CALENDAR
10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

にごり湯の少女 万座温泉・豊国館

090529_1.jpg
記事中画像はクリックで拡大

記憶のかけら


まるで画像加工したかのような、不自然にさえ見えるこの写真。

これは白根山の湯釜の遠望。残雪残る水墨画の世界に、エメラルドグリーンだけが生きているかのような、奇妙さ。地下深くに大地の血を巡らせ、盛んに活動している火山の表象だ。

湯釜までのトレイルは、浅間山噴火の影響による硫化水素ガス増加のためか立ち入り禁止になっているので展望台へ。そこから湯釜を見ていると、ここを最初に見たあの懐かしい日がぱっと蘇った。


090529_2.jpg白根山は、ボクがまだ小学校低学年だった頃、最初の十文字峠に続いて連れてきてもらった2番目の山だ。当時の記憶は断片的で、どうしても親が背負っているジャンスポーツかケルティのフレームザックを背負いたくて無理やり背にして登った光景や、下山してどこかの森の中で固形燃料で調理する光景。そしてもっとも鮮明なのが、宿のにごり湯の露天風呂で泳いではしゃぎ、その後、同じ宿に宿泊していた同じ年頃の女の子と仲良くなり、部屋に招待されてトランプで遊んだこと。

この、温泉宿の露天風呂の気持ちよさと女の子と遊んだシーンを思うと、なんだか甘ずっぱいような、ちょっとだけ胸がキュンとなる。子供ながらに恋心のようなものが芽生えていたのかもしれない。

あの温泉宿のあの露天風呂にもういちど行ってみたい。そんな淡い思いが時々心に浮かび、そのたびに万座方面の旅や登山をなんとなく考えた。そして幾度となく足を運んでは山に登り、毎回宿を変え投宿した。

こんな夢見るような気分には眼前の非現実的な光景が妙にしっくりくる。これが残雪もない、じりじりと身を焼くような夏日だったなら、記憶の地下深くでいまだ活動を続けるそんな思いを一笑に付し、キャンプでもしてしまっただろう。

090529_3.jpg過去を追うような往生際の悪い、まさに非現実の王道ならばこそ、暗くもなく明るすぎない、こんな初夏の季節がぴったりなのだ。そして今回、とうとう思い出の宿に行き会うことができた。万座温泉の小さく目立たぬ豊国館という温泉宿だった。立派な和室ながら、自炊施設を利用する素泊まりのため一人4500円という嘘のような安さ。

記憶に残るのは、25メートルプールにも匹敵するような、ものすごく大きな露天の湯船だった。今までこの印象ばかりをたよりに大きな旅館を選んでいたのだから出会えるはずもない。最後に残った数件に、小さくこじんまりとしたたたずまいの、この宿があった。

もうあの思い出の場所には出会えないんだろうなと半ば諦めていたし、淡い記憶の糸は月日の彼方に消え去りつつあった。そんなことすらも忘れかけていたボクは、この小さな宿に荷を解き湯船に向かった。そして内湯に浸かり、ほてった身体を冷まそうと脱衣所横から「混浴」と書かれた露天風呂へ出た。

万座の冷え冷えとした空気の中、目の前にパッと山肌の景色が飛び込んできた。このとき、なんだか夢を見ているような、どこかしら非現実的な感覚が朧にわきあがった。

090529_5.jpg


― ああ、なるほど。湯釜と同じ色をしているからか

エメラルドグリーンを帯びた硫黄泉に浸かりながらそう思った。正面の荒涼とした赤茶色の山肌から残雪の冷気を帯びた風が吹き、ざばりざばりと湯のこぼれる音がする。

― あ・・・・

稲妻のように、忘れていた光景がよみがえった。目の前に見える景色は、かつて平泳ぎして遊んだときに見た景色と同じだった。この大きな湯船に弟と二人だけで、湯をかけあったこと。それを横の窓から女の子が見ていたこと・・・記憶の蓋が開いたように、どんどん思い出す。

湯船から当時のように振り返って窓を見てみると、今は木で囲われて見えなくされていたけれど、同じ場所に部屋があった。女の子はたしかにその窓辺に腰掛けて、露天風呂で泳ぐボクを笑って見ていたのだ。そして女の子のふっくらとしたお母さんに、ミカンがあるから食べながらトランプしましょうね、と笑いかけられたのだ。

rotenburo_image1.jpgそうだ、そうだ。記憶のあの懐かしい湯船はここだったのだ。25メートルプールなんて、そんな広さではないけれど、たしかにここの景色、ここの風、ここの音・・・ふと、昔の子供だった頃の自分がまだ泳いでいるような気がしてしまい、ザバリと湯を顔にかけて深呼吸をしたら、わけもなく笑い声がでてしまった。
(一番下の画像は豊国館HPより転載)
豊国館HP
秘境温泉より「豊国館」

