CALENDAR
10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

房総のクライミングゲレンデ 海原望む岸壁で半日クライミング

090118_1.jpg
(クリックで拡大)

何とか午前中いっぱいで仕事を終わらせることに成功し、窓から外を眺めると気持ちのいい好天気。いつもなら海岸でブラブラしてごまかすのだけれど、この日は運良く地元の山岳会の方からクライミングのお誘いが入った。

クライミングといっても山でなく、青き波洗う房総の岬にそそり立つ岸壁を登ろう、というもの。ボクは二つ返事で了承し、間もなく迎えに来た彼の車に乗り込んだ。

090118_2.jpg用意したザックはこれ。二泊程度のバックパッキングにも使用しているミレーのギアザック。背面をファスナーで全開にしてギアを詰め込めるようになっている。メットホルダーには真っ赤なペツルのヘルメット。その下には使用頻度の高いスリングを巻いたカラビナ類。行く場所によって、ここにはナッツやハーケン、フレンズ類が吊り下げられる。

さて中は、というと・・・クライミングシューズ、ハーネス、チョークバッグ、8環、ATC、ユマール、ヌンチャク(連結されたカラビナ)などなど。トランギアも何も持たず、食べ物飲み物はコンビにで仕入れることにした。

090118_3.jpg 090118_4.jpg


それとウェアは、雪山以外では常に履いている化繊の薄手ランニングパンツとポリエステルの半袖アンダーウェアの上にユニクロのマイクロフリースのみ。これは廃版になりそうだったので数年前にまとめ買いしておいた。案の定、最近プルオーバー型の極薄マイクロフリースは見当たらない。行動中は極力発汗させないためにできるだけ薄着。だから行動をやめると急激に寒くなるので、そんなときのために手の平サイズに収納できる薄手のウィンドブレーカー。

090118_5.jpg 090118_7.jpg

厳冬期はマイクロフリースの下の半袖シャツが極薄のアンダーウェアにチェンジ。この上に、アウターシェルであるアルパインジャケットを着る。同じく下は薄いタイツの上にフリース素材の薄いクライミングパンツ。その上にアウターシェルのアルパインパンツ。これがボクの厳冬期スタイルです。

現地近くで車から降り、ギア類をつめこんだザックを背に、海岸線に付けられた細道をしばらく歩き、笹薮の中にかすかに付けられた踏跡から海岸に出る。そこには真っ青な大海原の中に岩塔のような岸壁が波に洗われ無数に立っている。

岩質はかなりもろそうだった。近付いて触れてみると、はたして石灰岩質の丹沢・広沢寺の岩場(あるいは鷹取山の岩場)のような、いや、それよりもザラザラとした脆い岩だった。ホールドも乏しく、細かな凹凸を拾いながらの繊細なクライミング。なんだか苦手、ジワジワと追い込まれそうな嫌な予感(^^;;

ということで、ボクはビレイヤー宣言。彼が支点をセットしつつリードで登り、ボクは彼をビレイしつつ、上でザイルをトップロープにセットした彼をロープを送り出して下降させる。後はザイルがセットされているので、安全に登れる。しかし2人なので撮影できません。

090118_8.jpg

岩は高さ20メートル少々。高くもなく低くもなく、ちょうどいい高度感だ。岩は潮風に洗われて表面が砂岩のようにざらつき、指先が痛くなる。しかしシューズのステルスラバーが、小指の爪先ほどのそれも外傾した微細な部分にもF1のスリックタイヤのような驚異的なフリクションで吸い付いてくれたので、ストレスが軽減される。※お互いに何本か登り、休憩中に撮った一番上の画像の部分拡大図です。クリックでさらに拡大するとセットしたピンクのロープがかすかに・・・

090118_9.jpgちょっと背後を見ると、海を挟んで同じ高さにある展望台から、観光客がこっちを見て指差しているのが見えた。
帰り際には、周囲のゴミを拾って帰る地元山岳会のS氏。次回から、ボクも常にゴミ袋は持参するよう決意。しかし、海岸・岸壁のクライミングって、こんなにも気持ちがいいものだったなんて・・・思いもよらなかったです。アドレナリンも出ていたので、それで余計に気持ちよくなっていたのかもしれないですね(笑)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


ユウさんお疲れさまです!

