CALENDAR
01月 « 2017年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

ムーンライトテントの実力

070605_h.jpg

【逸品CLUB:モンベルムーンライトテント】


最近、頻繁に愛用しているのが月光という名を持つモンベルの“ムーンライト”。キャンプ用途として、当初は夏から秋でしたが今ではオールシーズンの定番テントになってしまいました。このムーンライトをなぜ入手したのか、その明確な動機が今もってよくわかりません(笑)スノーピークの“ランドブリーズ”だけでも充分にOKだったんですけれど。

それまでは夏場はHEX3、秋を過ぎるとスノーピークのランドブリーズ。そして冬本番では空間を小さくするために山岳用のMOSS、エスパース、ICIゴアライトにアライのエアライズという使い分けでした。このほかにもテントは複数ありますが、それらはポールがグラスファイバーで背も高いため、ちょっとした風でも不安定となり、ほとんど出番はありません。ごくたまに、友人たちと飲み会キャンプで本栖湖に出かけるときに出動するていどです。

そのムーンライトは、下のように説明されています・・・

モンベルテントの中で最も歴史のあるベストセラー・モデル。その名の通り月明かりの中でも素早く設営でき、雨の多い日本の気候に適した防水性・通気性を持つことから多くのバックパッカーや自転車ツーリストに選ばれています。

このコピーが購入要因ではありません。が、しいて心に残ったフレーズは何か、と言われれば・・・うーん、そうですね・・・“多くのバックパッカーに選ばれています”という部分でしょうか。しかし、バックパッカーに選ばれているのは1型か、せいぜい2型まででしょう。僕のように“家族で利用できるテント”を考えた場合、重量も収納サイズも大きくなって、バックパッキングなんて不可能です。中には、でかいテントを背負子にくくりつけて家族でバックパッキングする強者もいないとは限りませんけれど。

070605_1.jpg


とにかく、なんとなく良さそうだな、という気持ちで手に入れたというのが本当のところ。そして使用して初めて、ムーンライトテントのうたい文句の意味が理解できました。では広告コピーを解剖してみることにしましょう。

【うたい文句(コピー)】

1⇒モンベルテントの中で最も歴史のあるベストセラー・モデル。
■モンベルの他のテントは山岳用。テント泊する山岳ユーザー人口はツーリングやオートキャンプユーザーほど多くない。さらに、山岳テント分野には、ダンロップ、エスパース、MSR、ニッピンメスナー、アライ、ICI・・・など数多くのブランドがしのぎを削っているため、シェア獲得が難しい。そのため、モンベルテントの中で、このムーンライトが最も売り上げる、という図式。さらに、最も歴史がある、という部分は、モンベルは山岳テントよりも、こうしたバックパッキング向きのテントが出発点だった、ということでしょう。

そういえば僕が十代前半の少年時代、貯金で最初に購入した山岳テントはホソノとエスパースでした。またダンロップテントは海外遠征隊が選ぶ山岳テントとして認知されていたように記憶されています。当時モンベルのテントは・・・残念ながら記憶にありません。

2⇒その名の通り月明かりの中でも素早く設営でき
070605_3.jpg■使用するまでは、これの意味をほとんどわかっていませんでした。単純に構造がシンプルで設営がラクチンなんだろうな、程度の理解。
しかし、実際に使用してみて実感したのは、ポールの構造。ポールが立体的にショックコードによって一体化しているため、袋から出してフリフリ振ったり、ポンと放り投げるとそのままカチャカチャ・・・と半分、またはそれ以上組みあがってしまうこともあるほど。

差し込む方向や場所をなんら気にせず、またたくまにポールが組みあがり、それを交差させるように置いたところへ、テント本体を吊り下げるだけ。月明かりだけで設営できる、という理由が実感できました。この便利さは未体験ではなかなかわかりません。

高校の山岳部時代の訓練のひとつに、テントの設営があります。手袋をつけてのテント設営に加え目隠しでも。先輩の号令でテント設営を開始し、何分で終了できるかをストップウォッチで何度も何度も計測される、というものです。雨天の時の定番訓練で、かなりヘトヘトになります。これは冬のホワイトアウト時や激しい風雨の中でもスムースにテント設営するための訓練です。当時の僕のベスト記録は・・・覚えてません^^;;。しかし最も遅かったメンバーが3分後半だったと記憶していますので、トップはおそらく1分台だったはず。で、ボクもトップと数秒差だったので、2分未満だったはずと思っています。で、当時このムーンライトがあれば、もっと記録は更新できたはず。
※目隠し+手袋着用の設営では、3分後半。「あと少しでカップラーメンと同じだ!」という言葉を覚えてますから。

