CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

山の怪談 | ヤマビル 湿地に蠢(うごめ)く恐怖

怪談CLUB 其の二=


山の怪異と云っても、その意味するところは相当に幅広い。それは幽霊・妖怪ばかりではなく、自然界の不思議にはじまり人智を超えた諸事諸々。ここでは、これらをひとくくりに『怪談』とします。なにせ怪なるお話ですから(^^;

今回のお話は数年前の夏のこと。丹沢にある「矢櫃峠(ヤビツとうげ)」での出来事です・・・

丹沢といえば古来より信仰の山域として知られています。それを示すように山の名も「大日の頭」「行者岳」「権現山」「ボンテン」「第六天」など仏教・修験の色濃い名残をとどめ、塔ノ岳に連なる尾根上には行者岳という岩峰が。その山頂には、かつて二体の役行者の像があったといいますが、現在では消失。が、鎖場となっているそこに身を置けば、往時の気配がゆらりと漂っています。

この山域で活躍した一族といえば川村衆。大蛇神を援けんがために大百足を倒した俵藤太秀郷(たわらのとうたひでさと)を祖とし、南北朝の合戦では南朝方として丹沢拠点に戦い一族の多くが討ち死にしています。

その後も、丹沢は幾多の合戦の舞台となり、戦国時代には相模北条を攻めるため、甲斐の武田が丹沢山中に山城を築き何度も相模に押し出しては、山中・山裾で凄惨な戦いが繰り広げられました。丹沢山脈の北側・道志方面は武田信玄の前線。場合によっては丹沢一帯は、信玄が制圧していたかもしれません。西丹沢には武田の金山があり山中には数百軒もの軒が連なったとも伝わります。しかし、後に地震による山津波によって、金山衆、女郎など全ての人が生き埋めとなってしまい、今もそのまま・・・

この沢を登ったときのこと・・・信玄の隠し金山の坑道跡、ズリと呼ばれる捨てられた鉱石クズや、突然ぽっかりと平坦地が出てきたりします。この平坦地は金吹きなど金の精錬で使われた場所でしょう。

さて北条家は信玄の侵攻に備え、麓に砦や検問を築き、それが現在の「諸戸」などの地名として残っています。信玄が利用したのは、尾根伝いのルートと道志川に沿った沢道。道志の「道志の森キャンプ場」から丹沢越えするルートのほかに、檜洞丸(地元では「ひのきどうまる」、地図上では「ひのきぼらまる」)横の犬超路など、複数あります。

「道志の森キャンプ場」から城ヶ尾峠を超えて相模に侵攻するルートには途中「信玄平」という名も残っています。同じくこのルート上の「地蔵平」という場所は、昭和頃まで部落があった場所で、現在は消えた部落として、土台の痕跡や錆びて崩れた古いバス停、地蔵を祀った祠などがススキが風に揺れる広い原に残っているばかり。熊や猪も生息していて自然もたっぷり。伝説をめぐるハイキングにはうってつけです。それにここの付近の沢筋は魚も豊富で、釣果もまずまず・・・いいスポットです。

さてこうした幾多の合戦に際して、重要な拠点となったのが丹沢の西にある「ヤビツ峠」。信玄あるいは秀吉は、ここに矢櫃・・・つまり武器補給拠点を置いて秦野・小田原・八王子へと押し出したわけです。

そしてこれを撃退する北条にとってもヤビツ峠は重要な攻撃目標。この峠周辺では、何度も壮烈な戦いが行われ、累々たる屍が横たわったのだろうと想像できます。この幽鬼がヤビツ峠の「ひだる神」の正体だと江戸期には言われていたわけです。ひだる神とは、山中で突然力が抜けて動けなくなってしまう現象。これを“ダルに憑かれた”と江戸時代の山廻り同心などは云っており、そのダル神(餓鬼)のために持参した握り飯をその場に供えると、たちまち回復したのだと。これをしないと、最悪の場合その場で命を落としてしまうこともあると云う。

これは実際に経験しました。場所は会津駒ケ岳です。ダル神に似た症状に“低血糖症”というものがあります。これも同様に空腹で動けなくなってしまいますが、この場合はブドウ糖などで血糖値をあげることで回復します。

