CALENDAR
03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

シルバーウィークに完全独占 尾瀬街道キャンプ

090930_1.jpg


先日のシルバーウィークは福島の小野川湖・秋元湖でカヌーキャンプのはずが、あまりの混雑っぷりにはじき出されてしまい、尾瀬方面に流れていった・・・というのは前回の記事。

で、尾瀬方面で、超穴場なテント場は「七入・留三郎小屋のテント場」である、ということを何度も記事にしてきた自分としては当然のことながら、そこに向かうも、今までにみたこともないような銀座度に行き場を失い、けっきょく林道野宿を余儀なくされてしまった、ということも前回までの流れ。

まあ営業キャンプ場は、穴場とはいっても、そこそこ流行っていただけないと閉鎖になってしまう・・・ということは今までに何度か経験してきたので、宣伝活動に協力するのは仕方ないとしても、無料のサイトなら閑散としていたほうが都合がいいので名は出さず。


尾瀬に向かう街道の途中に、野外炉、トイレ、炊事棟など野外活動施設を併設するとても美しい公園がある。小さいながら駐車場もあって、ここが格好のビバークポイントなのだ。駐車場から橋を渡って荷物を運ぶのが面倒だけれど、山目当ての前泊野営であればバックパックひとつなので簡単。

今回はカヌーキャンプということで、トンガリテント以外にカヌー格納庫がわりの大きなタープがある。カヌーキャンプが不可能となったけれど、どうにも悔しい。悔しいので、このタープも張って、無料サイトながらリゾート気分も満喫することにした。

090930_2.jpg 090930_3.jpg

東屋の後ろに向かうと、横の沢音だけが響く森の中に、誰一人利用者のいない炊事場や野外炉が見えた。周辺のキャンプ場とは正反対の静けさに、イライラ気分も霧消してしまった。そこから階段を登った場所にも静かな芝生の広場が広々しているが、やはりひとの姿は皆無。

090930_4.jpg
すぐ横の下にはこんな沢が飛まつをあげて流れている

鼻唄混じりにHEX3とタープをセッティングし、買出しに。目当てはシルクバレーキャンプ場近くの山の中の集落にぽつんとある豆腐屋「泉屋豆腐店」の豆腐。豆腐は1種類のみ。ラージメスティンを2個重ねたような、まるで重箱のような巨大でずっしりと重い木綿豆腐だ。これが、また、うまいのなんの。

090930_5.jpg 090930_6.jpg

豆腐といえば“アムアム・・・”と、まるで病人食のように歯ごたえなど味わえぬ、と思いがちだけれど、ここ泉屋豆腐店のものは“食べる”豆腐だ。ここからちょっとだけ隔てた場所に住むマタギの小屋にこれを持ち込んで、熊汁にして食べるなんて楽しみもあるけれど、今回はこのまま。

サイトに帰り、胸躍らせながらずっしりと重い豆腐をサラにどすんと乗せて、豪快に十文字の切れ目を入れる。そこに鰹節を山盛り乗せて、地元千葉より持ち込んだ美味い醤油をタラ~リ垂らして、バクバクとむさぼるように食うのだ。

090930_7.jpg

噛むほどに鼻に抜ける大豆の香りと、口中に広がる甘さと旨味。これほどの豆腐、めったに食べられない。これが本来なのか・・・と、いつも最初のひとくちで心奪われ一心不乱に箸で豆腐を口に運び続ける。

とうぜん、これ一丁でお腹はいっぱい。尾瀬エリアならではの、ボクが一番大好きなアウトドアランチです。


泉屋豆腐店では『豆腐作り体験』もしてくれます
・場所:南会津郡舘岩村大字宮里字川衣2398
・TEL:0241-78-2846
・ 豆腐作りは最低10人から、とのことです。
・時間:8:00~21:00、月曜休、要予約
・交通:国道352号線を木賊温泉方面へ向かい、川衣集落へ。

◆関連記事リンク
・キャンプ難民のステルス・キャンプ


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:キャンプスタイル - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


こんにちは。

ああ。あの豆腐・・・。
ありゃもう、サイコーですね。

SVキャンプ場では、いろんなキャンパーから山菜のテンプラ、岩魚やピザ鍋など、バンバン振舞ってもらった良き思い出がたくさんあります。




  • 2009/09/30(水) 12:12:07 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


ラードさんも、ご存知だったとは!

これ、美味いですよね。
気分的にけんちん汁なんてのも、冬なら作ってみたいです。
チゲナベなんてのも(笑

ところでピザ鍋とは?!(まさかピザを煮込む??)
  • 2009/09/30(水) 15:02:27 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんばんは。

あいや。失礼。
その間に「、」を入れるの忘れただけッス(w

このあたりの「SV」では、まこと酒池肉林であったのです。
http://uemat.blog33.fc2.com/blog-entry-33.html

チゲナベに1票(w

  • 2009/09/30(水) 21:15:47 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


記事、楽しく読ませていただきました。
春先のSVもいいですね!

