CALENDAR
08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
ユウ
Author: ユウ
クラブネイチャー管理人ユウです。犬を連れ、キャンプを愉しみながら、ハイキングやクライミング、沢登り、カヌーを楽しんでいます。仕事はコピーライター、プランナー、PR。
都内から房総に移住し、山恋しくて、今は丹沢の山並み見える神奈川にUターン。

ジムニー(JB23)をキャンプと林道専用の遊び車として愛用中。

メールは下記まで
info.clubnature#gmail.com
(メールの際は#を@に入れ替え)

【好きな山】
甲斐駒ケ岳、秋田駒ヶ岳、水晶岳、北岳、烏帽子岳(乳頭山)、丹沢山

【好きな曲/アーティスト】
・マーラー
・ベートーベン
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・松田聖子
・ブライアン セッツァー
・ジョニー ウィンター
・プリンス

このサイトはリンクフリーです。
記事、写真などコンテンツを引用する際は、出典元として当Blogのクレジット表記をよろしくお願いします。
・相互リンクはしていません

・The Anglican Communion(N.S.K.K)
◆穴場キャンプ場一覧◆
◆キャンプ場Best 7◆
◆お気に入り記事リンク◆
タグリスト TOP20
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クラブネイチャーは、山とシンプルキャンプスタイルのためのアウトドアBlog

西湖キャンプ場テント村 富士五湖シンプルキャンプ系

nue.jpg
※過去記事リライトです。


妖怪・鵺(ぬえ)に出会えるキャンプ場


山中で過ごしていると、わりと日常的に妖怪と遭遇することができます。山中で特に奇妙な出来事と遭遇する確率が高いエリアが黒部の源流近く。

薬師沢と黒部川が出合う場所にある“カベッケが原”と呼ばれる場所です。かつては秘境とされていて、山慣れた人でも数日を要する場所でした。実際に黒部川を源流まで遡行し、ここでビバークしたとき非常に奇妙な体験をしました。

まあ、妖怪などと大仰に言いましたが、その原因の多くはわかっています。わかってはいるのですが、これを山中で体験すると、やはりぞくっと鳥肌立ちます・・・

中でもよく遭遇するのが、“姑獲鳥(うぶめ、うぐめ)”と“鵺(ぬえ)”。これらは江戸時代から遭遇した人も多いようで、文献にも少なからず出てきます。

夜更けに川近くを歩くと赤ん坊の泣き声が聞こえてきて、両足がもつれる・・・というのは姑獲鳥の仕業で、このようなときには履いている草履を声の聞こえるほうに投げ「これがお前のととさま、かかさまだ!」と言うと泣き止むのだといわれています。

姑獲鳥とされる赤子の泣き声の主は、お産のときに母親といっしょに亡くなった赤ん坊です。

普通、小児の幽霊は甚だ稀で、定説では心霊力が弱くあの世の支配霊の手に養育されるためこの世に迷い出ることはない、とされていますが母子共に亡くなった場合は話が違って、成仏できずにいる亡母の支配下にあると考えられたため、先の姑獲鳥のように母親とセットになって語られることになったらしいのです。

ずいぶん前の事。これは奥多摩の山中で実際にあった出来事です。

所轄の警察に「山中に赤ちゃんが捨てられている。はやく救出してほしい」という登山者からの通報が入りました。警官は通報を疑いながらも付近の山小屋主人とともに声の聞こえる場所に出向きました。すると、森の中から・・・

あおぅ・・・あぉー、うわぁーおぅ・・・あおぅ

・・・という赤ん坊の泣き声が。一同は“通報は本当だった”と色めき立ち森に入ろうとしましたが、同行していた山小屋の主人が「あれはアオバトの鳴き声だ」とそれを制したのです。結局、この山中の赤子事件は、アオバトの鳴き声を赤ちゃんと間違えたことが、はっきりと判明し、一件落着したのでした。

アオバトは広葉樹の多い山林に多く生息する鳥で、気味悪いほど嬰児そっくりの声で鳴きます。僕はこの声を、奥多摩の沢筋でビバークしているときに耳にしました。誰もいないはずの山中から“うわぉうー・・・うわぉぅー”と聞こえてくる赤ちゃんの泣き声に、身も凍るような恐怖に全身が鳥肌だったのを今でも覚えています。

アオバトは石を投げると鳴き止むので「草履を投げる」という方法が言われたのだと僕は考えていますが、これだけが姑獲鳥の正体ではないと思います。

そして、気味悪い存在のもうひとつが、“鵺(ぬえ)”です。古い映画の宣伝文句に“鵺の鳴く夜は恐ろしい・・・”というのがありましたが、覚えてますか?鵺とは、つまり姑獲鳥同様に妖怪です。

皆さんは、こんな言い伝えをご存知でしょうか。

山中で口笛を吹くと死霊が寄ってくる
山中では決して笛を吹いてはならない。悪霊がやってくる

これは、陰陽師はじめマタギなど、山中を徘徊する者らの間で交わされている言い伝えです。僕も、かつて奥羽山脈を縦走した際に、何気なく口笛を吹いていて、それを青森の炭焼きの老人から

魔物が寄ってくるからやめろ!

