CALENDAR
01月 « 2017年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

聖なる山の清き場所

090810_1.jpg
クリックで拡大(森からのぞくヒュッテ屋根)


俗化されていない場所にカムイがいる。

精神的なものとして考え始めると、もうボクなどの頭では面倒くさくなるので、たとえばシンプルに距離感とか困難さとかにするとわかりやすくていい。

たとえば高山や深山幽谷の奥とか、洞穴とか、ニライカナイのように水平線の彼方とか、天の高みに刻々と運行する星辰とか、太陽とか、月とか・・・

そういった場所は気軽に人がアプローチすることができない。人が到達しにくいから日常ではない。そんな非日常こそカムイの住まいがふさわしいのだろう。


ネイティブニッポンの人々の間に語り継がれてきた存在がある。それはコロポックルという小人。ヤマトビトの言葉ではない。ヤマトタケルらに追い立てられ、攻め立てられた人々の間の言葉だろう。コロポックル、カムイ、トッケ(峠)などなど、多くの言葉が山にまつわる地名に残されている。

トッケに当てられた文字は峠。この“峠”は日本人が作り出したおびただしい文字のひとつだ。”山”に”上下”を組み合わせるなんざ、すばらしい発想だ(同じようなオリジナル文字に裃がある)。山脈を越えて行き来できる場所を“嶺”とも書く。代表的なのが大菩薩嶺。しかし嶺の持つイメージは山脈のようなスケール感が伴なう。

“峠”という文字には、日常の延長としての山越え・・・というニュアンスを感じる。嶺は非日常感が多く、峠には日常が色濃く匂うのだ。そんな嶺も、峠というニッポン文字に置き換えられつつあるようだ。

日常と非日常の間境に存在する峠。大門峠、開田峠、守屋の神の悲しい伝説を持つ杖突峠、鳥居峠、馬篭峠、小仏峠、スズラン峠、大河原峠、雨境峠、そして麦草峠と和田峠。今まで記事にはしたことがなかったけれど、麦草峠と和田峠は降雪時期に頻繁に遊ばせてもらっている大好きな冬の遊び場だ。

090810_2.jpg
冬のコロボックルヒュッテ真横

適当な場所にスノースコップで雪洞を掘ってそこに寝る。テントなどよりはるかに暖かい。洞内の気温は0度に保たれているので、非常にぬくぬく快適だ。3シーズン用シュラフ+カバーで充分なほど。しかし初夏から晩秋の季節は、車山に程近い場所にある“コロボックルヒュッテ”か“ヒュッテ霧ケ峰”を利用する。

特にコロボックルヒュッテは伝統と歴史を今に残す、実に気持ちのいい山小屋だ。屋内のカフェは御茶ノ水の喫茶穂高を磨き上げたような、とてもレトロな雰囲気が素晴らしい。外にもテラス席があり、以前は湿原をスカッと見渡せたのだが、今では樹木が生長してしまい展望は悪い。

090810_3.jpg

かつては登山者の常宿として知られたコロボックルという名を持つ世俗離れしたヒュッテも、今や大半はドライブ客。それでもまだまだ非日常感を味わうことができる、素敵な場所です。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


最新の雪山ギアは、こちらへ


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ヤマトタケルを追え!プロジェクトにご参加ありがとうございます♪房総だけでもかなりの伝説の地がありますよね。記事待ってます。

コロボックル=クランポン(宮沢賢治のやまなしに出てくる)と言うのがあるらしくて、以前にコメントいただきました。面白かったのでTB入れますね。
  • 2009/08/10(月) 18:05:56 |
  • チャア|URL
  • [編集]


あ、私のところの記事だとどこに書いてあるのか?わかりにくかったですね。クランボン=コロボックル説はこちら。
http://blog.goo.ne.jp/hol_my_ow/e/e1b38da3b72d7648faf7164bc48f9576
  • 2009/08/10(月) 18:19:43 |
  • チャア|URL
  • [編集]

★チャアさん★


房総には夷隅など、”夷”の地名が残る上、茨城の隣。ヤマト軍からの掃討戦に苦しめられたのでは、と想像してしまいます。

特に房総、茨城、埼玉は古墳の数も群を抜いて多いですし、ヤマトと異なる文化が熟していたと思えます。

コロボックル=クランポン説・・・これ、面白いです!
ありがとうございます。
  • 2009/08/10(月) 18:51:08 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

おはようございます♪


ユウさん、おはようございます♪
コロボックルはメルヘン的な感じを受けますね。
私も夏休みが終わって日常に戻りました。

コメント再挑戦です。これは携帯からです。(=^0^=)/
  • 2009/08/12(水) 07:23:34 |
  • クロちゃん|URL
  • [編集]

★クロちゃん★


ボクも、本日帰宅しました!
明後日より日常復帰です(^^
  • 2009/08/15(土) 16:34:35 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
梨の次はやはり?沢蟹です。こちらではじめてこの沢蟹を見た時には別種かと思いましたが、沢蟹の体色変化の一例だそうです。 昨年から農と自然の研究所の御用絵師が小林敏也さんという方になり、宇根豊さんの著書の挿絵も小林さんの絵になりました。昨年の新著の出版...
2009/08/10(月) 18:16:47 | 帰農戦士 ガンダム オーガニック
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示