CALENDAR
01月 « 2017年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

道志キャンプといえば“そば打ち”

070604_04.jpg道志といえばクレソンと豆腐が有名ですが、このほかに自慢できるものとしては、なんといっても“そば”。姉妹都市であるカナダとはイメージが全然マッチしませんが、でもここは日本。昭和頃まではアプローチするにも苦労した、隠れ里のような場所には、そばがぴったりくる。

キャンプ銀座といわれるだけあってキャンプ場が目白押し。で、道志でのキャンプにひとつ加えるだけで格段に内容にのみが増すアクティビティが“そば打ち”だ。蕎麦が今のように細く切られて食べるようになったのは江戸の中期以降。それまで“蕎麦”といえば練り蕎麦が主流だった。つまり“蕎麦がき”。“蕎麦切り()あるいは切り蕎麦”は、蕎麦にとって一大革命だったにちがいない。なんたって、これがなければ落語で旨そうに蕎麦をすする場面が成り立たない。

この“蕎麦切り(または切り蕎麦)”の発祥の地が道志とはさほど遠くない甲州街道の田野地区にある。武田家が織田と最後の戦いを繰り広げた天目山の麓にある村で、わざわざ食べに行ったこともある。道志は蕎麦の本家ではないにしろ、こういう地理関係で蕎麦が旨いはず。

070604_06.jpg神奈川県横浜市の水源として知られる道志村には緑濃い山間を縫うように一筋の清冽な沢が流下し、その美しい水にはカジカ、ヤマメ、イワナが生息している。シーズン中ともなれば、フライロッドを手にしたフィッシャーマンが静かにロッドを振る姿を見ることができる。道志には、この名水と石臼挽きされた蕎麦粉を使って蕎麦打ち体験できる場所がある。その名も“蕎麦打ち道場”。場所は道の駅近くの水源の森の中。ここには道志村の自然や民俗、歴史を展示する“ギャラリー水源の森”ばかりでなく、実は・・・蕎麦打ち体験できる道場と、おいしい蕎麦屋さんもある。


070604_01.jpg水源の森の駐車場から沢に架かった木橋を渡り、奥に足を踏み入れると、まず手前に“そば道場”と命名された自分で蕎麦を打てる建物、そしてその奥にあるのが江戸期の庄屋屋敷を彷彿とさせる高天井の木造建築。これが“水源の森・そば処”。一歩中に入れば、天井は思いのほか高く、窓の外のテラス席からは眼下に深い森と、その中を縫うように流れる道志川の光景が楽しめる。

ボクは道志でキャンプするときは、チェックインする前にここで家族とともに蕎麦を打ち、自分で打った蕎麦を持ってキャンプ場に入るのが何より楽しみだ。キャンプ場でサイト設営を終えて、真っ先にすることは蕎麦ランチ。たっぷりの湯をわかす間に“そばつゆ”を作り、道の駅で手に入れた天然ワサビをすりおろす・・・

しかし、どうせなら水源の森の蕎麦処で極上の田舎蕎麦を食べるっていうのも、素敵だ。自分の蕎麦もおいしいけれど、本家本元、ここの蕎麦も歯ごたえというか、蕎麦感が生きていて、絶妙な茹で具合とつゆ、そして食後の蕎麦湯の三位一体が味わえる・・・旨い蕎麦とはかくありき、的な悦楽が体験できる。

070604_05.jpgそんなとき、僕がいつも注文するのは“水車蕎麦(2.5人前)”と“蕎麦がき”。家族で別々に蕎麦を注文するより水車蕎麦を注文したほうが格段に安いというのが理由。太さは不ぞろいだが、ざっくりと箸でつまんで口に運べば、しっかりとした歯ごたえに続いて蕎麦粉のいい香がプーンと鼻に抜ける。思わず旨い、と言ってしまいたくなるほどだ。それと、熱い湯にたっぷりと入った“蕎麦がき”は、箸でつまむとふわりと切れるほどの柔らかさ・・・これを蕎麦つゆ、削り節、ネギ、わさびでいただくのだが旨いのなんの。まさに絶品。注文する人を今まで一度も見かけたことがないが、これこそナンバーワンだと思っているのだ。
(ふんわりとやわらかい“そばがき”は、アツアツの練り蕎麦を鰹節とネギの効いた”薄めの”そばつゆ”につけていただく)

道志でキャンプしたら、そのときは“そば道場”でたっぷりと蕎麦うちしたのを、サイトで家族わいわい楽しみつつ味わうのも乙なもの。ちなみに江戸初期に蕎麦は贅沢だと禁じられていた。そんな贅沢を思う存分キャンプで楽しむのも、道志キャンプならではのアクティビティだ。

水源の森・蕎麦処データ
山梨県南都留郡道志村5821-2
0554(52)2770
休館日:火曜日
※ここには水源の森キャンプ場も併設されています。このキャンプ場は利用したことがありませんので、レポートは省略しました。

◆燻製記事リンク
・燻製キャンプ1(プロローグ)
・燻製キャンプ2(燻製器)
・燻製キャンプ‐3 できたてを喰らう
・自作スモーカーで燻製チャレンジ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:キャンプスタイル - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


見ているとよだれが出てきそうです。
蕎麦好きの私にはたまりません。
蕎麦がきもおいしそう~。
今度、道志方面に行ったら是非寄ってみたいと思います。
  • 2007/06/04(月) 18:07:42 |
  • yossy よっしー|URL
  • [編集]