楽しかったっすか久々の休日は?やっぱりユウさんあれですか?『なぜクライミングするのですか?』と尋ねられたら『そこに岩壁があるからさ!』って答えるんですよね(笑)
  • 2009/01/18(日) 19:11:22 |
  • 91|URL
  • [編集]


とても楽しい遊びをしたみたいですね。
でも、私は高所恐怖症。(+_+);;
  • 2009/01/18(日) 19:11:44 |
  • ピータン|URL
  • [編集]


海辺でクライミング・・・気持ちいいのだろうなぁ。。。
一昨日、平地を10kmほど歩いただけで、すね筋がパンパン(^^;)

あぁ・・・情けない。。。
  • 2009/01/18(日) 22:15:43 |
  • monkichi88|URL
  • [編集]


こんばんは。
なんか、見たコトある場所みたい(w
岩、すごくヤワそうですよね。気をつけてください。

それから…、ハーネスにユニオンジャックが見える、気がする。
もしかして、トロールのウィランス・シットハーネスですか?
だとしたら、すごーくモノもちがいい(w
  • 2009/01/18(日) 22:31:39 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★91さん★


「なぜクライミングしはりますのん?」
「アホやさかいに」
「?」
「猿と何とかは高いところが好きぃ言う、あれや」
「ほう、そら名言や」

・・・・だと思うのですが(^^;;;
  • 2009/01/19(月) 10:30:29 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ピータンさん★


ボクも高いところに登ると、ゾクゾクします(^^;;

でも、落ちるかもしれない、という非日常の恐怖の中で、ぎりぎりのところで一歩づつ登るたびに、「やった!」「あぶね~あぶね~」なんていう声が頭の中で響いて、アドレナリンがジワジワと・・・(笑)
  • 2009/01/19(月) 10:33:31 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★monkichi88さん★


同じく・・・・
今、筋肉痛で上腕がパンパンです(^^;;;

完全にトレーニング不足です・・・
  • 2009/01/19(月) 10:35:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ラードさん★


たぶん・・・というか、完全に知っている場所でしょう(^^;;

難易度の高いフリールートのほかに、アブミの架け替えでハングを突破する、人工の練習にちょうど良いルートもS氏たちが開拓中でした。

ここは最高です♪

> 岩、すごくヤワそうですよね。気をつけてください。

風化が進んでいるので、かなりヤワイです。気をつけます。ありがとうございます。

> もしかして、トロールのウィランス・シットハーネスですか?

まさにピンポ~~ン!です。
実は太ももにループのあるハーネスも持っていたのですが、装着が面倒なので、どうしてもこのトロールのこのタイプばかり使ってしまいます。ですが、そろそろお蔵入りです。大きな墜落したらそろそろ危なそうです(^^;;;
  • 2009/01/19(月) 10:41:24 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


トロールのヤツは憧れました。
ワタシはそのパチモン、「Dax」のシットハーネスでしたが。

いやもう、ワタシはこんな高さでも、おっかなくてダメです。
たはは。

  • 2009/01/19(月) 11:52:23 |
  • ラード|URL
  • [編集]


海を見ながら(正確には背中にしょって)って憧れでした。
いまでは出っ張ったポニョのせいでスタンスも見えない、
いやそれどころか体重で壁が壊れてしまいますので
取り付くこともできなくなってしまいましたが、
信州にまで潮風が吹いて来たような気持ちになれました。

最後に海を見たのは、いつのことでしょうか...
  • 2009/01/19(月) 12:21:43 |
  • いまるぷ|URL
  • [編集]

★ラードさん★


たぶん、そのDAXのハーネスは、友人が持っていました。
ボクはユニオンジャックがかっこよかったので(^^;;

もうひとつのモデルはREIのオリジナルのハーネスです。
ネットで安かったので・・・
  • 2009/01/19(月) 14:24:30 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★いまるぷさん★


こちらこそ信州の真っ白な雪を堪能させていただきました。
あのカンジキ、かっこいいですね。

スノーシューより、カンジキというところに山男の性を感じました♪
スノーシューは自作を考えています・・・
  • 2009/01/19(月) 14:27:20 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


房総は泥岩や砂岩が多いから「パカっ!」と割れそうで怖いですね。
掛かりと同時に岩の状態も見極めないとならないだろうし、このルートはかなり上級者向けな気がします。
想像するだけで怖いです(^^ゞ
  • 2009/01/19(月) 22:25:29 |
  • 横道|URL
  • [編集]


むむぅ、いずれユウさんにご教授いただく日のためにも、ぼちぼち筋トレしておかないと。。。
この週末のヌルい登山で筋肉痛になってるバヤイではないですよね。
バンガリマスw
  • 2009/01/20(火) 01:03:36 |
  • いのうえ|URL
  • [編集]

クライミング


千葉の岩はボロボロですからヒヤヒヤしながら読みました。v-40
見てると楽しそうですね
私たちにはその技術が無いので、今度登ってるのを写真に撮りたいですv-212
  • 2009/01/20(火) 06:03:08 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

★横道さん★


たしかにカッチリとした岩のほうが、気持ちよく登れるかもしれないですね(^^
岩質から・・・支点も、墜落したら、なんとなく危なそうでした・・・
  • 2009/01/20(火) 10:07:54 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★いのうえさん★


ボクも、当時の夜から上腕と肩甲骨周囲のが筋肉痛で、ようやく収まってきました(笑)
運動不足・・・・
岩登りは、人が増える前の3月中には行きたいですね~!
  • 2009/01/20(火) 10:14:11 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


たしかにボロボロですね~
ハンマーで叩くとボロッ・・・と欠け落ちそうです(^^;;
  • 2009/01/20(火) 10:15:57 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示