CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

中禅寺湖畔の夢のトレイル

090525_mm.jpg
画像はすべてクリックで拡大
※カメラを忘れたため画像はケータイで撮影


奥日光、中禅寺湖畔のこの場所を発見したのは、ずいぶん前のこと。

カヌーキャンプを楽しむために妻とふたりで、中禅寺湖畔の菖蒲ヶ浜キャンプ場に小さなテントと一艇のカヌーを持ち込んだ。夏真っ盛りで、キャンプ場には大きな装備で大きなスペースを占有するファミリーキャンパーが溢れ返り、その隙間にツーリングライダーや外国人バックパッカーのテントが見え隠れしている。

見れば、お父さんたちはできるだけ広く場所をとろうと、到着した隣より早くタープを広げて張り綱を張り巡らせ場所確保にやっきになっているようだ。もっとコンパクトに、主役の自然に寄り添うようなシンプルなキャンプにすれば、その1家族分のスペースで何組ものバックパッカーたちが気持ちよく楽しめるのになぁ、と思ってしまう。

なんとかこのサイトの人ごみから逃れようと湖上にカヌーを漕ぎ出し半日ほど遊びまわっていると、中禅寺湖の西の末端に広葉樹と白樺が明るく揺れる真っ白な砂浜を発見した。木立の奥には山小屋らしき建物があり、木立の下には数張りのドームテントが見えた。

キャンプ場?


ボクはカヌーで上陸してキャンパーにたずねると、夏場の一月だけキャンプ場になるのだと話してくれた。その浜の名前は千手ヶ浜。僕はサイト手続きをして翌朝テントを撤収しザックにパッキングするとカヌーで千手ヶ浜に上陸した。

090525_8_2.jpgこうして、ボクらを含めて5人だけの別天地のキャンプを思う存分楽んだ。千手ヶ浜は入り江になっているので穏やかで、菖蒲ヶ浜と違って波がほとんどないうえ砂が地中海のように真っ白で湖水がエメラルド色に輝いている。特筆すべきは真正面に男体山の雄姿が湖面からそそり立って見えること。小さなテントを出て、ストーブで湯を沸かし、浜の流木に腰かけて男体山を眺めながらコーヒーをドリップする幸せ。

湖畔の遊歩道を40分ほど歩いてやってきたと話してくれた他の2組も、カヌーで上陸したボク同様に小さなバックパッキング用のテントで、目の前の砂浜に座ってコッヘルで朝食を作っている。野鳥のさえずりと水音だけが満ちる静かな湖畔に、カチャカチャとコッヘルの音だけが気持ちよく聞こえている。このとき、キャンプっていいなぁと心から実感できた。

しかし、残念ながら、この楽園のようなキャンプ場はすでに営業中止となってしまった。

それを知ったのは先週末のこと。千手ヶ浜にはもうずいぶん行っていない。たまには野反湖をはるかにしのぐ極上の楽園で週末を過ごそうと、金曜の深夜に千葉を出て一路日光へ。深夜、中禅寺湖の日光プリンスホテル跡地横の林道で野宿し、翌朝千手ヶ浜へと向かった。菖蒲ヶ浜方面から、森や湖を思う存分堪能しながらのんびり歩いてもわずか。1時間もかからない。

090525_2.jpg 090525_3.jpg

菖蒲ヶ浜の近くにプリンスホテルが営業していた場所がある。そこに通じる林道の途中から一筋のトレイルが千手ヶ浜に通じている。かつて何度も千手ヶ浜でキャンプするために歩いた懐かしい道。カヌーで上陸するか、湖面を見下ろしながら緑のトンネルの中をのんびり歩くか・・・どちらにしても最高に気分いい。

090525_4.jpg
ひやりと冷たい風にウインドブレーカーを着用

ブナの森の中、落ち葉でふかふかのトレイルは軽やかにアップダウンを繰り返し、小さなコーナーが連続するので飽きることがない。どんどん景色が移り変わり、木立の間から見える湖面が、歩くたびに青くなってゆく。この日本離れした景観・・・これが奥日光だ。

森の中が華やいで見えているのは、山ツツジが満開だから。湖面の青さ、森の緑、そして山ツツジのピンク。これらが渾然一体となって、とても明るく、まるでディズニー映画で見るウットリするようなロマンチックな森をつくりだしている。

