CALENDAR
08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

アウトドアでメシを食う 理想の“外めし”考

090212_1.jpg


アウトドアにぴったりの“外めし”のスタイルを考え、その結論を“丼”として、海岸で駅弁「蝦夷わっぱ丼」を食べてみた。うん、美味い! ほどよく温い飯に海の幸がどんと盛られ、すべて一緒くたに口にかっこめる嬉しさったらない。

で、外メシを丼に帰結させたその経緯。“同じ釜のメシを食う”という言葉があるけれど、めし時間を共有することは命の共有でもある。

食べる」ということは、他の命を自分の中に取り込んで、命の源にするという行為に他ならない。だからこそ神聖なのだ。ここをしっかりと押さえておかないと、食を神聖なものとして捉えにくくなる。自分が生きるためには他の生命を犠牲にすること。同じように植物も生命。だから植物であっても、生命を内包する実は極力食べないようにしようという意識が芽生える。

さて、肉や加工食品が巷に溢れる日本では、食品と生命とが別々のものになってしまっている。しかし肉やソーセージはじめ動物性の食品の大本は、生きていた動物を殺さねばならない。他生の死をもって己の生とする、ということは、実はごくあたりまえのこと。以前の記事「ボルネオ島アドベンチャー・カヌーキャンプツアー 添乗員体験記」では、ボクら客人をもてなすために、ダヤク族の人々は普段ではめったに口に出来ない動物を目の前で殺し、ボクらをもてなしてくれた。

神に感謝の祈りを行いながらブタから生き血を抜き、みなの前で肉を切り分ける。そして煮込んだ肉を盛り付けた食器を囲んで宴となる。みな同じものを口にして、神に感謝の言葉を口にする。このことでボクは“同じ釜のメシを食う”というのは、単に一つ釜の飯を食う、ということではなく、ひとつの生命を共有すること、ということに気づかされた。

日常では家族と同じ釜の飯を食っている。そして山やキャンプは家族以外の面々と同じ釜の飯を食う数少ない機会だ。ここで“ミリめし”をアウトドアで食べよう的なことを書いたけれど、メシの原点は“ドンブリ”にあった。

これは日本神話にはっきりと明記されている。月読尊(ツクヨミ)は姉の天照大神(アマテラス)に、人間の為の食料を用意するよう命じられ、食物の神である保食神(ウケモチ)を尋ねる。しかしウケモチが口から魚や鳥の肉を吐き出すのを見てツクヨミは怒り出しウケモチを殺す。この報告に激しい怒りを露わにしたアマテラスは、今後ツクヨミと顔を合わせぬことを宣言。これにより太陽神アマテラスと月神ツクヨミは昼と夜の空に別れて出ることになった。

月と日が別々に空にかかるのは、なんと人間の食事確保が原因だったとは。

さて地上では死んだウケモチの頭から牛と馬、額に栗、鼻から鶏、陰部に大豆と小豆が沸いていた。 これらをアマノクマヒトが天界に持ち帰ると、アマテラスは“人間が生きて行くために必要な食物”であると大喜び。しかし半分の人間の分しかないため残り半分を探すためにアマノクヒトを地上に遣わしたところ稲の神ウカノミタマノミコトが現れ自分の体をふたつに割って差し出しました。この半身は黄金色の稲となった。

アマテラスはすべての食べ物をひとつの器に収め人間の使者に手渡した。人間は「これで魂は理を無くすことはないでしょう」と喜び“コンブリ”と名づけた。しかし人間は事もあろうに“こんぶり”を天から運ぶ途中、地上に落としてしまった。これによってアマテラスが集めた食べ物は地上に散らばり、人々は食べ物を探す苦労に見舞われた・・・という神話。

ここに出てくるコンブリこそドンブリ(丼)の原点。

自然との一体感を求めて、飯の上におかずをのせた丼こそアウトドアで食らう“外めし”の正しいスタイルなのだ。
で、これを洋風にすると・・・こ~んなサンドイッチに。野菜とひき肉を具としたポテトコロッケをふかふかの食パンに挟みこみ、そこに濃厚なソースをたっぷり。一口たべれば、サックサクのおいしさ。能書きはもうどうでもいい。ボクにとっての“外めし”ナンバーワンはコロッケパンでした(^^;;


090212_3.jpg


◆めし関連リンク
「ミリめし(ミリメシ)」を冬のアウトドア食料に利用しよう

◆燻製記事リンク
・燻製キャンプ1(プロローグ)
・燻製キャンプ2(燻製器)
・燻製キャンプ‐3 できたてを喰らう
・自作スモーカーで燻製チャレンジ


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:+お外でごはん+ - ジャンル:グルメ

                                               
Comment


「食べる」ということは、他の命を自分の中に取り込んで、命の源にするという行為に他ならない。」

同感です!!!

・・・なので、伊豆などで、食べきれないほどの料理が出てくる旅館の食事は嫌です。もったいない。
  • 2009/02/12(木) 12:13:58 |
  • ピータン|URL
  • [編集]


すべてではないと思いますがベジタリアンの人には植物を生き物と捉えてない方がおられるんですよね。

それはそうと、外メシにコロッケパン。最高ですマンセーです!

