CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

コールマン・Peak1 シンプルキャンプ用ランタン

カタログ落ちして久しいコールマンのピーク1(ワン)。

このストーブとランタンは“アンレデッド”の名称どおり、白ガソリンだけでなく、レギュラーガソリンも使用できる頼もしいやつでした。

070603_1.jpg5年ほど前にこれを探し出して入手。なぜ今さら・・・と自分でも思ったのですが、理由はただひとつ“ほしかった”から。とにかくガソリンバーナーに関してはコールマンは優れてます。しかし、ガス系ストーブ、テントやタープなどは別。

本当であれば“229-700”とか“226”あたりが欲しかったのですが、偶然にも“229-740J”のデッドストックの新品と出会ったため迷わず手に入れました。当時、今のように入手しずらくなるなんて状況は予想もできなかったため、その店主さんもカタログ落ち製品の在庫整理ということでめちゃくちゃな値引きをしてくれました。

ストーブだとピーク1の400(茶色)あたりを今でもコソコソと探しています。できればデッドストックがあれば、うれしいですね。2レバーなので驚異的にトロ火ができて、そのうえ火口が大きいので炎の集中がなくて少ない米でも焦げることがない。オートキャンプを始めた頃に友人から借り出したのがピーク1の400でした。これのREI社限定モデルがオークションで出たので早速入札参加しましたが3万以上に値上がりしたため断念。中古でも探します。

当初は登山しか知らなかったため、愛用するプリムスやMSRやらと比較して、コールマン?と語尾をあげて鼻で笑うという失礼な態度をとってしまったものです。ですが、歴史やアウトドア火器の普及に果たしたコールマンの役割などを知れば知るほど“すごいな・・・”という気持ちが膨らみました。それに全くの故障知らずで、わざわざテストで持参した真冬の八ヶ岳行者小屋キャンプ場でも、体感温度-40℃近い豪雪の中、バッチリ点火し火力も上々でした。なにせ立ち昇った湯気が、頬につくなりそのまま凍っちゃうほどの寒さです。

この時、コールマンのストーブを雪中で一発点火させるための裏業を発見。それはコールマンストーブのプレヒートです。最初は小さく割った固形燃料のメタをジェネレーター下に置いて点火。頃合を見計らいストーブを点火すれば一発で、たのもしい音とともに青い炎を噴き出します。通常であればこんなプレヒートは不要ですが、もしも厳冬期の豪雪の中で使用するのであれば、このプレヒートは便利です。毎回固形燃料を使うのももったいないので、千切って小さく丸めた新聞紙かティッシュにガソリンを湿らせて代用できます。

余談が長くなってしまいました。

070603_2.jpgコールマンの“ピーク1のランタン(PEAK1 LANTERN 229-740J)”ですが、光量は90W。現行モデルだと“フェザーランタン229-726J”です。しかし僕は“PEAK1”の名称になぜかこだわりがあって、229を探しました。“229-726”は96年から2000年までの4年間発売。サイズも手ごろ。

気に入っている点はどこにでも置ける手軽さと、90Wというほどほどの光量(燃焼時間も三分の一)。キャンプだと、テントと小さなテーブル。それに小さなチェアというコンパクトなサイトセッティングに焚火が加わることに。ピーク1の少ない光量は焚火を邪魔せず、かといってキャンドルなどと違い、そこそこの光量でサイトを照らしてくれます。このバランスがとっても気持ちいい。焚火がおきになる頃、ピーク1をテーブルに移動し、まだまだ熱い灰の中にねじった小麦のパン種を放り込み、ゆっくりと焼きあがるのを待つ間、お酒をちびりちびり・・・(もちろん、ケロシンのフュアハンドランタンも雰囲気あって好きです)

これが照明のまったくないキャンプ場であればいうことなし。明るすぎず、暗すぎず・・・それが、僕にとってのピーク1ランタン。もっと癒されたいときには、当然のフュアーハンドです。