3⇒雨の多い日本の気候に適した防水性・通気性を持つことから・・・
070605_4.jpg■これも実際に使ってみて実感できるものです。なんといってもテント本体とフライシートのクリアランス(すきま)がすごいです。テントインナーが濡れる原因の多くは、結露したフライの内側と本体の接触。しかしムーンライトの場合、風でもフライが本体に触れないため、まず濡れることがない。それに、本体とフライの間の空間に風が抜けるような構造になっていて結露が軽減されるうえ、メッシュをあければ爽快な通気性。フライの裏側の濡れが他モデルよりも少ない・・・そしてそれ以上に”本体とフライの大きなクリアランスのために接触しにくく、本体が濡れにくい”というのは大きなポイントです。濡れにくい、風が通る・・・この理由で、ムーンライトは特に夏場の主役テントとして活躍しています。この機能だけでも購入する価値はあると思うのですが、いかがでしょう。

あ、それと耐風性ですが、テント本体のスリーブに通す構造ではなくつり下げ式で、さらにショックコードによる結束のため、強風時のバタつきは大きいですが、スリーブ式と比較して風の力を受け流すため意外に強く、ポールの破損も大幅に低減されるはずです。そしてこの耐風性の高さは実際に体験済みです。

070605_2.jpg

写真ではわかりにくいのですが、狭い部分でもコブシひとつが楽に入るほどのクリアランスです。風が通るのもうなずけます。

僕は次に狙っているテントは・・・やっぱり小川キャンパルのティエラ5あたりが気になってはいますが(^^;・・・ともあれムーンライトはショックコードやシームテープの交換には数年の猶予はあるだろうし、夏のキャンプではまだまだメンテフリーで活躍してくれそうです。
※2012年9月にポールのショックコード交換済み。それ以外の不具合は皆無。10年以上経過しても、キャンプ時のメインテントとして活躍中。

そして、次の事もかなり重要です。ムーンライトはフライと本体の結束がショックコードになっています。これは気温が下がったり、雨天で濡れたりすることでフライが伸縮します。で、フライが伸びると本体に接触し、そこから浸水するわけです。フライのテンションを手動調節しなければならないテントだと、常にテンションを一定にしてフライが本体に触れないようにするのも至難の業。しかし、ムーンライトのようなショックコードだと、フライが伸縮しようとも、テンションは常に一定。これ、意外と見過ごされがちなポイントです。

【テント関連記事 とりあえず一部のみリンク】
・HEX3(台風キャンプ スタカ湖キャンプ場
・HEX3(道志観光農園キャンプ場の台風キャンプ、後ホタル乱舞)
・ランドブリーズ仕様(栗駒高原オートキャンプ場)
・ランドブリーズ(霧ヶ峰のど真ん中 鎌ヶ池キャンプ場跡地でスノーランチ)
・ムーンライト仕様(吹上高原キャンプ場の桜ポイント)
・テントさまざま(シンプルキャンプは楽しい)
・MOSS(燻製キャンプ=プロローグ)
・HEX3+ケルティ仕様(東北カヌーキャンプ 田沢湖キャンプ場)

■ムーンライトテント・リンク
ファミリー使用であれば3型以上。僕はグリーンが好きなのですが、世の中一般的に、新色のアイボリーが人気のようです スノーピークなどのタープに合わせやすい、というのが理由かもしれません・・グリーンもきれいなのになぁ・・・
モンベル(montbell) ムーンライトテント 5型 アイボリー(IV)
モンベル(montbell) ムーンライトテント 5型 グリーン(GN)
モンベル(mont-bell) ムーンライトテント 3型 アイボリー(IV)
モンベル(mont-bell) ムーンライトテント 3型 グリーン(GN)
ippin.gif


http://outdoor.blogmura.com/ target="_blank">にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


