CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

遊牧民・NOMADへの憧れとグローバリズムと

090226_1.jpg


長い間乗り継いできたSAABGM傘下に入ってからというもの、セグメントのクラスを意識したマーケティングによってどんどんアイデンティティが薄まり、BMWチックでさえある無国籍な車にへと変貌してしまった。かつての強烈な個性とセンスは見事に吹き飛んで、ドイツ車を思わせる、どこかドン臭いオーラを身にまとってしまった。それでも、まだスカンジナビアの心地よいインテリアが残されていたのはわずかな救い。

もちろんSAAB本社のアジア系のチーフデザイナーは北欧らしさとかオリジナリティを主張してはいるけれど非常に趣味の悪い車に変わり果ててしまったとボクは感じた。現行の9-3Aeroは良く走る。ハッキリ言ってBMWなんかよりも数段もコンフォート性では上を行く心地よさがあるのだけれど、どうにも魅力的ではない。SAABは、クラシックサーブと呼ばれる角ばった形状と飛行機を思わせる独特のプロポーションを持つ900で終わった、とボクは思う。

スウェーデン政府はGMからの支援要請をキッパリと拒絶した。これによってGMはSAAB社を手放すことになり、今後はスウェーデンの企業として更生法が適用されて再生される。スェーデンは、ようやくGMの手から自国の宝を取り戻すことに成功した。SAABは再び900までのような、北欧のアイデンティティ溢れる素敵な車を生み出してくれるに違いない。

さて、ジムニーを知った今あらためて周りを見回してみると、この日本という国にはなんて素敵な車が溢れているのだろう、としみじみ思う。最近どうにもメイド・イン・ジャパンに惹かれて仕方ない。

090226_2_2.jpg中でもいちばん気になっているのが、スバルのアウトバックとスズキのエスクード(あとホンダS2000も ^^; )。特にエスクードはジムニーを手がけるスズキだけに、なんちゃってSUVとは一線を画すラダーフレームがボディを支えている。加えて、日本の道路事情・林道・オフロードを意識した絶妙なボディサイズと車重のバランスが秀逸だと思う。

それにディティールはもちろん、プロポーションがいい。我を主張しすぎないところがいい。分を知る、とでもいうのか・・・自然に溶け込むその佇まいがいい。

ここ数年で見えてきたボクが車に求めているモノとは、ブランドという記号などではなく、自分を“遊牧民(NOMAD)”に仕立て上げてくれる能力。NOMAD・遊牧民であるキリル人が羊を従えて冬は南で夏は北でテント生活しながら暮らしたように、登山道具やカヌーやキャンプ道具を積み込んで、フィールドを自由に駆けてくれる車。

都市や高速道路、幹線沿線はどんな車でも走ることができる。そんな道で我を主張する車はアクセルを踏んで暴力的な速さを誇示するしかない。しかし遊牧民は、速度で一時的な陶酔に浸るのではなく、延々と広がるフィールドを手に入れて、走っている間中、まだ見ぬフィールドに思いを馳せて、ワクワク・ドキドキし続けることができる。

これはボクが求める、いわばローカルな車の方向性で、人によって違う。これが正しいのだ、なんて主張し始めると、それはGMのようなグローバルなスタイルとなって、結局はアイデンティティが無くなってしまう。

成熟した大人の世紀とはローカルの集合だと思う。異なる環境で育まれた異なる価値観や文化が共存できる社会。それは価値観はひとつではないということを心に留めて、他者・他国を認めること。逆を言えば自分たちの文化(志向)をグローバルの名のもとに切り捨てなくてもいい、ということにもつながる。

だから・・・

キャンプも、車も、仕事も、生活スタイルも・・・どう見える(グローバル)かなんてことを気にするよりも、自分の気持ちと会話し決めたほうが、ずっと気持ちいいに違いない・・・なんてことを遊牧民を夢見る男は、思うわけです。

◆最新ジムニー関連記事◆
ジムニー百景 野道の先で眺めた猪苗代湖と白鳥

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:自動車、バイク - ジャンル:車・バイク

                                               
Comment


最後の一文、全く同感でゴザイマス(^^)/

SAABといえば最近会社更生に陥ったとニュースで見たような(^^;)
学生時代後輩が乗っていて、何度か同乗させてもらいました。
他に見ない独特のデザインですねぇ。
  • 2009/02/26(木) 12:39:02 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


