CALENDAR
10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登りを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。
山と音楽と本があればシアワセ。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー/ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子/金井夕子
・ジョニー ウィンター/プリンス
・ウラディーミル・アシュケナージ
・アンドラーシュ・シフ
・フジコ ヘミング
・バレンボイム


このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

房総の野宿ポイントと謎の焚き火小屋

090115_2.jpg


ひとくちに千葉県と言っても、北部と南部とでは風土も文化もまったく違います。ほとんど東京と同化している海浜幕張や舞浜、船橋、成田などの北部に対し、山と海の南部は住居、生活スタイルや考え方まで完全に異質。別世界と言ってもいいほど。

南部の地名に安房(阿波)や鴨(加茂)などありますが、これは昔、四国の人々が房総に移り住んだためなのでしょうか。四国出身の友人は半島の南部を見て、なんだか四国に帰ってきたみたいだ、と嬉しそうでした。

房総の内陸部はほとんどが山。標高は高くありませんが激しい起伏が目立ち、性格的には穏やかというより、なかなかに厳しい山々たちです。

090115_1.jpg昨年の秋から館山での打ち合わせが頻繁になり、舗装路に延々と車を走らせて向かっていたのですが、沿道の風景がどうにも楽しくない。そこで、どうせなら移動時間もアウトドアトリップの時間に変えてしまおう、と思い立って、山脈の尾根上を走る細い道らしきものに目星をつけて車を乗り入れました。

今まではトンネル何本も通り尾根をくぐって走っていたわけですが、その尾根の上を尾根伝いに走る気持ちのいい道です。そこからの光景は少し前まで親しんできた山梨県道志村の尾根道のそれとうりふたつ。なんだか山梨の山道にテレポーテーションしてしまったような不思議な感覚が楽しめる林道です。

尾根上から左右に未舗装の林道が次々と道を分け、そのどれもが魅力的。きっと野宿にぴったりの場所も数多く隠れているはず。少しずつ、オフを利用して探索する予定です。
※画像の眼下には九十九折れの未舗装林道がありますが、ここには何箇所かの秘密のキャンプサイト(野宿ポイント)があります。

090115_3.jpgさて、この尾根の上に不思議なものを発見して、ずっと気になっていました。それは二方向だけを塀で囲んだ空間で、手作りのデッキチェアの真ん前にドラム缶ストーブがでんと据えられている場所。ボクはこれを「秘密の焚き火小屋」と呼んで、ここを走るたびに車を降りて一休みさせてもらいました。

これがもっと森の奥深くであれば「山賊のアジト」とか命名したかもしれません。屋根がないので小屋ではないのですが、焚き火小屋という言葉がぴったりです。昨日、ここを通りかかると・・・・誰かが焚き火しているようで、煙が風になびいていますが姿は無し。ボクの気配にどこかに隠れたのでしょうか。

ボクは尾根上から一通り房総の山並みを堪能すると、秘密の焚き火小屋で火にあたりました。 “マウンテンダックス”のダンボールが焚き付けに置かれているところを見ると、アウトドア好きな年季の入ったタキビストが設営した秘密基地かもしれません(^^

・・・・・・が、やがてここの主の正体が判明します。それは次回へ。(つづく)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

焚き火と野宿・山旅関連記事リンク

素敵な焚き火は薪選びから(タキビストへ)
焚き火賛歌
九十九里浜の秘密の野宿ポイント
アウトドアのための長~い軸のレトロなマッチ
プチかまど』試作品の試運転でモツ煮を作る
山旅キャンプ-2 黒部源流へバックパッキング
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


おおう。その秘密基地、ドコの山奥かと思えますね(w
峰岡中央林道も、10数年前まではフル・ダートだったらしいです。

ジムニーでマーキングしておくべき房総ダートは、「高山~大山横尾~山中林道」です。舗装されちゃう前に、ぜひ(w 
これ、3本ほぼ連続の計10kmというロング・ダートです。怖くはないですよ。オススメ。
  • 2009/01/15(木) 14:22:43 |
  • ラード|URL
  • [編集]

★ラードさん★


フルダートのときに走ってみたかったですね~!
10キロのロングダート、ロックオンしました。
ありがとうございます♪
  • 2009/01/15(木) 14:56:52 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


よだれが出るような房総の林道と野営地情報ありがとうございます。久しぶりにジムニーでガッツリ走りたくなりましたです。その内房総の゛林道とキャンプ゛ご一緒させて下さいませ。
  • 2009/01/15(木) 17:25:34 |
  • kimatsu|URL
  • [編集]


大概のトンネルは旧道を押しやり一番偉そうな顔をして存在してますね。
僕は断然旧同派。そこには地元の顔や、思いがけない景色、秘密が有りますよね。

さて、この焚火場。ヤバイ位いいですよ。
酒と摘み持って、勝手に一晩泊まらせて頂きます^^/
いいなあ~...
  • 2009/01/15(木) 17:44:06 |
  • 野宿屋ノブ|URL
  • [編集]


良い雰囲気の場所ですね、丸太の椅子に座ってオーナーと一緒に暖をとりたいものです。

千葉の林道を走ってるとそこらじゅうに野営場所ありますよね、今年は怒られるまで野営してみようかなぁ(笑)
  • 2009/01/15(木) 19:24:33 |
  • 横道|URL
  • [編集]

★kimatsuさん★


まだまだ房総二年目に突入したばかりの房総初心者なもので、ほんとうに有益な情報がおとどけできず、もうしわけないです(^^;;

房総林道キャンプのその前に、丹沢の林道どん詰まりキャンプ&岩登り、やりましょう!
  • 2009/01/16(金) 08:47:57 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★野宿屋ノブさん★


国道20号線に笹子トンネルがありますけれど、
あそこの旧道の峠道がとても好きでした。
時間さえあれば、誰もいない笹子駅でランチして、旧道の笹子峠へ・・・
というのがお決まりコース。
一時、峠のピーク付近が通行止めになっていて、そこから引き返してきていましたが、解除されたのかどうか・・・・気になります♪
  • 2009/01/16(金) 08:50:34 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★横道さん★


ボクも、いろいろと身辺整理ができた今年は、積極的に林道キャンプを楽しんでみたいです(^^
  • 2009/01/16(金) 08:51:51 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


その場所から察すると飛んだり転がったり出来る所ですね
「秘密の焚き火小屋」の壁は北風よけですな。
小生もたまに房総林道キャンプする事があります、見晴らしの良い所で。
  • 2009/01/30(金) 17:38:36 |
  • 小童|URL
  • [編集]

★小童さん★


> その場所から察すると飛んだり転がったり出来る所ですね

まさに、ピンポ~ン!です。
パラグライダーで飛んでいる方がいました。

房総での野宿はまだ数回ですが、探せば気持ちのいい場所、いろいろありそうですね。楽しみです♪
  • 2009/01/30(金) 18:28:37 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示