CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

中山高原キャンプ場 GWでも空いてる超穴場キャンプ場

080822_2.jpg


こんにちは。世間のGW気分を横目に、今日も仕事しているユウです。GWというほどのものはありませんが、3日ほどOFF日がとれそうなので、尾瀬スキー&春の里山散策を予定しています。

さて、最近興味を持った建築方式がストローベイルハウスというもの。圧縮した藁のブロックを積み重ね、そこに漆喰を二度塗りして仕上げた、地球にやさしい「わらの家」です。

それが上の写真。昨年、何の気なしに撮影した建築物。まさかこれが藁の家だなんて、撮影時には思ってもいませんでした。

外見からは藁で作られた家と容易には想像できないかもしれません。でも、これがれっきとした藁の家なんです。三匹の子豚の物語にも藁の家は登場します。この物語りのおかげで、ボクは今まで・・・重くて硬い西洋風の家が最も優れているのだ、日本の家はしょせん木の家だから・・・なんて思いをココロの片隅に刷り込まれていたように思います。


法隆寺はじめ優れた木の建造物は日本に多いし、紙と木の家は素晴らしい。三匹の子豚の話は西欧至上主義を刷り込むために利用されたとも疑いたくなってしまいます。もちろん藁の家“ストローベイルハウス”だって、断熱性に優れるばかりか、強く軽い理想の家です。

このご時世で、あちこちで環境的なことが大きくアピールされているのですが、ボクにとってそれは二の次。圧倒的に気持ちいいそのデザインと素材感に惹かれてしまい、ストローベイルハウス協会のサイトを眺めていたら「おや?」と思いました。見たことのある家が掲載されていたのです。

場所は長野県・大町市・・・と、場所を見たときに閃きました。それはGWだろうと、お盆だろうと独り占めできる、秘密にしておきたいキャンプ場に通じる林道に建つ、上の写真のカフェに間違いありません。建ってからまだ2年。昨年の夏「ケーキとコーヒーでも・・・」と思ったものの、結局お店には入りませんでした。

後日、白馬に住む知人によれば、このカフェは知る人ぞ知る、美味しくて素晴らしいカフェなのだとか。残念なことをしてしまいました。

藁でできたカフェが建つキャンプ場は長野の「中山高原キャンプ場」。ボクにとっての秘蔵キャンプ場で、お盆でも独占できる夢のようなキャンプ場のひとつです。

このほかにもGWだったら完全独占できるキャンプ場は「夢の平キャンプ場」「立場川キャンプ場」「戸隠イースタンキャンプ場」「三城いこいの広場」など・・・まだまだ数え切れないほどあります。

このブログではそんな穴場キャンプ場を重点的にご紹介していて、中山高原はそのひとつ。夏前の時期は目の前が湿地になっていて、その上の斜面を埋め尽くす真っ白な蕎麦の花を楽しむことができます。もしも行った際には、ぜひストローベイルハウスを体験してみてください。あまり記事にしちゃうと、混んじゃうのでこのへんで(^^;;

中山高原キャンプ場記事リンク

◆ストローベイルハウスリンク
Natural Homes
techienation“A Straw Bale House ?”
celebratebig.com
ストローベイルハウス協会HP


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:キャンプスタイル - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


これは知りませんでした!
以前バンさんという建築家が紙の家を建ててましたが、
(仮設にはいいみたいですが)
それより興味をそそられます(^^)d

三匹のこぶた、ウチでは煉瓦の家、オオカミからは逃れても、地震で壊れる結末です(^^;)
  • 2009/04/25(土) 14:42:17 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


こんにちは。
お仕事お疲れです。

しかし、ねらいすましたような雨降りですね。
ホントは今日、サバゲだったのだ(汁

GWはユウさんリスペクトの「立場川」キャンプ場ってヤツに行ってみたいと思います。混んでそうですけど。

  • 2009/04/25(土) 14:47:42 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


紙の家ですか!?
・・・そういえば、最近ではクラフト素材として、ものすごく強靭な紙素材がありますもんね。藁の家は、藁が確保できれば、そのブロックを積み木のように重ねて、漆喰塗りなので、楽しそうです♪
  • 2009/04/26(日) 09:05:25 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ラードさん★


昨日は雨で、
今日は暴風・・・
これでは砂浜の散歩もできません(^^;

立場川は、まだまだ寒いので、防寒必須です。
数年前、ここでのGWキャンプで大雪に降られました(笑
  • 2009/04/26(日) 09:07:28 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


きょうはベイエリアもスゴイ風です。

む。寒いんですナ。サンクスです。
その後、例の「集い」に参加しちゃいますよ。
乞うご期待。
  • 2009/04/26(日) 18:54:29 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


ほんとうに風すごかったです。
本当は館山でのんびりとランチしたかったのですが、
浜にでれなそうだし、大多喜城で串コンニャク食べて、
ゆば喜でおいしい豆腐を買って、
昼前にそそくさと帰宅してしまいました(笑

あそこのキャンプ場は、場内をまっすぐ進み左右にサイトがありますが、実は左のサイトの後ろの森の中に・・・・どんなに混んでいようが完全独占できる秘密スポットが無数にあります。
もしも完全独立サイトを、ということでしたら、そこがおすすめです♪

氷点下に冷えるかもしれませんが、焚火になる薪はたくさん森で調達できます(^^
  • 2009/04/26(日) 22:48:46 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

わら


そういえば日本建築は
藁壁が基本でしたね
そういう意味だとまだこの建物は錬れて無いかも
  • 2009/05/08(金) 06:20:16 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


藁を土でこねて・・・ですよね(^^

日本の伝統建築は、もしかしたら時代の最先端なのかもしれませんね♪
  • 2009/05/08(金) 09:00:31 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示