CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

栗駒高原オートキャンプ場

070613_h.jpg


秋田・栗駒山麓にあるオートキャンプ場が“栗駒高原オートキャンプ場”。このキャンプ場は前々から知ってはいたのですが、高規格型ということで選択肢からは外れていました。しかし、夏に栗駒岳へ登ろうということになり、ベースとなるキャンプ場として、ここ栗駒高原オートキャンプ場がリストアップされた、というわけです。(2006・夏)

本来であれば、同じく栗駒山麓の駒の湯キャンプ場がいいのでは・・・と思ったのですが、たまにはがっちり管理された高規格型もいいかな、と思い、ついふらふらと予約を入れてしまいました・・・これが悪夢の始まり・・・

070613_1.jpg
持参したタープはスノーピークの旧型レクタングル。張り方が自在に変えられて大好きです。


なにせ東北の夏は非常に暑い・・・いや熱いのに加え、このキャンプ場には日差しをさえぎってきれる木立がほとんどなし。場所的に南西向き日当たり良好、的なキャッチコピーが似合うほどの直射日光のジリジリ攻撃。下は芝生とはいえ、アスファルトのせいで照り返しもきつい・・・汗がだらだらと流れ出し、タープの下に入れば、スノーピークのアイボリーが災いして、サウナ状態

これに追い討ちをかけるように、場所的なものなのか、完全に無風。しかたなく温泉に入るも、湯が非常に熱すぎて入っていられず・・・出れば体内にこもった温泉の熱気も加わって、さらに熱さは倍増・・・もういてもたっても居られず、栗駒への山道に逃げ込むと・・・なんとそこは涼しい風が吹いているではないですか。これでようやく人心地(笑)

070613_3.jpg
カメラはビッグジョブ。設定に失敗したためなのか・・・
なぜか色味が不思議な感じに撮れてます。場所は登山道から下を見下ろしたところ。


とにかく、奥さんが秋田出身ということで、東北の夏はあちこちでキャンプしていますが、これほど過酷だったのは初めてでした(^^;; これで料金がもう少し安ければいいのですが、親子3人で二泊して14280円・・・高規格なので料金高めは承知していましたが、やはり高すぎです・・・(^^;;

しかし、ここを梅雨入り前の今の季節か夏の終わった晩秋か初冬に利用するのであれば、また話は別かもしれません。冬を目前にした秋の風に吹かれつつ、眼下に広がる山並みを眺めつつ熱い湯に入る・・・うー、想像しただけでも気持ち良さそうです♪ 

栗駒高原オートキャンプ場(個人的にはあまりオススメしません)
場所:宮城県栗原郡栗駒町沼倉耕英東6-1
連絡:022-46-2020
期間:5月~11月
サイト: オート65区画(AC電源あり×18、AC電源なし×82)キャンピングカー利用可
設備: 管理棟、水洗トイレ(男女別)、温水シャワー、風呂、コインランドリー、売店、炊事棟、喫茶店
レンタル:毛布(無料)、ドームハウス(1泊サイト料+レンタル料5000円)
IN/OUT:14:00/11:00

◆温泉:温泉露天風呂(無料)、利用時間は7時~22時、男女別
◆料金
入場料:大人500円・小人300円(一日につき)
・サイト使用料オート1区画4500円~5500円
・オートフリー1台3000円~4000円
・AC電源使用料1000円
※両親・子供ひとりの家族一泊あたり:7140円(税込み)

地図はこちら

にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:キャンプ場情報 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


かなりお高いのですね~。。。眺望代でしょうか?でも、温泉付きはいいかもです♪
  • 2007/06/13(水) 21:09:19 |
  • もりりん|URL
  • [編集]


もりりん さん>そう、高いんですよ!温泉は無料なんですけど・・・眺望はいいんですが、あまりの暑さに朦朧としてて、ほとんど記憶に残っていません(笑) はやく日が暮れろぉ!とそればっかり思ってました(^^;;
  • 2007/06/13(水) 23:30:49 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