090525_5.jpg
倒木横に山ツツジが色を添える。もうすぐ千手ヶ浜だ

やがて足元が白くなり、湖面のエメラルドが近くなれば千手ヶ浜はもう間近。

千手ヶ浜に着くと、管理棟は閉鎖され、施設がなくなっていた。「あれ?」と思った。見渡すと、遠くの木陰に野宿したと思われるバックパッカー数人が木陰に寝ころんで楽しそうに雑談していた。

彼らと話をすると、ずいぶん前にキャンプ場は営業をやめてしまったとのことだった。今は第二キャンプ場に通じるトレイル上にトイレだけが残っていた。仕方ないので千手ヶ浜で正面の男体山を眺めながら、のんびりとランチ&コーヒータイム。

下は湖畔から男体山をバックにケータイでセルフ撮影。下右の画像をクリックすると右側に細線で赤丸がある。そのあたりが菖蒲ヶ浜キャンプ場。これでは見えないけれど、色とりどりのテントが遠望できる。鳥のさえずりばかりの楽園から混雑する対岸を眺める愉快。

090525_1.jpg 090525_6.jpg
右は左の部分拡大図です。


ここで野宿もいいけれど、目の前の彼らのように水の準備がない。しかたないか・・・と、ボクは来た道を戻り、人の多い菖蒲ヶ浜にテントを設営した。

美ヶ原の鎌ヶ池キャンプ場に奥日光の戦場ヶ原キャンプ場そして千手ヶ浜キャンプ場・・・・。ファミリーキャンプはできないけれど、バックパッキングキャンプにはうってつけの極上エリアが、こうしてどんどん消えてしまう。(それにしてもケータイってこんなにキレイに撮影できるんですね!!)

・地図はこちら

◆関連記事リンク
・奥日光 菖蒲ヶ浜キャンプ場
・やっぱり気持ちいい【奥日光・菖蒲ヶ浜キャンプ場】
・光徳キャンプ場 奥日光でシンプルキャンプ


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


復活して1年、やっとこのようなキャンプ場にも足を運べそうな感じになってきたのに・・・
昨日、旧天城トンネルから八丁池万三郎万次郎と歩いてきました(^^)
やせて、気力体力も戻ってきたので、消えていくとは、ホント残念です(TΔT)
  • 2009/05/25(月) 11:47:14 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


>昨日、旧天城トンネルから八丁池万三郎万次郎と歩いてきました(^^)

万三郎と万次郎はいつか辿ろうと思っている山です♪
天城トンネルも歩くとなかなかに味わい深いものありました・・・ちょっと怖かったという本音も(笑

こういう自然あふれるキャンプ場、少なくなる傾向にあるようですが、それでも探せばまだまだありますし・・・ここでバックパッカーさんがやっていたように、野宿まで範疇に入れれば、きっとお気に入りがたくさん見つかるかもですね(^^ v
  • 2009/05/25(月) 12:11:05 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさん。
素晴らしく綺麗なところですね。写真を見るだけでも気分がよくなりますよー♪
  • 2009/05/25(月) 12:19:07 |
  • ピータン|URL
  • [編集]

ケータイって電話?


ケータイって携帯に便利なコンデジじゃないよね ケータイ電話? こんなに綺麗に撮れるですか! フラッシュあれば 夜でも撮影できると思われ すごい.w
  • 2009/05/25(月) 12:19:15 |
  • 風|URL
  • [編集]

★ピータンさん★


ここは夏でも涼やかなので、
ぜひプリンスホテル跡地の駐車場までムルで乗り付けて、そこからのんびり40分。
白い浜に子供も大喜びですよ、きっと♪
  • 2009/05/25(月) 13:01:10 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★風さん★


そうです
携帯電話です(^^;;

カメラを忘れてしまい、これしかありませんでした。
でも、これでも、ずいぶんキレイですよね♪

これからはケータイのデジカメ機能で十文かも(^^;;
もともと、そんなにカメラテクニックないので、ナハハ
  • 2009/05/25(月) 13:03:34 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


いけないのかいいのか...こそっと利用を....^^;

え?!プリンスホテル跡地?あそこは潰れたの?
思い出有ったんだけどなあ~...