あの木賊温泉、ボクも入りました。
3人の20代の女の子と、熱いほうの湯船で隣り合わせになりました。

なぜか混浴で若い女性と鉢合わせになることが多くて、緊張します(汗
これぞまさに酒池肉林(笑
  • 2009/09/30(水) 21:47:41 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


たびたび、こんばんは。

は。なんですと?
クラブネイチャー・ガールズではなく、タマタマ、いやその。
たまたまご一緒になっただけ、だと?

この、ミスター眼福(w

ハナシは変わりますが、SVが満員なのは、コレが理由。
http://6413.teacup.com/silkvalley/bbs
毎年この時期にヤルんです。このキャンプ場開設の起源的祭り、との由。
ワタシも昨年、尾瀬とヒウチを訪ねたときは、コレのおかげで計画を変えましたからね。
  • 2009/09/30(水) 22:56:46 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


> たまたまご一緒になっただけ、だと?

デジカメで撮影しながら近づいたら「写真NGで~す」と笑顔で言われて、それでガールズだ、と気づきました。その画像もありますが、ブログにはさすがにアップできず(汗

で、手前の温めの湯船には男性4名の先客で入れず、その奥の3人のガールズが入った熱い湯船へ・・・適当な雑談でコミュニケーションしていると、そこへ今度は母娘がやって来ました。

「女湯はないの?」と、うろうろとしながら、最後は、用意されていた湯浴み着を着て、同じ女性が入っている、こちらへ・・・もう、狭い浴槽に肌触れ合うような激しい混浴体験とあいなしました(汗

> ハナシは変わりますが、SVが満員なのは、コレが理由。

ガッテンです!
そういうことだったんですね!

そのうち、ここでキャンプしつつ、会津の沢でも楽しみませんか?
  • 2009/10/01(木) 09:58:14 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんにちは。
むーん。貴重だ。いまどき貴重すぎる混浴公衆温泉だッ(w

南会津エリアって、ワタシは今まで「オフロード走行」と野宿しか興味が無かったんですね。その点だけでもパラダイスですが。山だと、尾瀬の他には会津駒とか平が岳があるナ、レベルの知識しかなかったんです。

会津の沢、イイですねえ。ぜひ、来年に!
(20年ぶりだから予行演習が必要ですけどw)


  • 2009/10/01(木) 11:52:14 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


> むーん。貴重だ。いまどき貴重すぎる混浴公衆温泉だッ(w

その男性の中に、背中に大きな入れ墨入った人も。
女性との混浴に緊張して、女性のいるこちらとは正反対の入口のほうをずーっと見たまま。しばらくして、同じく入口の外の景色を眺めるフリしながら服を着てつまずきながら、帰っていきました(笑

あ・・・三浦友和、待ってます♪
  • 2009/10/01(木) 16:37:14 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


はじめまして。遊びに来ました。
SWに、私も、銀山平から桧枝岐を通り、
キャンプ場の激混み具合に驚いた一人です。
あんな辺鄙なところに、緑色のテント村が出来てるとは思いもせず、
きっと、SWでも、ここは静かで穴場なんだろうなぁなんて思ってたからです。
結局、桧原湖へ行きました。県内を移動するだけなのに、すごい時間がかかりました。
大内宿の渋滞を回避する道も混んでいたし…
小野川湖も混んでましたね。アウトドアブームなんですね、きっと。

明るいタープがとっても素敵です。今、白っぽくて、軽いタープを探しているんですよね。

また、ブログに遊びに来ますね。
  • 2009/10/01(木) 19:54:16 |
  • 幸子姫|URL
  • [編集]

★幸子姫さん★


銀山方面からということは、どこかですれ違ったかもしれないですね!
そういえばカヌー天国の奥銀山キャンプ場などありましたね。

例年と違い、もうほんとうに混んでいて、今回は野宿メインでした。
いったいぜんたいどうしちゃったものでしょう??

あのディフェンダーも素敵ですね♪
こちらこそ、よろしくです!
  • 2009/10/01(木) 21:48:44 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさんのブログは
アウトドアが満載ですね

いろいろ教えてください
今後ともよろしく


  • 2009/10/02(金) 11:53:21 |
  • 榊原|URL
  • [編集]

★榊原さん★


わざわざ、どうもありがとうございます。

屏風岩、ルートは雲稜ですか?
たのしみに待っています。

これからもよろしくお願いします。
  • 2009/10/02(金) 15:53:49 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示