PEAK1 LANTERN 229
■照明度125キャンドルパワー(90W)
■タンク容量230cc
■燃焼時間3時間
■ジェネレーター226-2991
■重量800g
■サイズ12×24cm
■グローブ5414-0481

にほんブログ村 アウトドアブログへ
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


キャンプ場の常夜灯、、、、安全を考えるとありがたいですが、ムードなくなりますものね。
コールマンのことは詳しくわかりませんが、いつかはガソリン系にトライしてみたいと思っています。食わず嫌いでしょうか、未だにガスしか使っていません。
90Wあると手頃な明るさ確保できますものね。いわゆるレア物ヴィンテージ物になりつつある品ですね、大切になさって下さい。
  • 2007/06/03(日) 19:42:29 |
  • もりりん|URL
  • [編集]


もりりんさん>子供達に本当の暗さを知ってもらうにはキャンプっていい手段ですよね(^^; 特に森の奥の照明のないキャンプ場だと、圧倒的な自然のすごさを、ちょっとだけ体験できるので・・・僕もキャンプ以外だと、ほとんどガス使ってます。便利で軽くてコンパクトなもので・・・(笑)
  • 2007/06/04(月) 18:10:22 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


フェザーはなんとなく気にはなっていたんですよ。デュアルフューエルとされていても、車用の赤ガソリンなんて、まずは使うことはないだろうし、っていうことで、欲しいとは思いつつ見送りっぱなし。手に入れる理由を心の中で探している私(汗) やっぱりピークワンはいですね~!
  • 2007/06/05(火) 15:29:30 |
  • fumi|URL
  • [編集]


fumiさん>そうなんです、理由があれば躊躇なくいけちゃうんです。しかし、欲しい、と思ったら踏み出すことも必要かと・・・(笑)
  • 2007/06/05(火) 21:18:10 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


またまた、読みのがしていた記事発見です♪
私もランタンと分離ストーブは昔買ったPEAK1を使っています。もっと明るいのにしようと奥さんに言われるのですが、キャンプ場をそんなに明るくしてどうするの、、となんとか説得しております。
灯油ランタンなら、さらにいい雰囲気なんでしょうね!
  • 2008/06/26(木) 11:49:43 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


★kimatsu さん★
富士山の、以前記事にした・・・う~ん、キャンプ場の名前忘れてしまいましたが・・・竪穴式住居のあるキャンプ場は、場内の照明は全てオイルランタンなんです。
トイレも、水場も・・・森の中で竪穴氏式住居とフリーのキャンプサイトがあって、そこのあちこちにオイルランタンがゆらゆら燃える・・・ものすごく気持ちのいい光景です♪
pEAK1は、いつもデスクの横において、愛でてます(^^;;カワイイですよね。
  • 2008/06/26(木) 18:07:55 |
  • ユウ_zetterlund|URL
  • [編集]


ホワイトガソリンランタンを、購入しようと思ってるんですが、新品or中古で悩んでます。オークションのとかは、あまり良くないですか?
  • 2010/02/23(火) 11:32:25 |
  • ブン|URL
  • [編集]

★ブンさん★


すみません~!レス、遅くなりました~!
ジェネレーターの劣化などあるので、可能であれば新品がいいのでは・・
中古も新品もオークションでかなり出ているので、中古であればメンテナンス具合、加圧具合、着火状況などで判断すれば失敗はないかと。

良き相棒と出合えればいいですね!
  • 2010/03/25(木) 12:54:55 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


アリガトウございます。
  • 2010/04/03(土) 07:34:10 |
  • ブン|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
=仮想調査室 №1:キャンドルナイトに捧ぐ=「PEAK1 LANTERN 229」の記事で、229の照明度が125キャンドルパワー(90W)であるというスペックを書きましたが、ふと考えると、どうしても納得できません。明るさの単位の“キャンドルパワー(CP)”は、もともと日本では“燭
2008/06/26(木) 20:41:23 | † ClubNature †
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示