CALENDAR
07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

こっそりと注目しているアウトドアブランドVAUDE

090403_1.jpg


前回、百花繚乱のごとき様相を呈する数々のテントのルーツに天地根元造り”あり、という記事だったので、同じくテントつながりで展開します。

イメージとしてですが・・・テントに美意識という新しい価値観を吹き込んだのがビル・モスであれば、スペックをぎりぎりまで追求するメーカーが、このファウデ(VAUDE)社

ご存知のように、ファウデ社はもともとドイツのヴィンターアイゼンバッハを拠点に数々の優れたクライミング用ザックを世に送り出しており、今や原点であるアタックザックに加えてウェア、テント、シュラフまで幅広く手がけるヨーロッパの一大アウトドア・ブランド。

作り出される数々のグッズは、極限までバカ正直にスペックを追求することに価値観を見出そうとするジャーマンブランドらしく、BMWやVWなどと同じオーラを感じる。無駄がなく、しっかりと作りこまれ、それゆえなのかジワリ・・・と潔(いさぎよ)い機能美を感じさせてくれる。


たとえばこのテント“ホーガン・ウルトラライト”。見た目のインパクトは少ないが、道具としてのインパクトが大きく、ウェルディングシーム加工から成る初のハイテクシリコン加工テント。

特筆すべきは、1.44kg(2人用)という超軽量でありながら防水で2倍、撥水で2倍以上という高い防水性能。さらには一般のPUコーティングされたテントに較べ耐破損性面では7倍の強度を実現している。

自立型だから安心してどこにでも持っていけるし、快適なダブルウォール型。100センチという高さから、かなりの耐風性能が想像できる。バックパッキングや登山にオールラウンドに安心して使用できるに違いない。ヨーロッパで数々の賞を受賞しているのも安心要素。こんな素晴らしいブランドがなかなか日本に入ってこないのはとても不思議だ。もちろんザックなどいくつかの製品を見かけるけれど、欲しいと渇望しているモデルがなかなか入ってこない。

とりあえず、現在日本に輸入開始されたのは、このホーガン・ウルトラライトのみ。本国には、まだまだ魅力いっぱいのテントのほかにザックやウェアなど盛りだくさん。

・二人用
・タイプ:自立式、ダブルウォール
・フライ:シリコン処理リップストップポリアミド 3,000mm
・本体:30D ポリエステルリップストップ285T
・フロア:シリコン処理リップストップポリアミド 10,000mm
・ポール:AI 701 T6(8.8mmフェザーライト)
※フック吊り下げ方式
・出入口:一箇所
・サイズ:120 x 220 x105cm
・収納サイズ:15 x 56cm
・重量:1.44kg(総重量 1.75kg)
・価格:41,000円

その中で気になったものがこれ。登山、クライミングにオールラウンドに使えるHard Rock 32。容積30Lで1450g。アイスアックスからヘルメット、ザイルホルダーまでしっかりと機能的にレイアウトされてこの重量とこのデザイン。ものすごく魅力的。素材はPUコーティングされた500デニール・コーデュラポリアミド。耐久性は充分だ。

ファウデの製品で特筆すべきは、カラーリング。とくにオレンジ色がめちゃくちゃ美しいのだ。“オレンジ&イエロー”フリークのボクにとって、これは非常にウレシイ。厳冬期用のシュラフ(1500 g)だって・・・このとおり。ダウンのフィルパワー表記は見当たらないけれど、限界温度-28度、快適温度-3度であれば、全く問題なし。雪山で雪洞に寝れば、気温は0度なので、ぬくぬくできる。

090403_6.jpg 090403_7.jpgさらには数々の優れたアルパインパンツがラインアップされていて、その中からスペックを見てチョイスしたのが「Men's Alpinian Pants」と「Escape Pants」の2モデル。アルピニアンパンツは伸縮性に優れ、クライミングでも快適に装用できそうだ。いっぽうのエスケープパンツはトレッキングとか登山に力点が置かれていて、撥水性能含め山歩きを快適にサポートしてくれそうだ。

このように、ボクにとって魅力的なアイテム満載のヨダレ物のアウトドアブランドだけに、これら多くのアイテムが気軽に通販されるようになるとうれしいですね~。多少、スペックヲタ的なところはありますが、たのもしいです。ちなみに日本では屈指の機能ヲタは偉大なるクライマーであった辰野さんのモンベルでしょうか・・・

VAUDEのHP

◆注目テント関連記事リンク
ClubNature注目テント ハイライト


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


VAUDEはアウタージャケットを持っていますが、ボディラインに沿うデザインでブカブカせず、アンダー+アウターだけで十分暖かいです。
なのでお気に入りのメーカーです。
ただ色はワサビ色ですが(^^ゞ
  • 2009/04/03(金) 20:48:48 |
  • 横道|URL
  • [編集]


ユウさんお疲れ様です!

ファウデ(VAUDE)って初めて見ました、聞きました。

そして『テントに美意識という新しい価値観を吹き込んだのがビル・モスであれば、スペックをぎりぎりまで追求するメーカーが、このファウデ』ってとこがまたまた気になります!

  • 2009/04/03(金) 22:16:25 |
  • 91|URL
  • [編集]

★横道さん★


同じく!です(笑
ボクはコバルトブルーのジャケットです。
ぴったりしていて、動きやすくて気に入ってます♪
ワサビ色・・・なかなか渋いですね。グリーン系は今年のトレンドですね。
  • 2009/04/03(金) 23:36:02 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★91さん★


ファウデはものすごく興味深いテントを発表していますが、国内に1種類程度それもかなり限られたチャネルでしか流通していないので残念です。

ウェアとかバッグ類は流通していますが、本職の登山用品が・・・・なかなか・・・
  • 2009/04/03(金) 23:39:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

ファウデホーガンは


わが愛するショップ「カスケード・ループ」で2年前に安売りしていたんですよね。

ラインナップがワサビ色と橙色で、ワサビのヤツは欲しかった。ワシ、テントは目立たぬ色が好みなもので。
でもポールが60センチもあって、ワサビが先に売り切れたりして、まあ、吹っ切れなかったワケです。

で、カスケードループ店長「ししたろ」氏のていねいなインプレを引っぱり出してきました。どぞ。

http://cascadeloop.org/2006/07/25/112213.html
  • 2009/04/06(月) 11:41:45 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


カスケードのレビュー、さっそく読みました!
これは、なんとしても入手したいです。
次に買うのはメスナーかこれか、で迷っていましたが、
吹っ切れました(笑
  • 2009/04/06(月) 12:29:55 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ほぅほぅ、そんなすげぃブランドでしたか。
そいえば放置民の中にファウデのテントを2種類使ってる人がおります~
ホーガン・ウルトラライト、アライのエアライズと同程度の重量でも長辺が長いから、背が高い人にはいいですね。
  • 2009/04/07(火) 17:48:56 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


エアライズは布地の破損が多いので、
その点これだとリスクは少なそうですね(^^
今年、ホーガンウルトラライトのグリーンかドライエッケンのメスナーのどちらかを購入したいと狙ってます♪
  • 2009/04/07(火) 22:19:00 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示