CALENDAR
04月 « 2017年03月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

サバイバルテント“コクーン”と樹上キャンプへの憧憬

090131_1.jpg


コクーン(Cocoon)と言っても“さいたま新都心”のことではない。ハードコア・サバイバルテントのこと。災害時の避難シェルターとして機能するテントで、以前の記事“600万円の樹上放置系テント”に登場した吊り下げ式のテントに見た目は非常に良く似ている。

吊り下げ式テントといえばA&Fが扱っているHennessy Hammock(ヘネシーハンモック)が知られていて、昨年後半、ついにというか、とうとう実際に体験することができた。『空中に設営する』というのは、ものすごく革新的なことで、デコボコあるいは傾斜している大地であっても関係なく、それでいて、ほんとうに気持ちのいい寝心地が提供される。

心配性のボクが、ヘネシーハンモックで唯一不安に思ったのは、頭のロープが樹木など支柱から外れてしまうと“頭から墜落して致命傷になってしまう”ということだった。ボクはものすごく心配性なので、もしも本番で使用するなんてことがあったら、そのリスクを回避するために、岩登りのビレイのようにもう一箇所担保でロープを出しておくかもしれない。

このように、空中というのは、リスクが回避されれば大地よりも快適。サバイバルテントCocoonがCocoonと命名されたのは、おそらく繭(まゆ)のように人を包み込んで生存環境を提供してくれるから、というコンセプトからなのだろう。

災害時、必用充分なベルトで木に吊るし、同じ素材のベルトで風に揺れないように下部を大地に固定。そして中に避難する。木に吊り下げる、ということは墜落リスクのほかに、落雷という日常的なリスクがある。木に落ちた雷は瞬時に木を伝い側撃となって人に襲いかかる。その大きなリスクを踏まえ、Cocoonには絶縁体が使用される。


090131_2.jpg野生動物の脅威、害虫の脅威、水、雨、風、落雷の脅威から、救助がくるまで一時的に避難できるシェルターテントCocoonのコンセプトは、なかなか面白い。これをアウトドアで使えないかな、とふと思ったのだけれど、内部で座っていなければならない、という点に気づいた。これでは長時間入っているわけにはいかない。エコノミー症候群で、血が足元に偏って血栓ができて、逆に命が危険になってしまうだろう。

アイデアは素晴らしいけれど、やっぱり長時間避難(滞在)するのであれば、一本のロープで設置できる、クライミング時のポータレッジがもっとも現実的ではないかと思う。
このポータレッジは、面白いことに樹上キャンプで活躍している。大きな木に登り、その上から吊り下げてキャンプするアクティビティ。ポータレッジには上から覆う三角のシェルターもあるし、調理はコンパクトなクッカーでその上で行う。

090131_4.jpg 090131_5.jpg


そしてトイレの場合は、下に垂らしたザイルを、特殊部隊のように一気にラペリング(アプザイレン・懸垂下降)。このとき、特殊部隊気分を楽しみたければハーネスも登山用ではなく、たとえば“イエーツ・アサルト・ハーネス”とか“イエーツ・タクティカル・ラペリング・ハーネス(上左)”など、特殊部隊御用達のアイテムを使用したい。で、そうなったら当然のこと手には、ロープとの摩擦でデロデロに焼けただれないよう万能型強襲手袋“コブラ・プラス・グローブ(上右)”を。

ポータレッジを活用した樹上キャンプ・・・カッコイイかも。
090131_3.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


◆関連リンク◆
Cocoonのページ
ツリーハウスで遊ぶ (ツリーハウスシリーズ)

【樹上キャンプにBD社のポータレッジ】

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


こんにちは。
超プライベートな隠れ家、イイですね。

でも、ポータレッジって、けっこうイイ値段なんですね。まあイノチ張ってるモノですから当然か。
支点1ケ所で完全な宙吊りだと、船酔いしそうですけど、ワシは(汁
  • 2009/01/31(土) 11:59:34 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


実はボクもポータレッジ未経験(^^;;

これでツリーキャンプしたら、楽しそうです。
まさに、週末隠れ家ですね♪
  • 2009/01/31(土) 14:25:44 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさんお疲れさまです!

なっなっなんすか!コレ!
初めて見ました!コクーン!でも600万円のも気になるので、ユウさん買って下さい!

一度見てみたい!
でも平地じゃ無理って事ですよね~。それと酔い易い人も(笑)
  • 2009/01/31(土) 17:35:32 |
  • 91|URL
  • [編集]


ポータレッジキャンプ、実は妄想したことがありますw
キャンプ場で使うと物笑いにしかならなさそうだったので諦めました。

ヘネシーはワタクシも不安になるときがありますが、地面の危険度(石やら樹の根)が無いか確認してから張る用にしております。
普通のハンモックでロープが外れて落ちたことがありましたけど、意外と大丈夫でしたよーw

  • 2009/02/01(日) 00:07:01 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]

★91さん★


>でも600万円のも気になるので、ユウさん買って

ぜ~ったいに無理です(^^;;
600万円あったら、房総だとバブル期の海が見える豪華な別荘が買えちゃいます・・・
あ・・・でも、600万円テントを別荘にすればいいのか(笑)
  • 2009/02/01(日) 07:26:04 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


キャンプ場だと観察されて、動物園の動物状態になりそうですね(^^;

> 普通のハンモックでロープが外れて落ちたことがありましたけど

昨年、キャンプ場でハンモックのロープが切れたのを見たのですが、ぞっとしました。ボクは、クライミングでも、ハイキングでも、少しでも不安要素があると行動を中止するほどの怖がりなので(笑) 頭の落下するあたりにザックを置いておけばいいのでしょうね。寝心地は抜群でした!
  • 2009/02/01(日) 07:30:16 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


世の中には面白いものがまだまだありますね。
繭に包まれたい、蓑虫になりたい、そういうのあります。

息子がもっと小さい頃、ハンモックを似たような状態にして寝かせた事があります。
包まれ感が心地よさそうでした。
子供だからスヤスヤですけど、確かに大人は難しいでしょうね。
起きてもそのままの形になりそうです。
  • 2009/02/01(日) 10:51:57 |
  • somtam|URL
  • [編集]

Re: タイトルなし


ボクも子供時代、ダンボールの中とか、
そういう狭い場所になぜか不思議な安心感を抱いていました。
マユのような、そんなテントあるいはシェルター・・・探せばありそうですね♪
  • 2009/02/02(月) 14:10:15 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示