と、怒鳴られたことがありました。最初、ものすごい訛りのため、老人が何を言っているのかわからず、ただすごい剣幕で怒っているということだけしかわかりませんでした。同行していた八戸出身の先輩も意味判読に苦労するほどでした。何度も聞き返したため、最後にはその炭焼翁も“やれやれ”という呆れ顔になり、ゆっくりと話してくれて、「口笛をふいちゃならん。魔物がよってくるだろ」と、意味がわかったという次第です(^^;

この言葉を裏付けるように、『牛合芥抄』『山海経』『徒然草』『源平盛衰記』『国花万葉記』などには“鵺(ぬえ)が鳴く時に招魂の法を行う”という記述があります。招魂とは“死霊を呼ぶ”恐ろしい儀式のことです。しかし、なぜ鵺が鳴くときに招魂の儀式を行うのか。

それは鵺の鳴き声にあります。

ひょーぅ・・・ひょーぅ・・・と、まるで幽霊が口笛を吹いているような、そんな身の毛がよだつような鳴き声なんです。山の炭焼翁が、口笛を吹くと死霊や魔物が寄ってくる、と語ったように、鵺の鳴き声は口笛そのものだからでしょう。

この鵺についての話は古くからあって、たとえば・・・

源三位頼政の母の病が重かったとき。頭は猿、尾は蛇に似た鵺という妖怪が京都の紫宸殿に現れた。この妖怪の退治を頼政が命じられた。仁平3年4月7日。頼政は母から贈られた矢で鵺を射落とした。その夜、母も他界し、以来鵺は現れなくなった。退治された鵺は斬られて摂津の川尻へ流された。それが海を漂い頭は讃岐に、手足は阿波・土佐に、尻尾は伊予に着いた。その祟りで伊予には蛇神、讃岐には猿神、阿波・土佐には犬神がいる・・・

―というもの。つまり、鵺は犬神、蛇神、猿神の大本ということです。ということは憑物筋といわれる家系の因縁が鵺にある、ということになります。

このとき鵺が射落とされた場所を鵺池といいます。その水際にある石が鵺石で、石垣で周りを囲んであります。そして鵺石にさわれば必ず祟りがあるとされ、太閤秀吉の頃も、この土地を人に与えることはしなかったとされています。

和漢三才図会』によれば鵺は洛東などの深山に多く棲み、大きさは鳩ほど。黄赤色で鳶に似て昼は伏し、夜に活動するといいます。そのくちばしの上は黒く、下は黄色。ひゅうひいと鳴き、脚は黄赤色。しかし実際に聞こえる音は“ひゅうひい”ではなくプロペラが風を切る音を長く細く伸ばしたような、幽霊が登場するときの効果音に近い音です。

この音が、夜中、真っ暗な山中から聞こえてくるんですから、たまりません。

知らずに聞くと、気味悪いどころか、ものすごい恐怖です。日が落ちて、そろそろ寝ようと思う矢先、どこからともなく、長く尾を引くようにして得体の知れない口笛が遠く近く聞こえてきて深夜の3時頃まで、聞こえては途切れ、途切れては再び聞こえる、ということが繰り返されます。これを聞いていると、なんだか別の世界から聞こえてくる、この世のものではない音に思えてしまいます。

この鵺の鳴き声を頻繁に聞くことができるキャンプ場があります。代表的なところだと、富士山・西湖のそばの“西湖キャンプ場テント村”です。ここは西湖から少し離れた、山に近い草地にあります。キャンパーも少なく、穴場的なキャンプ場で、僕は週末、ここで家族とのんびりするのが好きです。ここで“鵺体験”をするキャンプも悪くありません。