カテゴリー:記憶のかけらへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment

日進館


万座温泉でしたら日進館という宿に泊ったことがありますぞ あの硫黄のなんともいえないにおい おぅ 思い出しちまいますよ たまらんですたい
  • 2009/05/29(金) 16:27:22 |
  • 風|URL
  • [編集]


こんにちは。

カルピスの名コピー「初恋の味」、そんなムードですね。


  • 2009/05/29(金) 16:56:02 |
  • ラード|URL
  • [編集]

豊国館


ここ、2~3年前に日帰りで入りました。まさしく豊国館でした。
 
自炊しながら長く湯治できそうな質素な造りや自炊設備、料金設定をみて、
まだ、こんなところもあるのか?永く続けて欲しいと思いましたね。

温泉の湯、匂いもまさしく、はっきりした、硫黄たっぷりで、
このところ水でどんだけ希薄化してんのか?と思うような温泉が多い中、

私の好みの温泉です。

あの露天風呂が子供の印象では25mプールサイズに思えたってのが、とてもリアルですね。

子供でなくとも、今どきの湯船に比べると、結構深かったのでは? 
コメント書きながら、そんな記憶が・・・・
  • 2009/05/29(金) 20:31:53 |
  • pickupcamper|URL
  • [編集]

★風さん★


日進館て、万座温泉ホテル、でしたよね?
ずいぶん前に一泊だけしましたが、温泉がたくさんあって、素晴らしかったです。

25メートルプールの温泉、ここならありそうだな、と思ったのですが、違いました(^^;
  • 2009/05/30(土) 09:44:27 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ラードさん★


万座の湯も

まさにカルピス(笑
  • 2009/05/30(土) 09:45:59 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★pickupcamperさん★


> 自炊しながら長く湯治できそうな質素な造りや自炊設備、料金設定をみて、
> まだ、こんなところもあるのか?永く続けて欲しいと思いましたね。

同感です!
自炊素泊まり4千500円
二食つけても8千円ほど。

部屋はきれいだし、快適だし。

自炊施設を使えば、高いキャンプ場より、安い。
極上の温泉に休日のたびに泊れますよ、ここだったら(^^

湯船は確かに深かったですね。
1メートルはありました。
  • 2009/05/30(土) 09:50:46 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

豊国館


初めてコメントします。何時も素敵な場所をご指導いただき感謝します。豊国館は僕も万座のおきにいりです。源泉を自ら引いている唯一の湯治場と聞きました。入ると肌がひりっとする湯質は最高ですね。女性はお肌がツルツルだと好評です。ここをどうしても紹介したくてGeocacheも仕込んでいます。「manzaspa」で是非検索ください。

★sashimi399さん★


こんにちは!

> 豊国館は僕も万座のおきにいりです。源泉を自ら引いている唯一の湯治場

え!
そうだったんですか!
それは知りませんでした。そんな温泉なのに、ものすごく安くて、良心的で・・・まさに湯治場ですね(^^
金額が高くて気持ちのいい温泉は星の数ほどありますが、豊国館のようにお手ごろな金額なのに、格別に気持ちのいい温泉というのは、これはもう貴重です!

週休二日だったら、毎週通い詰めてもいいです♪
  • 2009/06/01(月) 16:34:05 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

追伸


早速レスを戴き光栄です。僕が駐車場のオジさんに聞いた話では。草津も万座も源泉は同じ湯質らしいですが、草津は同じ源泉から200軒前後に分配している。万座は豊国館を除いて同じ源泉から20軒くらい分配しているそうです。従って、温泉好きは、やはり万座になります。その中でも、万座、草津では豊国館だけが唯一自分の源泉だそうです。唯一お隣の10種類の温泉が楽しめる有名大型ホテルの一つは、お隣さんのよしみで豊国館から戴いているそうです。試しに近辺の温泉に入りましたが、あの「ひりっと」する緑白色のお湯はお隣のホテルでしかいただけませんでした。
追伸の追伸
秋山郷の鳥甲山が見える温泉もはいりました。帰りに切明温泉(河原)でスコップで自前の温泉創りに興じていました。ご指導感謝します。

★sashimi399さん★


sashimi399さん、すごくお詳しいですね!
温月、豊国館にまた行きます。日帰りですけれど(^^;;
とにかく、あの温泉は万座で一番だと思いました。

秋山郷は、また夏に滞在予定です。
キャンプ場もいいですが、温泉宿も最高です♪

それと・・MANZASPAで検索しました。
ラテン系の方の写真が出てきました(^^???
  • 2009/06/02(火) 08:45:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★sashimi399さん★


geocaching、はじめて知りました!!

世界規模の宝探しゲームなんですね!
ありがとうございます。
さっそく緯度経度を測定できる何かを手に入れたいと思います!!
  • 2009/06/02(火) 08:56:26 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示