CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

スノーペグ

090113_1_20090113131806.jpg冬のアウトドアといえば、その代表格はスキーとアイスクライミング。

スキーは雪山に本番スキーをしに行かなくてもゲレンデで気軽に楽しめるし、近年アイスクライミングも例えば八ヶ岳の赤岳鉱泉小屋のアイスクライミングのゲレンデなどで気軽に楽しむことができるようになった。安全なスポーツクライミングによって愛好者が増えればいいですね。

雪山を滑降したり、登ったりのほかにもスノーハイクなんていう冬ならではの楽しみもあります。スノーシューやクロスカントリースキーを履いて、雪深い野山をのんびりと散策して楽しみます。

ボクはこのスノーハイクにキャンプをセットにして楽しむのが大好きで、あちこちの冬の野山に入り込んで楽しみます。富士山周辺には、こうしたスノーハイクにうってつけの場所がたくさんあります。冬は、膨大な積雪によって登山道が足元はるか数メートル下。つまり木立や登山道に束縛されない自由に動けるフィールドの出現です。おまけに雪によって水の確保も容易とくる・・・

身軽さを身上とするためテントに代えて簡易シェルターとビビィを基本装備として活用します。ダウンジャケットなどウェアがあるので、シュラフはダウン量600~750グラム以内のライトウェイトなシュラフをチョイス。そのままでももちろん寝られるけれど、寝る際はダウンジャケットとアルパインパンツにテントシューズを着用したままシュラフに入ります。こうすれば、充分に暖かい上に、いざ外にでなければならないときもそのまま凍てつく外に出られます。

シェルターを設営し、雪の上にシートを敷き、そのうえにZライトなどのマットを延べて、そこにビビィ。テント設営より格段に設営撤収がラクチンです。登山靴がバリバリに凍ってしまうので、可能な限り水筒と登山靴は抱いて寝るようにします。

こうしたシェルターにしろテントにしろ、重要なのはペグ。

冬は下が雪なので地面に打ち込む類のペグは役立たずです。雪中キャンプでは、アンカーを雪に埋めて、そこにテントのロープ(ガイロープ)を結びつけます。ボクが学生時代から変わらずにスノーペグとして愛用してきたのは自作の竹ペグ。

作り方の手順はこうです。
1:海岸や野原あるいはホームセンターなどで竹を入手したらそれを長さ20センチ程度の短冊形の竹板に切る。
2:竹の中心に穴を空ける。この穴はあけなくてもかまいません。
3:麻ヒモを何重かにして穴に通して端を結んで輪を作る。

これで完成です。

09013_2.jpg 090113_3.jpg
090113_4.jpg 090113_5.jpg


実際に使用する際に、簡単に済ませたい場合は、テント本体から出ている自在ロープに「値札を付けるような要領」で、竹ペグのヒモをくぐらせて取り付けます。次に、雪に充分な穴を掘ってそこに竹ペグを埋めて、ロープをぴんと張ればOK。もしもブリザードが予想されるのであれば、埋めた竹ペグ部分に水をかけて凍らせればガッチリと固定されます。
※もしも、冬山登山同様に機能的に設置したい、という場合は、テントの自在ロープを一度外して、ペグ側にあった自在を本体側なるように付けなおします。つまりテント本体側に自在のループができて、ペグ側にロープの端がきます。そのロープの端を竹ペグの麻ヒモに結束します。こうするとテント本体側で張りを自由に調整できて非常に機能的です。

竹ペグに麻ヒモを使用する理由は、もしも凍って回収できないときでも、自然素材であれば環境ダメージを最小限にできるからです。しかし、可能な限り回収します。ボクの所属する山岳会では竹の代りにワリバシを使用する人もいますが、そういう場合はワリバシを十文字にするなどすれば安定します。

このスノーペグは、雪だけでなく海岸などの砂地でのキャンプにも有効です。1個、約40グラムで、8個で320グラム。けっこう軽量。スノーペグとしてスチール製品も発売されているようですが、スノーペグはやっぱり自作に限ります。

