CALENDAR
03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

世界が無色になる前に キャンプ天国な冬の房総へ

090121_1.jpg


無色の世界には住みたくない・・・そうは思っていても、じつは無色になったことすら気づかないでいたりするんだろうな。そんな状態になりたくないと願うばかりだ。

どういうことか。それは、同じ色を見続けていると、しばらくすると視野から色彩が消えてしまう、という事実。人は単色だけを見続けることができない仕組みになっている。赤をじっと見続けると、赤色が消え去り、ただぼんやりとしたグレーのような無色の世界となってしまう。赤というものが識別できなくなってしまうのだ。

赤と補色関係にあるのが緑。この二色は互いを強調しあう関係にある。クリスマスのカラーリングだ。人間の意識は緑と赤を行き来し、お互いの色は強調され続けて消え去ることはない。これは色の世界の話。

同じようなことは季節にも。自然に対する類まれなほどの敏感な感受性がはぐくまれてきた日本という文化的背景には、四季が明確な日本という風土があってこそだったのではないのか、と思わずにはいられない。


090121_2.jpg秋があり、冬があり、そして春があるからこそ、夏がより鮮明に意識される。同じように秋も、冬も、春も、季節がめぐる毎日が鮮明に意識される。気候の変化によってもたらされる、独特の感受性と美意識。

何かを見続け、感じ続けるためには、変化の中に身を置かねばならない、のではないのか。色彩、四季・・・同じように地域、文化、暮らし・・・かわいい子には旅させよ、という言葉もあるけれど、それは地域文化からの脱出だったかもしれない。見聞を広めるとは無色の世界への予防線か。それでも、無色になって気づかぬ知識人もいるようだ。自説に固執し聞く耳持たぬ故、話し合いができない批判精神とは無縁の人物・・・たとえば大槻教授や田島陽子とか(^^;;

同じ価値観、同じ意見、同じ志向・・・こういったものも同じ。同質は気持ちいいかもしれないけれど、それは感性の停滞。変化、異質なるものを求めてこそ、生き生きとした意識が働き始める。

そういえば、ずーっと沢音の中に身を置いていて、あるときふと我にかえったとたん、“ザー・・・”と沢音が聞こえるなんてことがある。これも無色の世界。本人は何が消えたのかまったく気づくことができない。今も、何かが消えているかもしれないけれど、それが何なのかボクには見当もつかない。

そうだ、キャンプ、行こう・・・今週ひさしぶりに連休が取れそうなので、海辺で偶然に見つけた、とっておきのキャンプ場で過ごしたいと思っています。陽だまりの房総は、今の時期こそほんとうに気持ちのいいキャンプが楽しめるオンシーズンです。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

                                               
Comment


はじめまして。
たびたび覗かせていただいておりましたが。

ここ最近なんだか雑音が多くて、
タイムリーな記事だなと興味深く拝見しました。

雑音にこそ耳を傾けなきゃいけないということですか。
なるほど、勉強になります。

前にテレビでブルースの歌い手が語っていたのですが、
「おれはi-podなんか持たないよ。耳に入る音がすべて音楽になって頭の中を流れているからね」
と言っていたのをふと思い出しましたよ。
  • 2009/01/21(水) 14:06:02 |
  • tori-bird|URL
  • [編集]

★tori-birdさん★


こちらこそ、です(^^ /

丹沢、大倉の記事、しっかりと読ませていただいてました。
参加したかったです。
以前であれば、丹沢方面はホームだったので、ホイホイ参加してしまったのですが・・・

そういえば、雑音に近いものに、旨味があるのでは・・・なんて思ってます。
精製せずに、ある程度の不純物があったほうが塩も美味しいですし(^^;;
無音室という部屋に入ったことがあるのですが、音が全く反響しない雑音の無い空間は、非常に居心地が悪いです。気が狂いそうになります。

そこを出て、ざわざわ・・・という普通の空間の気持ちよさが実感できました(^^
  • 2009/01/21(水) 17:43:05 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


海辺でキャンプですかーいいですね。
夜になると波音だけ聞こえて、なんともいえない良い気分になっちゃいます。
キャンプ記事楽しみにしてます^^。
  • 2009/01/21(水) 17:48:38 |
  • 横道|URL
  • [編集]

★横道さん★


たぶん横道さんもご存知のキャンプ場だと思います。

ボクにとって、まさにホームラン的な場所でした。
上高地の小梨平に匹敵するほどの気持ちよさ。

今年初の連休の可能性が濃厚なので、
もしも二日間の休みが取れたら、行ってこようと思ってます。

このご時勢・・・・忙しいのはいいことなのかもしれませんが・・・(^^;;
  • 2009/01/21(水) 18:12:31 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


何かに集中している時に音が消え、色が消え、ふと我に返ると・・・という経験はありますが、
まだ感性から消えていることはないと・・・思いたいです(^^;)

ほっとくと、感性に呑まれてしまいそうで、その恐怖のあまり理屈っぽかったりする人いますよね(^^)?
田島陽子さんがそうかは(^^;;;ですが。

あぁ房総・・・行きたい、けど行かれない。。。
そんな時もあるさ!←自分に言い聞かせてます。。。

  • 2009/01/21(水) 19:17:57 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


>ホームラン的な場所
此処かな?あそこかな?と想像をしています
今年初の連休を楽しんでくださいね
私は今回プチかまど以外にも色々と試したい物が多く
行く場所は広い近いでも他人が居る可能性大の場所になりそうです。

  • 2009/01/21(水) 21:19:39 |
  • cuervo|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


ボクも、
たぶん、
ようやく連休とれそうです。

館山は仕事で頻繁に行っていましたが、もしも連休取れたら、プライベートで行いたいです♪
  • 2009/01/22(木) 12:28:08 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★cuervoさん★


> 此処かな?あそこかな?と想像をしています

たはは・・・
あまりたいしたところではないんです(^^;

野宿もいいのですが・・・それはまた今度・・・ということで♪
今回は、どのようなものを試すんですか?
ものすごくワクワクします。
  • 2009/01/22(木) 12:30:06 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


試すと言っても雪原でしか使った事が無いモノポールシェルターと
他メーカーの薪ストーブの組み合わせ、
2種のBivy、シルナイロン製タープのの虫干し兼防水処理を予定してます、
勿論ステンレスプチかまどの耐久テストも使用と思っていますので
場所は千葉県よりの茨城県内無料キャンプ場になりそうです。
  • 2009/01/22(木) 13:14:16 |
  • cuervo|URL
  • [編集]

★cuervoさん★


ボクはモノポールを雪山で使用したことがなかったので、来月磐梯山で試用してきます。
ちょうど数日前から磐梯山に行っている友人がいて、彼からお誘いがあったので、来月行く事にしてしまいました(^^;;

そこで久しぶりに雪中でbivyキャンプもするつもりです♪
茨城は、野宿に最適な林道も・・・たくさんありそうですね。
  • 2009/01/22(木) 21:58:33 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示