CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ブナを食べる?!

070609_h.jpg


道志の炭焼きのお爺さんから教わったもののひとつが“食べられるブナ”。

森に落ちたブナの実は、今頃の季節(初夏)になると、いっせいに外皮(殻)を脱ぎ始めます。ひとつのブナの森で発芽する新芽は何億、何十億・・・いやもっとあるに違いありません。なにせ木一本あたり20万個以上の実ですから・・・それが申し合わせたように一斉に硬い殻を脱ぎ捨て、芽を出します。

ひとつひとつの音は微かなのですが、星の数ほどになると、森の中にザァ・・・というものすごい音が響き渡るのだといいます。ブナ嵐です。このブナ嵐の響きは山で暮らす人にとって初夏を告げる心地よい音です。しかし山で暮らす人から聞くばかりで、僕自身は聞いたこともありません・・・

もしかしたら聞いていたのかもしれませんが、風にざわつく森の音と思い、気に留めていないだけだったのかもしれません。

こうして芽吹いたブナの新芽を“ブナもやし”と呼びます。

見た目には、かいわれ大根、ブロッコリースプラウトなどとかわりません。親のブナの木が樹勢盛んであれば、この子供達は成長できずにいずれ死んでしまいます。「俺を踏み越えてみろ」と言わんばかりに親であるブナの大木は赤ちゃんたちを見下ろして、平然と風にそよいでいるばかり。

070609_1.jpg新芽は発芽してからおよそ2週間ほどで次々と枯れはじめ、最後にはほとんどが死んでしまいます。自然は過酷です。こんな赤ちゃんでも懸命に生き抜くことを強いられます。意味のない生命?そう考えるととても悲しくなってしまいますが、相手は人智を超えた大自然の営みです。ブナの赤ちゃんの大半が枯れて死んでしまうのも、きっと意味があるのでしょう。“ブナもやし”は、森の小さな動物たちの貴重な食料にもなっています。ほんと、自然の恵みですね。

ところで昨年はブナの実が少なく、それを餌にしている熊が里にまで押し寄せていました。今年のブナの新芽は少ないかもしれませんね。まさにブナの少子化です(^^; これは周期的なものなので仕方ありませんけど・・・

さて、こんなブナの新芽“ブナもやし”は、もやしのように瑞々(みずみず)しいシャッキリした歯ごたえが楽しめます。日本の各地、特に関東以北、東北地方にはブナの立派な森がありますし、僕の家の近所の道志にも。そこで“ブナもやし”を採ることができます。“ブナもやし”の食べ方は“もやし”や“かいわれ”と同じ。僕は油でさっと炒めて塩や醤油などで軽く味付けしたものが好きです♪サラダもいいかもしれません。

奥多摩、道志、伊豆・・・あちこちの水の豊かな森のキャンプ場であれば、ちょっと探せば天然のわさびも植生しているはず。このわさびの葉を使った“わさび飯”とか“葉わさびの醤油漬け”に“ブナもやし”の炒めもの、またはカラシ和えなんかを付け合せれば季節を思い切り楽しむキャンプ飯のできあがりです。

あ・・・忘れていました。沢筋をちょっと眺めてみれば、そこにはミズナがたくさん生えてます。この根がウマイんですよ。根の部分を大きな石の上にのせ、それを手にした石で叩きます。コンコンやっているうちに粘り気がでてきて・・・これがミズナのトロロです。ここにワサビと醤油をたらして、アツアツのご飯にのせていただきます。これは、この季節の沢登りで途中ビバークするときの常食です。日本発の”沢登り”は海外でもストリームクライミングとか、ウォータークライミングとして人気がでてきましたね♪

さて、葉わさびの料理は、わさびの辛み成分であるシニグリンを壊さずに食べることができます。このシニグリンは細胞が壊れると辛くなります。壊さないので、わさびの香りを思う存分堪能できます。

1:葉と茎を切り分けて、食べやすいサイズに切る。

2:そばつゆを作るときの要領で、酒、みりんを鍋に入れて火にかけ、沸騰後に弱火30秒ていどでアルコール分を充分にとばし、醤油を入れてひと煮立ちさせて火を止める。濃さはお好みで・・・

3:この汁に葉わさびの葉と茎を漬け、ラップで二時間。葉ワサビの汁気を絞り器に盛る。味は好みで、汁を上にかけて調整。削りガツオを添えて完成!


