CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

インナーとアウターを組み合わせた昔ながらの手袋システム

090307_1.jpg


アウトドアウェアの進化は著しく、かつて着ていたナイロンのダブルヤッケなどもう化石のような存在に成り果ててしまった。ダブルヤッケはテントでいうところの厳冬期登山で使用する外張りのようなもの。濡れにはめっぽう弱いので雪山とはいえ春遅い使用はリスクがあった。

今ではゴアなどの優れた浸湿性素材の数々があるので、テントもウェアもひとつでOK。もちろん手袋も進化していて、防水素材のシェルの中に保温材であるシンサレートが入ったものなど高機能化している。

以前はウールのインナー手袋にナイロンのオーバーミトンをセットして使用。僕もゴアのアルパインジャケット&パンツ、スパッツをチョイスした際に、シンサレートの手袋も揃えたのだけれど、使ってみてはじめてその欠点に気づき、結局手袋だけは昔ながらの薄手ウール+ゴアのオーバー手袋、という組み合わせに戻ってしまった。

090307_2.jpgこの組み合わせは細かな作業を行う際にはアウター手袋だけを外せば、薄手ウールの手袋のままでヒモも結ぶことができるので、ひじょうにありがたい。しかし、何よりも速乾性に優れたシステムである、というのが大きな理由。(画像はゴアのアウター手袋)

シンサレートの手袋の場合、濡れてしまうと全く乾かず、そのまま行動すると凍ってギシギシしてしまう。しかしウール手袋とオーバー手袋の組み合わせの場合、テントでストーブ調理する際に、あっというまに乾燥させることができる。冬のアウトドアでは“乾かしやすさ”が、ボクにとっては大きなポイントです。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


この時期って不思議です。
山は正直未だ真冬感が一杯。でも下界はそ~ろそろ春が感じられる。
知らない人だったら、この記事の写真見て何時の冬の話?って思うでしょうねえ。
正月にヤツの麓キャンプ場に行った切り。暖かく成ったら行こう。
ニューカマーの帰国子女と一緒に^^/


何にしてもレイヤードを上手くすることが大切なんですね。
今シーズンは結局、雪深い場所へは行かなかったので、安価な軍手で過ごしちゃいました(^^ゞ
軍手も編み目の密度によって快適さに差が出ますね(笑)
  • 2009/03/08(日) 16:03:24 |
  • 横道|URL
  • [編集]

★野宿屋ノブさん★


そうですね~
GW過ぎても、山だけに、まだまだ雪が山ほどありますもんね(^^;;

もういちど、こんどは雪山登山に行きたいです♪
  • 2009/03/09(月) 11:37:26 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★横道さん★


ボクも軍手は何種類か纏まとめ買いしてます。
較べてみると、みな違うんですよね。
最近、柔らかめの編み方の軍手に出会い、そればかり使ってます。
色も真っ白ではなくて、生成りの色なんです。
  • 2009/03/09(月) 11:39:47 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示