CALENDAR
01月 « 2017年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

美しき日本の山々へ Esquireとの偶然の出会い

090203_1.jpg

記憶のかけら


ぶらりと入った古書店の店頭には数々の雑誌が山積みされていた。その中に「山と渓谷」とか「岳人」とか山岳雑誌のバックナンバーが無造作に積まれ、それを丹念に眺めていると・・・なんと下のほうから「岩と雪」なんていう、今は無き、かつて愛読していた雑誌まで発見できた。

さて帰ろうか、と思いかけたとき。チラと視線の隅に見えたのが見慣れた風景と、そこにでかでかと印刷された“山々へ”という文字。ボクは考える間もなく、思わず体が反応してしまい、気づけば雑誌を手にしてした。雑誌はEsquire(エスクァイア)。2008年12月号で「美しき日本の山々へ」という特集号だった。

090203_2.jpg表紙を飾っているのはタレントの加瀬亮さん。北穂へのルートで撮影されたと思われる、気持ちよさそうなスナップだった。
ページをパラパラとめくると、一枚の写真に目は釘付けになった。それは、今まで何度かお世話になったことのある、見慣れた北穂小屋のサロン。それも、ボクの大好きな席でくつろぐ加瀬さんの姿だった。使い込まれテロテロと黒光りする調度品は貫禄だ。

090203_3.jpg読み進むと、加瀬さんは北穂に登頂することになるのだが、そのときガイドした人物のスナップも小さく掲載されていた。
それは、たしかに涸沢小屋のTさん。このClubNatureからもお気に入りリンクしている「涸沢小屋小屋番の一休み」というブログの主だった。千葉の田舎町で起こった偶然の出会い。

しかし、本当に偶然ともいえる運命の出会いは雑誌の後半にあった。それは、悩み多き20代の頃の心のよりどころでもあり、いつしか遠ざかって以来、心の片隅でずーっと気になっていた懐かしい恩人ともいえる女性の消息だった・・・

◆つづきリンク:夢と消えてしまったSoulBar George’s(ジョージ)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


いまだ悩み多き40代であります。
ユウさんのかつての悩みをば、
北穂池に月を映して
お伺いいたしたく思いました。

偶然とは、ひとのこころに
日だまりを作ることもあるのですね。
  • 2009/02/03(火) 10:58:59 |
  • いまるぷ|URL
  • [編集]


なんだか、とても続きが気になってしまいます(^^;)
記事が、今欲している内容である感じがして。。。

振り返るわけでも、懐かしむわけでもない、
未来に向かった過去との再会・・・かなぁ(^^;)?
  • 2009/02/03(火) 13:06:01 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]

★いまるぷさん★


ボクも同じく
池面あるいはテラスにて
いまるぷさんと語り合いたいです
近々、かならずや
  • 2009/02/04(水) 09:44:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


ときどき、ふと思い出すだけの方だったのですが、
この、偶然手にした雑誌に、それも写真掲載で、最近までの足跡がコラムになって掲載されていました。それを見た瞬間、一瞬何がなんだかわからなくなりました。

ものすごい偶然です。
  • 2009/02/04(水) 09:47:01 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


心にくるお話ですねぇ(^T)

1年ほど一の橋交差点付近の事務所に勤めていましたが、
六本木交差点の反対側には、ほとんど行ったことがありませんでした。。。

Cityとcountry・・・
比べるものではないのかもしれませんねぇ(^^)
  • 2009/02/06(金) 00:09:45 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


都会と田舎、どちらも、それぞれにいい部分がありますよね。

ボクは田舎に居て、都内からの仕事をしていますけれど、都会で仕事をして、週末田舎暮らし・・・なんていうのも素晴らしいと思います。

広大な敷地付きの古民家を年間10万ほどで借りて週末田舎暮らししている方もいました。

都会は、やっぱり収入も良いし、週休2日はあたりまえ。都会生活の快適さと便利さを享受しつつ田舎暮らしが楽しめると思います♪こういう二重生活こそ理想的だなぁと思うこの頃・・・・あ、こういうのを別荘LIFEっていうのかもしれないですね(^^;
  • 2009/02/06(金) 08:50:56 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示