CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

木賊温泉で男っぷりを磨く

091024_1.jpg
川横に建つ湯屋。入浴する人が見えてしまう

世の中に秘湯と呼ばれる温泉は有料無料ふくめて数多い。その星の数ほどある中の、これぞ温泉の原型か、とも思うのが木賊温泉。木賊(もくぞく)と書いて「とくさ」と読む。

「とくさ」は「砥草」。細い棒状の形状で、草の表面にケイ酸が硬化したものがあり、指でなぞるとまるで細かな紙やすりのような感触があり、この茎で砥ぎを行うことができるので「砥草」。かつての木地師などは砥草で木を磨いていたし、意外なところでは滝廉太郎をはじめ、多くの古きオシャレな方々は砥草で爪を艶やかに磨きあげていた。

この砥草の仲間にスギナという草がある。ボクはスギナを山ほど採取し乾燥させたのを煎じて飲んでいる。このスギナの効能がまた素晴らしく、悪き物を体外に出してしまうらしい。なんでも子宮筋腫なども流し出してしまうと聞いたことがある。免疫力を高めるのだったか、とにかく以前身体が不調の際に薬草の本を調べスギナを飲み始めすっかり改善されてしまった。


これらは古くは「もくぞく(木賊)」と呼ばれた薬だったため、木地師の「とくさ」の呼び名が漢字に当てられ、それで木賊と書いて「とくさ」と呼ばれるに至ったのだと思う。

091024_2.jpg

さて、こうした漢方の名が付いた木賊温泉は、その名の通り素晴らしく疲れた身体を癒してくれる。付近にはぽつぽつと温泉宿があるけれど、ここの代表格は谷に降りて西根川の渓流横に沸く共同浴場。

河原の横にぽつねんと掘っ立ての湯小屋が掛かっており、ここが温泉。入口の箱に200円を入れて利用する。小屋はほぼ屋根だけで、風通しの良い中には岩盤を掘りぬいた湯船がふたつ。硫黄が匂う湯は奥の床下から湧き出し、手前の浴槽を経由して川へと流れている。本来の温泉というものは、上から注がれるのではなく、こうして床下から湧き出すものだったのだろう。

さて、ここはももちろん混浴。

ボクが坂道を下ったところ、まだ若い奥さんがご両親と小さな子供といっしょに出てくるところだった。ボクは陽光まぶしい川面を眺めながら服を脱ぐと、男性三人が入る手前のぬるい浴槽から湯を汲んで身体を洗う。

091024_3.jpg

入ろうと思ってはみたものの、三人は手足を伸ばして半ば眠るようにして寛いでいるのでスペースがない。そこで奥の熱い湯船で「失礼します」と中の20代前半と思われる女性二人に挨拶をして身を沈める。彼女たちは会社の同僚で、東京の町田から木賊温泉目当てに車でやってきたと話してくれた。

彼女たちと話をしていると「え~混浴なんだ」という声が入口から聞こえた。見れば同じく女性の二人組み。しばらく躊躇していたけれど、いっしょに入っていた二人が出たのを見て安心したのか、入れ違いで入ってきた。常に女性がいたので、残念ながら浴槽の写真は撮影不可能でした。ぜひ検索で見てみてください。

1000年前に発見されたという“会津の隠れ湯”は地元の人がしっかりと守り伝え、今も変わらず硫黄泉をこんこんと川底から湧出し続けています。ここは、おすすめです。もちろん女性用の小さな脱衣場もありますので安心です。※どうしても混浴がだめな女性は、横に建つ雰囲気のある温泉旅館で入浴できます。ここの湯船も川に面した露天で最高に気持ちいい。

男と女を磨く砥草の温泉(木賊温泉)、ぜひいちど。

泉質:単純硫黄泉
温泉:低張性-高温泉 45.0℃
住所:〒967-0345 福島県南会津郡南会津町木賊
電話: 0241-78-2546(舘岩村観光協会)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ご無沙汰してます。今迄何度かコメント入れたんですが、蹴られちゃうんで...
この温泉の更に先。田代山を越える林道が有ります。何度も通って一度も通り抜け出来なかったな。もう10年近く前の話です。その時はこの温泉の事を知ってはいましたが、結局入らずじまいでした。
相変わらず、入浴にはいいタイミングで混浴になるユウさん。
ふ~ん、そんなに若い女性が来るんダア....やはり行こう^^;
今迄何度かコメント入れたんですが、蹴られちゃうんで...


こんばんは。

今週でSVキャンプ場も店じまい、ですね。
ふかい雪に半年以上も閉ざされるワケで。
結局、今年は奥会津を訪ねられなかったです。
また、来年ってことで。


  • 2009/10/26(月) 20:23:22 |
  • ラード|URL
  • [編集]

こんばんは


早速、こちらに遊びに来ました。
木賊温泉って、深山情緒たっぷりで、温泉の原点って感じがしますね。これまで、何度か近くの国道を通過していたのですが、気がつきませんでした。
今度、奥会津の山の帰りに、是非、立ち寄ってみます。

外房で田舎暮らしですか・・・。私にとって羨ましい限りです。これからも、ブログでいろいろと拝見させていただきます。
  • 2009/10/26(月) 20:38:59 |
  • 現地レポ|URL
  • [編集]


