CALENDAR
03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

雪山・スノーハイクと鹿澤館

091121_1.jpg


雪山には一種独特の特有な匂いがある。

あちこちの山が冠雪する今の時期、鼻腔の奥にかすかにツン・・・と雪山の匂いがして、憧れのひとと初めてデートする直前のような、そんなそわそわとした落ち着かない気分になる。

一日しか休みがとれず、どうにも身動きが取れない週末など、もう無意識のうちに身体が反応し、ギアラックからガチャガチャとクランポンやピッケル、スノーアンカーだのを無闇やたらに引っ張り出しては撫で回したり、すでにギンギンに研いであるクランポンの歯に鉄ヤスリをカタチだけ当ててみたり。そうしていることで、少しでも雪山に近づいたような気がして落ち着くことができるから不思議だ。


さて、出かける場所は様々で、山仲間とは大好きな白馬の主稜を筆頭に、奥穂や谷川あるいは、富士山あたりに向かう。しかしいっぽうで、のんびりと雪と戯れに磐梯あるいは鹿沢高原、霧ヶ峰・蓼科、北八ッなどにフラリと向かうことも多い。中でもひと冬に何度か訪れるエリアが奥蓼科・霧ヶ峰と鹿沢高原・湯の丸山周辺で、特に鹿沢高原で雪中野宿しながらスノーハイク(または山スキー)していると、吹雪の晩などまるで戦前の登山黎明期にタイムスリップしてしまったような、妙な気分に浸ることができる。

おそらくそれは、鹿沢高原にある「雪山賛歌の碑」のせいだろうと想像している。雪山賛歌は西堀栄三郎氏が京都大学山岳部の冬季合宿のとき、あまりの風雪に停滞を余儀なくされ、合宿の拠点としていた温泉宿・紅葉館で仲間と歌詞を持ち寄って作詞したもの。

紅葉館は必ず立ち寄り湯するほど大好きな温泉で、そのたびに、ここで雪山賛歌が生まれたんだなぁとなんだか遠い日に思いを馳せてしまう。しかし、基本は野宿なので、山中あるいは裏手の沢沿いのとある場所でスノーキャンプすることが多い。

雪山賛歌

【訳詞】西堀 栄三郎・京都大学学士山岳会
【作曲】アメリカ民謡

1.雪よ岩よ われ等が宿り
  俺たちゃ 街には
  住めないからに

2.シール外して パイプの煙
  輝く尾根に
  春風そよぐ

3.煙い小屋でも 黄金の御殿
  早く行こうよ
  谷間の小屋へ

4.テントの中でも 月見はできる
  雨が降ったら
    濡れればいいさ

5.吹雪の日には 本当に辛い
  ピッケル握る
  手が凍えるよ

6.荒れて狂うは 吹雪か雪崩れ
  俺たちゃ そんなもの
  恐れはせぬぞ

7.雪の間に間に キラキラ光る
  明日は登ろうよ 
  あの頂に

8.朝日に輝く 新雪踏んで
  今日も行こうよ
  あの山越えて

9.山よさよなら ご機嫌宜しゅう
  また来る時にも
  笑っておくれ


スノーハイクのルートは実に無数。おまけに雪山は、夏と違ってルート設定は自由自在。地形図とコンパスで好きなように雪山を歩くこともできるし、たとえば「休暇村から村上山」、また「地蔵峠から湯の丸山」の2コースは、スノーシューをつけてのスノーハイクが最高に楽しめる。景色が最高、リスクが少ない、歩くのが楽しい、という三拍子揃ったコース。

で、スノーハイクを終えたら、しなびた紅葉館もいいけれど、ちょっとレトロモダンに鹿澤館が気分良し。鹿澤館の本館が建てられたのは昭和9年。いたるところにアールデコ調の装飾がなされていて、ほれぼれしてしまう。温泉は露天こそないものの、ゆったりとした浴室の大きな湯船になみなみと源泉が掛け流されている。

091121_3.jpg 091121_4.jpg

一見何の変哲もない湯と思うのだけれど、身を浸してみると、なんと柔らかく上質な湯なのだろう。まるで天女の羽衣のごとき湯の感触にうっとりしてしまう。うんうん、じつに気持ちいい、などと独り言しつつ出たり入ったり。そのたびにざばざばと湯船からおびただしい湯がこぼれる。

091121_2.jpg
鹿沢温泉「鹿澤館」
・炭酸水素塩泉のかけ流し・天然温泉100%
・マグネシウム・ナトリウム炭酸水素塩泉。
・循環無し。加水・加温無し
・場所:群馬県吾妻郡嬬恋村大字田代1017-58
・電話:0279-98-0008
・宿のHP


(スノーハイクおすすめコース)

・鹿沢休暇村→たまだれの滝
鹿沢温泉と新鹿沢温泉を結ぶ湯尻川遊歩道の途中にある落差10メートルの滝。幾もの水が繊細に岩の間から流れます。休暇村鹿沢温泉から遊歩道で滝までスノーシューイング。

・村上山
鹿沢温泉にある山で、スノーハイクコースとしてお勧めです。雪の森の中に登山道があるため風(吹雪)から守られているうえ、雪崩箇所も無し。山頂まではのんびり歩いて約2時間半程度。歩いていると雪の森の中には小動物の足跡が無数にあって、アニマルトラッキングなんていうネイチャー遊びも堪能できます。森とは言っても背が高くとても明るく、広々した気持ちのいい森です。ご家族連れで気軽に最高のスノーハイクが楽しめるお勧めコース。

・湯ノ丸山
やはりベスト1のスノーハイクコースは湯の丸山。美しい樹氷の森を抜け、眺望のいい雪の斜面を登ること2時間半ほどで、これまた360度の眺望を堪能できるパノラマビュー。八ヶ岳や浅間山など最高の景色と雪山気分を存分に楽しめる。地蔵峠の無料駐車場で身支度を済ませ、目の前のスキー場横の斜面を登ります。下りは斜面をお尻で滑りおりるシリセード!豪快にあっという間に下れます。

・その他
雪山賛歌の碑がある鹿沢の登り口から「角間峠」など。

◆湯の丸エリア記事リンク
・湯の丸山
・秘蔵の湯の丸高原キャンプ場

◆スノーハイク関連記事
・雪に覆われる八島湿原(八島ヶ池湿原)をファミリーで楽しむ
・霧ヶ峰のど真ん中 鎌ヶ池キャンプ場跡地でスノーランチ
・濃霧に包まれる幻想的な車山 スノートレッキング
・露天風呂とスノーキャンプが堪能できる八ヶ岳・本沢温泉
・裏磐梯イエローフォールのスノーハイク補完記事
・雪中キャンプの準備 自作スノーペグ
・マタギも愛用する和製スノーシューで雪遊び


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


最新の雪山ギアは、こちらへ


関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

                                               
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示