CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

尾瀬キャンプ キャンプ難民のステルス・キャンプ

090924_1.jpg


朝起きだすと、あたりは緑の光に染まっていた。

この林道に入り込んだ昨夕は暗くて気づかなかったが、間近には数人がかりでなければ幹を抱えられないほどの巨大なブナの木があった。まるで、森の王様のようだ。


090924_3.jpgブナの下には沢が流れ、沢筋をたどると無数の小滝が気持ちいい水音をたてて青い釜に水しぶきをあげている。釜を凝視すると岩魚らしき魚影。

ブナ、ミズナラが多く自生し、ときおりコナラも。これがもう少し温暖であれば、コナラが多くなるのだろう。梢を見上げて熊が食事した痕跡の“熊だな”を探したが見つからなかった。幹にも熊の縄張りの爪あとがない。残念ながら、熊は付近にはいないらしい。ちょっと寂しい。


この林道はとても気持ちよく素晴らしいのに、昨夕から朝の8時までの間、通ったのはオフロードバイク1台のみ。

本来であれば桧原湖・小野川湖・秋元湖あたりのキャンプ場でカヌーキャンプしているはずだった。しかしシルバーウィークは甘くはなかった。ノートパソコン片手に、仕事しつつカヌーキャンプしようと思いたった行き当たりばったりな男に空きサイトは皆無だったのだ。

ボクは八方台登山口から磐梯山をピストンし、尾瀬・七入にある留三郎小屋のテント場に向かった。ここは秘蔵っ子中の秘蔵っ子で、どんなときに行っても気持ちよくキャンプできるはず・・・だったが、なんとテント場はコールマンの嵐。たまにコミュニケーションさせていただいている“怪しい面々隊”が、この日ここで集うという話を思い出し向かったのだったが、こんな混雑状況ではとてもじゃないけれど耐えられない、と会津駒ケ岳登山口に再び舞い戻り、時刻的に林道での野宿を決めたのだ。

ここで野宿するのはこれで三度目。二度は山岳会で会津駒ケ岳の沢を登りに深夜やってきた際のビバーク利用。でも、なんでこのブナの巨木に今まで気づかなかったのだろう。

車のすれ違いができないオフロードの林道だけれど、各所に気持ちのいい草地や平坦地があって、そこが格好の野宿ポイントになる。水も林道横の岩場から豊富に流れており、それを飲むことができる。尾根上に小屋施設などがないので安心だ。

090924_4.jpg 090924_5.jpg

この深夜の焚火跡も、しっかりと処理し野宿跡を残さぬようにして旅立つ。すなわちステルスキャンプ。昨夜のしとねを振り返ってパチリ(右)。

090924_6.jpg

見上げれば、林道両側の山々が早朝の日差しに輝いている。キャンプは計画的に、ではあるけれど、こうした行き当たりばったりキャンプも、なかなか楽しいものです。

◆関連記事リンク
秘密のキャンプ場
会津、尾瀬おすすめキャンプ場


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:キャンプスタイル - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ユウさんこんにちはv-411

北国の森や川の流れは美しいですよね。僕も大好きです。v-47

そんなシチュエーションを独り占めするステルスキャンプ・・・すばらしいですね。v-57

でも、僕は昔、同じようなことをした時、オウムの残党と間違われおまわりさんに連行されたことがあります。v-40

今となってはいい思い出です。v-410
  • 2009/09/25(金) 12:45:42 |
  • 裏山の探検隊|URL
  • [編集]

★裏山の探検隊さん★


オウムですか!?
実はですね、裏山の探検隊さんほどではありませんが、ボクも同じようなことがありました。
個人事務所を横浜で開いていた頃、事務所へ窃盗団が侵入し、それを通報してやってきた警官たちが、現場検証の後に、何やら入口付近でごにょごにょ・・・

入口の上に目だたぬように、雑誌のムーに付録でついてきた梵字のシールを魔よけとして貼ってありました。それがまさにオームが使用していた梵字と同一のもの(笑

で、その日より、頻繁に警官が事務所の周辺で見られるようになってしまいました。数ヶ月でおさまりましたが、きっと一味だと思われたのでは、と思っています(^^;;

ともあれ、当時、避難小屋なども当局はしらみつぶしに当たったようですし、災難でしたね。
  • 2009/09/25(金) 13:38:03 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんにちは。

南会津あたりでお困りなら、シルクバレーキャンプ場がベストだと思いますよ。
  • 2009/09/27(日) 13:00:36 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


シルクバレーキャンプ場! 
そうなんですよ。ラードさん同様に、あそこなら、という思いで行ったのですが・・・もう想像以上の混雑度でした(汗

留三郎小屋のテント場、シルクバレー、どちらも満員なんて、今年はどうかしちゃってます。だって「お盆時期よりも混んでます」ですって。

なぜなんだろう・・・・
  • 2009/09/29(火) 08:44:35 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示