着替える場所があるのであれば

混浴も一度くらいは入ってみてもいいかもv-48

こういう場所で水着っていうのは野暮いですよねv-217

さっき調べてブックマークいれましたv-154
  • 2009/10/26(月) 21:08:15 |
  • mayo|URL
  • [編集]

こんばんは


ご無沙汰してます。

愉しんでますね。

桧枝岐キャンプの際は、必ず立ち寄ってます。
木賊温泉、本当に自然な温泉ですよね・・・。
ユウさん、しかも幸運ですね。ここの温泉、60回以上も入ってるけど、若い女性にぶつかるなんて、数回しかありませんでした。

ここでの、深夜の温泉入浴は最高ですよ!
ぜひ次回は、深夜に訪れてみては・・・・
ではでは

★ノブさん★


こちらこそご無沙汰してます。
ここのところブログ更新もままならず、放置気味でした。

> 相変わらず、入浴にはいいタイミングで混浴になるユウさん。

たぶん祭日や連休に出かけるせいでしょうか。
ボクが入ろうと坂道を下る途中、同じく学生風の女性二人が湯上りで坂道をあがってくるのにも遭遇しました。さらに、ボクが出て坂道を登っていると、高校生くらいの娘さんをつれたご夫婦とすれ違いました。あのご家族は果たして入ったのか、入らなかったのか・・・不明です。

とにかく、このときは、女性比率はかなり高かったです。
女性の下着とかストッキングまで落ちていました(笑

> 今迄何度かコメント入れたんですが、蹴られちゃうんで...

む~~ん、これは、SPAMコメ対策でホスト拒否したりしちゃっているので、その影響かもしれないですね・・・どうしたものか・・・
  • 2009/10/27(火) 09:15:17 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★現地レポさん★


ここは、川底から湧いているのをそのままなので、湯船下からコンコンと熱い湯が静かにわきだしていて、聞こえるのは川のせせらぎと野鳥のさえずりだけです。

女性用に小さな更衣室のようなものもあるので、そちらで湯浴み着に着替えて入浴できるので。ボクも友人に紹介されて、まだ数度ほどしか通っていませんが、休日日中の混雑時以外はのんびりできるのでは、と思います。

会津スキー&ここの現地レポ、楽しみにお待ちしてます♪
  • 2009/10/27(火) 09:21:17 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★mayoさん★


ちょうど、入れ違いに出て行ったカップルの女性は水着を着ていたようでした。
あとの女性は長いバスタオルががっちりガードしたり、湯浴み着というのか、そんなのを身に着けていました。電話ボックスの広さの更衣室(笑)があったので、そこで湯浴み着に着替えられますから、だいじょうぶですよ。
  • 2009/10/27(火) 09:24:24 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★留三郎さん★


ほんとうにご無沙汰してます。

先月は留三郎小屋キャンプ場でのんびり釣りでもしたかったのですが、あの混雑にやられてしまい願いかなわず・・・次回の怪しい面々隊の集合時には、ぜひ合流したいと思います。

昨年ここに入ったときは、男性ばかり7人ほどでした。
しかし、今年のシルバーウィークは、ボクが入ったときに「男性:女性=6:4」という女性率の高さ。しかも入る直前に湯上りの女性二人とすれ違ったので、瞬間的に女性のほうが多かったかもしれません。
さらに、ボクが出た直後に、温泉に向かう、高校生くらいの娘さん連れのご夫婦ともすれ違いました。

シルバーウィークは特別なんでしょうか?

> ここでの、深夜の温泉入浴は最高ですよ!
> ぜひ次回は、深夜に訪れてみては・・・・

深夜は入ったことないですね。川音を聞きながらの深夜の温泉・・・う~よさそうです。
次回、ぜひやってみたいと思います♪
  • 2009/10/27(火) 09:31:00 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ラードさん★


SV、来年の初夏に入りたいと思います。
あそこは、ほんとうに別天地ですもんね。
来年もまたイベントあるんですよね??しっかりとスケジュール調べねば・・・
それと、あの豆腐でけんちん汁も作りたいですしw
  • 2009/10/27(火) 09:36:02 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


  こんにちは、

 木賊温泉にこんな温泉があるとは知りませんでした。以前桧枝岐に山登りに行った時に、帰りに木賊温泉にするか湯ノ花温泉にするか迷って湯ノ花温泉に行ってしまいました。
 桧枝岐周辺の山はお気に入りの山が多いので、今度行った時に以前紹介されていた豆腐屋とともに行って見ます。
 
 時々お邪魔しますのでよろしくです。

 そうそう同県在住です、と言っても江戸川に近くですけどね。
  • 2009/10/28(水) 08:27:58 |
  • IK|URL
  • [編集]

★IKさん★


銀山平周辺の紅葉、うっとりと眺めさせていただきました!
あんなステキな記事を読んでしまうと、行きたくなってどうしようもなくなってしまいます(笑

ここの温泉に下る坂道の上に駐車場があって、そこの前にマタギの方が営業する小さな商店があります。そこは日替わりで温泉客にいろいろな汁を無料でふるまってくれます。

運がいいと、熊汁のでくわすことも(^^

>  そうそう同県在住です、と言っても江戸川に近くですけどね。

おお!そうなのですか!
どうぞ、よろしくお願いします♪
  • 2009/10/28(水) 08:43:27 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示