もしも竹を買ったとしても、麻ヒモなど全て入れても300円もかかりません。それに自作だと重い雪用、パウダー用など自由自在・好き勝手に作る楽しみが味わえます(^^;;


雪中キャンプ関連記事リンク
雪に抱かれて眠る 雪中キャンプへの憧憬
マタギも愛用する和製スノーシューで雪遊び
白馬・八方尾根上のカマボコテントと不帰の嶮(不帰キレット)
ミリめし(ミリメシ)」を冬のアウトドア食料に利用しよう
GW後半過ぎの唐松・五竜岳

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


最新のスノーハイクギアは、こちらへ


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


消耗品のペグは自作が出来れば一番良いですよね
作っている時も現地の事など考えながら二度楽しめるし

>水をかけて凍らせればガッチリと
水を作るのも大変な作業ですが毎回凍りついたペグの回収にも苦労しています
  • 2009/01/13(火) 19:14:18 |
  • cuervo|URL
  • [編集]

★cuervoさん★


割り箸をスノーペグに使用している人の中には
廃棄を前提にしている人もいるようです

やっぱり凍ったペグの回収が大変なので、
麻ヒモを切って放置してしまうようです。

ボクは竹ペグを、
アックスでガチガチと氷を割って回収してます(^^;
  • 2009/01/13(火) 22:38:42 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


いつもながら有用な情報感謝いたします~
何かあっても限りなく自然へ帰る・・・ってところがいいですね~(^^

遅くなりなしたが・・・

ユウさん今年も何とぞよろしくお願いしますね!
  • 2009/01/13(火) 23:34:45 |
  • lag|URL
  • [編集]


「水をかけて」とは、むちゃくちゃ玄人衆のなさるお振る舞い。
こうした知見というものは、それだけ多くの経験の上に
成り立ってるものなのですね。毎回、目が覚めるような思いです。
砂用という点にもハッときました。雪と砂って似てるものですね。
  • 2009/01/13(火) 23:41:13 |
  • いまるぷ|URL
  • [編集]

★lagさん★


こちらこそ、どうぞよろしくお願いします♪
記事内容は、ものすごく独断と偏見に満ちてますが(^^;;
  • 2009/01/14(水) 18:53:18 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★いまるぷさん★


ボクはいまるぷさんの「美しい瞳」に驚きです(^^;;
なんだか女の子のような目元ですね!

雪中キャンプで、メンバー全員が目出帽かぶっていたら、楽しそうです(笑) ちなみにボクは、毛糸の帽子にエリのファスナーを鼻の下まで上げる格好だったため、目出帽をかぶったことがありません。忍者みたいでカッコイイです!
  • 2009/01/14(水) 19:01:43 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


竹に麻ですか!なるほど~勉強になります。
しかも雪中なのにシェルターにダウン量600~750グラムのシュラフ・・・経験が無いのですっごく心配。
まだまだこの域まで踏み込めないので暫く修行しないと駄目ですね(^^ゞ
  • 2009/01/14(水) 23:38:59 |
  • 横道|URL
  • [編集]

ん~~シュラフは~


来月バックパッキングで上高地にウインタートレッキング&キャンプなのでするが、シュラフを何にしようか迷ってまする ん~モンベルのダウンハガーがいいかな~な~んて思うのでするが~だうでせうか(^^ゞ 人によっては寒いとか ん~イロイロな感想があるので~イマイチ迷い道でする
  • 2009/01/15(木) 00:21:29 |
  • たるたる|URL
  • [編集]

★横道さん★


シュラフも衣類同様に基本はレイヤリングですので、
シュラフ単体でのダウン量が多少少なくてもだいじょうぶです(^^
  • 2009/01/15(木) 14:51:57 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★たるたるさん★


上高地のスノーハイク、いいですね!
シュラフのインナーとアウターを工夫すればスタンダードなダウンハガーの#2で充分です。この番手はレイヤリングで一年中オールランドに使用できるので、いいと思います。
  • 2009/01/15(木) 14:54:56 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示