あと、釧路の市場では丼メシにグラム単位で海産物を乗せてくれたりするんですが、千葉の市場でもそんなトコがあるれば。。。
海辺で、お気に入りのクッカーで米炊きだけやって市場へ、とかもやってみたいもんです。

  • 2009/02/12(木) 13:24:00 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]


こんにちは。
トラディショナルなファスト・フード、美味そうですね。

つーか、今さらですが「ボルネオ」の記事にビックリ。
どえらく面白い!
  • 2009/02/12(木) 13:46:29 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ピータンさん★


量が多いと、メタボにもなりますし(^^;;

ボクは、いいものを数少なく、のほうが贅沢な気分に♪
  • 2009/02/12(木) 16:16:21 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


>ベジタリアンの人には植物を生き物と捉えてない方

あ、それわかります。
ベジタリアンを気取ってるような方に多そうですね(^^;

>それはそうと、外メシにコロッケパン。最高ですマンセーです!

何を隠そう、コロッケは大好物なんです(笑
需要なのはソース。ソースをだぼっとたくさんかけて、ほお張ります。
これ、うまいんですよね~!

海産物をグラム単位で?!
炊きたてのメスティンを手に、ウニ、いくら、カニ・・・もろもろ載せて海鮮メスティン作ってみたいです♪
  • 2009/02/12(木) 16:22:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ラードさん★


ボルネオの記事、ブログの引越しで、後半はまだ整理できていないので、記事として読めないと思いますが、ぼちぼちと少しずつキレイにしていますので、もうすこしお待ちください(^^;;
  • 2009/02/12(木) 16:26:02 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

食物


どんぶりものの話を枕にボルネオから神話そしてコロッケパンまで引き込まれて読みました。
幅の広い知識に驚きです。
  • 2009/02/12(木) 18:04:38 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


昔から、コロッケパン大好物でして(^^;;

神話は、もともと立ち上げていた怪しい江戸ブログ”お江戸今昔堂”譲りの内容で、こういう伝説、神話などが趣味だったりします♪

この方向性は、ClubNatureでは怪談CLUBに生かされているかもしれません。
  • 2009/02/12(木) 18:28:33 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


丼ものの
具だけたいらげ
米残す

欧米人を見かけると注意したくなるのは僕だけでしょうか(^^;)?

毎週水曜日の昼は、娘とコロッケパンです(^^)d
  • 2009/02/12(木) 23:14:58 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


同じ釜の飯を食う・・・
良い言葉ですね(^^

是非私もユウさんと・・・
同じ釜の飯(コロッケパン)、食いたいです!
いつかご一緒させて下さい(^^
  • 2009/02/12(木) 23:31:47 |
  • lag|URL
  • [編集]


記事を読んで、そうだよなー、だから食べ物は大事にしなきゃなんて、うんうんうなずいていたのに、最後のコロッケパンに心奪われてしまいましたf^_^;

昔、銀座で勤めていたとき、金無し時間無しで、チョウシ屋のコロッケパンが主食でした。
今でも、精肉店のコロッケに引き寄せられます。
  • 2009/02/12(木) 23:32:29 |
  • raven|URL
  • [編集]


とても美味しそうなドンブリですね。
そしてドンブリの後にコロッケパンまでとは、健康な証拠です。
僕も見晴らしの良い場所でがっつり食べてみたくなりました^^。

只今こちらでは凄い風が吹いています、明日には東北方面でこの風が吹くと思われますが大丈夫でしょうか?
  • 2009/02/14(土) 00:01:19 |
  • 横道|URL
  • [編集]


はじめまして!!
あまりに美味しそうな丼の写真に惹かれて、寄り道です

海を見ながら、ご飯ってホント美味しいですよね~
私もよくお弁当持って海に行きます!

また遊びに来ますね~
ぽちっと!

  • 2009/02/14(土) 22:20:23 |
  • サカ子|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


お米をのこしてしまうんですか!?
おいしさも、半減のようなきもしますね~
サクサクのコロッケをはさんだ、ふっくらパン・・・
ボクの大好物です・・・ああ、メタボが(^^;;
  • 2009/02/15(日) 17:41:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★lagさん★


同じダッチの炊き込みご飯、
そのうちご一緒いたしましょう♪
  • 2009/02/15(日) 17:42:40 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ravenさん★


ぬふふ
ボクも、実は、最後のコロッケパンを記事にしたいがために、なんとか体裁を整えようと考えたのがコロッケ以外の部分でした(^^;

コロッケは安くて美味しくて、ほんとうに最高ですよね♪
  • 2009/02/15(日) 17:44:42 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★横道さん★


無事に東北より戻りました。

おっしゃるとおり、ものすごい突風でした。
雪の磐梯山の記事は、また後日・・・
今朝は放射冷却でガチガチに冷えました(^^;;
身体に脂肪をためこんでおいて助かりました(笑
  • 2009/02/15(日) 17:50:44 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★サカ子さん★


こんにちは!

海を目の前にご馳走を広げていると、
際限なく食べられそうな気がして、困ります(^^;;

プライベートな砂浜カフェでプライベート・カフェめし、ヤミツキです。
  • 2009/02/15(日) 17:55:05 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示