さて、今回はダル神とは別の怪談です。



2004年の夏。ヤビツ峠からイタツミ尾根で大山に登り、大山からは登山道ではない北側の尾根(大山北尾根)を下ったときのこと。(この尾根は昨年2006年に親子が道に迷って遭難した場所。しかしブナの原生林で非常に気持ちのいい尾根)

北尾根の気持ちの良いブナの森の中、ルートファインディングしながら一時間ほどで丹沢林道に出た。僕と友人は、そのまま林道を矢櫃峠へと向かうが、行程では一時間半はかかる道。おまけに夏の炎天下。舗装路からの熱も加わって、その熱さは尋常ではない。風すらそよとも吹かぬため、熱気がむわりと身体を押し包む。すでに滝のように流れ出た汗で着衣はびっしょり。額をだらだらと流れる汗が目に入り、腕には塩の結晶が陽光に光って見える。

次第に僕らは口数も減り、うつむき加減で眩しい舗装路に目を細め、黙々と歩くのみ。時折横を過ぎるのは、付近のオートキャンプ場に出入りすると思しき車。このあたりにはボスコオートキャンプベースや富士見山荘横のキャンプ場など、とっても気持ちのよいキャンプ場(オートキャンプ場も)がいくつもある。車中を見ればクーラー効かせて、楽しそうに笑うカップルやファミリーの姿があった。

気持ちの中で舌打ちしながら、僕らは日陰すらない炎天の道に足を一歩ずつ前に出し続けた。そしてようやく諸戸を過ぎて、やがて遥か先に小さな木陰が見えた。それは青山荘という山小屋(民宿)だった(この青山荘にはロッジやキャンプ場も完備。もちろんオートキャンプ場で、気持ちのいいキャンプができる)。

僕らはこの青山荘で小休憩することにした。付近には泊り客の車が駐車されており、子供の楽しげな声が蝉の盛んに鳴く涼しい森にこだましていた。僕らは虫取り網を手にはしゃぐ、楽しそうな親子を見ながら、自動販売機で買った冷えたジュースを乾いた喉に流し込む。まさに極楽、甘露の味わいというやつだった。汗でべとべとになったタオルを山肌から流れる清水で濯いだあと、上半身裸になって身体を冷やした。

頭の先までじんじん来そうなほど冷たい清水が実に爽快このうえない。しかし、このさっぱりした上に、汗でびっしょりのシャツを着るのは気分悪いが、仕方なし。僕らは汗の臭いを気にしながらもシャツを着ると地図を眺めた。そしておもむろに友人が言う。

070607_1.jpg
友人の持っていたこの地図はかなり古いもの。もちろん国土地理院の地形図にも記載はない。ショートカットは青い線。通常は赤い線を行く。青い線で示した沢中と沢沿いをたどる道は、相当に荒れており、赤テープの目印があってもルートを見失うほど。現在、荒れたルートを赤テープを探しながらたどると、この地図のヤビツ山荘前の舗装路に出られるけれど、気持ち悪い気がムンムンで辿る気はしない。

「ショートカットできるルートがあるよ」
「え?ショートカット?」
「林道を歩かないで、沢にルートがとれるんじゃないかな?」

このルートこそ、地図に示した青い矢印。前日までの激しい雨で沢水が溢れて湿地化していると想像できるが、炎天のアスファルトを避け、涼やかな沢にルートがとれるのはありがたかった。キャンプ場の中からアクセスできるが、戻るのも面倒なので目の前の水溜りのような沢から入ろうと踏跡を探すが、草深く見当たらない。近くで農作業をしていたお爺さんに尋ねると、首をひねって考え込んだ末、「そこから沢へ下りれば行ける」とのこと。おまけに実に無愛想。そのお爺さんは、ザックを背に草叢に入る僕らのことをいつまでもじっと見ている。その目はよそ者が入らない山村などで向けられるのと同じような怪訝そうな視線だった。

くぼ地に下りたボクらが見たのは、足元一面にじゅくじゅくと流れる琥珀色の水だった。それは沢というよりも、湿地。低い潅木がびっしりと生え、枝葉で頭上は暗く覆われていた。

