です。
恋愛と結婚は別だという人もいますが、好きになっていっしょになって、とも白髪になるまで同じモノを見ないまでも、同じ方向を向いてともに歩いてゆけるって素敵なことだと思います♪
  • 2009/12/05(土) 14:30:01 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ynmarcさん★


ぜひぜひ、よろしくお願いします。
でもynmarcさん、ほとんどプロサーファーなので、たぶんついていけないと思います(汗
でも、ぼちぼちとロングボードを始めますので。その際はよろしくお願いします。

カヌー、川で乗ると、ジェットコースターのようにかなり面白いですよ。動の世界(笑
  • 2009/12/05(土) 14:32:22 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★裏山の探検隊さん★


長野、第一候補にしていたんですよ。
でも、まあ諸々の事情がかさなってしまい、外房へ(^^;;

まだ人生は先があるので、
ゆっくりと次の山暮らしについて思いを馳せることにします。
  • 2009/12/05(土) 14:35:06 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示