こんばんはー
名前も、かわいらしいく
説明を、みると
「月明かりの中でも素早く設営」
なんとなく、神秘的に、感じちゃいました(^^ゞ
高校の山岳部時代の訓練で、目隠しで、テント設営ですか(>_<)
でも、なっとくできます!
海外にスノーボードに行って、ホワイトアウトを、体験したんですよ!目の前が、真っ白すぎて、なにも、みえないし、そのうちぐるぐる目がまわってきて、ゲームでいえば、混乱状態みたいな感じでしたよ!遭難すると思いましたもん(恐怖)
ちゃんと、そういう時に、備えて訓練を、するのですねー(^^)
  • 2007/06/06(水) 02:10:42 |
  • ぷっきー|URL
  • [編集]


これ気になっていたんですよねー。前に、ずいぶんと遅れてやってきた隣のサイトの人が、まだ設営途中だった当家よりはやくサイト作りを終えちゃって、どこかに遊びに行っちゃいました。緑色ではじめに骨組みを作ってたので、たぶんこれだと思うんですよ。でもまだまだ新しいコールマン君テントなもんで(――;
  • 2007/06/06(水) 10:09:08 |
  • fumi|URL
  • [編集]


眩いばかりの蛍光グリーンですね☆
やっぱり海外ブランドはデザインもずば抜けてます♪
月光の名に相応しい…
きっとお値段も。。。お高いのでしょうなぁ~。
雨の多い日本の気候に合わせて、作ってくれてるのも好感が持てますね~
めっちゃ通気性良さそう( *^-^)
僕もスノピのランブリがメインテントです。
メインというか、それしか持ってません。
次狙うならコレしかないな~
ユウさんのモノマネで行きたいと思います♪
ヾ(´▽`;)ゝ
まずはお金お金~っと。
  • 2007/06/06(水) 11:12:45 |
  • lilt|URL
  • [編集]


カヌーイストの野田さんもこの小さいモデルをカヤックに積んで旅してますよね?スポンサーがモンベルというのもあるのでしょうが、川岸でこのテントの横でハーモニカ吹いてる写真を見るたびにイイナという気分$
  • 2007/06/06(水) 14:08:42 |
  • 風|URL
  • [編集]


ぷっきーさん>スノボで海外進出、すごいですね!ホワイトアウトは本当に怖いです。僕も何度か経験ありますが・・・平衡感覚がいともカンタンに奪われてしまったことに驚いています(^^; でもぷっきーさん、ご無事でなによりでした(^^
  • 2007/06/06(水) 18:51:34 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


FUMIさん>緑色だと、たぶんムーンライトかもしれないですね。もう少し大きなテントもいいかな、と思ってもいるのですが・・・これ以上買ってどうすんねん、と奥さんが怒りそうで怖いです(^^;
  • 2007/06/06(水) 18:53:39 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


liltさん>聞きなれないブランドなのですが、実は国産でした(^^; 山屋さんにはメジャーなんですが、まだまだ知られていないかもしれないですね・・・この緑色、森の中で見るとほんとうにきれいなんですよ♪ でも、スノーピークの赤とベージュも、好きです。耐久性あるから、ランドブリーズ、まだまだ長持ちすると思います・・・ということはムーンライトへの切り替えは、まだまだ先になりそうですね(^^;
  • 2007/06/06(水) 18:57:08 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


風さん>野田さんがこれを使用している、っていうのは知りませんでした・・・すみません。イメージでは、彼は、ツェルトを設営しているのが雰囲気ではありますが、なるほど、ムーンライトですか(^^
  • 2007/06/06(水) 18:58:49 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


はじめまして。
大阪在住のキャンパーです。
ムーンライトからユウさんのブログに辿り着きました。
私は長年、小川のミネルバを四季を通じて使用しておりましたが、最近はキャンプのペースが速くなり(2週間に1回位)、とにかく設営の簡単なテントを探しておりました。
スノピ、小川、ユニ、いろいろ検討しましたが、やはりムーライト7型(アイボリー)を購入しました。
一泊や暑い時期はムーンライトとSPヘキサLで過ごす予定です。
今週末も奈良県吉野郡川上村にある白川渡オートキャンプ場へ行く予定です。
ユウさんのムーンライトのコメントを読ませていただき、更にムーンライト初張りが待ち遠しくなってきました。
  • 2007/06/19(火) 17:45:58 |
  • ゆっちゃん|URL
  • [編集]


