CALENDAR
03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

古新聞で自作した薪(ペーパーログ)で焚き火する時代

090325_1.jpg


辺りが薄暮に沈み、やがて漆黒の闇が間境もおぼろに、じわじわ・・・とにじり寄ってくる頃になると、ボクはかすかな不安を覚える。黄昏(たそがれ)という刻限がまさにこれだ。向こうから近づいてくる者は確かにわかるのだけれど、それが誰なのか、が近づいてさえ判明せぬ。そこで「誰そ彼(たそ、かれ)」と恐る恐るたずねることになる。

こう声をかけられて返事をせぬのは、妖怪なのだと。そう古来から近来まで人口に膾炙されてきた。妖かしの者、物の怪らが跋扈(ばっこ)する、実に妖気に満ちた刻限が黄昏(たそがれ)。

だからというわけではないが、ボクは薄暮が近づくと、ついつい焚き木の量をチェックするクセがついてしまった。廃棄ホイールを利用した自作の焚き火台を使用したり、ネイチャーストーブとかプチかまど、とか。砂利地や砂地であれば直火で焚き火をする。


090325_6.jpg


さて、焚き火で重要なのが薪。“素敵な焚き火は薪選びから(タキビストへ)”という記事で、最高の焚き木はクヌギやナラで、官能度では白樺に勝るものなし、というようなことを記事にした。

よく売られているのが杉材の薪。これは間伐で切った杉や解体で出た杉材を利用していたりするのだろうけれど、ものすごく火付きがいい。火付きはいいけれど、火持ちがめっぽう悪く、ろくな焚き火にならない。ぱっと燃えて、めらめらと瞬く間に燃え尽きてしまうので、ちろちろと置き火を前に地面に敷いたブランケットに寝転んで、ウイスキーをちびちびやりながらほっと一息つく、なんて余裕はできない。

こんな薪のラインナップに近年参戦した変り種がある。それがペーパーログと呼ばれる、古新聞から作った薪だ。これは古新聞を「ペーパーログメーカー・紙与作」というツールを使用して、レンガよりもひとまわり大きな薪に変身させてくれる、というしろもの。

使用方法は、古新聞20枚を水に浸し手で揉みほぐし、「ペーパーログメーカー」に入れ、上から体重をかけて水を搾り出すように充分圧縮したら取り出し、1週間ほど乾燥させればできあがる。これひとつで約1時間半ほど燃焼するという。

090325_2.jpg 090325_3.jpg

090325_4.jpg 090325_5.jpg


火持ちも中々よさそうだし、登山やキャンプに行けない休日は、古新聞を利用して、焚き火用の薪作りに熱中するのも悪くないかもしれない。しかし古新聞はリサイクル資源でもあるし・・・だったらシュレッダーにかけて繊維がズタズタに分断されリサイクルに使用できず、焼却しかできない紙をペーパーログにできれば、それこそ理想的なんだけれど。でも企業からでるこうしたシュレッダーゴミって上質紙だから、はたして新聞のように湯や水でうまくいくのかどうか。

このツールが無くても、水に入れて揉んだ古新聞を圧縮して乾燥すれば・・・カチンコチンになる。丸い薪を作るには、塩ビパイプに水抜きの穴をあけて、圧縮すればよさそうに思える。

ともあれ、まずは古新聞さえあれば、自宅でせっせと薪作りに精を出せる、そんな楽しいツール。キャンプ場で古新聞から作ったレンガ型の薪で焚き火する光景・・・そのうち当たり前になるのかもしれませんね。

◆関連記事リンク
素敵な焚き火は薪選びから(タキビストへ)
ペーパーログメーカーHP

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


これ、ちょと気になってたんですよねー
確かに新聞紙はリサイクル資源なんでしょうけど、これを使わず木を燃やすのとどっちがいいのか。。。シュレッダーにかけた上質紙で作れれば...
かと言って、間伐採の行き場が無くなると山にも良くないし。。。むぅ。
  • 2009/03/25(水) 13:17:07 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


いろいろ連鎖しているので、正解が見当たらないというジレンマに陥りますよね(^^;;

個人的には、焚き火は薪がいちばんです♪
白樺の薪、昔、奥秩父の無人小屋の軒下にたくさん積まれていて、雪いっぱいの厳冬期だったので、小屋の暖炉でそれを燃やして一夜を過ごしたことがあります。

白樺・・・いい香りです♪
  • 2009/03/25(水) 17:13:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


昔、ねじった新聞紙で一晩焚き火したことありました(^^;)
ジムニーの屋根をちり紙交換並に新聞紙満載してのチャレンジ。
焚き火を楽しむというより、一晩中ねじり作業でした。。。

うちは引っ越してきて以来、新聞とってないので(^^;)
ぜひコピー用紙で試してみてください!←自分で圧縮してみますm(_ _)m
こっちは大量に出ますので。。。

  • 2009/03/25(水) 19:08:00 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


なんか禁止ワードが含まれてるって事で投稿出来ましぇ~ん。
白樺は確かにいい香りがしますよね。


ユウさんお疲れ様です!!

自分もBE-PALで見て気になっていたんですよね。
ユウさん今度燃焼テストもお願いします(笑)
  • 2009/03/25(水) 23:59:35 |
  • 91|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


実は我が家も・・・
房総に引っ越したのを機に新聞の購読を中止しました(^^

ですので古新聞は引越しの際のストックのみ。
新聞がなくても、まったく不便でないのが意外でした。
もしかしたらTVも不要かもしれないですね(笑

緊急時の情報源は・・・短波も入る携帯ラジオがあればだいじょうぶそうです♪

それにしても企業からは膨大な上質紙(コピー用紙)が廃棄されてますよね。これをなんとかしないといけないですね・・・
  • 2009/03/26(木) 08:36:55 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★野宿屋ノブさん★


禁止ワードですか!?
ちょと見直してみました。
アダルトなスパムコメントにあるワードを禁止ワード登録していたのですが、数を減らしてみました(^^;;

実をいいますと、自分でレスするときにも、禁止ワードでひっかかったことがあります(笑
  • 2009/03/26(木) 08:39:08 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★91さん★


これ、まだ自身で購入していないので、まずは入手することからですね(笑
でも、買おうかどうしようか・・・迷ってます。
焚き火は、やっぱり薪がいちばんだし・・・ど~しよ~かな??
  • 2009/03/26(木) 08:40:56 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示