こんなところがルートなのか?、と思いつつ、それでも峠の方向に向かって足を踏み出す。しばらく歩きすでにルートに合流したと思われるが、頭付近まで照葉樹にびっしりと覆われた中、いぜんとして滲みだした沢水の中をグシャグシャ、ジャバジャバと歩く。靴の甲あたりまで琥珀色の水に沈み、次にぐにゃりという堆積した腐葉土を踏む、柔らかいような気色悪いような感触があった。

日差しもなく、澱んだ空気が何やらかび臭い。さながら水没した潅木地帯の中を歩いているような気持ちいいとは言えないルート。そのうちに靴の中が水で湿ってきて、少しでも水を避けようと腐葉土が盛り上がっている方向に向かうが、すぐに生い茂る笹薮や岩石に行く手を阻まれ、木の枝にしがみついて、再び湿地に入る。こんなことをしているうちに、暗さはいっそう増して、辺り一面が茶色い光りになった。そこらじゅうに大きな岩石が露出し、それを乗り越えようと、潅木に手をかけた。

ぽた・・・ぽたぽた・・・

何かが落ちてきたようだった。そういうと友人は、木の実かなにかだよ・・・といいながら、後ろをついてくる。

「あー、やめようやめよう。もうルートが取れない。沢登りの“薮こぎ“よりひどいよ」

ルートを間違えたらしい。立ち止まると再び、ぽた・・・ぽた・・・

頭上一面に覆い被さる木立から、ときおり何かが落ちる。僕は、なんだ?と思い頭に手をやった。なんだかヒヤリと柔らかいものが触れた。ゼリー?髪の毛に付いたその小さなナマコのような感触のものを抓んでみると・・・・それは小指ほどの山ヒル。僕の指の間で、目も鼻も口もない先細りの気味悪い生き物が、細くなった先端をうねうね動かしていた。

「うわぁ!」

僕は背筋がぞくそくしてそれを足下に投げつけた。丹沢をホームグラウンドとしているので何度もヤマビルには遭遇しているけれど、上から落ちてくるのは初めてだった。まさに奇襲攻撃。

「おいM、たのむ、たのむよ。俺の頭のヒルを払い落としてくれよ」

そういって頭をMに向けると、Mは奇声を発しながら僕の頭をものすごい勢いで叩くようにして払う。床屋の最後より数倍の激しさ。それに力が加わるので痛い。

「おい、首筋!首にもいるよ!」

その言葉に首に手をやると首筋が火傷の火ぶくれのようにブクっとしているのがわかった。それはヒルだった。

払おうとするが、肌に吸い付いたヒルはなかなかしぶとい。つまんで引っ張ると、プチっといういような感触を残して剥がれる。これを何度も繰り返していると指がぬるりとしてきた。見れば両手が真っ赤。首筋から流れた僕の血だった。

登山用パンツはもちろん、ザックにもシャツにも、茶色やらオレンジ色やらの山ヒルがはりつき、盛んに細い先端をくねらせている。

そして、友人は恐ろしいことに気付いた。それは自分も同じ状況だったということ。暗い足元を目を凝らせば、そこは一面にうねうねと触手をもたげるヒルの絨毯だった。僕らはその場に留まらず、即刻、来たルートを走るように戻った。

湿地を抜けて草叢を出ると、そこは太陽がさんさんと輝く林道横の野原。すでにお爺さんの姿はなかった。僕らは野原でしゃがみこんで、シャツを脱ぎ背中や腹、わきの下にまで入り込んだヒルを指で弾き飛ばした。剥がれた跡には血が流れ、それが止まらないから、体中が血だらけだ。

そのうちに靴の紐の隙間に何か枯葉のようなものが挟まっているのに僕は気付いた。まさか・・・と思い凝視すると、それもヒルだった。僕らはトランクス一丁のうえ、靴まで脱ぎ出した。はたから見れば馬鹿そのものだったろう。が、そんなことに構っている場合ではなかった。

靴を脱ぐと靴下に無数のヒル・・・そして靴下を脱ぐと・・・!!なんと足の指の間にまで、どうして入り込んだのかわからないが、オレンジ色のジュンサイのような山ヒルが張り付いていた。