■西湖キャンプ場テント村
・南都留郡足和田村西西湖4-11
・0555-82-2903(現地)
・0555-82-2003(管理人宅)
・GW~10月末
・オートフリー100台(草地)
・管理棟、炊事棟、トイレ、温水シャワー、自動販売機
※基本設備は一通り揃ってはいますが、基本的にシンプルなキャンプ場です。サイトの奥には森まで続く草地が広がっていて、ここを独り占めする気分は格別です。子供が思い切り走り回れる環境です。道の駅まで車で15分ほどですから、買い物も不自由しませんし、ちょっと走れば温泉もあります。裏の山に足をのばせば、そこには住む人のいなくなった、古い藁葺きの古民家がいくつも残されています。かつては、この山の麓に人々が住んでいた、ということがわかります。富士五湖周辺では希少な、昔話の里気分も味わえる、明るく、のびのびできるキャンプ場です。

■地図はこちら■

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:キャンプ場情報 - ジャンル:趣味・実用

                                               
Comment


こんにちは。
う~ん、こわいですね~。
夜一人で山の中にいると正体がわかってても想像が膨らんじゃいますもんね~(笑)
でも妖怪がどっかにすんでる世界であったほうが、ほんとは楽しいのかもしれないですね。
  • 2008/10/16(木) 12:52:11 |
  • ぱる|URL
  • [編集]


どもどもご無沙汰してます。
トラツグミといえば、知人がキャンプ場で夜鳴いている声を聞いたと言ってました。
姫神山だったかな…。
夜の鳥って書くんですもんねー。
でもって、鳴き声も鳥の鳴き声に聞こえないくらい不気味っていうし。
怖いもの好きなんで、一度ナマで聞いてみたいものです。
  • 2008/10/16(木) 13:59:29 |
  • りえぴ|URL
  • [編集]


犬神もあれもこれもヌエが生みの親ですか!知らんかったですよ。猿神なんてのもあるんですな。そういえば山梨の猿橋は猿神だったのでは、ありますまいか?
  • 2008/10/16(木) 16:59:05 |
  • 風|URL
  • [編集]

★ぱるさん★


たぶん・・・妖怪(幽霊も)はいますよ(^^;;
本当に不思議で怪奇なことってありますから。
未知の領域です・・・ワクワク
  • 2008/10/16(木) 18:11:10 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★りえぴさん★


そうなんです。鳥とはまったく思えない、さびしくて、異様で、憂鬱になる鳴き声です。

この声をはじめて聞いたとき、正体がわからず、ただじっと聞いていましたが、死者の泣き声に思えてしまいました(^^;;
  • 2008/10/16(木) 18:14:14 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★風さん★


猿橋は白い猿ですよね。
渡来系の民の橋梁技術集団あるいは陰陽道、道教などが関わっているような気もしますね。

いずれにしろ、あの近辺は、武田氏といい、岩殿山の鬼に殺された安部清明といい、渡来系の匂いがぷんぷんする、楽しいエリアです(^^;;
  • 2008/10/16(木) 18:18:54 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


怖いですねぇ~妖怪

でも、熊のほうが、こわい。。。。

  • 2008/10/16(木) 18:33:58 |
  • たそがれライダー|URL
  • [編集]


アオバトってそんな鳴き方するんですか、普通のポーポーポ・ポッポーと鳴く鳩しか知りません(笑)
近所の猫もサカリがつくと子供の泣き声のように鳴いてますね、あれも一瞬勘違いします。

ソロキャンプ好きなんですけど、恐いのは苦手です。
  • 2008/10/16(木) 22:16:10 |
  • 横道|URL
  • [編集]


妖怪はいやだなあー 夜は静かにまったりしたいので、ぞくぞくな夜は過ごしたくないですねえ。でも幽霊のほうが怖いww
  • 2008/10/16(木) 22:43:35 |
  • fumi|URL
  • [編集]


んー妖怪も深いですねェ。怖いんですが惹かれるんですよね。こうなると学問ですね。
ウチの子も妖怪好きで極端な怖がり。ユウさんにお話してもらったら、漏らしますね。で、次の日から羨望のまなざしです。

西湖には近寄りません。ヘヘヘ
  • 2008/10/17(金) 07:03:15 |
  • somtam|URL
  • [編集]

★たそがれライダーさん★


な~るほどです。熊ですね。
熊の妖怪は・・・・(^^;;
  • 2008/10/17(金) 11:07:36 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★横道さん★


そうですね!猫も、赤ちゃんそっくりの声を出しますよね。聞いてて、ぞくっとすることあります(^^;;

そろそろこちら引越し先でも
怪談クラブ、復活させようかなぁ、
って思ってたりします♪
  • 2008/10/17(金) 11:10:07 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★fumiさん★


本来、自然は恐ろしいものです。山は異界ですし、そこに分け入る者は験を修めた者と決まっていました。
もともとが異界ですから、怖いんです(^^;;
  • 2008/10/17(金) 11:12:36 |
  • ユウ|URL
  • [編集]

★somtamさん★


今でも、
「怖いお話して!」
と、甥っ子はじめ、子供たちに言われます(笑)

大人の怖さと子供の感じる怖さとは、かなり違いがあるなぁ、と思いました。具体的なほうが、キャーキャー盛り上がります。あまりに怖すぎると、以前、子ども会の肝試しイベントの際に、泣き出してしまった女の子もいました。たぶん、彼女はドキドキ感を通り越しちゃったような、青い顔になってしまったので、それ以来、さじ加減を考えつつ(^^;;

ムツカシイですね・・・
  • 2008/10/17(金) 11:17:54 |
  • ユウ|URL
  • [編集]


ユウさんお疲れ様です!!