★ゆっちゃん  さん★
どうも、こんばんわ!
同じムーンライト仲間ですね!
僕が愛用しているのは4人用(旧型)です。7人用はかなり大きそうですね。アイボリーとヘキサのベージュは、いいコントラストになりそうで、楽しみですね(^^ 涼しいですよぉ。
  • 2007/06/19(火) 21:51:08 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


★ゆっちゃんさん★
リンクが切れてるようです。もしよかったら、またブログURL入れてくださるの、お待ちしています(^^ /
  • 2007/06/19(火) 21:57:26 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


すみません。
オーナーメールとブログURLを間違えたようです。
秘密のキャンプサイト、すごく素敵なところですね。(^O^)
私も近畿でこんなところ探してみます。
  • 2007/06/19(火) 22:12:33 |
  • ゆっちゃん|URL
  • [編集]


これの?型使ってるですよ。
ソロ用です。
手の平に乗るサイズで軽くていいですよ。
  • 2007/06/27(水) 11:24:10 |
  • たるたる|URL
  • [編集]


★たるたる さん★
僕は使ったことがないのですが、小さいムーンライトも、よさそうですね♪ 僕はソロ用にHEX3を調達しちゃいました。ムーンライト同様に、コンパクトです(^^
  • 2007/06/27(水) 19:35:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


おぉぉ!ムーンライト!
何を隠そうワタクシの3張目はコイツの3番でしたw
古いモデルなので前室の無いタイプなんですが、当時のテントの中ではダントツの換気性能だったんですよねー
滅多に無いんですが2人でひとつのテントを使う時用ってことで、もちろん今でも現役ですタイ!
ぼちぼち13歳くらいかなー。。。
  • 2008/10/30(木) 22:16:41 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


いのうえさんもムーンライト、月光お持ちでしたか!?
押さえるところは押さえてますね。まさにスキなしではないですか。
13歳・・・年季入ってますね~!

この時に記事で書いていたスノーピークのランドブリーズは、つい先日、友人に譲ってしまいました。これがあればランドブリーズ必要ないや、ということで♪

ボクも大事に、まずは10年を目標に可愛がる事にします。
  • 2008/11/01(土) 22:00:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさん
いつも楽しく拝見させて頂いてます。

この連休、家族4人でふもとっぱらに行ったのですが、台風の影響の強風で、コールマンウェザーマスターテントのフレームが折れ曲がり、怖い目に遭いました。
帰宅早々、風に強いテントを探し始めたのですが、小川のエスタシア、スノーピーク、MSRストームキング、そしてムーンライト7型が候補になっておりまして、価格もさることながら、デザインやコンセプトでムーンライトが気に入っているのですが、耐風性についてはネガティブな口コミが見受けられていたので如何なものかと考えていたところでした。
また、機能的には前室が小さそうなのと、サイドがフライで覆われていないので、防雨性がどうなのか気になっております。
アドバイス頂けますと幸いです。
  • 2009/09/23(水) 19:12:44 |
  • hiro|URL
  • [編集]

★hiro さん★


こんにちは!

台風のような、たとえば瞬間風速30メートルほどの風が吹く場合、一般的には高さが低くて、すっぽりと本体を覆うフルフライのドームが安心だと思います。

が・・・ムーンライトはウェザーマスターよりも高さが10ミリほど高いですし、風の影響を受けやすいフライ形状とおもわれがちですが、風の力を上手に受け流すように設計されています。今まで数々の悪天で使用しても問題なしでした。ただし強風時はバタバタと、かなりうるさいです。

フライのない側面は悪天候でも問題ないです。夏場など暑い時期にここを開放すればメッシュで通気性抜群です。

ポールも曲げて挿入するのではなく、吊り下げ構造のため、風圧で折れ曲がるということは、まずないです。

信頼できるテントと思います。
  • 2009/09/25(金) 11:03:59 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ありがとうございます。
円高でお買い得なこともありますが、自分もMSRに傾いていたところでした。機能面もさることながら、所有する喜びがありますよね。
  • 2009/09/25(金) 18:47:18 |
  • hiro|URL
  • [編集]

★hiro さん★


まあ、どちらにするのか・・・というのはものすごく悩みますが、
居住性と快適性で選ぶとムーンライトですが。
ただし、現在の円高、MSRのストームキングHPも魅力的ですよね~!

