CALENDAR
06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

房総・尾根道の「謎の焚き火小屋」の主の正体

090116_1.jpg
【画像はクリックで拡大します】


謎の焚き火小屋の記事の林道は南房総の山脈の尾根上を東西に伸びる「嶺岡中央林道」です。ラードさんによれば、ここは以前フルダートだったらしく、きっとものすごく気持ちのいい林道だったに違いありません。なにせ、こんもり茂る森の中に伸びる気持ちの良い尾根道のうえ、森の切れ目からは最高の眺望が楽しめるのですから。

090116_2.jpg車のすれ違いができない細い道ですが、車もほとんど通らず、訓練とツーリングを兼ねて快走するロードレーサーが気分よさそうに快走する姿もときおり見られます。森の中にぽつぽつと建つ瀟洒な建物は、おそらく別荘でしょう。

さて、この尾根上の開けた斜面横にあった「謎の焚き火小屋」ですが、ここで火に当たっていると人の気配がします。焚き火を離れ、木立の影からそっと見てみると・・・背になにやら大きなものを背負う怪しげな姿が斜面の上に。

090116_3.jpgなんとパラグライダーです。ボクは小屋を出て離陸準備をする彼に挨拶。しばらくの間、いろいろなことを話していると、焚き火小屋のストーブに火入れしたのは彼だったことが判明しました。彼は「自由に暖まって行ってくださいよ」とニッコリ。

風が出てきたようです。パラグライダーが風をはらんで大きく膨らみ始めました。すると次の瞬間、羽が大きく空に立ち上がり、彼はスイ・・・と真っ青な空に飛び立ったのです。このまま館山方面まで飛ぶこともあるそうで、自由に飛び回るその姿に羨ましさを覚えてしまいました。

空を飛んだことといえば・・・岩登りの際に墜落したことだけです(^^;; それもものすごく短い時間です。もちろんバンジーなんていうものもやったことはありません。でも、これらは落下で飛行ではないですね(笑)。人工の動力など使わずに、風という、あくまでもネイチャーな力だけで自由に空を飛ぶ・・・想像できないほどの快感なんでしょうね、きっと。

謎の焚き火小屋の主は、古いランクルを駆る、パラグライダーのパイロットでした♪

地図はコチラ

<<<関連の前記事へ房総の野宿ポイントと謎の焚き火小屋

◆ディープな房総記事:房総で沢登り

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


おはようございます
峰岡林道だったのですね、懐かしい場所です
以前はその辺りに公営の野営場が有り偶に利用しました
「赤軍派のリンチ事件」の頃だったのであやしい奴らと通報され護送車が迎えに来た事も・・・
当時は太海から徒歩で行っていました
  • 2009/01/16(金) 10:20:10 |
  • cuervo|URL
  • [編集]


嶺岡林道は、たしか1号から5号線まで連続してるんですよね。で、房総半島をキッチリ横断できます。
途中の「大山千枚田」も風情があるし、東端の海を見下ろせる展望台も絶景。一般観光客には知られていないナイスな快走コースです。
  • 2009/01/16(金) 12:25:16 |
  • ラード|URL
  • [編集]

気持ちよさそー


私がたまに行く林道の終点にパラグライダーの発着地があります。
見ていると、とても気持ちよさそうでした。
ライダーの方が降りてきて、どうですか?なんて勧められましたけど、丁重にお断りしました。(^^;
だって、こわいですもん(^^;
当分、バイクで遊びます。(^^;
  • 2009/01/16(金) 15:36:40 |
  • たそがれライダー|URL
  • [編集]

★cuervoさん★


房総は今まで何も知らなかったのですが、
こういった林道の存在など、知れば知るほどドップリとはまってしまいそうです(^^;;
地図を見ると、キャンプ場があるようですが、走っているときには、まったく気づきませんでした。
赤軍派と護送車・・・リアルに怖いです
  • 2009/01/16(金) 18:32:40 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

林道


この辺もだいぶ開発されてきましたね

志駒街道が昔はくねくね雨が降ると落石があったりしたのが、今じゃ紅葉ロードで観光バスで観光に来ている。

どんどん開発されて、秘境なんてなくなってしまいますね
  • 2009/01/16(金) 18:35:15 |
  • 恵那爺|URL
  • [編集]

★ラードさん★


いろいろと調べていたら、いろいろあるようですね!
それらをつないで、いずれ走ってみるつもりです(^^

大山千枚田は、フォトコンなどでよく見かけるので、ぜひとも一度は伊行って見たい場所のひとつです。今年は、房総を遊び尽くしたいです♪
  • 2009/01/16(金) 18:37:03 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★たそがれライダーさん★


たしかに怖さもあるかもしれませんね・・・

でも、スカイダイビングよりは、こわくないような気も(笑)
ふわり・・・と浮き上がって、はるか上空から下の山々を見下ろす・・・岩登りと同じように、慣れるのかもしれませんね(^^;;
  • 2009/01/16(金) 18:39:51 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★恵那爺さん★


> 志駒街道が昔はくねくね雨が降ると落石があったりしたのが、

その当時は、いまよりもずっと風情があったのでしょうね。
山も観光地も、便利にならないでほしい・・・って本気で思ってます(^^;;
  • 2009/01/16(金) 18:41:33 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