こうして全てのヒルを取り除いた僕らは、流れる血が染み込みつづける血だらけのTシャツと出血対策で首筋に巻いた血だらけのタオル、そして登山靴の中が血だらけにならないよう脱いだ靴を両手に、靴下で歩いた。血を吸った靴下の足跡にはきっと黒く血が混じっていたことだろう。こうして、じつにスプラッター映画の1シーンのように林道を歩き、ヤビツ峠にたどり着いた。

途中、すれ違ったハイキングのおばさん方の「どうしたの!怪我したの?!」という言葉にも、ただ「いいえ・・・平気です」と、わけのわからない事しか言えなかった。ヒルです、なんて間違っても言いたくはない。体中をヒルに血を吸われ、血だらけになっている、なんて、なんとも間抜けすぎる。

おばさんたちは、どこかで“ヤビツ峠血だらけの人を見たのよ”なんて話しているかもしれない(笑)

あらすじしか知らないけれど、これはまさに鏡花の“高野聖”そのものの体験だった。地図上の青いルートは現在荒廃し道も不明瞭。多くは沢筋の中を歩くため、水枯れする冬以外はなるべく入り込まないほうがいいかもしれない・・・とにかく、このエリアは山ヒルが非常に多い場所。水遊びや森の散策では気をつけてください。

それとヒル対策にはαメントール(あるいは塩)がいいです。ヒルはメンソールを非常に毛嫌いしますから。メントールのスプレーはアウトドアショップのレスキューコーナーを探せば大抵は手に入ります。あるいはシーブリーズなんていうのも効果ありそうです。

怪談クラブ記事カテゴリーへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ

関連記事

テーマ:恐怖の体験話 - ジャンル:

                                               
Comment


先日はコメントありがとうございました^^
歴史を振り返りながら
その場所をみると
また違った奥深さがありますね
とても興味深い話です
ヒルには出来ることなら会いたくないですね^^;
  • 2007/06/07(木) 19:37:37 |
  • ボランチ|URL
  • [編集]


ユウさん、こんばんは!
最初の方は興味深く読ませて頂きました。
でも、後半の「ヒル」のお話しは恐くて・・・
まさに「怪談」でありました。
お~~こわ!


丹沢は山ヒル多いから 厚木市が注意を呼びかけてます。実物の山ヒルはまだ見たことないっす。
  • 2007/06/07(木) 22:32:26 |
  • 風|URL
  • [編集]


ユウさん、こんばんは!
最初の方は興味深く読ませて頂きました。
でも、後半の「ヒル」のお話しは恐くて・・・
まさに「怪談」でありました。
お~~こわ!


こんばんは、コメントありがとうございました。
いや~後半はまさに怪談ですね~
やっぱり丹沢はヒルが多いんですね~
上から降ってくるなんて想像しただけで・・・
  • 2007/06/08(金) 01:29:20 |
  • mb190spl|URL
  • [編集]


こんな時間にブログ読んで
全身鳥肌が立つとは思いもしませんでした~
ヒルかぁ…長年アウトドアやってますが
ホントは虫さえ苦手なのです…(笑)
  • 2007/06/08(金) 03:36:35 |
  • びあ!|URL
  • [編集]


ヒル地獄…
壮大な大自然に広がる罠
ほんと。。怖い。
なんか自分もヒルにやられたような
気になりました…
メントールが苦手なんですね。
メントール買っておこうっと!
ちなみにブヨに効くスプレーってありますかね?
ブヨも顔の周りをブーンブーン
非常にうざいんです(;´д` )
でもユウさんのヒル地獄よりはマシですね
( iдi ) ハウー
  • 2007/06/08(金) 11:29:45 |
  • lilt|URL
  • [編集]


ユウさん!勘弁してよぉ~(・・;)
コワ!
恐るべしヒル軍団!
山ヒルは侮れませんねぇ。
今日もまた読み入りました。
  • 2007/06/08(金) 11:42:24 |
  • jun-boh|URL
  • [編集]