東北ですか
東北はいい温泉がぎょうさんあって
いいですなぁ
しかしここはお高いですよ
  • 2007/06/14(木) 03:02:34 |
  • 風|URL
  • [編集]


私も去年11月下旬にここへ行こうとしたのですが、ちょうどその日から冬季休業に入ってしまわれ、吹上高原も冬季休業に入ってしまわれ、、、残念な思いをしました。
いつも事前にどこ行くかも決めず、予約もせず、その日の気分で出かけちゃうのですが、東北の冬は早いからちゃんと調べておかないとだめですねー。
  • 2007/06/14(木) 04:55:27 |
  • micht|URL
  • [編集]


お~栗駒もいらしていたんですね~さすがです^^
料金設定もさすが高規格キャンプ場!!!
いつも野口1枚で足りるキャンプ場に慣れている我が家、凄いな~~♪
今週末カヌー持参で須川湖キャンプ場へ行くつもりです。秋田県側からだとペット連れ登山は禁止なんです(10分登れば満足なんですけど・・・)
でも、宮城県側はOK!シャトルバスにも乗れましたし~ビバ!宮城県♪
  • 2007/06/14(木) 08:37:17 |
  • akasatana|URL
  • [編集]


夏は木陰に勝るものはないですね!
夏のcampは木陰を探してさ迷い歩いています。
高規格キャンプ場
料金的には↑ですが、その分いい風景ですね。


高規格キャンプ場を利用した事はないのですが、景色がすごいgood♪ですね。
私三枚目の画像!なんだか絵画の様ななんともいえない光の感じが素敵です♪
私も頑張ってこういう画像撮らなくては☆
  • 2007/06/14(木) 12:59:50 |
  • coco☆|URL
  • [編集]


日陰がないのは痛いですねぇ~
せめて風でも吹いてくれたら…そう思いますね。
スノピのレクタは見た目からして光を取り入れそうな感じ(;´д` )
アイボリーは可愛いのですが、欠点がありますね。。。
高規格のキャンプ場。。。
しばらくは行けそうにないな…(;´д` )
とても参考になりました♪
  • 2007/06/14(木) 15:18:20 |
  • lilt|URL
  • [編集]


こんにちは~
栗駒高原って・・・暑いんですか?(|| ゚Д゚)ガーン!木立もないのね・・・
まだ肌寒いのかと思ってまして、今月末辺り晴れたら行こうかと考えてました・・・
温泉も熱くて入れない??( ゚Д゚)
その温泉を楽しみにしてたのに~
使用はオートサイトですかね?
大変参考になりました、ありがとうございます
  • 2007/06/14(木) 15:27:07 |
  • simoji|URL
  • [編集]


最後までよんだら、今の季節か秋口OKですね(;・∀・)
月末晴れないかなぁ♪
  • 2007/06/14(木) 15:31:56 |
  • 続 simoji|URL
  • [編集]


風さん>温泉目的に東北行・・・っていうのもいいですね♪
  • 2007/06/14(木) 21:45:36 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


micht さん>残念でしたね・・・僕も同じようなことありました。なんせ同じく予約入れないで出かけるもので(^^;;
  • 2007/06/14(木) 21:48:04 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


akasatana さん>いえいえ、これは昨年の夏・・・いやぁ暑かった・・・
  • 2007/06/14(木) 21:48:42 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


Takapon さん>夏は日陰がないと意識を失いそうです(笑)でも、東北の夏って想像以上に厳しいです(^^;;;;;;
  • 2007/06/14(木) 21:49:52 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


coco さん>この写真ですが、たぶんデジカメの設定のホワイトバランスかなにかをミスしていて、こんな風に撮れたのかもしれないのでした(^^; 
  • 2007/06/14(木) 21:51:02 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


lilt さん>僕も当分、高い料金のキャンプ場はいけそうにないです・・・したがって・・・今後、安くてマイナーなところの情報が多くなる予感(笑)
  • 2007/06/14(木) 21:52:19 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


simoji さん>これ、昨年の夏のお話だったんです(^^;; しっかりと、2006夏、って文字を表記させていただきました。まぎらわしくてすみません。
  • 2007/06/14(木) 21:53:29 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示