自由に暖まって行って下さい。
く~、カッコイイ!
左端に写っていたのはやはりランクルのロクマルだったんだ。
もう一度乗りたい。

飛ぶ人は地上の出来事には固執しないのかなあ~^^;


大山千枚田は、財産だと思います。

この写真群を見ていると、なんか泣けてきます。
http://www.ne.jp/asahi/chiba/shikitasai/
  • 2009/01/17(土) 01:17:41 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★野宿屋ノブさん★


ロクマル、ものすごく良いヤレ具合で、かっこよかったですよ。
焚き火小屋は、仲間みんなで使ってるのだということで、どうぞご自由に・・・ということらしいです(^^

この景色を眺めながら、焚き火でぬくぬく・・・極楽でした。
  • 2009/01/17(土) 09:19:44 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★ラードさん★


> http://www.ne.jp/asahi/chiba/shikitasai/

素晴らしいサイトを
どうもありがとうございます。

林道とセットで、四季それぞれの棚田めぐりしたくなりました。
房総って、こんなにも美しかったんですね!
素晴らしいです!!

  • 2009/01/17(土) 09:25:58 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


むふふ。もっとご紹介しちゃう(w

ジムニーで房総ダートなら、このサイトを外すワケにはいきません。
房総のニッチ紹介のパイオニア・代官氏。これは膨大なコンテンツから房総に特化したもの。
http://homepage2.nifty.com/woodland-trail/

「川廻し」の研究とかアレコレ楽しいこと請け合いです。数年前、このサイトで世に知らしめた「T」秘境の探索がブームになったり、ワタシも4年前に本格的にバイクで林道トレックにカムバックしたときは、ものすごーく参考にさせてもらったものでした。

林道やらメシ処やらマニアックなスポットやらの開拓…。
まだまだディープですよ、房総は(w
  • 2009/01/17(土) 12:35:37 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


ディフェンダー、最高ですね!

それ以上に・・・このサイトもエキサイティングです。
これはものすごく読み応えありそうです。

それにしても、いろいろご存知ですね!

ディープな房総の入口に立っている気分です(^^
ありがとうございました!
  • 2009/01/17(土) 17:57:33 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

良い眺めですね。


こんにちわ。
とても良い眺めですね!
そしてとても気持ち良さそうです!!
パラグライダー、いつかやってみたいと思ってます。
怖いけど。。。
  • 2009/01/17(土) 19:51:00 |
  • ヤタマン|URL
  • [編集]

★ヤマタンさん★


こんにちは!
ボクもスカイダイビングは嫌ですが、
パラグライダーのように空を飛ぶスポーツには憧れます♪

ちょこちょことここに通って、教えてもらおうかなぁ~
なんて思ってます(^^;;
  • 2009/01/18(日) 08:44:23 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ロクマルと独特な壁で場所はわかったのですが内緒かと思ってました(^^ゞ
以前この場所で無線をしようと思ったのですが、巨大な送信アンテナからのノイズで断念、少し別荘地の方へ下った路肩で南鳥島と交信出来ました。

パラグライダーとバンジーはいつかやってみたいです^^。
  • 2009/01/18(日) 08:58:32 |
  • 横道|URL
  • [編集]


そう言えばウチの裏山の丹沢、ヤビツ峠付近からのパラセール飛翔、最近見ないなあ。禁止になったのかな?
グライダーのコクピットからのフライトビデオ見た事有りますが、別世界。静かで大胆。天国みたい^^;
丹沢突っ込み林道で野宿するんですかア~^^/

★横道さん★


いえいえ、内緒ではないです(^^;;

>パラグライダーとバンジーはいつかやってみたいです^^。

同じですね~!
落ちる感覚が嫌いなので、バンジーは、ちょっと怖そうですが・・・
でもチャレンジしてみたいですね♪
  • 2009/01/19(月) 10:21:48 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★野宿屋ノブさん★


二の塔の手前の藪の壁向こうの草地が発着場所になっていたようです。ものすごく気持ちよくて、おわん状になっているピークに座って景色を眺めていると、まるで空を飛んでいる気分が楽しめました。

最近は飛んでいたいのですか・・・事故でもあったのでしょうかね??

ここのところ連休がほとんど取れないので、キャンプもままなりません。行ったとしても日帰り(^^;;

あ~~~野宿したいです!
  • 2009/01/19(月) 10:27:30 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


この焚き火小屋・・・
めっちゃカッコイイ!!
こういうのって、、、理想ですね~
仲間と気軽に使える焚き火小屋・・・
極上の時間が過ごせそうです。

私の夢に向かって・・・
是非こういう記事、参考にさせて下さいね(^^
  • 2009/01/19(月) 13:44:12 |
  • lag|URL
  • [編集]

★lagさん★


これは通常では屋根無しですが、
上に棒が取り付けてあるので・・・・

おそらく雨天時などにはドラム缶部分以外の上を、シートなどで覆えるようになっているのかもしれないです。

ボクも仲間と気軽に集える小屋が欲しい・・・屋根が無くてもいいです(^^;;
  • 2009/01/19(月) 14:30:11 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示