よっしーさん>まさにリアルタイムのコメントですね!チャットみたいです(^^ ここの蕎麦屋さんは当初はいつも空いていましたが、ここ一年ほどは昼時は八割がた席が埋まってます。
下の道志川には、バーベキュー場へ通じる道の途中から降りられます。昼寝にちょうどいい岩がごろごろしているので、食後に一眠りなんてことも・・・
  • 2007/06/04(月) 18:15:55 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんにちはー(^O^)/
お邪魔いたします。
とてもすてきな所ですねー
また、自分で打った蕎麦を持ってキャンプに
行くなんて、いいなー(゜o゜)
“蕎麦がき”?食べてみたいです(゜p゜)じゅるり・・・
  • 2007/06/04(月) 19:11:31 |
  • ぷっきー|URL
  • [編集]


ぷっきーさん>こんばんわ!ここ、道志の隠れた名所です(^^; そばがき、アツアツのフワフワでおいしいです♪ 機会があれば、ぜひとも! 蕎麦打ちは、おばちゃん指導員(?)が手取り足取り教えてくれます(^^
  • 2007/06/04(月) 23:45:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


早速あそびに来ました。
宜しくお願いしまーす♪
しかし、美味しそうなお蕎麦ですね☆
自分で打った蕎麦を持ち込んでの
キャンプ~
わさびも手に入れたものをすりおろして…
最高です!!!!!!
贅沢すぎるなぁ~ユウさんが羨ましいです☆
今度行く機会があったら是非色々教えて
くださいね~♪
そばがきがなんとも美味しそうな顔してます(^ー^* ) フフフフ
  • 2007/06/05(火) 11:28:45 |
  • lilt|URL
  • [編集]


そばがきってお汁粉で食べました。あれですね。自分でつくった蕎麦をキャンプ場でたべる?!贅沢すぎぃ!
  • 2007/06/05(火) 16:08:41 |
  • fumi|URL
  • [編集]


はじめまして。
ブログの方コメントありがとうございます。
水源の森の蕎麦ですよね~。
私も道志川へ行くと蕎麦食べによっていきますよ~。
  • 2007/06/05(火) 18:21:48 |
  • 吉多呂|URL
  • [編集]


lilt さん>ふっふっふっ・・・蕎麦キャンプ、いいですよぉ(^^;; なんて・・・ちょうど今、道志村の観光というか、企画の仕事が入っていて道志どっぷりなもので道志の話題が続いちゃってますけど(^^;; こちらこそ、よろしくお願いします!
  • 2007/06/05(火) 21:25:10 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


fumiさん>まさに、それです。お汁粉もいいですが、だし汁&ネギ、ワサビも旨いですよ!
  • 2007/06/05(火) 21:26:09 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


吉多呂さん>やっぱり!蕎麦通の吉多呂さんですものね(^^;; あきるのの蕎麦屋さんは、しっかりメモしました♪ また寄らせていただきます!
  • 2007/06/05(火) 21:27:46 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


こんちは。突然失礼します。
ソバ打ち、ウチも2回行きました!
パターンが逆で、ソバ打ちしてから帰路につきます。
どっちにしても、自分の打ったソバはおいしいですね!子どもも大満足します。
ちなみに、私の行ってるキャンプ場の近くに、ワサビが群生してるところがあるんですよ!多分、近くの人が育ててるんでしょうが、でも道志みち沿いで、車では気付きませんが、歩けば誰でも気付くような感じです。
分けてくんないかな~、アレ・・・。


ウエヒロさん>コメント遅れてすみませんでした! ウエヒロさんも、ここで蕎麦打ちされていたんですね!自分で打った蕎麦って、それだけでもおいしいんですが、この道場で打てば、失敗なしですもんね♪
わさびは、たぶん分けてくれると思いますよ。推測ですけど(^^;; その栽培している近くを探してみれば、きっと野生種も見つかる可能性大きいです。こんど、ゆっくりと歩いてみます。
  • 2007/06/12(火) 00:36:07 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさんのお気に入りリンク先の
その片の記事中のリンクでここに
舞い戻ってきたわけですw
なんだこりゃ、ぐるぐる迷路だな
しかし
来てみりゃうまそうな蕎麦記事
へえ、道志にはこんな隠れ家があったとは
今夜はこれにて就寝
おやすみなさい(-_-)zzzzz
  • 2008/07/08(火) 22:47:02 |
  • kenT|URL
  • [編集]


★KenTさん★
あ・・・paramさんのところですね(笑)
ここのお蕎麦はおいしいです。
昼前に立ち寄って、ソバ打ちしたのをサイトで食べる、のが好きです♪
KenTさんだったら、ダッチでそば茹で、でしょうか(^^;;;
  • 2008/07/09(水) 09:38:12 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


((ヾ(*ゝ∀・*)ノ☆゜+.⊇ωレニちゎ゜+.☆
先日はお疲れリンコさまでした
サツエイぶじフィニ━━ッシュ
このお蕎麦もオイシカッタです(ノ∀ ̄〃)
またヨロシクなりなり
*:;,。・★Thanks人(T●_T*)Thanks☆・:.,;*
  • 2008/10/28(火) 11:38:32 |
  • 美麗MOCO|URL
  • [編集]

★mocoさん★


でしょ!
おいしいでしょ!
藪そばや更級そばも美味しいですが、
こうした田舎そばもたまにはいいでしょ?

また、どうぞ~!!
  • 2008/10/29(水) 12:46:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示