ほかにもこんなサイトがありました。
◆わさび創作料理コンテスト(伊豆主催)

この中の下のほうにある“わさび漬けのチキンロールパイ包み”なんて、ダッチオーブンを活用できそうですよね。ということは、まさにファミリーキャンプにぴったりです。・・・なんだかブナの話がわさびになってしまいました(笑)

キャンプでおいしい食材を野山に探すのも、また楽しいですよね♪この季節、そんな自然の恵みがあふれてます(^^

にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

                                               
Comment


こんばんは
ブナっつうのは食べれるんですね。芽なら。
一度味わってみたいものです。
ブナ嵐というのも、なんかトトロの世界みたいで、神秘的ですね。
  • 2007/06/10(日) 00:29:28 |
  • なむたーん|URL
  • [編集]


なむたーんさん>トトロといわれれば、まさにトトロの森のイメージですね! 僕も一度でいいから、このブナ嵐を体験してみたいんですよ。来週あたり、ブナの森にでもキャンプいこうかなぁ・・・
  • 2007/06/10(日) 00:51:21 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ロマンチックですな 夏を告げる橅嵐(゚∇^d)
  • 2007/06/10(日) 03:45:21 |
  • 風|URL
  • [編集]


確かにトトロ!(^ー^)v ブナって食べれるって初めて知りました。どんな味なんだろう・・・
  • 2007/06/10(日) 08:59:05 |
  • nana|URL
  • [編集]


ブナもやし、知りませんでした。旨そうですね。
水菜はウチでもよく食べます。
我が家の場合は細かく刻んで、削り節を少々からめ、醤油に漬けて冷蔵庫で一晩。
アツアツのごはんにかけるというのは同じです。
粘り気はそれほど出ませんが
シャリシャリ感がたまりません。
  • 2007/06/10(日) 10:25:46 |
  • ジャイアン|URL
  • [編集]


風さん>たしかにロマンチックですね。これを餌にしているリスや野鼠なんかも、この音にわくわくしているはずです。
  • 2007/06/11(月) 13:20:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


nana さん>これといって味は・・・かいわれのようなピリ辛でもないし・・・食べたとき、歯ごたえはシャキシャキしていました(笑)
  • 2007/06/11(月) 13:21:28 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ジャイアン さん>水菜ってそんな食べ方もあったんですね!沢の野生のものは流通している水菜と、ちょっと見た目に違いがありますが、同じ種なんでしょうかね(^^; よくわからないのですが、根が赤っぽくて、それを叩いて粘り気を出しています。
ジャイアンさんの水菜レシピ、今夜にでもためしてみます(^^♪
  • 2007/06/11(月) 13:24:11 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


いやーありがとう御座います♪
ブナが食べられるなんて初めて知りました。
森に生えてるのは見たことがあります。
さらにブナ嵐~
聞いてみたいなぁ~初夏の便りですかぁ♪
今度ユウさんのレシピで、家族みんなで収穫
して食べてみたいと思います。
熊に襲われないように°゜°゜°。。ヘ(;^^)ノ
  • 2007/06/11(月) 13:46:27 |
  • lilt|URL
  • [編集]


lilt さん>これの収穫は今、真っ最中です(^^;; はやく行かねば、ですね。熊は・・・ほとんど出会っても、向こうから逃げていきます・・・僕の場合と、知人の場合、みな熊がごそごそと姿を隠してしまいました(^^♪
  • 2007/06/11(月) 22:49:03 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示