CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

燻製キャンプ

091112_0.jpg
デリカテッセン・ハンスホールベック店頭


燻製はうまい!

「黒部の山賊」に登場する上高地の歴史ある山小屋オーナー&山岳ガイドの先駆者たちも、例えば釣り上げた岩魚は塩焼きせず燻製するに限るのだと、口々にそう述べている。これに影響されてボクも自宅で一斗缶燻製器を自作して、ツナやゆで卵やイカを材料に燻製の真似事などをして楽しんでいた。

そのことをかつての仕事&アウトドア仲間に話すと、実は彼は本格的な燻製にどっぷりとはまっていることが判明。そこで、今年、ぜひにと彼に参加を促して始めたのが燻製キャンプだった。一回目は成田の森キャンプ場にて開催。そのあまりの素晴らしさが忘れられず、夏はメンバーも増え、燻製にカヌーツーリングが加わった「燻製&カヌーキャンプ」を中禅寺湖畔の菖蒲ケ浜キャンプ場で開催。


091112_1.jpg 091112_2.jpg
091112_3.jpg

作るのは極上の豚バラ肉を材料とした贅沢なベーコンと、これまた極上肉を材料としたハム。どちらの肉も燻製部長であるハリー氏が産地にこだわり数十キロ単位で仕入れ、熟成させ、下ごしらえしているから仕上がりも絶品。そして次回はこれに「ソーセージも加えよう」と話だけはどんどん大きくなってゆく。

091112_4.jpg

実は、10代の頃よりドイツが大好きだった。小学校当時に家族で参加していたコミュニオンに年下のすごく美しい女の子がいて、人づてに聞いた話では彼女はドイツ人とのハーフだった。まあ片思いで終わってしまったのだが、その後、中学生時代になって奇跡的にコルネリアという同い年のドイツ人の女の子と親しくする機会があった。

彼女の家に遊びに行くと、大小さまざまなハムやらソーセージがテーブルに並び、それを薄切りにして軽く焼いた黒パンに乗せて初めて食べたときの衝撃といったらもう。今まで食べていた日本のソーセージやハムとは完全に別物。別世界の美味しさだった。以来、ドイツソーセージ&ハムの魅力に取り付かれ、彼女の家に夕食に呼ばれるのが密かな楽しみになった。

まあ、それ以前に、そばかす顔のコルネリアに恋心を抱いてもいたのだけれど。彼女は高校時代にドイツに帰国してしまい、ずっと文通だけは欠かさなかったが、やがてナースになったという話題あたりで、お互いに仕事を理由に手紙も書かなくなり疎遠になってしまった。

それでも、おいしいドイツハムとソーセージへの熱は覚めることなく、いまだに続いているから不思議だ。六本木や銀座のビアホール、ドイツ人向けのパブやワインセラーなど様々出入し、ハムとソーセージがあれば買って帰った。

そうした日々で取捨選択しようやく探し出した絶品の店が、神奈川県大和市でドイツハム&ソーセージを手作り販売する「シュマンケルシュテューベ」と茨城県守谷市のデリカテッセン「ハンスホールベック」だった。とにかくこの2店の味は本場以上のおいしさで、今でも山のない週末は必ずでかけてお気に入りのハム&ソーセージを買って帰る。

091112_7.jpg
ハンスホールベックのソーセージランチ

好きなアイテムは「フライシュケーゼ」「カルプスケーゼ」「レバーパステーテ」「チューリンガーブラートヴルスト」「ゲルダー」「クラカウアー」など。片方の店にしかない商品もごちゃまぜだけれど、まあ、どれを選んでもすべて極上のうまさに変わりはない。

これら全てが燻製ではないけれど、この中にあるスモークソーセージで燻製が好きになり、さらに「黒部の山賊」という山の本の名作中の名作の燻製賛歌に触発され、来月で燻製カヌーキャンプもとうとう三回目。

091112_8.jpg
ハンスホールベックのポークハムランチ

アウトドアでカヌー、キャンプそして燻製作りを楽しむ週末。あるいは、ルフトハンザさえ一目置いて機内食に出すデリカテッセンのハム、ソーセージを買うためにのんびりドライブする週末をもたらしてくれた、そんなドイツに乾杯です。


デリカテッセン
Hans-Hohlweck ハンスホールベック
茨城県守谷市けやき台6-21-2
電話:0297-46-0148 
火曜日休み
店のHP

手作りハムソーセージ
SCHMANKERL STUBE シュマンケル ステューベ
神奈川県大和市下鶴間1787-10
電話:046-272-0600
水曜休み

・IKさんのブログ「今日も山で遊んでました」にもhttp://yamaasobi-yamaasobi.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-48c2.html" target="_blank" title="ハンスホールベックの記事">ハンスホールベックの記事が・・・

◆関連記事リンク
・燻製キャンプ=プロローグ=
・燻製キャンプ=燻製器=
・燻製キャンプ‐3 できたてを喰らう

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


  守谷のここご存知でしたか、かなり有名ですからね~。
 冬になって筑波方面に行くことが多くなると時々ソーセージやベーコン・レバーペーストを買って帰ります。
 と言うか食べたくなってきたので、週末チャリで買いに行きそうです。
  • 2009/11/13(金) 06:25:50 |
  • IK|URL
  • [編集]

★IKさん★


IKさんて、自転車で行ける距離なんですか!?
うらやまし~~~です!
ボクも、今週末に、ここか、大和のシュマンケルステューベでソーセージを仕入れますよ(^^

とくに、フライシュケーゼに半熟の目玉焼きを乗せて、絡めながら食べるのが大好きです♪
  • 2009/11/13(金) 11:23:31 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさんお疲れ様です!

そしてめっさ旨そうっす!!メモしました
近くに行く際は必ず立ち寄ります!!

そしてチラっと写真に映ってる横顔の美女は誰っすか?

そちらもひっじょ~~に気になる(笑)
  • 2009/11/13(金) 21:57:49 |
  • 91|URL
  • [編集]


夜明けに空腹で目覚めて、
覚えず甘美な肉汁の誘惑に打ちのめされそうであります。
思えば先日の肥満問題記事に勇気を得て
以来、僕は野菜中心の食生活。
昨夜もコンソメで炊いた白菜と塩揉みキャベツ、という肴。
僕は縄文人だ、漁労採集民族の血が流れているんだ!
と言い聞かせながらも、
細胞の奥の方で肉汁への憧憬、動物性脂肪への愛着が、
ふつふつと湧き上がっては容易に消えない冬の朝です。
  • 2009/11/17(火) 06:53:38 |
  • いまるぷ|URL
  • [編集]

★91さん★


このふたつのドイツソーセージのお店は、ほんとうに絶品です!
この他にもたくさんのソーセージの店が各地にありますが、その中でも傑出してます。
ぜひ、お近くに行かれた際には。
美女は単純にクラブメンバーです(笑
  • 2009/11/17(火) 08:38:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★いまるぷさん★


同じく縄文系の分化系のマタギになるっていう手もありますね(^^;
そうすれば、おにくだってモリモリ食べれます♪
ここ数日の報道で、炭水化物が不足すると、鬱状態になるって言ってましたし。
お肉と白米、もりっとやっちゃってください。
それがマタギですし、原初の記憶です(^^
  • 2009/11/17(火) 08:45:23 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示