CALENDAR
01月 « 2017年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

戦後に実用化していた日本の電気自動車

091016_1.jpg


新しいと思っていたものが、実は古かった、というお話。

ニュースで“日産が来年2010年にいよいよ純粋な電気自動車を販売開始する”ということを知り「ついに電気自動車の自時代が来たのだなぁ」と思っていた。

その後、WEBでの調べものついでに、ふと日産のWEBサイトに入り込んでみた。そこには、これまでの歴代自動車の数々。が、戦後にまでさかのぼったとき、ええっっと目を見開いてしまった。あれ?あれ?・・・と何度読み直しても、その内容は見間違いではなかった。

なんと戦後、米軍が進駐していた1940年代、。戦勝国によるガソリン統制によってガソリン輸入が禁じられていた日本では電気自動車が実用化され販売されたという驚愕の事実。


その基本的技術は大東亜戦争の真っ只中、戦時中に開発され、戦後になって交通手段への要求の高まりを受けて「日本電気自動車製造」、「中島製作所」、「神戸製鋼」などが電気自動車を実用化し次々と発売したのだ。まさに必要は発明の母。

中でも最も成功したのが立川飛行機(石川島飛行機)。同社の電気自動車工場は戦後米軍に接収されてしまったようだけれど、新たに多摩(府中)に拠点を移し東京電気自動車株式会社として世の中に送り出したのが「たま電気自動車」。ガソリンを使用しない純粋な実用型の電気自動車です。

性能は、順次改良されて昭和49年型の「たまセニア号」の場合、1回の充電でおよそ200kmを走行できた、というのだから中々のもの。

なんでもかんでも進化した結果、という考え方が染み付いてしまっていて「環境にやさし電気自動車は、新時代の象徴だ」なんて思ってたのだけれど、実は戦中から戦後にかけてガソリンの手に入らなかった日本ではすでに実用化されていたんですね・・・という、お話でした。

◆関連リンク
・たま乗用車
・たま貨物
・日本の自動車技術240選


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

                                               
Comment


>新しいと思っていたものが、実は古かった、というお話。
知りませんでした!

昔と今、生み出されるまでのプロセスは違うけのでしょうが、
結果同じもの(こと)に行きつくことってありますねぇ(^^;)
  • 2009/10/16(金) 13:01:07 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


ボクも驚きました(笑

もしかしたら、あと少しで日本軍は電気戦車なんて、とんでもないもの作ってたかもしれないですね。
しかし・・・戦時中、戦後、電気自動車が日本を走っていたなんて、まったく想像すらしてませんでした(^^;
  • 2009/10/16(金) 17:36:45 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


コメントありがとうございました。

木炭自動車は聞いたことありましたが、電気自動車があったとは知りませんでした。
ガソリンが使えないのと使わないのとは、同じ結果を導くものなんですねぇ。

あと10年もしたら、2ストのジムニーも骨董品扱いになるのでしょうね・・・
女房がAT限定じゃなかったら、550のジムニー買ってたのになぁと悔やまれる今日この頃っす。
  • 2009/10/18(日) 09:18:11 |
  • マスヲ。|URL
  • [編集]

★マスヲさん★


こちらこそです。

来年、ロッジ型テントを手に入れようと決心しました。
一箇所に連泊して楽しむキャンプには、ロッジ型の余裕あるスタイルと快適さが、まさに気分だと思いました。ロッジ型で別荘スタイルのキャンプ、やってみたいです。

2ストジムニー・・・
走っていると、音と臭さで、かなりの注目度です(汗

すでに時代にあっていないのを実感します・・・
  • 2009/10/19(月) 13:36:33 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示