CALENDAR
07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

竜神大吊橋

090619_1.jpg


茨城の奥久慈方面は大好きなエリアのひとつだ。冬の袋田の滝ではアイスクライミングが楽しめるし、最高に素敵な那珂川の清流ではカヌー遊びができる。

この那珂川に“なかよしキャンプグラウンド”というカヤッカー御用達のキャンプ場がある。ここではカヤックもレンタルしてくれて、カヤック体験ができる。オーナーの野田さんは、ずいぶん前に記事にした“前人未到のボルネオ島カヌーツアー”の成功を祝した飲み会に駆けつけてきてくれるほどのカヌー好きでもある。

上流からカヤックにキャンプ道具一式を詰め込んで、川沿いにあるこうしたキャンプ場に上陸してキャンプしたり、あるいは森に囲まれた中に秘密のキャンプサイトを発見し、そこに上陸して野宿をする。バックパッキングならぬ、川旅・リバーツーリングが楽しめる。


このように年に何回も訪れている奥久慈周辺ではあるけれど、ぽかりと一箇所、ブラックホールのように抜け落ちていた場所があった。それが竜神大吊橋。奥久慈にある本州一の長さを誇る吊橋で、その存在は以前から知っていたけれど、なかなか行く機会がなかった。

奥久慈は千葉の真上。もうどうしても居ても立ってもいられず、トレッキングシューズとサブザックをジムニーに放り込んで成田の北から圏央道・常磐道に乗って那珂ICで下りると、一路大吊橋へ。

茨城県の奥久慈県立自然公園にある竜神大吊橋竜神峡は本州一の長さを誇ている。吊橋を包むのは黒部とまではいかないけれど、竜神川によって作られた美しいV字峡だ。やはり黒部同様、ダムにされてしまっている。残念。

原生林の中十数kmにわたって断崖絶壁が続くV字の竜神峡に渡された大吊橋の長さは 375m。歩行者専用の橋としては本州一の長さだという。ダム湖面よりの高さは100m。橋の上からの眺めは、爽快このうえもない。

090619_2.jpg

大吊橋を渡り、そこからハイキングコースに入る。原生林の中、いっきに100メートル下って峡谷下につけられた林道を野鳥のさえずりを楽しみながら快適に歩く。水音、風音、時折すれ違うハイカーの声。道はやがて大吊橋の真下にさしかかる。

国際宇宙ステーションのプロジェクトで今でも宇宙に長期滞在している若田光一さんのことを思うと、すごいなぁと感じるけれど・・・・下から竜神大吊橋を見上げてみると、不思議なことにそれ以上の実感として、人間のすごさを感じてしまう。(宇宙ステーションと較べてごめんなさい)

しかし、これは黒部ダムでも同様で、出かけるたびに、毎度毎度“人間てすごいよなぁ”と、ほとんど言葉にならないほどの感動が湧きあがる。

やっぱり体験に勝る経験は無し、ってことでしょうか。それと・・・ここはかなりのパワースポットですよ
竜神大吊橋HP


◆奥久慈周辺記事リンク
・カヌーしたら極上蕎麦 茨城・那珂川の「な嘉屋」
・奥久慈 上小川キャンプ場

◆大吊橋写真サイト
・奥久慈雨情

◆付近のキャンプ場リンク
・水府竜の里公園
・竜神ふるさと村


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


袋田の滝もこの10年ほど4段全て凍結する事が少なくなって来たらしいですね、
近場で遊べたのに非常に残念です。
  • 2009/06/20(土) 00:10:44 |
  • cuervo|URL
  • [編集]

★cuervoさん★


ココ数年、袋田の滝でクライミングした知人も、同じことを言っていました。
ボクは、ずいぶんまえの冬に登ったのですが、そのときはキレイに凍結してました。やはり温暖化の影響なんでしょうかね(^^ ?
八ヶ岳の赤岳鉱泉小屋のアイスクライミングウォールは、楽しそうです♪
  • 2009/06/20(土) 08:19:29 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

竜神大吊橋


確かにこの橋は立派ですが、ちょっと立派過ぎるな
渡り終えた後、普通の人はそのまま戻ってこないといけないですよね。
完全に観光用の橋ですね
下の渓谷は歩いてみたいので、いつか行きたいと思っているのですが中々実現しません。v-106
  • 2009/06/21(日) 05:10:45 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


橋の下の渓谷には滝があったり、気持ちいいですよ♪
観光の方たちは橋の上で記念撮影したり・・・往復するだけの人が多かったです。

じっと眺めていると、よくこんなの作ったなぁ、という気持ちになります(^^
  • 2009/06/22(月) 08:49:39 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示