飛行機の設計者が、飛行機の設計方法をそのまま活かして車作りにチャレンジたのので、ああなっちゃったと思います(笑

エンジンなんて逆向きについているし、世界初のFFだったし、ターボだって・・・あの立ち上がったフロントウィンドウなんて飛行機のコックピットそのものだし。SAABの92、93、96のデザイン・・・・めちゃくちゃカッコイイ。97のソネットなんていうモデルも、すごいですよ。この一連の流れは900で終わり。。。とボクは思ってます。

最近までSAAB専門ガレージだった甲府のA2ファクトリーで96売ってたんですよね~!!
乗るなら、おもいっきり古いサーブ?!お金かかりそうです(^^;;
  • 2009/02/26(木) 14:42:19 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


成熟した社会は、ローカルの集合とは良く言ってくれました。
そのとおりだと思います。
英語が出来たら偉いみたいな風潮があるようにおもいますが、しっかりした中身があれば言葉は二の次だと思います。
世界に受け入れられているマンガやメイド喫茶?(これは違うかな)ローカルでこそ作れるものなんじゃないかな
江戸の文化なんかもしっかりした厚みと重みが有る成熟したローカル文化だったと思ってます。
  • 2009/02/26(木) 18:33:48 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

そこで


オフロード・バイクで旅するというチョイスは?(w

イイもんですよ。
春夏秋冬、照っても降っても、肌身に感じながら旅ができます。
クルマほどラクでなく、チャリよりも自由。
つまり、ちょうど良い道具なんです。

  • 2009/02/26(木) 19:41:35 |
  • ラード|URL
  • [編集]


いやほんと、切り口共鳴www
携帯から拝見したとき、ビックリしましたです!
人生を遊牧。
ワタクシの望む、「遊ぶように生きる」ための指針となりましたです。

さらに....
実はワタクシの愛車はアウトバックちゃんなのですよ。ウフフウフフ
スバルクォリティなところもありますけど、気に入っております。
  • 2009/02/26(木) 20:12:13 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


日本のアニメ文化がマトリックスにまで影響してますしね。マンガの原点は、おそらく江戸の浮世絵文化あたりに根を持っているように思います。


江戸は世界最高水準の数学を庶民が遊んでいたという、脅威の文化だったようで、江戸の知識資産をその後の明治大正昭和で喰らい尽くしてしまった感も・・・(^^;;

観光が顕著ですが、しっかりとしたローカル文化を保持し育てているエリアは、観光地としても魅力的ですし♪
  • 2009/02/26(木) 21:26:22 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ラードさん★


> オフロード・バイクで旅するというチョイスは?(w

吟じてはいないのですが・・・・あると思います!

以前、エンデューロに乗っていましたが、もう10年以上離れてます。オフロードバイクで信州や房総などの林道へ・・・大ありです♪
  • 2009/02/26(木) 21:29:25 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


アウトバックなんですか~!
いいですね~!

SAABを契約するときに、アウトバックも何度も試乗しました。ほんとうに、迷いに迷って・・・最後にSAABを。当時、町田のスバルもSAABのディーラーだったので、目移りして困りました(^^;
いまだに、あの味わいが忘れられないです。
  • 2009/02/26(木) 21:34:05 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


スズキのエスクードは一時購入を考えた事あるのですが、その当時はオートキャンプの荷物が多くて却下しました(^^ゞ
今なら以前より荷物を減らす術を覚えたので、十分なラゲッジスペースだと思います。
ただ女性や子供が参加するキャンプだと、荷物はやっぱり多くなっちゃいます(^^ゞ
  • 2009/02/27(金) 21:09:36 |
  • 横道|URL
  • [編集]

★横道さん★


ボクも甥っ子が加わって、カヌーも・・・となると、かなりの荷物量。

もしそうなったらキャリアで対処、でしょうね(^^;
  • 2009/02/27(金) 21:32:44 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示