キャンプ場で無い場所でも野宿のレベルならいいところ結構有りますからね。

★ 野宿屋ノブさん★


> いけないのかいいのか...こそっと利用を....^^;

同じようなバックパッカー、いました♪
これについては、深く突っ込むのはやめにします(笑

プリンスは、ほんとうにもったいないです。
皇族も宿泊したし、建物もものすごく美しくて、何かの受賞もしていたような・・・

ものすごく気持ちいい野宿ポイントになりそうです。
ボクのほかに、もう一台の車があって、男性がドームテントでプリンス横の草むらで野宿していました(^^;;
  • 2009/05/25(月) 21:13:29 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


むむぅ、携帯のカメラでこんなに綺麗に写るなら、先日買ったワタクシの1眼デジカメの立場が。。。クゥ

しかしこのキャンプ場、惜しい。
大金持ちになったら、買い上げて会員制で営業してやるw
  • 2009/05/26(火) 01:19:34 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]


無いときは携帯電話のカメラ機能確かに便利
そこそこ写りますモンね!
男体山の写真すばらしいです。
  • 2009/05/26(火) 05:56:52 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]


ユウさんお疲れ様です!

中禅寺湖にこんなにいいキャンプ場があったんですね!それも野反湖よりいいって!水さえあれば無料でキャンプ出来るって事ですよね(笑)

しかしユウさんのおっしゃる通り、菖蒲ヶ浜GWキャンプでは、お父さん達がデカイタープに、デカイテント張りまくってました・・。しかし自分達も人の事言えないですけど・・。
  • 2009/05/26(火) 08:49:03 |
  • 91|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


今回はアセリまくりました(汗

夜の野宿を撮影しようかな・・・とザックをまさぐると・・・デジカメが無い!!
翌朝あれこれ考えていたら、ケータイのカメラがあるではないか!?と気づき使用しました。

はじめてだったのですが、意外にもきれいに撮れました。
ケータイカメラ・・・あなどれません(^^;;

総帥・大金持ちプロジェクト、やらねばなりませんね!ヌフフ
  • 2009/05/26(火) 09:10:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


今まで何枚か撮影したことあったのですが、
こんなにきれいだったなんて知りませんでした。

PCにメールで転送してみてみると、意外にも高画質。
これからデジカメのかわりにケータイ使おうかな、と本気で思ってます(笑
  • 2009/05/26(火) 09:12:03 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★91さん★


ここはすでにキャンプ場ではなくなっちゃったので・・・
計画キャンプによるテント設営は原則禁止のはず

ですが、野宿していたバックパッカーは、ビバークと言っていました(^^;;
簡易シェルターで夜を過ごしたようです♪

アクセスはトレイルを歩くよりも、菖蒲ヶ浜手前の駐車場からカヌーが断然に気持ちいいです!
早朝、ここに上陸して、のんびりとブランチを楽しむなんて贅沢が楽しめます♪
  • 2009/05/26(火) 09:15:08 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

すっかり・・・


すっかりご無沙汰でしたでする
突然の転職に引越し、、、、もうバックパッキングどころではなかったでする
ストレス満載でこ~~んな場所で、、、のんびり~~したいでする~~
もう初夏~~ん~~~どん底の気分から這い上がらねば,,,でする
  • 2009/05/27(水) 11:32:37 |
  • たるたる|URL
  • [編集]

★たるたる さん★


おかえりなさい、たるたるさん。
もう落ち着かれたのですか?

疲れたときには、バックパックに野営装備を詰め込んで、お気に入りの場所でキャンプして心の中の一切合財を吐き出しちゃうのもアリです。

森だって山だって湖だって海だって・・・いつも待っていてくれますから(^^
  • 2009/05/27(水) 15:13:26 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


これはイイ。
いつか訪ねてみましょう。

水だけ持ってけば独占できちゃうワケですね。
ナニも障害なんか無いではなかと(w
  • 2009/05/27(水) 22:47:18 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


ここは、手前の第一キャンプ場と、そこからさらに10分ほど奥に入った、ほんとうの秘密の入り江の第二キャンプ場があります。

現在はキャンプ営業していないので、原則テント設営禁止ですので、これ以上のことは言えないのですが・・・

とにかく、ここは最高の場所で、営業しているときでもキャンパーは一日5組みに制限されていたので、ものすごく静かでした♪

トイレはあります(^^
  • 2009/05/27(水) 23:21:48 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示