こんにちわ
非常に興味深く拝見させていただきました。
長文でしたが、あっという間に読みました。
先日、丹沢に行ったおりヒル注意の看板が目に付きましたが、なるほど恐ろしいですね。
信玄の話含めてたいへん参考になりました。
  • 2007/06/08(金) 12:56:21 |
  • なむたーん|URL
  • [編集]


ボランチさん>こちらこそ、いろいろと刺激を受けました!早速、今使用しているデジカメを見直しました。するといろいろなモード設定があるのに気付きました。いままで全部オート設定だったので、少しずつ勉強しようと思っています(^^;
  • 2007/06/08(金) 19:29:35 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


チャイさん>ほんとうは、ものすごく怪談好きなので、前半を怨霊話にもっていきたかったのを、ぐっとこらえました(^^;;
  • 2007/06/08(金) 19:31:03 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


風さん>山ヒルは、普通、田んぼなんかで見るのとは全然違っていて、オレンジ色のナメクジのような・・・伸びると30センチにもなるやつが、うじゃうじゃいます。一面の落ち葉の下から、グニグニと頭をもたげて動き出しますから。ひじょーに気味悪いですよ(^^;
  • 2007/06/08(金) 19:33:05 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


mb190spl >基本は足元なんですよ(^^; 足元を見ると落ち葉の下から無数のヒルの頭が伸びて、くるくる得物を求めて動いています。木の奴も、振動かなにかを察知して落ちるんでしょうね・・・
  • 2007/06/08(金) 19:34:48 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


mb190spl さん>すみません ↑ 呼び捨てにしちゃいました。ごめんなさい!
  • 2007/06/08(金) 19:35:22 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


びあ! さん>今思い出してもゾクゾクします(^^; ほんとうはむしり取っちゃダメなんですよね。煙草などでいぶして離れるのを待つのですが、そんな悠長なことできませんでした(笑) この後、肌に残った小さい丸い傷が痒くて痒くて・・・・
  • 2007/06/08(金) 19:37:25 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


lilt さん>蚊やブヨに効果ありのスプレーの作り方、アップしました。僕が普段使用していて、効果が納得できるレシピです。
  • 2007/06/08(金) 19:38:30 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


jun-boh さん>これ以降、丹沢の沢沿いに入る場合、足元にメンソールのスプレーをたっぷりかけて、スパッツも装着してます。この時に取れたヒルの写真がどこかにあるんですが、見当たりません・・・見つけ次第アップします(^^;;
  • 2007/06/08(金) 19:40:31 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


なむたーん さん>近年、丹沢では急激にヒルが増えているようです。先日山中で鹿の骨を発見したのですが、足だけはまだ肉が残っていて、つめの間に穴があいてました。この穴はヒルは寄生して潜り込んじゃうためにできるのですが、鹿も災難ですね・・・(^^;
  • 2007/06/08(金) 19:43:54 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんばんは
ヒルって、田んぼの中にいてるものとばかり
思ってました。
山ヒルっていうのが、いてるのですね(>_<)
それにしても、そんなにうじゃうじゃと・・・
考えただけでも、恐ろしいです。
  • 2007/06/08(金) 23:12:03 |
  • ぷっきー|URL
  • [編集]


ちょい思いつきですが、ヤビツ峠、って地図にカタカナ表記されてますねえ?なぜココダケ?
  • 2007/06/10(日) 04:01:31 |
  • 風|URL
  • [編集]


私は山の経験が全くありません。
すごく恐ろしい目に合われたのですね!
ますます、山から足が遠のきそう~


ぷっきーさん>日陰で湿った場所に行くと山ヒルっていますね。雨後の林道なんか、オレンジ色の30センチほどのヤツも・・・気味悪いですよ(^^;;
  • 2007/06/11(月) 13:16:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


Takapon さん>獣道に入り込まなければ大丈夫ですよ(^^;; 普通の登山道であれば、襲われません・・・
  • 2007/06/11(月) 13:17:26 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


風さん>カタカナは、いろんな説があって、もともとこの地にいた縄文系の人たちの言葉だった、というのも。・・・ベツ、北海道なんかに残っていますよね。
  • 2007/06/11(月) 13:18:52 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示