ムーンライトに比べると夏~秋はかなり暑いので、タープの下にフライレスで設営すると、本体のカラーも美しいので、かなり映えます。

これは、もう、好みだと思います。両方手に入れて、気分で使い分ける、なんていうのはどおでしょう(笑
  • 2009/09/29(火) 08:38:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

Moonlight7


ユウ 様 はじめまして&こんばんは♪ 以前からこちらのサイト、楽しく拝見させて頂いております。一昨年、シルバーウィークの連休で、キャンプ場の予約でに出遅れ困っていた際も、こちらで紹介されていた西湖のキャンプ場に何とか行くことができました。一番奥の広々としたサイトに2家族でテントを張り、お蔭様で楽しく過ごすことができました♪ 
ところで、今回、Coleman の Bispace というテント(海外で購入)から、moonlight7に買い替えを計画しているのですが、どこかのサイトで、グリーンの方が、虫が寄ってきやすい気がすると書かれていました。私は、虫も比較的平気ですし、アイボリーより、こちらのグリーンが気に入っており、是非グリーンにしたいのですが、もし、他の色のものに比べて、虫が激しく寄ってくるのなら、アイボリーも地味だけど、ちょっと検討してみようかと思ったりもしています。ユウさんは、他のテントと比べて、ムーンライト(グリーン)をご使用中このように感じられたことはございますか?
つまらない質問で恐縮です。ご多忙とは存じますが、お暇なときにでも、教えて頂ければ幸いです。  

今年は、お薦めの立場川のキャンプ場に行ってみたいと考えております♪
  • 2011/05/15(日) 23:35:04 |
  • hana|URL
  • [編集]

hanaさん>Re: Moonlight7


> hana さんこんにちは。

グリーンのほうが虫が寄ってくること、ほとんど意識してませんでした(^^;;
そういえば山スカートの四角友里さんが、黄色のTシャツの時に虫が寄ってくる、
と言っていましたが、黄色系は虫の目に視認しやすいカラーリングなのかもしれ
ないですね。

アイボリー系のMOSSのテント。オレンジのフライのエアライズ、同じくオレンジのHEX3、
ホソノのブルーテント、グリーンのエスパーステントなどなど、いろいろ使用してますが
虫が特に寄ってくる・・・・と感じたことはあまりないです。

まあ、鈍感なのかもしれませんが^^;;
ということで、多少寄ってくるのかもしれませんが、まあ別段意識するほどでは無いと
思います♪

立場川、気持ちいいですよ~。
ではでは~!
  • 2011/07/19(火) 16:49:51 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

moonlight7


こんばんは♪ 

すっかりお礼が遅くなって申し訳ございません。グリーンのテントでデビューしてきました。おっしゃるとおり、特に虫が気になることもありませんでした。
貴重な情報どうもありがとうございました。

夫が、moonlight に変えたので、設営&撤収が楽になったと喜んでおります。

これからも、穴場キャンプ場情報等々楽しみにしております。

猛暑ですが、御身体お気をつけてお過ごしくださいませ。
  • 2011/08/18(木) 23:18:50 |
  • hana|URL
  • [編集]

Re: moonlight


おお!
ムーンライト仲間ですね~!
今週末は、天気が良ければ、久々にムーンライト持って
奥飛騨方面に行こうと計画しています。

田舎暮らししてはみたものの、
貧乏暇なし状態に陥ってしまい、記事が途絶えておりますが、
そのうち復活させますので・・・^^;;ヨロシクデス
  • 2011/08/22(月) 12:26:45 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
そしてテントはアウトドアにとっては大切な、重要な住居であると思います。したがって...
2007/06/23(土) 09:07:09 | アウトドアにはキャンプにスポーツ料理もしてアウトドア用品をそろえていきましょう
(C) Coleman※画像はクリックで拡大します。これまで、テントについて山岳用・キャンプ用・バックパッキング用など様々なモデルを列記しましたが、ワンデリングせずに純粋にオートキャンプするのであれば、これが気持ち良さそうだな・・・というテントがあります。コールマン
2008/06/09(月) 14:00:03 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示