西湖キャンプ場テント村は自分達も良く行ってます!!!それも手前の木陰サイトでは無く一番奥で贅沢使いです(笑)
もしかしたら同じ日に行ってたかもしれませんね!!そう言えばジムニーを見た気がします(笑)

因みに『鵺』鳴いていたような?
でも今度からちょっと気になって怖いっす・・。自分お化けとか駄目です!!ましては妖怪なんて(笑)

また遊びに来ます
  • 2008/10/24(金) 23:33:28 |
  • 91|URL
  • [編集]


カブサルさん

2008年のコメントに今頃レスするって・・・ww
先日の涸沢の写真、堪能させていただきました^^

ぬふふ。
超遅レス、すんませ~ん。ほんと。
  • 2011/07/20(水) 09:30:24 |
  • ユウ|URL
  • [編集]
Comment

管理者にだけ表示を許可する
現在の閲覧者数
カウンター(2008.9.26~)
トラックバックコミュニティ
タイアップバナー
どんぐりProject
「ドングリとアウトドア」記事でアピールした“どんぐりプロジェクト”に協賛いただける会社です。今後、少しずつでも活動を推進してゆきたいです。参加企業・団体、継続募集中!

Green Plus

検索フォーム
ADS
これがオススメ!

OUTDOOR レインポンチョ

キャンプなどアウトドアで意外と重宝するのがこのポンチョ。レインウェアのようにパンツを履いたりせず、雨だと思ったらサッと出してカブるだけ。たった数秒でOK。さらにハイキングでもちょっとした雨であればザックの上からそのままカブって歩けます。そのうえ防水カバーとして荷物に被せたり、下に敷いたりもできる万能アイテム。ひとつあると、かなり重宝しますよ。


mont-bellパイレーツヘッドバンド

実はこれ、山歩きの隠れた逸品。まずそのソフトな軽さは秀逸で、これを付けるだけで額の汗から解放されます。つけているのを意識するのは最初だけで、すぐにかぶっているのさえ忘れるほどの快適な装用感。とにかくこの気持よさはぜひ体感してほしいです。クライミング時にヘルメットの下につけるのにも最適です。


NIKWAX(ニクワックス) TX.ダイレクトWASH-IN(洗濯式) EBE251 EBE251

冬の間に活躍したゴアなどのシェルの保管や、これからの無積雪期の必需品である雨具などの浸湿防水シェルを使う前にぜひ。NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウオッシュで洗濯し、その後このダイレクトWASH-INを使用。山行前の休日に手軽な作業で新製品以上の性能が蘇ります。乾いた後にアイロンがけするのがコツです。これも絶対的におすすめ!!


ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュT MEN'S FUM0402

昨年この存在を知って愛用。素肌感覚のベースレイヤーで、汗を放出し濡れ戻りなし、という画期的ウェア。これの上にインナー、あるいはアウターとしてのミッドレイヤーを着ます。夏場でも多発する低体温症などのリスクを軽減し、非常に快適な登山や沢登りを実現。このドライな快適さは一度体験したら手放せなくなるはず。おすすめ!


Esbit(エスビット) 585mlクックセット

ずいぶん昔、同じようなコンセプトの「メタクッカー」というものがありましたが、それと同様のもの。四角いエスビットポケットストーブより若干便利に楽しく使えます。これとは別に携帯の風防を持参すると効率よく湯沸しできると思います。とにかくハイキングやソロ山行をより楽しくしてくれる道具です。
ダッチ特集

ダッチオーブンはLODGE

アウトドア料理といえばダッチオーブン!!ダッチといえば、王道LODGE。本家だけあってサイズやタイプも豊富です。どうせなら本物を!
おすすめストーブ「プチかまど」
◆プチかまど◆
『GARAGE PICKUPCAMPER』誕生!! ClubNatureでも愛用しています。

プチかまどサイトへ
リンク
チームマイナス6%
ClubNatureはチームマイナス6%に参加しています

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
サイトマップ
blogranking.net
RSSリンクの表示