CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

クライミングと山ガール

091006_1.jpg


クライミングをしようとする若い女性が多い。

まあ、それは完全にボクの主観的なもので、明確な数字はない。しかし、以前在籍していた都内の山岳会のケースで、山渓などに会員募集を告知すると十数名の入会希望者から連絡がある。最初は見学会ということで、毎週の例会の会場にご招待。会場には何人かきょろきょろと心細げにあたりをうかがっている姿が恒例的に見られる。入会希望者だ。そして、たいていはOLスーツ姿の女性で、多くはかなり若い。

そんな彼女らをサポートするのが会の姉御格の、これまた女性で、とてもキュートでカラカラと朗らかに笑う藤田萌子をおばさんにしたようなお方。彼女は見学者さんをやさしくエスコートして会場内へ。


さて、会場では、各会員が行った山行の発表や分科会の様々な講習会報告や連盟報告。そして、各会員が計画している登山計画が難易度など詳細な情報と共に発表されて参加者募集の呼びかけ、などなどがスライドなどを交えて行われ、お開き。

この後、クライミング系、トレッキング系にゆるやかにメンバーは別れて、クライミンググループでは、登攀用具やプロテクション技術の新しいノウハウなどがにぎやかに開始される。そこで「行こうよ、行こうよ」と各クライミング計画の発表者はあちこちに声かけ。

で、この後会場は移動し、飲み会へ。見学者はうれしいことにこの日は無料だ。女性の多くはOLさんだから気配りがうまい。次第に会員の輪に溶け込んで、翌月に何人かがメンバーになっている。しかし、半年もすると、山では身だしなみが思うようにできないという事実に会から足が遠のいて、残るのは半数以下。

まあ、そんなではあるけれど、とにかくクライミングをやりたがる女性は多いように感じる。Blogで沢登りの記事をアップすれば、沢をやりたいというシャワノボラー希望の女性からメールが入る。あるいは山の会にこの半年に連絡があったのも8割が女性。そして決まって「クライミングがやりたいです」というから驚く。

まあ、これも青山などへのアウトドアブランドのアンテナショップ出店だとか、山専門誌とはテリトリーを異にするアウトドア雑誌GO OUTはじめ、かっこいいを追求するアウトドア系媒体だって貢献しているに違いない。

そんな山ガールとのクライミング練習がこの画像。Ⅲ+レベルの岩場で練習。道具はぴかぴかで、メットも実にかっこいい!なんだか欲しくなってしまう。おまけにタイブロックだの、ZIZIだの・・・いろいろな小物の数々をネットで手に入れてたのだと見せてくれるものだから、物欲がふつふつと刺激されて困ってしまう。

091006_2.jpg

その岩場はⅢ+レベルとはいってもクラックやガバなどがまったくなく、細かなホールドを指先と足先で拾うようなクライミングに、足がミシンを踏みだし、あえぎ声が聞こえてくる。おそらく小川山のガマスラブよりも格段にいやらしいかもしれない。この「いやらしい」というのは岩の性格で、彼女の仕草が、ではない。念のため。

けっこうてこずっている。たぶん喉もからからで、上とのコンタクトに声を出すことも忘れ、無我夢中に登る山ガールは目に付いたホールドで登るので、いつの間にかハングへと導かれてしまった。

ボクはそれを察しトップに「テンション!」と声をかける。室内壁のようにはっきりとしたホールドがないうえ、色分けもされていないから無理ないけれど、逆にそれが外岩の面白さ。

こうして夢中で各自交代で登っているうちに、あたりは薄暮に包まれるのだ。時計を見るともう夕方の4時過ぎ。楽しいと一日なんてあっという間に過ぎてしまう。だとしたら・・・あまりに楽しい人生だったなら一瞬で終わってしまうのかもしれない。

岩を華麗に登るエレガントな山ガールが増えると、山は華やかになりそうです。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


最新のクライミングアイテムは、こちらへ


関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


こんにちは。

ここは例の外房、ですか。
新進の実技指導もタイヘンですね。
  • 2009/10/06(火) 13:22:32 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


そうですそうです。
例の、です。

女性は強いです。
落ちてもそこから何度もねばって、最後には乗り越えちゃいましたから。
いい笑顔を残して帰っていきましたw
  • 2009/10/06(火) 13:42:56 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


 ユウさんこんにちは。v-411

 これは川沿いの岩場でしょうか?。風通しがよさそうな岩場ですね。

 僕も昔、サークルの先輩に岩場でクライミングを教えてもらったことがありますが、センスがないとのことですぐに見捨てられた記憶が・・・。v-395

 新人さんには優しくするのが基本ですよね。v-411
  • 2009/10/06(火) 22:28:00 |
  • 裏山の探検隊|URL
  • [編集]


ユウさんお疲れ様です!

スイマセン山ガールについつい釣られて(笑)

そうですか講習会にはそんなにガールが多いですか~ましては飲み会がセッティングされてるのであれば、行かなきゃですね(笑)

独身なメンバーに伝えておきます(笑)
  • 2009/10/07(水) 08:35:16 |
  • 91|URL
  • [編集]

★裏山の探検隊さん★


ここは海辺の岩場・・・岸壁です(^^;;

下は波が洗っていて、満潮になると岸に戻れなくなるので、熱中しすぎに注意なんですw
  • 2009/10/07(水) 13:39:25 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★91さん★


特にクライミングジム主催の講習会なんかいいと思われます(^^;

ちなみに、11月22日、亀山湖付近のキャンプ場で燻製&カヌーキャンプ予定です。
  • 2009/10/07(水) 13:41:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こーゆーのもやってみたいですv-19

沢はまた夏になってからにしときますv-12
  • 2009/10/08(木) 15:38:36 |
  • mayo|URL
  • [編集]

★mayoさん★


冬場でも沢はできますけれど、クライミングは濡れることはまず無いし、気持ちいいと思います。できれば近場のジムとか、講習会などからはじめるのがいいと思います。沢は・・・夏の暑い時が楽しいです♪
ちなみに沢は、今月末に、水無川本谷と勘七の二本をいっきにやっつけに行く予定です。
  • 2009/10/08(木) 17:39:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示