CALENDAR
01月 « 2017年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

アルパイン気分の休日(藤坂ロックガーデン)

091014_2.jpg


「バカと田舎者は高いところが好き」なんていう言葉があるけれど・・・はい、外房住まいのボクも、高層マンションに住んではいないけれど、例にたがわず“高いところが好き”だったりするわけで。

しかし、好きだ好きだ、と言ってはいても、高いところは「気持ちいい」よりも「怖い」が勝る。そう、高い場所はめちゃくちゃ怖い。怖いけれど好きというマゾヒスティックなうまく説明できないこの欲求。

この欲求を満たしてくれるのがクライミング。


本来であれば10月の3連休をバンフ・フィルムフェスティバルを観に松本会場に向かい、フェスティバルの前後に北アルプスへ入ろうとしていたのだけれど、打ち合わせを避けきれず松本はキャンセル。チケット2枚は友人の元へ旅立った。

ボクに与えられたのは3連休の最終日である12日のみ。この一日で、できるだけアルパインクライミングに近いことをしてみたい、と頭をひねって行き着いた答えが、栃木県の「藤坂ロックガーデン(藤坂RG)」でのクライミングだった。

もともとこの岩場は60年代をピークに国内外の岩壁に挑むクライマーのトレーニングの場として盛えた場所で、次第に荒廃。この惨状を目の当たりにしたのがグランドジョラス・ウォーカー稜の単独世界第2登を成し遂げた斉藤雅巳氏。藤坂RGは氏にとって青春そのものの岩場だっただけに、荒れ果てた姿にショックを受け再生を思い立った。

斉藤氏は1997年から3年(氏談)という歳月と全財産をかけ、たった一人で巨大な岸壁を掘り出し、そこにルートを整備した。まさに偉業としかいいようがない。伝説のクライマーが作り上げた、アルパインクライミング気分てんこもりのゲレンデだ。

091014_1.jpg
終了点より40mの気持ちいい懸垂下降する仲間


12日の朝、仲間と現地集合し、ウオーミングアップの後に高度感抜群の壁をマルチピッチで快適にクライミング。まずはマイナーリッジ(5.8 / 28m)、本チャン気分(5.8 / 23m)で身体慣らし。登るたびに、上から懸垂下降で降りるのが実にアルパイン的でいい。

下で水補給していると、そこに現れたのが斉藤さんだった。浮いた岩を落としてセメントで補強したことなどルートの詳細から雑談まで、のんびりと小一時間も話し込んでしまった。斉藤さんはクライミングするボクらの姿に始終ニコニコしている。

クラックアラカルト(Ⅴ級 / 33m)を、真ん中のテラス(サウスコル)でピッチを切って仲間とつるべ式で登っている途中、テラスから下を見下ろすと、表情は見えないが、斉藤さんはじっとこちらを眺めていた。

このテラスの横には小さな石碑がある。それは昔、ここで墜落死したクライマーのご両親が建てたものだという。昔は、今のように優れた道具も存在せず、ロープを握り締めただけのグリップビレイやボディビレイ(肩がらみ、腰がらみ)などが使われていて、こうした事故も多かったに違いない。そういえば小川山でも森の中から線香の匂いが時々漂ってくることがあるので、やはり事故死した方に手向けられているのだろう。

昼食を食べた後、マルチピッチの前に、腰のギア類を全て外し身軽な身体で、ややハングした岩でトップロープのボルダー遊び。腰のギアは、今回は少なめの約3キロ。これが本番だと何倍にもなるし、ガチャガチャうるさいので、それがつらいところ。この岩、出だしの一歩がものすごくいやらしく、ついつい力で登ってしまって腕がパンプ気味に。失格ですね。もちろん、しっかりとクリアしました。

091014_3.jpg

この後、スカイハイウェイ(5.10c / 20m)、メインストリート(Ⅳ級+ / 23m)他を楽しむうちにあたりが暗くなったので終了。都市部でコーヒーを飲み、山とギア談義をしばし楽しんだ後お開きに。

高速道路が40キロ渋滞というFM交通情報に、ボクは迷わず下道を選択。つくば方面を経由して成田をつっきって九十九里まで4時間で帰宅しました。

斉藤氏の娘さんのBlog


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


最新のクライミングアイテムは、こちらへ


関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


こんばんは。

今はこんなゲレンデがあるんですねー。
いいハナシです。

それにしても、5.8とかⅤとかのピッチをリードできるじゃないですか(w
滝谷のⅣ+なんか楽勝ですよ、きっと。
  • 2009/10/14(水) 18:04:32 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


ほんと、ここは最高のゲレンデです!
トップロープがセットできないので単独だとつらいですが、二人なら交互にリードして本ちゃんのような気分で登れます♪

> それにしても、5.8とかⅤとかのピッチをリードできるじゃないですか(w

いや、、リードはしましたが、かなりきついです。
ものすごく緊張して疲れました。
途中で、ロープテンションしてもらってレストしましたし(汗

> 滝谷のⅣ+なんか楽勝ですよ、きっと。

いやいや、死にます。
あの高度感で、5.7でも、きっと5.12にも感じられるので、ラードさんがかつてフリーでリードした場所は・・・・たぶん怖いす。人工だったらOKですが(w いや、でも、アブミもまた練習せねば・・・

  • 2009/10/14(水) 19:13:02 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こえーーv-12

こえーよーv-40

下に森とか岩山が見えてんじゃんv-42

パス! パス!

こりゃあびにゃいです パスりますv-355 
  • 2009/10/14(水) 23:20:06 |
  • mayo|URL
  • [編集]

★mayoさん★


マヨさんが高いところが苦手なのは知ってますから、パス以前にお誘いしてませんし(汗
フリーフォールが制覇できた暁に、お声かけさせていただきます(^^;;
  • 2009/10/15(木) 10:41:18 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


はじめまして♪
ナチュラムのブログのときから、ちょくちょくお邪魔していました。
キャンプ場情報がホントにわかりやすくて助かってます。
これからもまたお邪魔します♪
  • 2009/10/15(木) 14:14:10 |
  • マミー|URL
  • [編集]

★マミーさん★


こんにちは!

こちらこそよろしくです。
わんちゃんったちも、かわいいですね♪

我が家には、やんちゃなくせに臆病なジャックラッセルテリア、一匹います
これからも、よろしくです。
  • 2009/10/15(木) 17:13:58 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


うわあ、こんなところで、こんなエピソードも。
こうなると、ただの壁とか岩ではなくて、Field of Dreams.
人間のドラマなんですね...。
フィルムF、僕も結局行けませんでした(泣。
でも、ユウさんとお目にかかる楽しみと一緒に
次回につなげますよ~。
  • 2009/10/16(金) 15:01:03 |
  • いまるぷ|URL
  • [編集]

★いまるぷ さん★


> こうなると、ただの壁とか岩ではなくて、Field of Dreams.
> 人間のドラマなんですね...。

斉藤さんとこの藤坂への思いですよね。
最近、休日のたびに午前2時起きしてでかけてばかりいるので、どうも疲れが蓄積しつつあります(笑
まずはいまるぷさんとお会いして、その次に奥又白あたりで、登山黎明期の面影に思いを馳せつつ酒酌み交わしたいです。

いっしょに歩きたいルート、来年の初夏に偵察しますので、その後味わいぶかいクラシックな岩尾根散歩、ぜひしましょう!
  • 2009/10/16(金) 17:42:42 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示