CALENDAR
10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ロッジ型テントと神社建築は同じルーツを持つのか

090401_1.jpg


生物が時を重ねるごとに環境に応じて進化を遂げ多様な生態を見せるように、テントもまた用途や目的に応じて百花繚乱のごとき様相を呈している。

ボクの場合、ツェルトにはじまり無積雪および積雪期用それぞれのアルパイン・ドームテント、バックパッキング用テント、キャンプ用の快適テントなどがある。しかし今さらながら、積雪期用に外張り&内張りがオプションで用意されているアルパインドームテントがひとつとファミリーキャンプ用のテントがひとつ、それとシェルターがひとつあれば、それで充分に事足りると思った。


これはテントを買い揃える順序に要因があって、最初のアルパインドームは厳冬期を考えずに入手してしまったため、積雪用にファスナーを使用していないうえ外張りが装着できるモデルを買う羽目になってしまった。同じように、目先の嗜好で手に入れたテントが複数あって、それらを機能に見合った環境で使い倒しているかといえば、そうとも言えないという状況にため息がでてしまう。

090401_2.jpg 090401_3.jpg

さて、これら多種多様のテント進化の根元にポジションするもののひとつがウォールテント。ロッジ型テントに似ているけれど、ウォールテントは外骨格とでも言えばいいのか・・・骨組みにキャンバスの本体を吊り下げて設営する。ムーンライトテントのような吊り下げ式の原点ここにあり、だ。骨組みに本体を被せるより、吊り下げたほうが圧倒的に設営がラクだろうことは想像できる。

090401_4.jpg

これらを見ていてふと似ているな・・・と思ったのは神社の社。住吉造り、大社造り、春日造りなどに共通する屋根上の構造だった。屋根の上で交差し斜めの十字を見せる千木(ちぎ)というものや、屋根を吊っているかのような堅魚木(かつおぎ)など瓜二つの相似形。

090401_5.gifこれら神社の建築様式の原点とも言われるのが“天地根元造り”というもの。まさにウォールテントと同様で、木を交差させて骨組みを作ったら、そこに藁を葺くというもの。この藁がキャンバスの布地になれば、そのままウォールテントになってしまうのだ。そしてこれよりも機能的なのが堅魚木のある神社様式。幕体の上に紐のループを縫い付けておけば、それをひっかけるだけで設営が完了できるのだ。

つまり・・・テントの原点であるウォールテントも、日本の伝統建築様式の原点である神社建築も、さらにルーツをたどれば“天地根元造り”に行き着いてしまう。

テントはアウトドアでの我が社(やしろ)。基本は木を縛り交差させて2組立ち上げ、そこに棟として木を一本渡すという行為は、自然界に自分の居場所を確保するための世界共通の知恵なのかもしれませんね。

テント関連の過去記事リンク
白馬・八方尾根上のカマボコテントと不帰の嶮(不帰キレット)
OSHMAN’Sと参天
ClubNature注目テント
600万円超の樹上放置系テント
ビビィバッグとバックパッキング
注目必至の“ツリーテント”
こんなテントやタープが欲しかった
ムーンライトテントの実力


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


千木が、合掌造りの置き千木となったのも面白いところです。
吊り構造としては、代々木の体育館がそのものですね(^^)
下から支えるよりも上から吊るという発想の方が、
自然に素直な形ができるのではないかと思います。
  • 2009/04/02(木) 13:34:20 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


こんにちは。
いやその。勉強になるなあ(w

「天地根元造り」の藁が幕体になったら、モンゴルの遊牧民の家、「パオ」になるんでしょうね。ネイティブ・アメリカンのティピーとも共通するかも。
  • 2009/04/02(木) 13:35:02 |
  • ラード|URL
  • [編集]

テント


なるほど確かに似ていますねv-258
流石に目の付け所が違います。

ほかの宗教の建物と比べると神社ってすごくシンプルですね
  • 2009/04/02(木) 19:24:39 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


代々木の体育館て、上から吊ってあったんですか?!

テントも吊り下げる構造のほうが設営も楽だし、そこそこの強さも。
住宅をこんな構造で作ったら面白そうですね♪
  • 2009/04/03(金) 15:55:23 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ラードさん★


そういえばティピーなんてのもありますね。
古い時代のこうした構造って、とても魅力的です(^^
似てますよね
  • 2009/04/03(金) 15:56:59 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


もともと神社って何も建造物がなかったんですよね。

諏訪の御柱とか、結びとか、こうした何かを組み立てるための重要な要素だったのでしょうか。暮らす、という視点で様々なものを眺めてみると、面白そうですよね(^^
  • 2009/04/03(金) 16:00:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


僕もテントは吊り下げ式が好きです。
そろそろアルパインテントが欲しいのですが、吊り下げ式だと、メスナーが一番勝手が良さそうですね。
ただ軽くても前室が無いとちょっと心配(^^ゞ
雨の日にゴアテントやフライの無いテントをお使いの方は、ドロドロになった靴はどうしてるのでしょうか?
やっぱり袋ですかね?色々悩みます^^。
  • 2009/04/03(金) 20:40:38 |
  • 横道|URL
  • [編集]

★横道さん★


同じく、ボクも新調するならニッピンのメスナーテントをチョイスします。冬用の外張りもあるし、オプションでオールラウンドに対応できるのがいいです。

それに、例の・・・ドライエッケン方式でしたっけ・・・独特の絡めるような吊り下げ方式、あれいいですよね。ホワイトアウトだろうと、暴風雨だろうと、手袋のままさくさく設営できますし。後輩がこれを愛用していて、なかなかよかったです。

居住性だとエスパースなんていう選択肢もあると思います。エスパースは学生時代にお世話になったテントで、さりげなく気に入ってます(^^ゞ

テントはダブルウォールがいいと思います。シングルの場合は靴は入り口隅のタオルの上に置いてます。特にビニールには入れてないです。
  • 2009/04/03(金) 23:33:58 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示